author : rinrin
ファンタジーが好き [ 子ども・不登校の1年間 ](81)
2006-01-31 Tue 16:19

私は小学校のとき、一度、転校した。

転校先の学校は、図書館が充実した学校で、いりびたりになった。

そこで、初めて「ファンタジー」というものに出会ったのが

この本。「ナルニア国物語」

今年春、映画になって公開だそうです。見たい・・・

さきに映画化された、指輪物語並なら・・・

じつは、イギリスBBCが製作した、テレビ版「ナルニア国物語」・・・

「かんべんしてよ」と叫ぶくらいに、ちゃち~かった。

イメージが崩れるから、止めてくださいって感じで。

着ぐるみ、人形劇場ですか???って。途中で見るのを、放棄しました。

でも、映画版には、期待している。

あの、指輪物語が、あそこまで、原作のイメージに近づいているんだもの。

期待していいよね・・・

  ::::::::::::::::::

ファンタジーネタで、もう一個。

ゲームの話。私世代は、ドラクエで、RPGを知った世代です。

発売当日、並びましたね。(懐かしい)

で、それ以来、ドラクエだけは、シリーズが出るたびに買って

やっていたんですが、だんだん子どもも一緒にするようになってきました。

それから、うちのカイは、RPG好きです。

不思議と、友達がよくやってる、ただ殺していくものは、

――バイオハザード、ドラゴンバスター、格闘系――等は

「自分には合わない」と言って、しない。

理由がないのに、ただ殺していくのが、だめなんだそうです。

RPGも、好みがあって、ただひたすら敵を倒すのではなく

そこに、主人公や敵にドラマ性があり、感情移入ができないと、しない。

今までの、傾向から、「正義」も絶対ではない というものが多い。

年末に発売されたローグギャラクシーは、この意味でいまいちでした。

しかし、FF10、ドラクエ8、そして、今まさにやっている、

テイルズのアビス。

一緒になって、見ているのですが、ゲームで、感動して

涙腺が緩むという経験を私は、はじめてしましたよ・・・。

もし、お子様がアビスをされていたら、ぜひ一緒に楽しんで

生きる意味や、人間の存在を問う、このゲームを考えて欲しいと思います。

たくさんの、道に迷う、若い人に、

くたびれたお父さんに、子どもがわからないお母さんに

アビスの世界を経験してもらいたいと思うほど、

よく出来たゲームです。

カイは、今までのゲームで、これが一番好きになったと言っています。

私も、ゲーマーですので(笑)今は見る専門が多いけど・・・

でも、アビスだけは、自分でも、クリアしてしまいました。はう~。

 私の老後の楽しみは、

「思い切りRPGを時間気にしないですること」という、しょぼいことを

子どもに、言っています。

こんな親・・・いませんね、きっと。お馬鹿な母・・・


別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
先の話だけど。 [ 子ども・不登校の1年間 ] (80)
2006-01-31 Tue 16:18

久々に、中学校へ、カイの担任と話す。

今、中2は、不登校が4人。つまり、一クラスに一人ってわけだね。

先生自身、カイとの接触を、どのようにしたらいいのか、分からない

みたいだった。

それで、少なくとも、本人に気にしているよ、というのが、

伝わるぐらいに考えてみてくださいとお願いした。

具体的には、学級通信とか、形だけで、心の伝わらない、

そういうものではなく、先生の近況を書いた、簡単な手紙などでも

かまいませんと。

先生も困るだろうが、ここは考えてもらいたいと思った。


**********************


それと、困ったなあと思うのが、どうも、3年に進級時、

学校へ行ってみたいというのが、カイの中にあるようだ。

「行ってどうするん?」

「義務教育だから」

「義務教育って、おやが子どもを教育する、義務があるから

義務教育であって、子どもに義務は無いんだよ」

「・・・」

「もし、学校へ行っていない自分を認められないと思って

 罪悪感から行きたいというのなら、やめたほうがいいと思う」

とは、言ったものの、よくよく話し合う必要があるようだ。

ここで、「行かなくていい」という私の気持ちを

押し付けることになるのか、

ここは、カイの「行きたい」という気持ちを優先させた方がいいのか・・・


思うに、新学期に、一度行ってみて、自分で確認したいのか???

