author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
[子ども・不登校の一年間 ](43)
2005-10-31 Mon 13:06
自分の不登校のことを自分で「さぼり」って言うんだよね。

「さぼり」って、行けるのに、意図的に行かないことだよ~。

キミって、行けるのか? そうやって、自分を責めるなよ・・・。

そう言いながら、リハビリだと思って必死に、買い物に行ったり、

犬の散歩に行ってくれたりする彼。痛々しい。

そして、今日は、退院して初めて、夕方、近所の友達と古本屋に自転車で

出かけていった。迷いながら電話をしていたが、500円握り締めて

行きました。


スポンサーサイト
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
水谷先生の講演会 [ 子ども・不登校の一年間 ](42)
2005-10-29 Sat 13:05

夜回り先生で有名な、水谷先生の講演会があったので

出かけて行きました。

体調悪くて、吐きそうになりながら出かけましたが、

行って良かったです。


TVでの特集を以前見ましたが、低い声で淡々と語られる

お話に、衝撃を感じたものでした。

水谷先生は、子どもを叱ったり、激励したりしない。

頑張れということは、今頑張ってないから・・・というメッセージが

存在するから。

ああ、そうだなあ・・・。

子ども達は、悲しいほど必死に生きている。

その可能性をつぶしているのは、まわりの大人たちだわね。

10誉めてくださいねと言われてました。

大人だって、誉められたいんだもの。

子どもだってそうだよね。

みんなで誉めあおうかな。笑
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
主治医との対話 [ こども・不登校 の一年間](41)
2005-10-27 Thu 13:02

文章を書くということは、自分の気持ちを整理する手伝いになるんだろうね。

書かない日が続くと、もやもやっと、何か溜まってくるような感じがする。

それともPC依存症かな?

自分に正直であるつもりが、だんだん違ってきたり

本音と建前が交差してたり・・・心の中はとっても忙しい。

           ☆

人の気持ちを伺って、それに合わせてしまう私。

そして、自分の本音が分からなくなる。子どもの時からそうだった。

だから自分じゃ何も決められない。

今では、決めたくなくなった。と言った方が正しいかな?

きっとね、子どもも、そうなんだろうな。

今、何をしたいのか分からなくて、立ち止まっているんだろうな。

今はじっくり、カイの甘えに付き合っていこうと決めているのに

こんなに活動的なのに、どうして、学校へ行けないのだろうと考えてしまう。

言ったところで、本人には、学校へ動く気が無いのは分かっている。

それでも、ほんとは、まだ心のどこかで、自分の思い通りに動いて

欲しいと思っている。

そして、行けないのなら、それも良し、と100%思っていない自分がいる。

昨日、カイの診察日だったので、K病院へ外来で行ったが、

主治医は

「どうして学校へ行かないんだね」と聞いていた。

「はあ、何となく」とカイ。

後ろで聞いていて、(今は行ける訳無いじゃん・・)

と心で突っ込み入れながら聞いていた。(-_-;)

