author : rinrin
リンク追加のお知らせ
2008-05-30 Fri 09:10
新しく追加しました。

【いじめから子供を守ろうネットワーク】

こちらは、以前も、リンクしていたのですが、
昨年、リンクを全削除したときに、消えてしまい、そのままでした^^;


【元・引きこもりがかたる引きこもりからの脱出日記】

こちらは、よーえつさんという方が管理人をされているブログです。
題名、そのもの・・・^^;の方らしい(笑)
現在、カウンセラーをされているとのこと。



【おしゃべりワンコの物思い】

こちらは、ワンコのカウンセラーさんですね^^
私が、もっとも信頼する、ドッグトレーナーのeggiさんよ♪
そこんじょ、そこらのトレーナーさんとは、ちと違う。
問題犬と呼ばれる不幸なわんこたちを、いっぱい幸せにしてきた方。
犬を飼っている方は、ぜひ、読んで欲しいの。
もしかしたら、小さな子供を持っておられる方にも、参考になるかも。
わんこと人間の関係は、子供と親の関係に、似てるんだ~。
現在、ドイツ在住。
もうすぐ、トレーナーは引退されるけれど、
素敵なおしゃべりは、ず~っと、続けて欲しいのよね。
eggiさんが頑張っているから、私も頑張れる・・・そんな素敵な方なの。


どうぞ、肩の力を抜いて、訪問よろしゅう~、お願いします。



==こちらアップしました== kokoro odayakani
お話は、いよいよ、佳境に入っていくのでありました。^^


近況:
とにかく、なんだか、忙しくて・・・
コメント・メール、まともに、お返しできず、すみませんm(_ _)m
kokoro odayakani の記事アップだけは、命かけてやってます。(←大げさです)
いえ、これは、貼り付けるだけなので・・・ルイスさんのお陰です。はい(* ̄▽ ̄*) ~♪
ちょっと、言ってみたかっただけです。

では、では。

別窓 | 覚書 | コメント:2
新聞切り抜きより
2008-05-20 Tue 10:42
[心の在り方を学ぶ場教育に]
江藤 美奈子
熊本日日新聞2008年 4月23日

先日、驚いたことがあった。五歳の娘が片付けをしないのでしかりつけたときだ。彼女は大泣きして私に謝り、何やら書いた。そして「お母さん。手紙」と私に持ってきた。開いてみると「お母さんいつも私に優しくしてくれてありがとう」と書いてある。
私はやられたと思った。仏教書に言葉がある。「怒りに対して怒りを返してはならない。怒りに対しては穏やかな言葉で答えなさい。厳しい批判には対しては、沈黙で答えなさい。笑顔を忘れてはならない。忍辱(にんにく)の心を忘れてはならない。耐え忍びの心を忘れてはならない。耐え忍びの心こそが徳というものを積ませるのだ。怒りに対し、怒りを持って答えるようではけして徳ある人間とはなれないということを知れ」という一節だ。
ここまで心をコントロールすることは難しいが、一度身につければ自らの心に苦しみが残らない。相手に反省は促すものの傷つけることもない。しかし、私は驚いた。
五歳にしてこの心の法則の一端を身につけたか(笑)と。現在、宗教と教育は分離されているが、後を絶たないいじめ問題を聞くにつけ、ぜひ「宗教」という「心の在り方を学ぶ」場を教育界に取り入れてほしいと願う。


。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○

素敵な記事だわ~♪
つい、転載しちゃった。
私も、反省しつつ、5歳の子に、教えられ・・・わははっ(汗;;;

メモメモ“〆(^∇゚*)カキコ♪

別窓 | 覚書 | コメント:3
納得したい
2008-01-11 Fri 21:57
私は、どこから、生まれてきたのか、

なぜ、私は、この両親のもとに生まれたのか、

なぜ、私は、今、ここにいるのか、

そして、どこへ行こうとしているのか、


ずっと、ずっと、自分というものを、納得したかったのです。


ただ、食べて、飲んで、息をするだけの私ではなく、

今、ここに、いる、私という人間の意味を知りたかったのです。


人が生きるということは、それに、どういう価値があるのか、

生きて、苦悩するということに、何の意味があるのか、

楽しい、悲しい、嫉妬、憎悪・・・それらの感情に何の意味があるのか、

そして、それらの感情を携えて、生きるという意味を、

ずっと、ずっと、納得したかったのです。


それだけのことだったのです。



納得したいの続きを読む
別窓 | 覚書
怒りっぽい
2007-12-27 Thu 01:14
最近、やたら、怒りっぽくなっているのを自覚します。
忙しいのもあるけど、それとは違うような感じです。

家では、全く、怒るという感情が、涌いてこないので、職場だけのこと。
誰にだろう?
何にだろう?

思い当たる節は、あるんだけど、どういう時に、何に触発されて、怒りという感情が、出てくるのか、いまいちつかめない。

もしかしたら、同僚たちが、抱えている今の現状に対する不満、怒りにかなり影響されて、自分の中の潜在的な怒りが引き出されているんだろうか

もし、そうなら、気をつけねば。

もう一つ心当たりがあるのは、「やってあげてる」感覚。

スタッフ店長になった同僚が、個人的に親しいばかりに、助けなければ、と、精神的に無理をしてしまった部分がある。
それもあるかもしれないと思いながらも…
でも、それとは別に、なんだか、最近の彼女に、微妙な違和感を感じる。

このかすかな違和感の正体が、イマイチつかめない。

明日から、どういう時に怒りが起こるのか、よく状況と自分の内面を観察してみようと思う。

今日のは、急ぎの仕事とは言え、自分の担当箇所に、使いやすい人だけを全部投入して、そのしわ寄せを、私を含め、他の人まで影響を与えたというところか。

使いやすいところを当たり前のように使う、これだな。利用された感覚に腹がたつんだなあ~。

これ、私のトラウマ。
別窓 | 覚書
休みですo(^-^)o
2007-12-25 Tue 09:06
仕事が切羽詰まっているのだけど、休みの日は、仕事に行かないようにしようと、頑張っています。

体が疲れてくると、集中力も落ちます。
加えて、年末のかきいれ時なので、客が多い。多いというのは、人に酔う私にとっては、非常に辛いところ。

客の方も、いろんな方々を背後に連れた方が多く、店の中は、実際の入り数以上に雑多な方々であふれているようです。

たまらん




何かの相談室で読んだことがあるんだけど、この体質を利用して、もっと訓練して、霊能者になりたいという人がいました。

冗談でしょ!!って感じです。

心が澄んだ状態を常に保てるのは、並大抵なことでは、ありません。

曇ったままで、能力を高めても…悪い霊に耳元でささやかれ、身を潰すのが、関の山です。


人ごみで、疲れやすいのは、田舎育ちだからと、ずっと思ってきたけれど、見えない方々から、エネルギーを取られるからという理由もあるんです。


もっと、心の基礎体力をつけなきゃね。




何かにつけて、「時期がきたら、自然と解決の道が開けます」

という文章にぶち当たる。

そうなんだろうなと思いながら、なかなか、それが出来ないのです。

別窓 | 覚書
彼女のこと
2007-12-07 Fri 22:20
昨日、職場での落とし物を警察に届けるために警察署に勤務中に行く。
めったに行く場所ではないのですが、
昔のとある記憶が蘇った。
あの時、同じ警察署の駐車場でエスと言い争った情景が頭から離れなくなった。

あの頃、エスと、私は、今思えば、末期的関係になっていた。

付き合いも10年を超えエスの思考回路が手に取るようにわかっていた。
エスの望む私には、なれないと知りながら、なろう、なれない、の葛藤で混乱していた気がするのだが記憶がなんだか薄れてしまっている。
でも、恐怖だけは、強烈に残っている。

恐怖の下には、いまだ、押し隠した怒りが眠っているのだろうと思う。

とりあえず、楽になることを選び、エスから逃げ出し、向かい合うことよりも避けた。

そろそろ、記憶としっかり向き合う必要があるんだろう。

最後の課題「物語を書く」をクリアするためには、それしかなさそうです。

やっと、時期が来たのかもしれません。
別窓 | 覚書 | コメント:0 | トラックバック:0
エミール・クーエの法則
2007-01-02 Tue 22:55
字を大きくしました。。。
もともと、近視の上、最近、老眼がぁぁぁ~~~。



【本題】


「クーエの法則」というものが、あるのだそうです。

要は、自己暗示。

有名な言葉に、
Day by day, in every way, I'm getting better and better

「毎日、毎日、あらゆる面で 私はますます良くなっています」


という、言葉があるのだそうです。

私自身も

「これから毎日あらゆることが、いっそう良くなる、必ずよくなる」を

実践している1人です。

このような自己暗示の言葉――アファメーションは、

今では、ちまたに溢れているのですが、

「効果があるんだろうなあ」

「なんか、いいんだろうなあ」という程度で、

どうしてこのような言葉に、効果があるかという理論的な所は、

すぐ、遠くの彼方のチリと化してしまいますね。^^;


復習のつもりで、ここに、書いておこうと思います。


人間には、「意志力」と「想像力」というものがあります。

例えば、「○○したい、なりたい」と自分の意志で、願ったとしても、

想像力の方は、「こんなことしても、無駄」とか

「○○しても、失敗する」とか。。。否定的な事を思ったりします。

クーエ自身も、一生懸命、物事に取り組めば

取り組むほど、なぜか、否定的になる自分に気づき、

どうして、そうなるのだろうかと、考えたのです。

そして、

想像力と意志力が衝突し、対立する場合、

勝利をおさめるのは常に想像力の方である。

(*ここで言われる想像力というのは、潜在意識の事だと思う)

このことにいかなる例外もない。

この法則は重力の法則と同じほど不変。


ということを、発見したらしい。

これを、「努力逆転の法則」というそうです。

(ここから、他所から拝借)

☆努力逆転の法則
頑張れば頑張るほど、その努力とは反対になるという不思議な法則。

○意志力と想像力(イメージ)が相反した場合は想像力(イメージ)が勝つ。

○意志の力で「努力すればするほど」想像力(イメージ)は強力となり、その意志の努力とは反対の結果なる。

○意志力と想像力が相反した場合は想像力の強さは意志力の二乗に正比例する。




ほんと、なぜか頑張れば頑張るほど、どんどん、

違う方に行ってしまうって事、実際、ありますよね~。



そこで、クーエは、自己暗示法を開発しました。

その中で、努力すればするほど、緊張度が高まるという事も、

同時に、発見しました。

この体の緊張が、邪魔するんですね。

私も、緊張や、マイナス思考に、とらわれた時、

頭痛がしたり、背中が痛んだり、肩が凝ったり、

吐き気、不眠、もしくは、異常に眠かったり、

食欲がなくなったりと、いろいろと症状が出てきます。

そして、そのような時は、概して、呼吸が浅いという事に

クーエは、気づいたのだそうです。

それで、深呼吸をして、気持ちを整え、リラックスするということも、

同時に推奨しています。

リラックスしての、自己催眠状態なら、なお良いそうです。

それに、加えて、先ほどの暗示の言葉。

否定的な想いが入り込む隙のないように、

すばやく連呼して、繰り返すのが、コツなんだそうです。

そして、唱え終わったら、後は、潜在意識に任せて、

さっぱりと次の行動に移る。


それと、もう一つ、ポイント。

「努力をしたらいけない」らしい。。。

(ちょっと、拝借してきました)

「無意識の露頭」レベルが高い状態をねらって行っているにもかかわらず成功しないのはなぜか。
意志の力を用いて、自己暗示をかけようとしたからです。
なにげなく、無意識に自己暗示ができることが大切です。
意識の支配が強いときには、呼び起こしたくもない経験的・現実的連想が起こります。よって、どんなに頑張っても、自己暗示がうまくいくことはないのです。



これは、鼻歌を歌うように、

力まずに、リラックスして、唱えるのが、いいそうです。

何気に、無意識に・・・

そんな事、できるのか(??)



そして、もう一つのポイントは、

こんなことをしても効き目は無駄じゃないかという不信の念。

必ず、効果が表れると信じることも大切なところだと思います。



また、これらのアファメーションは、

朝起上がる前と夜ねる直前が、効果的だそうです。


高校時代に、先生が、暗記をするなら、

夜寝る前にやると、定着率が良いという事を

言っていたのを思い出します。

これも、その応用ではないかと思います。



私自身、アファメーションは、

最初の頃は、全然、入りませんでした。

西尾和美さんの

「あなたは、あなたのままでいいのです」

というフレーズも、口ずさんでいる最中でも、

「ほんとに、いいのかなあ、それって、わがままじゃないのかなあ」

とか、不安や否定が、よぎったものです。

これは、きっと、意志の力で力んでやっていたからでしょうね。

しかし、イメージ法・・・

例えば、自分がリラックスできるような、風景を

イメージするとか・・・穏やかな音楽、

それから、香りもお勧めです。

個人的に言えば、お風呂の中というのも、好きです。

(でも、小さいお子さんと一緒に入られる方は、無理かな)


そういう補助アイテムも、効果的になるんじゃないかと思ったりします。

私の場合は、特に意識して、そのようなリラックス状態を

作ったわけではないのですが、

それを、無意識にやっていた頻度は、かなり高いかもしれないと

クーエの解説を読んで、思いました。

(白昼夢or妄想の人ですから☆笑)


そして、呼吸法・・・

ゆっくり数えながら、深く息をするという事を学びながら・・・

そして、今、思い返すと、穏やかなイメージというものを

連想できるようになった頃から、

より、入るように、なってきたのではないかなあと思います。



なんて事、偉そうに言ってますが、何より、論より証拠です。


一年半前の、楽天ブログの自分の日記に比べると、

最近の日記は、ずいぶん、軽い感じになってきたと思います。

生き証人、あるいは、経験者としての、私が言いますが、

あの頃の日記、重すぎて、どろどろすぎて、

我ながら、今は、見られたもんじゃあ、ありません。はい(汗;

というか、見るのも嫌です。

(そんなものを公開するな、とお叱りを受けそうですが・・・)

まあ、使用前、使用後の、比較対象の種としては、分かりやすいかも。


また、気が付くと、以前ほど、悩みを、あまり引きずらなくなった、

という効果もありました。



それだけ、効果があるという実証ではないかと、そう思います。



アファメーションは、怪しい宗教でもありませんし、

なんて言ったって、無料ですから、(笑)

やってごらんくださいと、自信を持って、

私は、皆さんにも、お勧めしたいと思います。

(子供たちにも、すすめています。^^)
 
blue03.jpg


今日は、もちろん、これ!

☆「これから 毎日あらゆることが、いっそうよくなる、必ずよくなる」

☆「わたしは、生きるのにあたいする人間です
  わたしは、私のままでいいのです
  わたしは、愛するにあたいする人間です
  わたしは、私の居場所を作っていいのです
  わたしは、私をう~んと好きになります」
(*西尾和美さんの『今日一日のアファメーション』変形バージョン)


   アファメーションは、祈りの言葉・・・
   これらを唱えると、暖かい気持ちになります。
   一年間、私を支え、守ってきてくれた言魂です。
   ありがとうの気持ちを込めて。。。
   これからも、大切にしていきたいと、思います。
別窓 | 覚書 | コメント:0
2つの人格
2006-12-16 Sat 02:54
私の中に、2つの人格がある。


一人は、対外用。もう一人は、内側用。


ブログでは、交互に出演してもらってます。


自分でも、落差が激しいなあと思う。


対外用は、後天的に作った仮面のようなもの。


時には、対外用に、内面用を、こっそり混ぜ込んでみたりしますが。


統一されない自分に、違和感を感じる。


みんな、そうなのかな・・・?


いや、ちょっと、違う気がする。


師匠や、その周りにいる方々を前にすると、


どこにいても、誰を前にしても、恐れもなく、


そのままでいる事が、美しく統一されている感じを受ける。


たぶん、私が、今まで居た世界では、そういう人たちは、


いなかった気がする。


やはり、統一されなければならないのだろうなあ。


突き崩さなければならない、プライドの壁、高そうです。


そして、恐怖の克服。


先は、長いのだ。。。


ひとつずつ、じっくり、やっていこうと思う。

別窓 | 覚書 | コメント:3
戒め
2006-12-15 Fri 16:03
             比較をしない

ありのままを受け入れること。
ありのままに、見ること。

ありのままを、感じていけますように。
別窓 | 覚書 | コメント:2
| 歩いていこう |