FC2ブログ

歩いていこう

author : rinrin

娘とのメール 【子育て】

先月の入院中、娘が精神的に、激落ちしたことがありました。

娘はブログを持っているので、(息子さんは、現在休止中)
入院中は、ブログを通して、心の交流を図っていました。

(親子してネット家族・・・って(-"-;A)


娘には、大切な夢があります。
しかし、就職や自分の今の実力を考えたとき
自分には無理かもしれない、出来ないかもしれない、
そういう先の苦難を考え・・・
グルグルと迷い、苦しんでいたのでした。

以下は、娘が悩んでいるときの、親子のメールでのやりとりです。



最初のメールは、「親不孝でごめんね」から始まりました。

母の心の声「意味がわかりませ~ん(-"-;)」


娘「受講届け、明日までなんやけど・・・どうしよう」

母「そうなん。どのくらいかかるん?」

娘「○○くらい」←お金の話です

母「最初から、そのつもりで今の大学入ったんやろ?」

娘「そうやけど・・・説明会に出たら・・合格率が数パーセントって」

(↑泣き泣きのメールです)

母「そうか~。」

娘「勉強会の受講届けが、明日までなんよ」

母「ど、どうしよ~(汗;」

娘「どうしよう~」

この「どうしよう」やりとりが数回。


娘「朝、早いし、結構厳しいって。でも、先輩の話を聞けるいいチャンスなんよね」


母「う~ん、迷うね~」

娘「迷うね~、明日の朝までなんよね」

母「あわわっ」

娘「ほんと、どうしよう(T_T)(T_T)(T_T)」

母「どうしたい~、わんこ!」(←意味不明メール^^;)

娘「○○ちゃんに聞いたら、○○って、言ってた」

母「そうか~」

娘「うん」

母「こまったね。えっと~、やけくそ(汗;?」
(ここで、お下品な、うんPをたくさん並べて送信)

娘「・・・よし、決めた!! やる。がんばらんば」

(うんP・・・スルーされました。 ( °°)ノ ° ポイ)

母「え、マジ!?」

娘「せっかく、決めたのに~、マジって(笑涙)」

母「ちゃんと、わかってたよ~、受講するって。」
 
娘「ほんとかよ~(笑)明日、受講届け出してくる!」

母「なんで、うんPスルーするんだよ~」

娘「どうしよと思ったけど、スルーしてみた(笑)」

母「が~ん」

というわけで、元気になりました。。。とさ。
うんP効果、恐るべし・・・違うか・・・(-_-メ)

娘の場合は、対話で自分の気持ちをじっくり
整理するという方法が、合ってるようです。
答えは、娘の中にあると、野生の感は告げていました(爆)
今回は、解説なしです。
いろいろ、想像してみてくださいね。

お誕生日

本日は、娘の19の誕生日。

19年前の、あの暑かった夏を思いだします。

今日は、ケーキとちらし寿司で、ささやかに、お祝い。
単身赴任中の夫からは、サプライズの、アロマセットが、娘に送られてきていました。
(なかなか、やるじゃん、夫)

これは、私も全然知らなかったのね。

私が子どもと夫の仲介するよりも、こうして、夫が、自分の頭で考えて、
自分の気持ちを、直接子どもに、伝えるって、大切だと思います。
今までは、私を介して、夫→私→子どもでした。
たぶん、私が、そのように、仕向けていた部分もあったかなと反省。
今は、夫→子どもに、なるように、
夫と子どもの関係の中には、私は、入らないでいる。
そうしたら、自然と、夫→子どもに、なるんだねえ。

要するに、昔は、私が、中心にいて、
一家を、操作していた、とも、なるかもしれない。

それでいて、「夫が子どもを理解しようとしない」と、
そんなことを、不満に思っていたりした。

私が仲介する限り、その形態は、崩れなかった。

もうひとつ言えば、私が、家族を操作するのを、辞めた時から、
次第に、変わっていったのかもしれない。

また、単身赴任という、距離のあるところで、
夫も自分で考えなきゃ、しょうがない状態になったのかもしれない。

何が、幸いしたのか、よく分からないけれど、
まあ、結果オーライで。

適度な距離が、心地いい。

一緒に夕食を取ったら、息子は、役員の書類作りのために、
先輩のうちへ、泊まり込みセットを持って、出かけていきました。


そういえば、、、かつて、姑は、よく、
愚痴やら、悪口やら、私を捕まえて、話したがっていました。
同居していないので、まあ、寂しいのだろうと、思っていましたが、
これって、聞けば聞くほど、キリがない。
でも、私の方は、「いい嫁、いい人」でなければならないという、
なんだか、わけのわからない使命感(?)で、たいそう消耗しました。
夫は、お気楽に、人ごとのように、してました。
(これが、また、さらに、むかつく)
その頃は、夫の実家に行くと、姑さんは、待ってましたとばかりに、私に付いて回って
誰かの愚痴やら、悪口を、繰り返し、繰り返し・・・。(〃_ _)σ∥ガァーン
これじゃあ、ファービー人形(知ってるぅ?)でも、いいんじゃないかと。。。