「家ばかりいて、人の中に入らないと、引きこもりになるよ」と主治医。

「はあ・・・。でも積極的に自分から人と会おうという気にならない」とカイ。

「家にばかりいて人と会わなかったら、大脳が萎縮するんだよ」

「・・・」

そんなこたぁ、本人も親も分かってるのさ。

それが出来たら、不登校なんざならないのさ。

医者が出来る事、病気を治療することだ。

しかし、子どもの心まで、踏み込んでくれる医者は少ないのかもしれない。

相性もあったのかもしれない。

私が見ても、学校へはまだ行けないだろうと思うのに。

夫も心配そうに言う。

「これだけ元気なら、学校へ行けと言ってもいいんじゃないか?」

「言ってみたら?絶対行かないと思うよ」と私。

だって、行かなきゃいけないというのは、本人が一番知ってる。

そのことで苦しんでる。だから夜も眠れなくなる。

昼間は確かに、コンビにへ出かけたり、犬の散歩に行ってみたり

買い物へ行ったり、ゲームをしたり、本を読んだりと活動的になってきている。

しかし、それだけの事。

自分で選んだ事意外は、出来ないんだよ。きっと。


分かっているのに、私も主治医の言葉に反発しながら、同じ事を言いたくなる。

自分の渦巻く感情(エゴ)を納得させたい。

これは、息子の問題ではなく、私の問題集。

学校へ行く、行かないは問題ではない。

カイが自分で選んで、自分で歩けるようになる事が大事な課題。

そこには操作は入れまい。

そして、強制も入れまい。

〇(建前)と×(本音)を同時に出さない。

今までの子育てを振り返って、そう決めたのに・・揺れます。

でも、私も納得したいのです。

でも、でも、誰にも分からない事なんだと思う。親の私でさえも。

正解なんてどこにも無いんだから。失敗したっていいんじゃない。

そう思うしかないのかな。


            ☆

昨日の診察で、新しい病院の方への紹介状を書いてもらった。

主治医、不機嫌そうに書いてくれた。

最初は書かなくてもいいんじゃない?と主治医が言っていたのを

「先方が欲しいとおっしゃるので」と私が無理に書いてもらったのだ。

診察が終わって、お礼を言っても、無視~☆か!! 二度と来れん・・・ここ。

ま、いいか。3ヶ月お世話になりました。

別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
夫と子供の話合い [ 子ども・不登校の1年間 ] (40)
2005-10-25 Tue 12:59

昨夜の話し合いは、家族全員の話し合いになりました。
りんりんは出来るだけ、どちらの味方にもつかず、中立で
話を前に進めるという感じで。

子ども達の言い分として、
〇お父さんは、話し方がしつこい。
〇普通の話ができるようになって欲しい。
〇暗いので、明るく、ユーモアが欲しい。
〇しゃべる時は、ボソボソではなく、はっきり明瞭に。

手厳しいわね。
夫は、以前にも、どう変わればいいのかと子供たちに聞いたことがありましたが、

その時も似たような事を言われてました。

だから・・・子どもたちからは、以前言ったのに、

その努力をしてないし、変わろうとしてないと、批判続出。

夫は「じゃあ、具体的にどう変わればいいんだ」と???

子どもたち「それは、自分で考えなきゃ。でも具体的に言うなら、

 例えば、勉強を教えてやろう、とか、言葉に相手を見下したような

 感じを受けるんだ。それと責められてるような気がしてくるんで

 話したくないんだよ」とソラ。

一緒に考えてくれる親を求めているのに、答えを教えたがっている。

う~ん、そうか、答えは求めてないっていうことかあ。

これは、態度や言葉使いが変とかいうものじゃなくて、夫の心の根っこにある

相手をコントロールしたいという気持ちから行動が出ているような気がする。

「こちらにそういう気持ちが無くても、あんたらは、そう取ってるんだよな」

と夫。

違うぜ!夫。それが、自分中心で物事を考えてるってことだ。

「今の言葉、自分には無いが、そう取る相手が悪いと聞こえる」とりんりん。

「今は、お父さんがどう変わったらいいのかと、あなたが家族に相談して

その答えを求めているんだから、話の方向を相手に持ってくる時じゃないと思う」

おっとう、頭を抱えて、うなっていました。

(がんばってね、おとうさん)

ソラが、「お母さんにも、昔はあまり話し出来なかったけど、

最近はできるようになってきたよね」と。

「最近って、ここ数年のことだろ?」

「あ、そう言えばそう」

「そりゃ、あんたお母さんも努力したさ。あんたたちとどうすればちゃんと

会話ができるようになるかって、時にはお馬鹿なふりして、あの手、

この手で頑張ったもんね。(えっへん、いばるとこじゃないか・・・)」

「え、馬鹿なふりだったの??あれは、絶対、地だよ」と二人に言われて

しまうりんりん。(ま、いいさ、そういうことで)