行くにしても、行けないことになっても、

「学校」というものに対して、自分の気持ちに決着つけようと

しているのか・・・今のところ不明。

カイの自立を、促すためには、どちらを考えたらいいのだろう。

う~~~、まだ、2ヶ月あるから、焦る必要はないけど、

じっくり、熟成させておかねばと思う、この頃。


別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
娘~受験日 [ 子ども・不登校の1年間 ] (79)
2006-01-31 Tue 16:16

私立高校の一般試験、第一弾の日ですにゃ~。

慣れのために、急遽受けることにした高校です。

緊張してましたが、はて、さてどんな顔で帰ってくるのだろう。

昨夜は、塾の信頼する先生に「緊張する~」と電話をかけていました。

「大丈夫、おまえが出来ない問題は、みんなできないから」と

言ってもらったそうです。(そんなことは、ありえね~・・・笑)

ゆっくり眠れたようです。(夜中の地震をものともせず!)

まだまだ、これからも、続くよ、受験の日々。

あと、3校残ってるゾ。

親は、通ったところが、一番いいところってな感じで、気楽にいこうと

言ってます。
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
母 [ 子ども・不登校の1年間](
2006-01-26 Thu 16:15

普通の人が母を心の片隅で思うとき

暖かい気持ちになるのだろうか。

普通の人がと限定したのは、私の親像は、自分でもゆがんでいると思うから。

母自身も、決して精神的に満たされていない結婚生活だったことを、

一番知っているのは、子どもである、私と妹。

母の愚痴の聞き役になり、父の暴力におびえた日々を

息をこらすように過ごしていた子ども時代。

子どもらしく、天真爛漫に、自分のままでいられなかった子どもの時。

味方のふりをして、突然、裏切る母。

子どもを守らない母。

親に振り回されるばかりの時代を振り返ると

スイッチが切り替わったように、空虚な感覚に襲われる。

そんな時代を、「しょうがなかったんだ」と

あきらめている、大人のわたし。

本当に、あきらめているの?

自分の中の子どもが、おびえた目をして、ひょっこり顔を出す。

だから、母を思うと、気持ちが、フリーズする。

あなたは、私に一体何をしたんだ?

今でも、言いますか?

「おまえたちがいなかったら、離婚できるのに」と!!!!!!



別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
お茶会のこと [ 子ども・不登校の1年間 ](77)
2006-01-26 Thu 16:13

結局、4人で集まり、ビーズ作ったりして。。。ケーキ食べたりと。
早めに2人が帰り、一番、仲のよい、20数年来の友人が残り、
4人の時じゃ言えない話を、時にはしんみり、時には、げらげらと笑いながらのひと時は、とても楽しかった。
あなたには、いつも癒されます。ありがとう。
一年に2~3回しか、会わない彼女だけれど、
今は素敵なお母さん。
彼女は、姉御肌なので、人から頼られることが多いのね。
でも、自分の悩みを人に相談するってことが、出来ないのよね~と
ため息ついていた。
「こういうキャラだもんね・・悩みなんか無さそうに見えるんだよ」

そういえば、この悩みは、昔から彼女の悩みだったな~。
そんな、彼女の悩みとは裏腹に、いつも人の中心にいて
華やかに見える彼女を、自分と比較して、羨んだこともあったっけな。
正直に言うと、そばに居るのも、苦痛なときもあったんだ。
華やかに見える彼女も、いろんな辛い体験をしてきたって判った時、
見方が反転した。
自分が表面しか人を見ていなかったことを恥じた。

そばにいて、何もできることは無かったけれど、
彼女とは、ずっと、こうやって付き合っていくんだろうな。

別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
適応教室での一日 [ 子ども・不登校の1年間 ] (76)
2006-01-26 Thu 16:11

授業は、午前10時から。
午前中は、一応(^^;お勉強。ときに遊びになることも。
お昼からは、トランプ、卓球、バスケットボール、ゲームなど。

適応教室の利点は、お互いを詮索したりすることが無いので
息子は楽だと言います。

生徒7人に対して、先生3人。
一応、午後3時で、終わりですが、残って遊んでいたりすることも多い。

適応教室に行きだして、丁度、一月になりました。
今日は、ひとつ年下の男の子と、待ち合わせをして、
自転車で出かけていきました。
しかも、朝起きれないから、その子に、モーニングコールをお願いしたらしく、朝8時に電話が、かかってきましたよ。
(これこれ、自分で起きんか~い!--;)

昼休みには、ニンテンドーDSで、頭の体操をするそうです。
いいんかい?そんなもん、学校(一応)に持って行って?
でも、先生たちも一緒にやってるところを見ると・・・いいのかなあ。

先日、私立高校の専願が、終わり、3年組は、受験に行ったそうです。
みんな、同じところを受けたようです。
3年チームは、何かと大変だ。

うちも来週早々、ソラの私立がはじまる。
まあ、リラックスしてくれれば、いいんじゃないかと思っている。


とか、書いてたら、教育委員会から電話がありました。
カイの正式入所手続きをするので、書類を書いて
がっこの先生に持っていってくださいということでした。
そうしたら、遡って、出席扱いとなるそうです。
ふ~ん。
久しぶり、担任に会ってやるか~。
ぷぷっ
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
見捨てられる不安 [ 子ども・不登校の1年間 ](75)
2006-01-24 Tue 16:09

見捨てられるのが怖くて、人と距離をとってしまう。
嫌われるのが、怖くて、最初から、人を拒絶する。
自分が、ここに存在していいのか、何度も問うけれど、
答えは出ない。

生き残るために、人から必要とされることを、必要とし
自らを差し出す。

そして、彼らは去っていく。

一人が怖いんじゃない。
誰かに、見捨てられるのが、怖いんだ。

そう、誰かに、認めてもらうことだけが、私の存在意義だった。

その思い込みから、わたしは、解放されるべきなのに!!
わたしにも、選ぶ権利があるはずなのに!!!!

別窓 | 楽天(不登校) | コメント:4
「はまる」の対処法 [ 子ども・不登校の1年間 ] (74)
2006-01-23 Mon 16:06

カイの病院の日。

薬が少し減りました。良いこと(*^^*)

片道、隣県まで車で高速飛ばして一時間。

車の中でいろんな話を二人でゆっくりできる日でもあります。

私にとっても、日常から離れて、おだやかに出来る時間にも

なってきています。

診察では、カイが20分ほど先生と話し、それから入れ違いに私が入る。

普段の疑問を、あれこれと聞いたり、

なるほどと思うことが、必ずあります。

今日は、彼のぐるぐる思考の対処方法を聞きました。

カイは、以前は、自分が何を悩んでいるのか、わからずに

不安だったのが、今は、将来のことを考えると不安になるというふうに

自分で悩む対象が、自覚できているので、それだけ進歩ではないかと・・・

言われてみればそうだなあ。

今度は、このぐるぐる思考・・・「はまる」をどうやって止めるか、、

方法を聞いてみました。

はまりそうになったら、意識をそらし、

今やっていることに、意識を集中することなのだそうです。

自分で意識して、楽になる方法を自分で探すのですね。

とことん、悩みをつきつめて考えるという方法もあるが、

自分の生活が出来ないほど自分を痛めつけてしまう

今の時点ではお勧めしないと。


あれ~、どこかで、同じ事を聞いていますよ、私!^^;

そして昨日、夜に、息子に聞いています。

「物事をしているとき、その自分の行動に集中しているか?」と問うと、

裏の思考でいろいろ考えながら、行動しているとの返事でした。

ひとつひとつのことを大事に、自分の意識を、そこへ持っていくって

すごく、シンプルなことですが・・・結構、むずかしいです。

油断すると、意識がどこへやら、飛んでしまいますから~。

訓練ですね~


*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

子どもの頃のビデオ

年末にビデオが壊れたので、今はやり?のDVDとビデオデッキが合体したのを

買いました。

これで、子どもたちの昔の姿を納めた、ビデオテープをDVDへダビング

しようと、夫が・・・突然、夜、始めたんです。


生まれた頃の子どもたち・・・

う~~ん、かわいい!!!(親ばか)

さらってしまいそうに、かわいいじゃないか!!(笑)

でも、当時、かわいいなんて思う余裕は、全然なかったんだよね・・私

ああ、もったいないことをした。

息子がぽつり・・・

「今、こんなふうになるなんて思わなかったやろ?」

「ば~か!、今も昔も、かわいいに決まってるじゃん」

「そ、そうなのか・・」まんざらでもない様子。

たまには、いいもんです。

こんなチビ時代のビデオ・・・

自分も、いろんなことを考えます。

子どものかわいさとは、裏腹に、ビデオの中の私の表情や言葉が

だんだん、けわしくなってきているのがよく判った。

近所付き合いで、へたれてたもんなあ~(笑)

子どもたちに、ごめんね、とひっそりつぶやく私であった。

別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
夜が怖い [ 子ども・不登校の1年間 ] (73)
2006-01-20 Fri 16:05

ここのところ、夜、9時頃になると、

ぐたぐたと将来のことを考えては、不安になり、

ぐるぐる頭になっているカイ。

この時間が本人にとって、一番辛いのだと。

考えるなと言っても、考える、

この答えの出ない、ぐだぐだの思考回路、私の回路にそっくり。

こうなると、どんな、慰めも、励ましも、彼には届かない。

どきりとする反面、・・・・なんかね、かわいいと思う。

あ、こんなこと言っちゃいけないのかもしれないね。

カイは、とっても辛いのだから。
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
昔のアルバム [ 子ども・不登校の1年間 ](72)
2006-01-20 Fri 15:58

昔のアルバムなんぞ、引っ張り出して、

ぼーと眺めながら、いろいろ考えてました。

子供ではなく、自分のなんですが。

赤ちゃん時代の写真って、ほんとに少ないなあ。


でも、我が息子、娘も、いつかこうして

昔を思う時が、あるのでしょうね。

自分の歩いてきた道をふと振り返ることがあるのでしょう。

そんなとき、たくさん、子供たちの小さかった頃の事、話してあげたい。



生きる意味、生まれてきた意味は、きっと、自分の中にあるはず。

すべてはつながっている。

いまだ迷う私だが、その確信だけはある。


別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
焦るな!/薬について [ 子ども・不登校の1年間 ](71)
2006-01-18 Wed 15:57

カイが、ふと

「おれって、将来、ダンボール生活しかできない」とか

「なりたいものに、なれない」とか

将来に対して、底知れぬ恐怖を感じているようなことを

口にしたりする。

未来が、怖いという。

誰にだって、確実な未来なんて、あるわけない。

今ね、枠からはずれて、戸惑っているというのもある。

また、小さい頃から、脅されて育ってきたという環境の弊害もね。


今を楽しみなさいと言うと

それができるんだったら、苦労しないよ。・・そりゃそうだ。

う~~んと、一緒に悩もうな!

どこまでも付き合っていくよ。

君のこと、見放さないよ。

だから、安心しな!

この言葉が君の心に届くまで、何度でも言おう。


  ***************

薬のこと、ある場所で話題になっていました・・・

が、良いとも悪いとも言えなくて、参加を遠慮した。

必要である人には、必要かもしれないし、

必要でないと思う人には、必要ないのが、薬だと思ってる。

うちの場合、「小児うつ」という病名が、3ヶ所の大きな病院で

つけられたわけですが、今の病院の先生いわく、

「小児うつ」は、病名を軽々しくつけるものでもないし、

その、診断と治療は、非常に難しいと。

また、AD(注意欠陥)の症状も数値的に高いということを含めて

考えると、

どうしても、物事に集中できなく(好奇心が高いと言い換えて)、

言葉を発することが、タイミングが悪かったり、

しようと思ってやったわけじゃないけれど、

余計なことを増やしてしまったり、と・・・

そういうバックボーンがあって、人より

先生や、親から怒られる回数が多かった・・・ということもあり、

自信をなくしていったということもあったかもしれない。

が、もちろん、それが、直接の原因でも無いと理解している。

しかし、もし、早期に親の理解がすすみ、少しの手助けがあれば、

彼は、自信を取り戻せたかもしれない。

それは、ほんの少し、興味を持ちすぎる、

ほんの少し、おしゃべり、ということに置き換えても

いいと思うくらいのものだから。

現時は、今の苦しさをほんの少しだけ取るために、薬を使っているが、

それですべてが、解決となるわけじゃない。

楽になった分を、彼は、エネルギー蓄積に使って、

さらに、親と、じっくり取り組む猶予を与えてくれる。

二度とうつが再発しないために、親は変わらなければならないと。

その間、薬は、彼の体内に入るわけだが・・・

さらに、我が家の場合、統合失調症初期の疑いも

まったく無いわけではないということを明記しておきます。

これは、先天的なものだから、これからの症状の出方を

長期にわたって観察していく必要があると医師に言われている。

薬の危険を、十分わかり、説明を受け、

医師の言われるままではなく、しっかり、カンファレンスすれば、

本当に必要な子(人)にさえ、投薬を恐れるのはどうなのだろうか。

うちの場合は、かなり薬で救われているのは確かです。

ちなみに、ルボックスは、ここ数年、子供によく使われるようですが、

副作用の吐き気が難点だと、医者は言ってました。

うちも合わなかった。

デパスは依存性が高いので、続けて大量に使うのはNG。

今や精神薬の種類は300を超えているそうです。

その中から自分にあう薬を見つけていくのは、

非常に時間がかかり、神経を使う作業なのだそうです。

できたら薬は、使わないで欲しいというのは、親の願いでしょう・・・・

しかし、必要な子に、使うなというのは、少々乱暴だということを

小さな声でいいたい。

別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
自分好きスパイラル [子ども・不登校の1年間 ](70)
2006-01-17 Tue 15:54


少し、落ち着いてきました。

気持ちが荒々しくなったとき、

何か、憑いていらっしゃいましたか~?と感じるくらい

体調悪く、気分も重い、でも、ざわつく感じ。

こんなとき、私と話すだけで、多分・・・

霊感の強い方、かなり重たく感じるはずです。

なくても、そうか・・・

ごめんなさい。何か荷物を渡しませんでしたか?

私がすっきりしました。

変な話ですが、以前、何度かそんなこと言われたことがありますので。。。

もしかして、今回の不調もそれがあるのかもしれません。


  **************

いつものことながら、子供のことを考えると、

結局行き着くところは、自分のことになる。

親である自分、母である自分でしょうか。

そして、素の自分。

兜も鎧も剣も取り払った、まんまです。

こういう思考を、自嘲気味に「自分好きスパイラル」と

表現してみたりします。

でもさ、自分の問題をおいて、子供だけに問題を解決しろ、と

いうのは、だめなんじゃないかと思うの。

共に、問題解決がいいんじゃないかと。(使い古された言い方ですが)

でも、よく勘違いされることに、

子供の不登校は、学校へ元気に行き始めたら、

問題は解決したと言われることがある。

学校へ行かない(あるいは、行けない)ことが、問題?

そうじゃない。

カイをみてたら、そう思えない。

「生きるって何?」
「何のために、自分は、ここに存在してるの?」

思春期特有の、極端な思考だけれど、

それは、もしかして、学校へ行くことよりも大切なことに思える。

もちろん、現実世界で折り合いをつけてくれるのが

一番いいが、あちらの世界に行き過ぎて、

現実の世界から浮くのもいけません・・・

彼の中で、あちらの世界と、現実の世界とのバランスが

崩れているような感じを受けます。

ここが問題なのかもしれない。

ソラは今のところ、不登校ではないが、

それなりに、すり抜ける技を身につけただけで、

いつ、これが、発動してしまうか、と恐れに目を向けると

こりゃ、子供より

一歩先を見ることができる親になっとかないとね。

切に願うよ・・・ほんと。

相手がいるから、依存、共依存も分かるのだから

修行?を深めてくれる、相手に、感謝かな?

  *****************


今、カイを相手に

「相手の気持ちを考えて」とか、「自分が強くなれ」とか

言っても、カイにとっては、辛いだけなんだよね。

そうやって、がんばった結果、疲れ果ててしまったんだから。

今は・・・そう・・・自分のこと、自分が快適に暮らせることを

優先していいと思う。

あまりに、人の気持ちを敏感に感じすぎる子だから。

強くなるのは、もっと後でいい。

まずは、わたしからです。

  ***********************

感謝を忘れないようにしよう。
昨夜、愚痴ばかりの自分を反省・・・。
心配してくれてありがとうって素直に言えないくらい
どつぼな私。
でも、日記消さないでとっておこうかな。
これも、私なんだもん。
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
依存とは何だろう [ 子ども・不登校の1年間 ](69)
2006-01-17 Tue 15:52

人間は、ある程度、物や人に依存して暮らしているのですが、

度を越した依存は・・・これが、問題です。

私は、依存性の高い人間だと、自認している。

だから、過度に相手の仕草、言動に敏感になり、

相手の要求を、先に汲み取って、喜んでもらおうとしたり。

一時期、親に対して、「恨み、憎しみ」を持った時期があった。

これは、もう、かなり解消してきたと思う・・・かな。

恨みを抱くのは、相手に固執している、裏返しの行動です。

満たされなかった欲求、してもらえなかった願い、

だから、寂しかった、孤独だったと、恨んでしまう。

それは、私側から見た親への思いの一面です。

しかし、最近知った事だが、親の側からしたら、私という子供は

扱いにくい、何を考えているか分からない理解不能の子供だったらしい。

お互い様って、ことだった。

親との関係が、良くなったかどうか、よくわからないけれど、

少なくとも以前よりは、距離をもって、親を考えることができる。

しかし、反対に、親に代わる相手に、過度に依存してしまう。

やはり、ターゲットが、変わっただけなのだろうか?



相手と距離をとろうと、決死の思いで、行動するが、

いつも頭の中を占めているのは、相手の態度、表情、言葉に

振り回されている私。

かえって、執着を強めているような気がする。

自立しなきゃ~と気負ってみたものの、

こんなの自立なんかじゃないような気がする。

結局、自分の心の強さなのかもしれない。

居心地悪いけれど、そこに居続けるってことは、

嫌だけど、その状態が好きってことかあ・・・。

心の強さって、生半可な覚悟じゃだめだってことですね。

そうですよね、師匠!!



別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
3学期~その2 [ 子ども・不登校の1年間 ](68)
2006-01-10 Tue 15:50

3学期が始まりました。カイは、9時過ぎに起きてきて

適応へ行く準備を始めました。

「あれ、まだ弁当作ってないよ。無理しないで、

もう少し、お家好きでいいんだよ~。お母さんも寂しいじゃん」と

笑って言うと、

ふふんと鼻で笑いながら、

「今日は、自転車で行く」と。

毛糸の帽子をかぶって、手袋して、手抜き弁当を持って行きました。
(適応は、2学期制なので、始業式は、無い)

そんな、お家好きのカイ君、冬休みは、とても長く感じたそうな。

昨日、一昨日、風邪で、だるいと言っていたので
(お陰でりんりんにも伝染)

新学期前に体調を崩すのは、何か精神的な抑圧でもあるんだろうと

思っていたんですが。

適応に行くようになって、日々、波はあるものの

かなり、精神的に落ち着いてきたようにみえます。

居場所を得て、安心したのだろうか。

    *************************

子供の心を開く、ひとつの方法に、ユーモアの効果は絶大だと思います。

数年前から、まじめ母さんから、アホな母になったりんりんに

ソラともいろいろな本音話ができるようになってきました。

カイは、部活が忙し過ぎて、接する時間が

ソラより全く少なかった。

その上、カイは、ソラとちがって、自立していると思い込んでいたので、

親も手抜きしてました。

だから、命令語、指示語が、多かった。

まあ、それは置いといて、アホになったりんりんを見て

夫はいつも苦々しく

「そんな事で、子供はちゃんと育たない」と言ってましたよ。

でも、最近は、本を読んだり、りんりんの洗脳??で

少しずつ、アホの効果を実感しているようです。

いえ、夫婦でアホになろうと言ってるんじゃないんです。

ユーモアというのは、発する側は、相手がどんなことを言ったら受けるか、

相手を観察する力、共感する力が、結構試されるんですよ。

そして、笑いは、人の心を開かせる。

パッチアダムスという映画にもあるように、

最近では、病院で、笑いを取り入れているところが増えてきています。

免疫力が上がるんですね。

今、夫の課題は、相手の目線に合わせるということかなと

そばにいて、感じています。

昨夜、テストで20点とってきたら、どんな反応がいいかと

子供と夫を交えて話しました。(まじめな話じゃなかったけれど)

夫「今度、がんばったらいいやん、と言ったら?」
子「ん~~、それ、いやだ」
り「そうだねえ、全然頑張ってないよという、裏のメッセージがある」

夫「20点、取れたから、いいやん、というのは?」
子「それも、なんかなあ」
り「本人は、自分じゃ、20点は、不本意だと思っているからねえ・・」

夫「ん~、むずかしい!」

り「じゃあ、こんなのは?
 ”あんたって、遠慮深いやつなんだねえ”というのは?」

子「ぷぷっ・・・」

言葉って、むずかしいです。

別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
笑える不登校クラブ [ 子ども・不登校の1年間 ](67)
2006-01-08 Sun 15:48

こんな、hpを見つけました。

リンクの許可をとっていないので、アドレスを載せられませんが

タイトルのとおり、検索したら、出ますよ。

ここの管理人さん、非常に面白い方で、

不登校・引きこもりを、肩から力が抜けてしまうコメントで

プラス方向に考えようと訪れる皆さんを元気つけていらっしゃいます。

昨年11月に、「痛いの痛いの、飛んでゆけぇ~~」という

不登校・引きこもりの本も出されています。

このhpを見られたら、分かると思いますが、

笑える不登校クラブ9か条というのがあって、

これがまた、非常にユニーク!

ものは、考えようだなあって、思っちゃいます。

  :*****************:
もうひとつ、不登校関係の本で、笑いを家庭に取り入れようという

そんな本も、図書館で借りてきて、読んでます。

すごく、ふざけた本なんですが、

ユーモアが足りない!潤いが足りない我が家に、ぴったりかも。

「子供が伸びる、親のユーモア練習帳」

その中に、こんな子供の詩がのってたの。

          

           橋の上と下

僕がたまにお父さんに
「僕はママのおなかにいたんでしょう」と聞くと
3つの答え方をする。

一つめは「そうだよ」
二つめは「橋の下で寝てたんだよ」
三つめは「プラモデルで作ったんだよ」

でも、ぼくはママよりいい。
ママは僕よりひどいことを言われている。

パパは
「ママは橋の上で横たわっていたんだよ。
だからママのお父さんに
『もらって良いですか?』と聞いたら
『いらないからあげる』と言ってくれたんだよ。
と言っていた。

ママは「ちがうよ!」と言っている。
パパ、それはひどいよ!

こんな、家族って、いいなと思うのは、私だけでしょうか?笑

別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
3学期 〔子ども・不登校の1年間 ](66)
2006-01-06 Fri 15:46

ぽつりと・・・・

「3学期に学校へ行ってみようかな・・・」


そう、思うんだね。

心の底では、行きたいと望んでいるんだね。理由はどうあれ。


もう、頑張らなくていいんだよ。

ゆっくりね。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*


週末になると、うきうきする。

というのは、子供でなくて、わたしでして・・・(不登校親?)

3連休、日曜日に美術館へ行こうかな~と思っております。

ソラもやっと、9日だけ塾がお休みになりそうですが、

10日は始業式だわ。可哀想です。

暇さえあれば勉強してる、わが子を見て

本当に、あの、小~中学ちっともお勉強やる気無かったソラ?

と、疑いたくなります。

3年になって、塾に行き始めて、勉強が分かるのが楽しいと言う。

ほどほどにな~、、、子供って、親が言わなくても

自分でやる気出す時期ってあるんだなと学びました。


カイは、マイペース。いいんだよ。

今は、りんりんが、P2でキングダムハーツの1をやってるので、

ボスキャラの攻略指導助手としてお願いして使ってる。

昨年末に出たばかりのやつは、2 の方です。

このゲーム、ドラクエと違って、アクションダンジョンが多いので

腕がついてこない。お陰で、話がぜんぜん進まない!!

はっきり言って、ドラクエ系の私にはむずかしい。


今日は、雪が降って、どこへもいけなかったので、

12月にあった学校行事の資料をまとめる。

明日も、寒い模様。雪が積もるかな?


別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
チキンリトル [ 子ども・不登校の1年間 ] (65)
2006-01-04 Wed 15:43

カイと二人で、映画を見に行った。

本当は、ザ・スーラを見たかったんですが、時間が合わなくて

チキンリトルになりました。

お父さんに認めてもらおうと一生懸命な、チキンリトル

だけど、ある事件を起こしてから、お父さんから認めてもらえない。

というか、お父さんの子育ての視線は

世間の目で子育てをする、私たちに重なるかなあ。

子供そのものを見ることなく、自分の理想と空想で子育てやっちゃうんですね。

まあ、暇つぶしの映画でしたが、ハッピーエンドで、良かった。

現実は、こうならないから、子供も大人も苦しいのかな。



夕方、私、ついに・・・歯医者行きました。

痛みに耐えかねて、何年ぶりでしょう。

ほかにも、虫歯、抜歯の必要があるもの、歯石取り、などなど。

ああ、しばらく、歯医者通いです。

今夜は、削った歯が痛い・・・

別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
| 歩いていこう |