ある時期から、これを非常に、苦痛に感じはじめて、
姑は、夫に、まかせ、
私は、子どもたちや、いとこたちと、遊ぶようにしました。
(こっちが、断然、楽しいもん)

ほら、
自分は、自分の居所をつくっていいのです
って、西尾和美さんも言ってたしね。

あれっ(汗;・・・娘の誕生日の話から、こんなところまで・・・

いつものことですから、お許しを~。


とにも、かくにも、


本日生まれの方々、


お誕生日、おめでとう~

価値観

娘、昨日、小学時代からの仲の良かったMちゃんと、
近所の宮地嶽に弁当持って、ちゃりで、お花見にいきました。

そのときの会話が、実に面白いなあと。

Mちゃん「○○くん、東大だって」

娘「ああ、そうなん」

Mちゃん「・・・えっ、そんだけ?」

娘「え、なに??」

Mちゃん「東大だよ」

娘「だから、なに??」


その話を夜に聞いて、笑っちゃいました。


母「そうやねえ、うちには、学歴って、意味をさなないね。
そこで、何を志したか、が大事やもんねえ。
勉強ができるよりも、その人が、どういう人間性であるかが、大事やねえ」

娘「うんうん^^」


Mちゃんの価値観には、「東大」→すごい!

ちゅうのが、あるんだね。笑

まあ、それが、一般的なんでしょう。


学校の品名に、意味を持たないで、
「それが、なに?」と平然と言える娘を、
私は、すっごく、ほこらしく思うのでした。

いや・・ね、行きたいひとは、 どこの大学でも、行けばいいんです。
ハーバードでも、東大でも、マサチューセッツ工科大学でも(爆)

そこの大学がいいか、悪いかは、他人が判断することではなく、
自分が判断するもんですって^^

それよりも、就職を決めた旧友の子の話をきいて、
「すごいねえ、良かったねえ」と親子で感心していた、親子でした。

娘の同級生も、みんな、いろんな道に飛び立っていきます。

自分ってなに?

「 自分て、なんなんだろう?



今、どうして自分はここにいるんだろう。

なんのためにいるんだろう。

 

自分がいなくなっても誰も悲しまないんじゃないか。」









みたいなこと、昔よく考えてた


急に一人ぽっちになった気持ちがして

ぐるぐるなってた

今でも考えるけど、

昔ほど深刻じゃないよ (-ω-)



今は

「それを考えるのが人生だっ」

なーんてねw笑



それに、今自分がいなくなったら多分

悲しむ人はいるだろうね!!



他人の言うこと聞いて、同意して、気を遣って、

楽しくないのに一緒にいて、言いたいけど言えない

本当の気持ちは違うのに

いつも本当の自分が分からなかった

「自分ってだれ?」みたいなこと思ってた



昔、そんな自分が嫌いだった


でも、いろんな人に出逢って

いろんな経験して・・・



おかげで、こんなアホな子になりましたw笑 ←

アホ・バカ・天然はよく言われるのさ(´3`)



①もともとこんな性格だったのに

       出さなかったのか、出せなかったのか



②まったく性格が変わった



①②のどっちかは分からないけど

今の自分はすーきっ♪

ナルシストじゃないですw笑

けど時々、ナルシストにでもなっていいと思うよ





結果:一歩踏み出せば世間にはいろんな人が待っている~笑


好かれたいなら、まず自分を好きになること

優しくされたいなら、人に優しくすること★・゜


       by 鈴羽    ←娘のHNです。スズハと読みます。




.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・゚+。.:*・゚


娘のブログから、こぴぺ。
こっそりです。秘密です!(笑)

>楽しくないのに一緒にいて、言いたいけど言えない

>本当の気持ちは違うのに

>いつも本当の自分が分からなかった

>「自分ってだれ?」みたいなこと思ってた


これはモラハラTさんの娘さんと、同級生だったころのことだろう。
確かに、彼女たちは、兄弟みたいに、一緒に過ごしたけれど、
ちっとも楽しそうではなく、表情も感情表現も、こわばっていた彼女。