でも、カイとはこの関係を作りそこなったので、これは今からだなあ。

そんな雑談が終わって、お父さん、もくもくと目の前のみかんを

4~5個も平らげている・・・。おいおい。

「お父さん、みかん食べ過ぎって!!」とソラに突っ込まれて

我に返る夫だった。(爆)それは、子ども達が言いたいことが、彼にとっては

意味不明に近くて、もうどうしていいか分からなくなったのだと思う。

だから食べるしかない夫だった。

ここら辺で、子ども達にも、自分の意見があったら、不満や疑問を心に貯めず、

話し合いの場でちゃんと解消していこうねとアドバイス。

お父さんも、家族のために働いているんだから感謝はしていかなければ

いけないよと釘を刺す。

もう一つの課題は、お酒。

「お父さんは、3ヶ月前、もうお酒は飲まないって言ったのに、僕は知っている。

夜中にこっそり飲んでるし、外で飲んで、飲まないふりを演じている。

バレバレだもん」とカイ。

「俺は、カイの前では飲まないと言った」

「僕の前では飲まないってそんな事、お父さん、言ってないよ」

「じゃあ、私の前ではいいわけ?」と更に突っ込みソラ。

お父さん、「いや、そういうつもりじゃないけど・・・お父さんも飲みたいし」

たじたじ。

「自分から言い出しておいて、平気で約束破るんだもんね」

「いや、カイの前で飲まないってことを言いたかった」

言った言わないの、水掛け論になってしまいそうだったので、りんりん入ります。

「要するに、見解の相違だよね。じゃあここで、もう一度お互い

 確認しあったらいいじゃない」

そうしようということで・・・・

「どうして飲んだらダメ?」りんりん

「人格変わるもん。嫌なんだ」と二人。

「飲んだら、たいがいの人が変わるし、理性が外れるもんだよ」りんりん。

「そりゃそうだけど、すぐむかつく事を言うし、普段言えないことを

 酒を飲んだらグダグダ言うから。それに次の日は覚えてないし」と子ども。

お父さん、楽しいお酒を飲みましょうね。ほんと。

「外で飲む分は?」

「それも嫌。」きっぱり。

「要するに、飲むお父さんが嫌なんじゃなくて、酔った状態のお父さんが

 嫌なんだね」りんりん。

「そうそう」とこども。

でも、お父さんはお酒がストレス解消なんで、全部取ったら可哀想だし。

で、お互いに譲って、寝る前(子どもが寝たあと)には、

コップ一杯程度ならOK。

会社の付き合いは、しょうがないけど、ほどほどに。

という事でまとまりました。

ふう~~。

こんな会話をしながら、愛と尊敬をもって人と接する事って、改めて大事なんだなあって思ったよ。
自分の所有物と思うから、相手を意のままに動かしたいと思ってしまうのかもね。
お互いの立場を尊敬して、愛情をもって・・・
特に親とか夫婦という立場であれば、その境界線があいまいになってしまう。
きっと、夫にも、子ども達が何を望んでいるのか、分かる日が来ると思う。
子ども達が、お父さんに、望んでいるのは、色々言葉では意っているけれど
親としての深い愛情なんだろうなと。
それは、母親の私にも言えることなんだと思う。

愛情・・・裏切らない、見捨てない、安心感、
母親の懐で守られる幼児のように。
カイが求めているもの。ソラが求めているもの。
そして、私が求めて得られなかったもの。

今は、分かるから、キミたちをちゃんと守るからね。

   ************************

今、お昼の3時だけど、カイくん、お小使いを握って、

自転車で出かけていきました。

退院してはじめての一人おでかけ。

先ほど、持たした携帯から電話がありました。

「お母さん、異常なし。ただ今パトロール中です」

「了解! 敵に気をつけてよ」

「今から図書館に行きます。パトロールを続けます。では」

きっと、町の平和を守るため、彼は頑張っていることでしょう。
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:2
夫の約束 [ 子ども・不登校の1年間 ](39)
2005-10-24 Mon 12:57

午前中、カイをさそって、30分ほど、近所を散歩した。

が、疲れたと連発。

これは多分、体力的に疲れたという言うより、

違う意味で疲れたのではないかと推測。

昨夜、父さんがめずらしく話し掛けてきたと話す。

何を話したかというと、突然、話があると言って、

部活を止めたいならやめていいぞと言ってきたという。

※この話は、2~3日前に、息子自身が、中学に入って、

サッカーに入ったことは、間違いだったよとぼやいていた話からつながっている。

カイの本心を聞きたいと思い、父は、頑張って、対話を試みようとした。

が、カイは、「しつこい」「うるさい」「やめない」と対話拒否姿勢。


「お父さんと何話した?」

「ん、突然、話をしたいと言い出して、ものすごく嫌だった。
 
それにお母さんとソラは、そんな時に限って二人で犬の散歩に行くしさ!」
 
(これは、夫と打ち合わせて、二人きりで話した方がいいんじゃないかと

 りんりんが提案したから~☆(>∀<)娘を誘って散歩に出かけました。

 久しぶりに娘と二人きりで、ゆっくり話ができてりんりんは良かったんだけど)

カイにとっては、自分だけ家に夫と二人きりにされて、

たまらなかったようです。

「あら、でも、散歩から帰ってきたら、あんた機嫌良さそうだったじゃない?」

「あれは、二人が帰ってきてくれて、嬉しかったんだよ~~~~

 だいたい、なんで僕も誘ってくれなかったのさ。ひどいよ」

「だって、昼間買い物行って、疲れたって言っていたし、カイも散歩に

 行きたいって言わなかったじゃない」

「あ~。今度から、絶対一緒に行く!!」

夫、との対話はダメだったようです。

カイの中には夫に対する複雑な気持ちが渦巻いているようですな・・・


その後、ゲームを売りたいというので、近所のテレ・パニに車で連れていく。

思ったより高く売れたようで、その半分で三国無双PSP版を購入。

帰ってから、雑談しながら、よく私に甘えるしぐさをします。

昨夜も、眠れない・・と言って、夜の2時くらいに2階から降りてきて

いっしょに川の字で寝ました。

スキンシップ、今取り戻しているかのようです。

さて今夜は、昨日の夫とカイの話の中でカイが最も気にして

怒っていたことを解決する必要があると感じました。

今度はりんりんも混ぜてもらって、話そうと思います。

夫のお酒の問題です。

夫はお酒を飲むと、少し人格が変わります。

カイは夫がお酒を飲む事を好みません。って、夫以外誰も、望んでいない。

数ヶ月前、カイの状態が一番ひどかったとき、

夫は「もう酒を飲まない」と自分から約束した。

その約束の内容のお互いの理解度が、ズレている。

夫は、カイの前では飲まない。

カイは、会社の付き合いならしょうがないが、家では飲まない。と理解している。

この修整をする必要があるようだ。



別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
カイの夢 [ 子ども・不登校の1年間 ](38)
2005-10-13 Thu 12:54

夜遅く、カイから電話・・・

以下カイの言葉です。


あのね、僕は自分の人生で2つの間違いを犯したと思った。
(な、なにですか~???)

それはね、小さい頃、ゲームばかりして、外で遊ばなかったこと。

それとね、お父さん子になれなかったこと。

お父さんってさあ、いつも家にいる時間が少ないし。

そんでね、今日、夢をみたんだ。

夢の中で、僕とお父さんは一緒にキャッチボールをして

仲がよくてね、ほんとに楽しかったんだ。幸せだった~。

だから、心の底では、ほんとはお父さんに謝りたいんだ。

お父さん子になれなかったから・・・

*********************

聞いていて、涙が出そうになりました。

おまえが謝るようなことじゃないよ。

お父さんにもいけないところは一杯あったんだから。

でも、今からでも、そうなれるよ、きっとね。

そう言うと「なれるかなあ」と言っていました。

大丈夫、なれるよ。そうなっていこうね。


どんな気持ちで、この自分の気持ちを伝えようと思ったのでしょうか。

子どもは本当に親のことを大事に思ってくれるものなんだなあ・・・

いじらしく、けなげで・・・

でも、カイいわく、お母さんはいつも家にいるから、

それほどじゃないんですと。(爆)

いいんです、それで。^^ちょっと寂しいけどね。

別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
児童相談所に相談してみた&退院の報告 [ 子ども・不登校の1年間 ](37)
2005-10-11 Tue 12:52

今朝は、少しがんばって、児童相談所に電話したりしてました。

基本的に、児童相談所という所は、病院を紹介したり、お母さんの

お話を聞いてあげたりと、かなりソフトタッチでのお付き合いなんですね。

「うつ」のことを聞いてみたかったんだけど、病気のことは、病院へと

断られた。そりゃそうだな~。

私もこれといって、目的も無しにかけたので・・・(いかんだろ~;)

まあ、今まで知らなかった情報があったら、儲けもんってな感じ。

今日、主治医の先生に、お電話して、金曜日に退院しますと伝えた。

これで、カイには、退院の催促をしなくなるだろう。

そして、最後に、

「うちの子、病名は、うつなんですよね」と再確認。

「はい、そうです。症状はよくなってますけどね」

そう確認して電話を切った。


朝のうちにカイの気分ノートを整理していたら、ある事に気づいた。

学校へ行った日の後、一週間ほど、落ち込みがひどい。

そして、一週間して立ち直った頃に、また学校へ行く気になる。

また、落ち込む事一週間・・・。こんな調子だわ。

彼のエネルギーは、週1、数時間ほどしか学校へ行けるエネルギーが無いってこと?

その後、今週に至っては、「行きたい」って言葉も出ません。

疑問、疑問、これで、良くなったんですか?

主治医は、先日の面談で、学校へ行く、行かないは本人次第だと言った。

本人次第って、ちょっと、あーた、そんな、あいまいな。。。


退院したら、もっと詳細な気分ノートをつけられるので、気をつけておこう。

もう、なんか、主治医と戦う気がしないよ。

「うつ」だったら、学校へ行く事を、本人が希望しても、行かせてはいけない

時期ってあるみたいなんですが・・・。

別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
海に落ちた・・・ [ 子ども・不登校の1年間 ] (36)
2005-10-10 Mon 12:49

お昼頃、カイが電話してきた。

「今日は最悪だよ~、午前中、防波堤で釣りしてたらさあ~、

 海に落ちてびしょぬれになった。寒かった~」

おいおい(汗;)、

怪我はしなかったようですが、この季節に海水浴は、ちと寒過ぎる。

まあ、背の立つところだったので、溺れないで、岸まで泳いだそうな。

気をつけてよ、ほんと。自然は怖いんだから。

病院へ帰って、特別にシャワー使わせてもらったらしい。

「それに、朝5時に火災報知器が鳴ってさあ・・・結局。間違いだったんだけど」

今日は、厄日?

一瞬、死のうとしたんじゃないかと・・・思ったり。

無事で良かった。

  ***********************

ソラの中間テストの返却が全教科終わりました。

で・・・今までに見たことの無い点数にびっくり。

いや、本人が一番・びつくり。(いえ、数学だけは、別です)

順位はさておき、点数だけ見れば、ちゃんとあがってますよ、おねえさん!

良かったねえ。

ソラちゃん、今まで、100点のうち、5割くらいの点数が多かったのに、

今回いきなり、大幅ア~ップ!でした。

今週の文化祭が終われば、いよいよ、受験も本格化します。

今は英検の準備で、忙しいソラ。ほんとに息つく暇もありませんが、

力尽きないよう、ほどほどに頑張って欲しいものです(笑)
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
うちでは診れません [ 子ども・不登校の1年間 ] (35)
2005-10-09 Sun 12:46

こんなことを、4~5件の医者に言われた。

息子の医者探しです。

小児うつは、大人のうつと違って、非常に治療が難しいのだそうです。

それと、今かかっている主治医がQ大の大御所先生なもので

その息がかかっている下っ端の同大卒の医者は、診る事を嫌がるのです。

他所でみてもらってくださいと、今の主治医の名前を出したら、逃げ腰・・・。

この大学の派閥、師弟制度、どうにかなんないのか?(怒)

一体、どうすればいいの??

「じゃあ、どこがいいんですか、どこに行けば治療してもらえるんですか?」

「ん~、かなり遠いけど、SAGAの「○○国立○○所」かな」


ええ、もうどこへでも行きますとも。

それで行きました。高速で隣の県まで。

友人に一緒についてきてもらいました。


古い大きな建物でしたが、思春期の小児専門医と精神科医、ソーシャルワーカー、

それに、心理療法士、等が、チームとなって

一人の子どもを治療していくシステムらしいです。

しかし、予約が、人気の先生となると、来年の1月だと。

そ、そんなに待てないわ!

一番早い予約で11月・・・え~い、それでいい!


そのことをカイに恐る恐る伝えると・・・

カイは、「この心のもやもやが消えるんなら、楽になるんなら、どこでも行く」

と。

ほんとに苦しいんだなあ・・・

最初から、この病院へ行けば良かったのかもしれない。


もう一つ、親として一番知りたいことがある。

本当に「うつ」なのか「適応障害」としての心身症状なのか、

今まで、はっきりした答えをもらったことが無かったので、

そこのところをはっきり知りたいのです。

それで、治療法、対処法は、違うらしいのです。

  ******************

あ。それでカイは、金曜日14日に退院することになりました。

ちっとも、症状は良くなっていないのに・・・

主治医、早く退院しろと、退院しろと、うるさく、子どもに言うのだそうです。

それで、カイは、すっかり主治医に対して、信頼度が無くなったようです。

新しい病院が決まって、少し安心した様子でした。

11月の診察予約日までは、今の病院へ通うことになりそうです。

***********************

↓の本を昨日購入して、子どもの「うつ」について、考えました。
今まで不安だったことが、少し安心できて、参考になりました。
とても読みやすく、分かりやすい、内容でした。
ネットでも調べたけど、こちらの本の方がずっと良かったです。
ちょっと、画像がでかいのですが・・・笑


    著 者:傳田 健三(北海道大学助教授児童精神医学)
    発行所:講談社(こころライブラリー)
    値 段:1400円
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
月曜日の一時間登校 [ 子ども・不登校の1年間 ] (34)
2005-10-03 Mon 12:43

カイくん、今日、一時間登校してきました。

朝起きたら、「何時間にしようかな。3時間かなあ」と口に出してぶつぶつ

言ってたので「一時間でいいんじゃない?」とりんりんが言うと

そうするとのこと。

数回、「無理して行かなくてもいいんだよ」と声かけしましたが

遅刻ぎりぎりで送って行きました。

機嫌よく、一時間、音楽を受けて帰ってきました。

疲れていないと言うが、疲れたようで一時間くらい寝てました。^^

自分の疲れ加減が自分で、よく分かってないなあ・・・。

このあたりがもっと自覚できるようになればいいんだけどね。

お昼には、作るのが面倒だったので、二人で近くのジョイフルへランチ。

美味しいものをたくさん食べて、満足。

それから買い物して、帰宅。

その後、ゲームを一時間くらい、してましたが

夕刻になると、沈んだ感じに見える彼だったので、

夕方、犬の散歩にリハビリと思って出しました。

こんな感じで、まったりと彼の時間は流れています。

きっと、治るからね。ゆっくりゆっくり。

**************************************

       【追加日記】
 昨日、不登校についての我が家の当面の不登校時のマニュアルを決心(笑)。

1-昼間、外に出す、一緒に出る。

2-恥かしいという気持ちを完全に捨て、「リハビリ中なの」と
 本人にも家族にも徹底する。

3-学校へは無理して行かなくていい。
 行けなくても誰も責めないし、本人も落ち込む必要がない!
 行ける時は、短い時間からスタート。

4-家の中で、ネコの世話を責任もってする。

5-昼間はゲームをしない
 夜に一時間だけ。

これだけなんですが、今日は、うまくいったと思います。

一日これをこなして、ふと今まで、りんりんは、学校へ行けなくなったカイを

心のどこかで、認めてなかったかもしれない、

そして、恥かしいという気持ちがあったんだなと感じました。

そんな気持ちなんか無いと思っていたのですが、

そこから抜け出て、初めて、そのように感じてた自分を発見しました。

今から、我が家マニュアル、いろいろ増えていくかもね。

そして現在、カウンセリングと親と連携がとれる病院を探してます。

別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。