author : rinrin
ハイヤーセルフと、インナーチャイルドと、アダルトチャイルド
2009-08-12 Wed 19:35
ハイヤーセルフの声は、穏やかで、慈愛に満ち、
そして、静かでありながら、力強い。

その声を聞くと、私は、ハイヤーセルフに、ひれ伏す。
彼女のバイブレーションは、賢者の銀色の光。
ハイヤーセルフの言葉は、
理屈は何も必要ないほど、心に、ストレートに伝わってくる。

インナーチャイルドとは、私自身でありながら、
ハイヤーセルフにつながっている内なる神。
やわらかく、にっこりと笑う。
にぎやかな色を発し、楽しげに、語りかけてくる。

アダルトチャイルドの声は、ざらざらしている。
バイブレーションは、とても、重く、
その言葉は、こざかしい老婆のよう。
飲み込まれると、いっきに、ダークサイドへ、ようこそになる。

本当は、誰でも、聞くことができる、ハイヤーセルフと、インナーチャイルドの声。
それを、邪魔するのが、アダルトチャイルド。
電波障害を起こすように、インナーチャイルドを閉じ込めようとする。
ハイヤーセルフの声も届かなくなる。

しかし、アダルトチャイルドの役目は、もう、終わった。
終わったのだと、知ら示す。

私が、このブログで、「光」と表現するものは、
ハイヤーセルフと、インナーチャイルドのこと。

彼らを感じると、喜びが湧きあがり、涙が、こぼれる。

私の中の内なる神。

その神は、内側に広がり、

同時に、宇宙に広がる。

私であって、私でないもの。

すべては、ひとつ。


by りんりん
別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0
私は、誰?
2009-04-16 Thu 16:16
息子が言った。

おっとーの実家は、言葉のキャッチボールじゃあなくて、
それぞれが、自分のボールを投げてるだけ。
あとには、野球ボールが、床にごろごろ転がっている。
と。

わたしゃ、大笑いした。
ピッチャーはいるけど、キャッチャーがいないってことね。



人間って、もともと、「自分の気持ちを分かってもらいたい」
「私の気持ちを理解してほしい」という気持ちがあるものだ。
特に、今を不幸に感じていたり、
満たされていないと感じている人は、
ことさら、その気持ちが強くなる。

傾聴をするには、自分が、満たされていなければならないんだと、
思ったりする。
傾聴という知識や、技術を学んでも、
結局は、他者を、受け止められる自分であるか、どうか、
そこに尽きるのだろうな。


他者の気持ちを受け止めることができるには、
まず、自分の気持ちを、自分で受け止められなきゃ、
話にならない。

他者ばかり、受け入れてばかりじゃ、
今度は、自分のインナーチャイルドが、
「あたしの話も聞いて」と、暴れだす。

* これは、不登校でも、同じかな。
人間関係っていうのは、親子も人間関係ですね。
子どもの気持ちを受け止めなきゃと、必死で、自分に無理して、
自分の言いたい事を抑えて、がんばるお母さん。
でも、結局、おかあさんのインナーチャイルドが、
「アタシ ノ ハナシ モ キイテ ヨ!」と、怒りだす。
そうなると、私は、インナーチャイルドの出す感情に翻弄され、
「おかあさんは、苦しいのよ、学校、行ってよ!」って
そんな気持ちが、出てくるんだよね。
そんで、つい、相手を(子)を傷つける言葉を吐いちゃう。
それって、インナーチャイルドが、嫉妬してんだよね。



だからね、私は、不登校のお子様を持つ、お母さん方には、
「まず、自分を大事にしようよ」って、言いたいのだよね。

自分を大事にするってことは、単に自己中心であるってことじゃない。
そんなことを、言うひとが、たまにいるけれど、
それは、その・・・、大きな勘違いね。

「私は、だめな親だ」って思わなくっていいってことだね。
一生懸命おかあさん、やってきたんだもの。
わかんないながらも、手探りで、親をやってきたんだもの。
その中には、間違いもあれば、勘違いもあれば、失敗もあり、また、成功もあったね。
それも、ぜ~んぶ、OKなんだってこと。

一番、自分を受けとめて欲しいと思っているのは、
(子どもはもちろん、親に受け止めてほしいと思っているだろうけど)
今まで、ずっとずっと、一人でがんばってきた、お母さんの方なんじゃない?

そんなこと、思うのでした。

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・゚+。.:*・゚


本日は、瞑想セミナーに参加。
実は今日は、今朝から、体調が悪く、
起き上がれないほどに、きつかった。

ここのところ、ずっと、仕事が立て込んで、無理したのと、
例の職場内での、いざこざで、神経すり減らしたこともあって、
体に、きてるなあと。。。思いながらも、
やっとの思いで、起き上がり、
とぼとぼと、今日、予定していた瞑想セミナーの場所へ向かった。

満月瞑想あたりから、背中が異常に熱くなってきた。
ハイヤーセルフとの対話の瞑想では、
眉間がちりちりと、熱いような、かゆいような。
光を通すとき、上に向けた手のひらから、
気が入ってきてるのか、ぴりぴりした。

インナーチャイルドっが、白い壁の段になったところに、
ちょこんと、座っていた。
そして、すねていた。

「ごめん、しばらく、放っちゃって(汗;」
ほんとに、申し訳なく、思った。


そして、昨日夜から、やたら、「たけのこ」が、イメージとして、
脈絡なく、思い浮かび、瞑想中もやはり、「たけのこ」が。。。( ̄△ ̄;)・・?
(↑よくある、白昼夢。インスピレーションとも言うけど、最近では、めずらしい)
たけのこを、真っぷたつにした、断面なんですけど ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…。
そして、その皮の中心部にダイヤのような、小さい光が、
きらきらと、輝いているのです。
かぐや姫って、そういう設定じゃなかったっけ(笑)

人間って、もともと、誰しも、こんな、ダイヤモンドを持ってるんだよね。
でも、何十年と生きてきて、いつの間にか、
嫉妬、憎しみ、怒り、悲しみ、悔しさ、そんな気持ちを味わうたびに、
何十枚と、皮をつけて、外からじゃ、おいそれと、見えないようになっちゃう。
自分でも、わかんなくなっちゃう。

だから、たけのこなのか~?と。

最近、低調気味の体調と、気力を心配して、
誰かが、こんな、メッセージ映像を送ってくれたのでしょう。

自分の中のダイヤモンドを信じなさい、とね。

私は、だれ?
私は、光の子。

20分の短い時間でしたけど、
瞑想が終わると、すっきり~ヾ(〃^∇^)ノ

ひとつ、わかったことがあります。
瞑想って、単に自宅でしても、限界があるなあと。
「磁場」ってあるのですが、
磁場のいいところでの瞑想は、
エネルギーの入り具合が、違う気がする。




別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0
心と体の関係
2009-02-26 Thu 22:32
私は、子宮筋腫持ちです。

だから、何?

な~んて・・・・言わないでね。

女性にとって、これは、とっても、や~なことなんです。

生理痛がひどい、出血量が、はんぱじゃなく、常に貧血状態。

鎮痛剤と、鉄剤は、手放せません。

ひどいときは、貧血数値が、6.0を記録したこともあります。

ふつうは、12~13なんですけど。

献血なんて、できません。


で、ある本で、体の臓器は、意志を持っている、と、

読んだのですね。

以前から、心と体は、つながっているとは、

知識として知ってはいましたが、だから、どうなのさっ、って感じでして。

子宮筋腫の除去手術を受けたら、いいんでしょうけれど、

どうも、ね・・・そこまで踏み切れず、毎月のものが、

やだなあ、もう、と、恨めしく思っていたのでした。

でも、その本を読んで、子宮や、お腹の不具合は、小さい頃からの「怒り」が

しこりとなって、貯まった結果だと、私、思ったのですよ。


で、ある試みをやってみたんです。(ただですから)


子宮をイメージして、お腹に手を当てて、

「今まで、働いてくれてありがとう。もう、いいよ。」

子宮と会話してみたのでした。

一回目は、それほど感慨もなかったのですが、

そういうしているうちに、月のものがやってきました。

あれ、なんだか、いつもより軽いかな?