Tさんと私が、モラハラ関係から、きっぱり、さよならして、
彼女は、変わりはじめた。


そして、彼女の娘さんと別々の高校へ通い始めて、私も、娘も、
ほんとに、楽になりました。

それまで、もちろん、モラハラ親子Tさんは、相手のために、良かれと
そう信じていたであろう。
今でも、きっと、そうであろう。

しかし、「あなたのために」という
誰もが待ち焦がれている甘い言葉が、
相手を操作する手段として使われたとき、
それは、時に、人の心を殺す凶器になることを、しらなければならない。

それは、親子でも、同じこと。

響宴

久々、娘登場です。

今日は、第5学区の公立高校の吹奏楽部の、合同演奏会、

「響宴」というものがありました。

うちの娘のK高は、部員が非常に少ないので、総勢60人近くで、

他校のメンバーと演奏するのは、貴重な経験です。

その練習のお陰で、3月は、お休み無しのハードな日々でしたが、

まあ、好きな事をやってるので、楽しかったようです。

ソラは、学校には、部活をやりに行っているので、

勉強は、どうでもいいんだと。(汗;;

ま、それも、青春。

たまたま、近くの市民会館で催されたので、私も、行って参りました。

たった、3回しか、合同練習していない割には、

音がしっかり取れていて、迫力がありました。

ソラは、クラリネットですが、現在K高は、なんとクラリネット1人・・・

あり得ないです。

というのも、2年の先輩たちと、折り合いが悪く、

辞めていってしまった一年の子が、秋から、続出。

それで、一時期、かなり、ソラも、落ち込んでいました。

今は、残ったわずか6人の一年生同士で、力を合わせ、

細々と、励ましあっているようです。

彼女も、不安定になったり、学校に足が向かなかったり、

さぼったり、そんな時期もあって、ハラハラしましたが、

どうにか、2年生になれるようです。

青春は、波乱万丈ですねえ。。。

明日からは、課外も終わり、ゆっくり、春休みを堪能かな。

お疲れ様だったなあ。。。ほんと。

2年になったら、文系クラスになります。

また、4月から、新しい生活が、はじまります。

響宴の最後に、2年生の演奏で、みんなで大合唱した、

「翼をください」が、とっても、すてきでした。

つ、翼が、ほしぃ~い。(涙)


070329_1628~0002.jpg





*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

カイくん、明日の作文試験のために、早々に眠りにつきました。

1人で、緊張しまくってます。(#^-^#)

そんなに緊張せんでも・・・と、こちらは、せんべい齧りながら

茶のみ状態(笑)

ただいま、母は、脱力系なのでして。。。


こういう時は、ちゃんと、自己管理ができるのねえ。

こちらも、ベストを尽くしてこ~い!ですね。

南極は暖かい???



ソラ「私さ~・・・」

りん母「うんうん」

ソラ「小学校の時まで、さ~」

りん母「うんうん」

ソラ「北極は、寒くて、南極は、暑いって思ってたんだよね」

りん母「!!(笑)じゃあ、赤道は、どこにあるつもりだったの」

ソラ「さ~???」

りん母「???????・・・・」



一体、彼女の頭の中の地球って・・・

まあ、そんな彼女も、一応高校生ですから・・・


私も、若かりし頃、田舎から、プチ都会に引っ越してきたとき、

月極駐車場を、月極さんという方が、経営している、チェーン店だと

一年間ほど、思っていた。。。

この方、ずいぶんと、お金持ちなんだなあと思っていまスタ。

しかも、読みかた「ゲッキョク」でしたし・・・。


ものを知らないというのは、恐ろしい・・・

でも、なんとか、今まで、生きている。。。

人間、一生、勉強です!

バレンタインチョコ

ソラは、昨日は、期末テスト間近というのに、

張り切って、バレンタインチョコと、クッキーを作り上げ、

満足そうに、20袋近くごそごそと、袋詰めしていた。

20袋も一体どうするのでしょうか。。。

そんなに、配るのですか??