気のせいかしらねえ??



そして、二回目のイメージング。

流産して生んでやれなかったこと、

他にも・・・、不妊治療で、痛かったねえ・・・

二人の子供を、無事この世に、届けてくれたこと、

そのとき、帝王切開で、傷をつけちゃったこと。

いろいろな思いが去来して、今まで、がんばってきた子宮が、

とても、とても、愛おしく感じ

暖かい思いと、感謝でいっぱいになりました。

がんばったねえ、おりこうさんだったねえと、

子宮が、体を張って、私を守ってくれた人生の一部に、感謝しました。


それはそれで、終わったのですけど。。。

次の月のものが来たとき、・・・痛みもなく二日で終わってしまいました。

え、うそ・・・

ってな感じで、あっけにとられました。


そして。。。三か月目にして、あれほど悩んでいた、生理が、

すっぱり、なくなってしまったのでした。

ありゃあ~。

半信半疑で、やってみた、試みでしたけど、

心と体、ほんとにつながっているんですねえ。

はい。

ほんの最近のお話でした。


なお、子宮筋腫は、ホルモンが出続けている間は、
どんどん、加速して、大きくなるんですね。
大きい人は、数キロにもなるそうな。

ひどい人は、突然、多量出血して、病院へ運ばれるケースも多いです。
私の友人にも、二人ほど、救急車で運ばれた方がいました。

薬物療法として、生理を止める薬を飲んだりとか、あるそうですが、
医者嫌いの私としては、漢方で、
対処療法していました。

私の場合、ちょっと、月のものが、なくなるには、年齢的に早かったかなと
思うところもありますが(個人差がかなりありますけれど)、
苦痛がなくなったということで、嬉しいのでした。

でも、今まで、がんばってくれた、子宮さんのこと、忘れてませんからね。
ありがとうって、時々、お腹をさすって、感謝してます。

「あなたが育ててくれた卵たちは、元気に育っているよ。」って。


別窓 | スピリチュアル | コメント:6 | トラックバック:0
低調、不調を乗り切る
2008-07-02 Wed 00:54
この10日間、まれにみる、不調でした。

ぎっくり腰(笑わないでね)

ものもらい(お岩さんだよ、ほんと)

体中が、痛い感じ。(慢性疲労症候かと思ったくらいだよ・・・^^;)

気分の落ち込み。

夢見が悪い・・・(げっそり・・・)

というわけで、すっかり、PCから遠ざかっておりました。



腰に不調がくるのは、何かに対して、
怒りを抱えているときですね。
言いたいことを、言えないとか、
本音と建前が違うとか。
エネルギーが、こもって、すっきりしない感覚。

目の不調は、「見方が、おかしいですよ~」という警告。

体が先か、心が先か、悩ましいくらいですが。。。

やっぱり、心が先ですねえ。

心と体は、密接につながっているのを、今回、
実感しました。


やっと、建て直しができたのが、今日でした。
きっかけは・・・
リンクにある、よーえつさんのメールマガジンを読んでいて、
「あっ」と気づいたことがありました。

それは・・・・、ある日、彼が、小さな赤ちゃんを見て、
「これから生きて行くにつれ、苦しいことや、悲しいことがあるんだろうなあ」と
思ったそうです。

そのことから、自分の中に、人生は、辛く悲しいものだという信念が出来上がっているのに
はたと、気がついたそうです。

↑これって、あきらかに、マイナス思考ですね。(* ̄▽ ̄*) ~♪

で、そのメルマガに、心が元気に回復される方とされない方の比較をされていました。

どこに、違いがあるのか~。

ひとつには、「元気になる」ということを、決して、諦めないこと。

そして、もうひとつが、心が癒され、元気になるものに、触れ続けるということを書かれていました。


お~~~。

そ、そうだった Σ(゚□゚ノ)ノ

人間、落ち込んでいるときは、そういう事さえ忘れてしまうものなんですね。

いい本、いい言葉、いい音楽、いい香り・・・

そこで、私、いそいそと、CDを取り出しまして、
(とある、スピリチュアルなセミナーのCDです)

何度も、何度も、頭に叩き込むように、聞きました。
ひとつひとつの言葉が、体にしみこむように、入ってきます。
次第に、気持ちも、楽になってくるのがわかるのでした。(単純??)


もとが、ネガでできているので、
仕事、家庭、仕事、家庭と、現実世界ばかりに、どっぷりつかっていますと、
次第に、本格的に、ネガティブになってきます。

「私、なにやってんだろうなあ」って。
視野が狭まって、ひとり、行き詰ってくるのですね。


このように、根がネガの私には、
やはり、アファメーションが、大事だなあと、思い知らされた日々でございました。

何度も、何度も、いい言葉に触れて、そして、繰り返し聞く。

うん。


メルマガにも、書いてありましたが、
心の栄養になるものに、触れ続けることは、人生を改善するためには、
とても、大切だとありました。

よーえつさんも、尊敬する講師のセミナーのCDやテープを何度も聞くそうです。
でも、この赤ちゃんの体験をした時期は、
2週間ほど、ビジネス系ばかりで、メンタル面のものは、聞いていなかったそうな。


やっぱり、前向きな言葉、肯定的な文章、良いエネルギーを与えてくれる言葉に
日常的に、触れるということは、ほんとに、大事だね。

言葉は、エネルギーですね。


蛇足ながら・・・不思議なのが、セミナーなら、なんでもいいってわけでも、
なさそうなんです。。。
やはり、講演者の、言霊の力に差があるようです。
いろいろ、聴くと、その差がわかります。
(一体、私は、どんなものを聴いているのか!?ひみつです。笑)

これまでの人生で、出来上がった、潜在意識の間違った信念を崩すのは、
と~っても、根気のいる仕事ですけれど、がんばって、参りましょう~。
ついでに、体調も崩しやすい時期ですので、
心と体のメンテナンス、やりましょう~♪

別窓 | スピリチュアル | コメント:5
水晶
2008-06-20 Fri 01:48
前にも、書いたとおり、水晶が、好きで、また今年に入って、
せっせと、集めている。

でも、好きなのだけれど・・・

手にすると、不安になる。

変だね。。。


気持ちを水晶にゆだねる気持ちになれない。


時に、霊的な人は、水晶に意識を重ねる。

そして、別の次元につながる体験をする。


いろいろ、水晶のことを調べてみると、

過去、アトランティス、レムリア文明の頃、

水晶の力を借りて、動力としていたようだ。

アトランティスにおいては、空を飛ぶものさえ存在したようだ。

ヘルメスの知恵・・・本当だった。


しかし、エドガーケイシーのリーディングによると、

両大陸が、滅びたのは、

その使い方を間違ってしまったということ。


不安は、ここからだろうかと思ったりする。。。

かつての、レムリアの記憶。


職場でレジにいると、水晶の数珠をしている人が

老若男女、多くなったと感じる。

お守りだろうなあと、思う。


私も、水晶を身につけたりすることがあるけれど、

どうか、昔のように、使い方を間違わないで欲しいと

思ってしまうのだ。


ショップのうたい文句にある、

「願いがかなう」

「運がよくなる」

「魔よけになる」

ちょっと、待て!

水晶は、そういうもののためにあるのでは無い。と、

心の中で、強く警鐘が鳴るのは、私だけだろうか・・・

今のところ、そういうことを書いてある、ブログにお目にかかったことは、無いけれど。


自分の欲望のために、水晶に意識を集中させると、

水晶は、その思いを増幅させたり、する。

(増幅装置の一種だと思ってください)←なんの根拠もありませぬが。

その思いが、純粋に愛のものから、発せられたものならば、

波長同通の法則により、よきものが、与えられるであろう。

けれど、エゴの思いからであれば、

いたらぬものをひきつけてしまう。

「お金が欲しい、幸せになりたい」

そんな思いを、必死に水晶に念じたら、その願いが、増幅され、

そりゃあ、その気持ちって、「欲しい、欲しい、欲しい」と

いつも、飢えて、ご近所をうろついている輩に、大量にくっつかれるはめになる。

言葉どおり、地獄の住人様ご一行を引き連れてしまうよ。


何気なく、ふと思ったことさえも、・・・「こんちくしょ~」

隠された恨み心が、どうなるか。。。

潜在意識が思ったことを、水晶はあますことなく、記憶し、

その役割をなす。

もし、霊的に敏感な人が、水晶をなんの予備知識を持たないまま

手にしたとしたら・・・

いろんな方向の扉が開かれるだろう。

持つ人の、心のレベルによって、いろいろに分かれるだろう。


私が書いていることは、ただの世迷言だろうか。。。

何の根拠も無いのだから。



せめて、持つ人は、水晶の透明さ、クリアさに恥じない、心を育てて欲しいと、

願うのです。

一緒に、美しさを感じ、意識をクリアにし、

共に、水晶の個性を楽しく感じて欲しいと思うのです。


昔の愚行は、二度と繰り返しては、ならないと・・・

そう強く、思うのです。

だから、未だ、私は、水晶は、集めて見ているだけの人です。

今月も・・・また、買っちゃいました^^;

まだ、はっきりとは、決まってませんけど。

リンクのついている、屋久島のkimiさんのところからです。
今月は、蟹座の水晶祭りが始まっています。
蟹座は、母性の星座なんですって。

でもねえ、水晶に意識を重ねる勇気が、いまだ、出ません(汗;


最後に、水晶の浄化の一番ポピュラーな仕方を、書いときますね。


水晶は、人の思念を吸い取るので、
浄化しなきゃ、いけません。
特に、買ったばかりのものや、
ショップで、陳列されていたものなんか、
お客で訪れた人の思念のかけらが、入っていたり、
ネット販売でも、オーナーの余計なエネルギーが入っていたりします。

kimiさんは、そういう他の人の波動が
水晶や、部屋に入り込むのに、困ってしまって、
最近は、水晶の見学は、お断りしているそうです。


また、長く家に置いていても、同じことですね。
それで、月に一回くらいは、浄化して欲しいと思います。

・満月の光で、一晩、浄化する
(水晶の中には、アメジストやムーンストーンなどは、太陽光を苦手としますので、
 色あせの原因になったりしますので、満月がおすすめです)

太陽が大丈夫な石は、太陽浴でも、OKです。

・忙しい人には、ホワイトセージの葉を購入されて、
 それを、耐熱容器の上で燃やし、その煙で浄化する方法があります。
 ホワイトセージは、アメリカのセドナ産が、おすすめかも。
 セドナは、昔から聖地として、有名なところです。
 土地の気って、確かにありますから。
 セージは、昔から、魔よけに使われていたらしいです。

・もうひとつは、天然の塩に一晩漬けておく。

・そんで、もうひとつは、クラスター水晶に乗せて浄化する。
 クラスター水晶がなかったら、東西南北に浄化を済ませた水晶をおいて4箇所をかこみ
 その中心に、浄化したい水晶を、2~3日置いておく。


さあ、これで、あなたも、今日から、魔女の仲間入りです。
な~~んちゃって。

これらの、浄化方法は、昔からの知恵なんだろうなあと思います。

まあね、何事も、使う人次第です。
すべてに、いいことずくめで、万能なものが無いように・・・、
まずは、私も、水晶に負けないように、心のマネジメントを励もうと、思っております。

最近は、レムリアンシードの水晶が、とっても、気になってる、私です。
だって、このレムリアンシードの水晶って、ブラジルでしか取れないんです。
そして、山の中に、並べられて置かれておいたような感じであるんだそうです。
伝説によると、かつて、レムリアの人々が、水晶に情報を埋め込んだとか。
そして、それを地中に埋めたとか。

夢は、どこまでも、どこまでも、炸裂しそうです。笑
そろそろ、帰らなくっちゃ!

この、現実と、夢ともつかぬ世界の行き来は、
私を、ひどく、疲れさせるのであります。
特に、「夢」から、現実に戻るには、意識を無理やり引き剥がして
「今」に、意識を持ってくるのですから・・・
かなりな一仕事でございます。

書き始めたら、長くなっちゃいました。
読んでくださって、ありがとうです。
別窓 | スピリチュアル | コメント:1
わがままと、自己肯定
2008-05-24 Sat 10:42
鈴ちゃん  「あのさ~、ひとつ聞きたいのよね」

ひいらぎ 「なに~?」

鈴ちゃん 「『自分がやりたいと思うことをしましょう』とか、っていうのが、あるんだけどさ~、その言葉どおりにやっちゃったらさ~、家庭崩壊したり、友達無くさない~?」


ひいらぎ 「その疑問、わかるなぁ。大体、自己啓発書や、スピリチュアルな本には、
そういう事書いてあるよね~」

鈴ちゃん 「でしょ!でしょ!」

ひいらぎ 「言葉の受け取り方になるんだけどさ~。鈴ちゃんが言っているのは、我慢なんかしないで、好きなことやったらいいんだと、受け取った場合だねえ」

鈴ちゃん 「え~、そうじゃないの~?ちぇっ・・・」ヾ(・_・;)チョット‥

ひいらぎ 「みんなが、好き放題やったら、困るじゃない~

鈴ちゃん 「じゃあ、なんでさ~、そんなこと書いてあるの~。勘違いするじゃない!あたしさ~、何でも好きなことして、言いたいこと言って、やりたいことやって、楽しいことばかりやっていたら、いいんだって思っていたんだけどな~残念だよ」

ひいらぎ 「それはねえ、そういう生き方もあるんだけど、大体、そういう人は、自己啓発の本なんか、読まないわよ。人生に行き詰ったり、困った問題が出てきたときに、読んだりするじゃない?楽しくやっていられたら、問題なんか無いわけだからさ~」

鈴ちゃん 「じゃあ、お姉さん、一体、この意味って何なのよ。
 あたし、つまんなくなっちゃったぁ・・・」


ひいらぎ 「鈴ちゃん・・・・自分で一番最初に言ってたじゃない。
「その言葉どおりにやっちゃったら、家庭崩壊したり、友達無くさない~?」って。
鈴ちゃんが、思ってることには、「わがまま」、ということと、混ざっちゃってんのよ。
何でも、やりたい放題だったら、人を傷つけたり、自分も悲しい思いをするってこと、
鈴ちゃんは、分かっているのよね。えらいね、よしよし」

鈴ちゃん・・・(*^^*)ぽっ・・・「じゃあ、わがまま、とどう違うの~?」


ひいらぎ 「『自分がやりたいと思うことをしましょう』というのは、その時点で、生き辛さを抱えた人に対しての、救いの言葉なのよね。私もそうだったんだけどね、なんだか生き辛いなあって思っている時って、人の非難の言葉を受けたり、人から否定されたり、他にも、世間の常識という枠を、正しいと思い込んでしまって、自分は、ダメだ・・・と落ち込んでいるときに、その言葉が必要なのよ。落ち込んでいるときって、視野が狭くなったり、自分だけの自分ワールドにいるのよね。そして、物事におしつぶされて、自分の本来の感情が見えなくなっちゃうのよ。
そんなとき、「自分がやりたいこと」という言葉で・・・つまり、自分以外のものに、振り回されて、固まってしまっている心を、やわらかくして、自分に戻してやるという効果があるのよね」


鈴ちゃん 


ひいらぎ 「も、、もしもし?鈴ちゃん・・・」


鈴ちゃん 「え、あ、何?良く寝た~。だって、子守唄みたいで、気持ちよかったんだもん~」


ひいらぎ 「そりゃあ、どうもありがとう

ま、そういうことで、悩み多き人の場合、まず、自分を取り戻すってことが、大事かもね(ふう~)」



アップしました>>kokoro odayakani


別窓 | スピリチュアル | コメント:0
心おだやかに
2008-05-22 Thu 03:43
アップしました→kokoro odayakani


~心おだやかにいきるためにより~

憎むよりは愛することを

悲しみでなくよろこびを

怒りよりも許しを

怒るよりもほめることを

人の陰口ではなく、ほめることを

破壊するより、創造することを

あきらめるよりは耐え忍ぶことを

傷つけることより、癒すことを

先送りよりは、行動することを

停滞よりは、成長することを

絶望でなく希望を

約束をやぶるよりは、守ることを

批判よりも模範を

問題をつくりだすのではなく、解決することを

他人の弱点や欠点を批判するのではなく、

慈しみ深い目で見ることを

悪いところを見つけるよりも、

良いところを見つけることを

奪うより、与えることを

愛されるよりは愛することを

慰められるよりは慰めることを

理解されるよりは理解することを

嫉妬よりは祝福を


*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*


この言葉のもとになっている、「平和を求める祈り」を世に知らしめた
聖フランシスコは、私のあこがれの方ですの(*^m^*) ムフッ

かなり、ず~~~っと以前、このブログに、
原文と、そのことを書いたことがあるんだけど、
覚えている方、いるのかなあ(笑)
自分でもいつ、書いたのか、さっぱり覚えていないのだけど。笑ヾ(・_・;)オイオイ‥

キリスト教というのは、自分の人生では、あまり、なじみが無いと思っていたんだけど、
自分の人生を振り返ると、
結構な頻度で、キリスト教とは、ニアミスしているようだということを、改めて認識したところです。


そういや、「マザー・テレサ」が言っていたね~。
この国は、豊かだけれど、心が貧しいと・・・

恥ずかしい。。。


上にアップしたものは、
ルイスさんの書いたものですが、

身の回りの人に対しての基本的な心構えでは、ありますが・・・
自分に対しても、そうして欲しいなあと、思ってるわけです。

心が、穏やかであるということは、
決して、鉄や氷のように硬くて、へこまなく、傷つかなくってことではないんですよ。
鉄のサッチャー?

う~ん、そりゃ、ちと違う σ(._ ・;*)ゥーン... 。
ただの、頑固者だわww。笑

思うのだけど、どんな頑固者でもさ、暖か~い、情感があってさ、
辛かったり、悲しかったり、するんだよね。

でも、その対処法として、そこを見ないふりしたり、無かったことにしたりする人もいれば、
痛みを感じながら、でも、また、立ち上がることが出来る人。
そこで、へたりこんで、自殺しちゃう人・・・。

いろいろさ~。


私は、何度こけても、泣きながら、また立ち上がる、そんな幼子のようでありたいなあと
そう思うのだよ、ワトソン君。ヾ(・_・;)チョット‥ ダレ?


私は、私という人間を理解して欲しいとは、これっぽっちも思わない。
それよりもタイセツナなことがある。

ただ、少しでも楽になる方法を、今、不登校や、アダルトチルドレンで苦しんでいる方に・・
ささやかながらですが、私という人間の経験を通して、
そして、私と息子の会話を通して、
また、kokoro odayakani を通して、
少しでも、お伝えできればいいなあと、そう、思ってる。

息子が不登校になったとき・・・
自分の長年の自殺願望・・・

一歩も前に進めず、
ただ、ひざを抱えて、うずくまっていた数年。
人が、怖い、嫌い。
引きこもり、昼夜逆転していた頃。(息子じゃなく、私です)

あの時の・・・地獄の苦しみを思えば・・・
(いや、ほんと、私、地獄にいました。。。)
今は、天国です。
死なずに良かった、生きていて良かった・・・


だから・・・二度と・・・あそこへは、戻らない。
誰も、行ってほしくない・・・と思う。

その時の地獄から、這い出す、きっかけは、
私にとっては、すごく単純だけれど、「信仰」でした。

苦しみが、信仰に変わっただけかい!と、突っ込まれそうなんだけど、
信仰というものは、本来、自然に人間にあるんじゃないかと思ったりします。

お天道様に手を合わせた昔。
ごはんを食べるとき、手を合わせて「いただきます」ということ。
亡くなった方がいれば、手を合わせる。
神社にお参りに行く、
お葬式をする、
これが、信仰心でなくて、なんだろうと思う。
ただの習慣?
そうなの?
ただの習慣で、意味もわからず、やってるの?
みんながやるから?
普通だから?

う~ん・・・
ま、そこんとこは、人それぞれの捉え方があるからね。

あ、そっか、信仰というきな臭い言葉を使うから、いけんのか~
では、「感謝すること」と、言い換えてもいいかもしれないね。

別に、特定のものをすすめているわけでもなく、
(そういうものは、嫌いです。某団体のように、選挙お願いしません^^;)

ただ、きな臭いということで、一緒くたにして、本当に大切なことを見落としてしまうのは、
非常に、残念なことではあります。

でも、まあ、それも、個人個人の考え方なので、はい・・・・
特に、なんとも、ですね^^




ちゅうことで、

kokoro odayakani の方は、「方法論」も、今日で、終わりました。

そして、来週?映画、「コンスタンチン」がTVであるらしいと耳にしまして、

私の好みで、過去のルイスさんの記事より急遽、抜粋して、

「コンスタンチン」を霊的に解説!という内容の記事の

番外編を入れてみたいと思います。

勝手に、カテゴリーを決めてますが(笑)

楽しみにしてくださ~い。ただいま、編集中です。


私、この「コンスタンチン」は、映画館でも見てて、
マトリックスのキアヌが、どういう演技をするのか、
すごく楽しみで観た記憶がございます。



つ~か、一体、どういう時間にアップしてんだ、私・・・。
昨晩、早く、寝すぎて・・・3時に目がぱっちりと・・・

これから、どうしよう~Σ(゚□゚ノ)ノ

ね、寝たら、起きれないと怖いなあ・・・

別窓 | スピリチュアル | コメント:0
意識
2008-05-18 Sun 00:47





昨日、息子さんと、ふと、思い立って、近所の神社の山に、登ってみました。

途中、たこ焼きをほおばりながら、ぺちゃくちゃおしゃべりしながら、

二人で珍道中をしました(笑)

森林浴をして、いい気分転換になりました^^



意識を変えること。

考え方を変えるのは、ただの表面の方法にしか過ぎない。

努力も、そう。

努力をしているうちに、少しだけ、意識が変わることもある。

けれど、良くなろうと、努力をすることさえも、

ひとつの執着。

いずれ、執着を脱ぎ捨てて、

意識が根本から変わらなければ、

どうしても、破れない壁にぶち当たるだろう。

どう変えるのか、どう変わるのか。

心静かにして、自分の中の真実の声を聞くことだろうか。

思い込みや、思い違い、

過去の本の言葉、人の言葉、

そういう言葉遊びの「分かってる、つもり」、

表面の意識を突き抜けて、

自分の中の神なる領域へ。

別窓 | スピリチュアル | コメント:3
お知らせ
2008-04-22 Tue 09:15
新しくブログを作りました。

『kokoro odayakani』


ルイスさんのHP『心おだやかにいきるために』のサテライトブログになります。

ひいらぎさん、ついにルイスさんの押しかけ秘書になりました。
キャー ヾ(≧∇≦*)〃・・・ ヾ(・_・;)こら、チョット、落ち着け‥
↑は、ほっといて・・・^^;
ともあれ、穏やかな光の言葉に触れて下されば、嬉しいです^^
どうぞ、よろしくお願いいたします。m(_ _"m)ペコリ


一日目の記事は、腹式呼吸についてですね。
人は、怒りや悲しみや悩みに心を奪われているときは、
呼吸が浅いんですね。
よく、肩で息をしているとか、言いますが、
そういう時は、体も硬くこわばっています。
頭痛も、その延長にあるんじゃないかなあと思います。
以前、私は、かなりの頭痛持ちで、薬を一日、何個も飲んでいました。
どんだけ、不健康なんだ!ですねぇ。^^;
その原因に、呼吸があるとわかってから、
肩や背中が強張る感じがしてきたら、意識して複式呼吸をします。
最近では、薬を常習的に飲むこともなくなりました。

リラックスが、一番の薬みたいですね。

別窓 | スピリチュアル | コメント:0
| 歩いていこう | NEXT