母にも、一袋ください>ソラ



カイくん、ばたばたと、試験会場に出かけていきました。

行った・・・もう、それだけで、充分です。

昨夜は、緊張していたのか、彼は、とても無口でした。

いそいそと、お風呂に入り、早めに寝て

ぐっすり、眠れたようで、安心しました。


笑っちゃいけないのだけれど、

後で、彼の緊張具合がおかしくて、

ソラと、こっそり、大笑いしました。

ソラが、カイの携帯に、応援メールを打っていました。

カイの携帯メールをこっそり見ていると(ひみつ~)

友達に、「おれ、推選受けるから」と送信していました。

そして、友達から、「推選←×  推薦←○」と返信が一言だけ。

そ、そんな奴なんです・・・(涙)

親切なお友達、ありがとう。

母は、携帯を握りしめた手を、握りつぶしてしまいそうになりました。



今朝は、制服が・・・縮みました・・・

ちがうぅぅ~!

制服が、かなり気の毒に思えました。



もう、試験の作文が終わった時間です。

さて、どんな課題だったのでしょうねえ。

明日は、面接です。

さらに、カイの無口な緊張は続くでしょう。

ファイト~。(笑)


やはり、ここは、シリアスになりきれないので、

最後まで、ギャグで、通していこうと思った母でした。

根がギャグなのです。

久々に晴れです

ずっと、雨ばかりでしたが、

今日は、久しぶりに晴れました。

気分的にも、楽になりました。

洗濯物を干してっと。

結局、PCやってますので、雨の日とあまり変わらない。。。


明日から、ソラは、期末試験です。

木・金・月・火の4日間。


毎日、遅くまで、勉強・・・してませんって、奥さん!(汗;;

土日は、友達と誘い合わせて、近くの公民館で、

丸1日、勉強会をしてました。

家では、勉強の神様が降りてこないのだそうです。笑


中間テストでは、非常にやば~い、状態だったそうで、

今回も、もっと、やば~~~い事になる予定で、

すでに、追試験の予定なんだそうです。(笑)


まあ、最近は、休まず、学校へも行っているので、

頑張ってると思います。


彼女のお友達が、一ヶ月、休校しているんですが、

そのお母さんと、どうにか、コンタクト取りたいと

思ってます。

(同じ中学だったので、知り合いという程度)

状況が、状況なので、娘も、お見舞いに行っていいのやら、

いけないのやら、と、微妙らしい。

きっと、お母さんも、落ち込んでいるんじゃないかと思うのです。

その辛さを思うと・・・いてもたってもいられない気持ちになります。

1人じゃないよ、ということを、

それだけを、お伝えしたいなと、そう思います。



ああ、これから、お友達の家に、遊びにいってきます。

以前、本を貸す約束してたのを、すっかり忘れていた・・・

行ってきます~。

娘、初めての高校文化祭

娘は、今日は文化祭初日です。

一昨日でしたか。。。ペットボトルで、おうちを作成する係りだったらしいのですが、ある、気の強い、しきりやのSさんから、
「休んだ人は、役に立たないから、来なくていい」
と外されてしまったそうな。
他の子が誘ってくれたのだけど、娘、意地になって
「どうせ役に立たないから」とポスターや教室の飾り付け組に入っていたのだそうです。
でも、それが、思いのほか、好評で、美術部からスカウトされたそうです。
いえ、たぶん、お世辞だと思うけれどね。^^
吹奏楽命なので、それはしないと思うけど、嬉しかったようで、
2年次の選択授業は、美術を取ると言っておりました。(単純な奴)

でも、それにしても、そのSさんの事。
「あったまにくる~~~」
と、根に持ってるんだなあ。
やっぱ、女だわ~。
ドンマイ、ドンマイ。^^

でも、怒っちゃえ~!
頭にくること言われたら、怒っていいんだよ。

傍にすっと寄って、舌打ちでもしてやれ!なんて、一緒に怒ってあげてます。昔の私なら、ここで、正論言っていたと思います。
「Sさんと話してみたら?」とか、なんとか。
でも、以前から人の悪口三昧のSさんに、むかついていた娘です。
周りも、Sさんが居なくなると、Sさんの悪口を言う。
でも、Sさんがいると、Sさんにくっついている。

そういう状況が、納得いかないようです。
娘は、そういうのが、嫌い。
でも、面と向かって言えない。

だから尚更、腹が立つんだよな。
言えない自分に。

そこまでは、まだ、自分の気持ちは、娘は分からない。
まず、感じた感情を出す事に気をつけて、見守っています。

明日は、文化祭、息子、夫と、一緒に、見に行ってきます。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

最新記事

BGM


BGMを停止したい方は、左上部ブルーの○ボタンを押してね

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

04  01  12  11  03  11  05  07  04  11  09  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん