author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
マザーテレサ
2006-11-30 Thu 23:30
マザーテレサが、貧しき人々の中に入り、
人々に、その愛を実践をされていた頃。。。のお話しです。


"""""""""""""""""""""""""""""""""

【本抜粋】

「ひとりに、食べ物をあげても、ほかに何万人という
 人が飢えている。
 この病人ひとりの世話をしても、今にも死にそうな人が、
 たくさんいる・・・」

そんな時、テレサはより強く神に祈りました。
「主よ、わたしは自らの意思と、あなたへの愛から
 ここに残りたいと強く望みます。」
 どうぞ、どうぞ、私に勇気を与えてください。」

テレサにとって神に祈る時間は、なによりも元気のもとだったのです。

そして、こう考えることにしたそうです。

「何千何万という貧しい人たちを考えるよりも、
 たったひとりの・・・、いま目の前にいる
 ひとりの人のことだけを考えよう」


そんなテレサのもとに、教え子がお手伝いを申し出ます。
一部の人に理解されず嫌がらせを受けることもありますが、
いつも喜びと笑顔が満ちていました。

神様の導きに従って決心をし、行動していくとき、
不思議なわざと知恵が与えられます。


場所がなくなり、困っていたとき、
市役所の人からヒンズー教徒の本堂の裏にある
大きな古い建物なら無料で貸せますと言われます。

「ヒンズー教徒の休憩所では、
 キリスト教のあなたは気に入りませんか?」と聞かれますが、
テレサは、こう答えます。

「とんでもない!
 こんなにいいところを、私に貸していただけるなんて、夢のようですよ。」
テレサにとっては、宗教の違いなどは、どうでもよいことだったのです。

テレサはいつも言っていました。
「あなたの目の前の人がイエス様だって、
 イエス様にしてあげたいと思うことを、目の前の人にしてあげなさい。」


"""""""""""""""""""""""""""""""""

なんとも、言葉が出てきません。。。
彼女の愛の実践に、心打たれます。
覚書として、アップ。

スポンサーサイト
別窓 | 日々徒然 | コメント:0
さびしいコール
2006-11-30 Thu 23:18
カイから、毎日夜に電話が、かかってきます。

それが、面白い。。。

「夜になると、さびしくなるから、早く寝る」

笑www

カイは、真剣なだけに、申し訳ないのだけど、余計笑える。

日記も、毎日書いている様子。

帰ってきたら、わざわざ見せてくれる。

で、「コメントは?」と言われる。

コメントが、いるんですか~? 笑・笑

連絡帳じゃないんだけど。


人生の中で、寂しさを味わいつくすって事は、
大事なことかもしれないね。

今の世の中、さびしさを紛らわせる事ができるものが、
氾濫しすぎている。

寂しさを、後へ、後へと、シフトダウンしてるだけ。

貯まった寂しさは、恨みに変わるよ。

貯まった恨みは、やがて身を焼き殺す。



心しずかにしたら、人生の秘密が見えてくる。

ほんとは、ひとりじゃないことを、

君に、これから、ゆっくり教えてあげたいと思う。


ひとりじゃない。

そう思えたら、どこへでも行けるから。

人は、深いところで、つながっている。



明日、カイ、退院します。

別窓 | 息子 | コメント:3
久々に晴れです
2006-11-29 Wed 12:11
ずっと、雨ばかりでしたが、

今日は、久しぶりに晴れました。

気分的にも、楽になりました。

洗濯物を干してっと。

結局、PCやってますので、雨の日とあまり変わらない。。。


明日から、ソラは、期末試験です。

木・金・月・火の4日間。


毎日、遅くまで、勉強・・・してませんって、奥さん!(汗;;

土日は、友達と誘い合わせて、近くの公民館で、

丸1日、勉強会をしてました。

家では、勉強の神様が降りてこないのだそうです。笑


中間テストでは、非常にやば~い、状態だったそうで、

今回も、もっと、やば~~~い事になる予定で、

すでに、追試験の予定なんだそうです。(笑)


まあ、最近は、休まず、学校へも行っているので、

頑張ってると思います。


彼女のお友達が、一ヶ月、休校しているんですが、

そのお母さんと、どうにか、コンタクト取りたいと

思ってます。

(同じ中学だったので、知り合いという程度)

状況が、状況なので、娘も、お見舞いに行っていいのやら、

いけないのやら、と、微妙らしい。

きっと、お母さんも、落ち込んでいるんじゃないかと思うのです。

その辛さを思うと・・・いてもたってもいられない気持ちになります。

1人じゃないよ、ということを、

それだけを、お伝えしたいなと、そう思います。



ああ、これから、お友達の家に、遊びにいってきます。

以前、本を貸す約束してたのを、すっかり忘れていた・・・

行ってきます~。

別窓 | | コメント:0
ヤフー占い
2006-11-28 Tue 11:53
ヤフーにhttp://style.beauty.yahoo.co.jp/fortune/artlogy/
こんな、信憑性があるのか、無いのか
よく分からない占いが、あるのですが、
暇つぶしに、時々やってみたりします。

今日は、短気度テスト。

結果:あなたは日ごろ、ふと気がつくと一人でボーっと空想にふけったり、考え事をしていた……ということがよくありませんか?

2を選んだあなたは、日常生活の雑踏から離れて、自由で神秘的な世界へと向かう傾向があるようです。つまり、人と触れ合うよりも、一人のんびりとコトやモノの世界に浸ることを好む人といえるでしょう。

「ウマ」には、親や上司、先輩、先生など、目上の人とのふれあいを大切にしている心理が表れています。あなたは日常、自分の身の回りで起きるもろもろのできごとに対して、目上の人から適切なアドバイスをもらうことで、自分の感情をコントロールすることができるようです。
また2枠は、理性が強く働いている精神世界や、数や形で表せない個人的な心理を示しています。より効率的な時間の使い方をすれば、あなたは自分の可能性を引き出していくことができるはずです。

のんき型のあなたは、芸術にふれる時間を日ごろの生活に取り入れて右脳を刺激することで、心地よい日々を送ることができそうです。
ちょっとした散歩のつもりで、自分の住んでいる土地の文化や芸術などを研究して歩くのもおもしろいかも!


でした。

効果的な時間の使い方、これからの課題です。
内容的には、自分では、ほぼ、当たってるなあと思う^^。
思ったことを、言葉にするのは、苦手です。
これも、練習していく、これからの課題だと自分でも思います。


ついでに、ボケ、突っ込み、どちらが優勢?占いをやってみたら、

こんな感じでした。

結果:4を選んだあなたは、直感的でクリエイティブな面を持った人です。地のままでも十分にボケ上手なのですが、場にあわせて、自ら道化役を買ってでる器用さを兼ね備えた人のようです。
ただ、情緒面に不安定なところがあって、常に自分を理解して受け入れてくれる人がいないと、心が揺れ動き、不安になったり落ち着きを失ってしまうところもあるようです。

あなたはうまくボケて自分を低くすることによって、周囲の緊張をほぐし、打ち解けたムードにできるという特技を持っています。大脳内にプラスホルモンが充満しているクリエイティブなあなたは、周囲の人から好感を持たれていることでしょう。

笑いは一番のストレス発散法。心が不安定になっていると感じたら、落語や漫才を見たり、自ら親父ギャグを飛ばして大笑いしたりしてみましょう!



はい、私は、実生活でも、まさしくボケ派です。
よく、突っ込まれます。
そして、自ら、せっせと墓穴掘ってます。大笑


別窓 | 日々徒然 | コメント:0
今日は病院/そして進路面談の事
2006-11-27 Mon 00:42
今日は、午前中、病院へ行ってまいります~。

カイ、かなり、落ち着いています。^^

でも、病院で、規則正しい生活を送るのも、

いいかなあと言ってますので、

まあ、そういうのもアリということで、

入院、継続なるか?

といっても、後、数日のことですが。



昨日、夫とカイ、魚釣り行ったんだよね。

でも、釣れなくてね^^;

諦めて、迎えに来てコールがきました。


んで、母、ふたりの、がっかりぶりを見て、

リベンジ、参戦!

お葬式のように、意気消沈してる二人に、ハッパかけて、

再度、釣り糸をたらしたら、

なぜか、釣れたのね。。。笑



結果、5匹のサバ(またかよ・・・汗;;;)。

でも、5匹の尊い命のお陰で、カイも夫も元気になった。笑


成せばなる、

願いは、通じる、

小さな成功体験。笑

(なんか、違うかも・・・)

いえ、ただ、単に

二人して、そんな、意気消沈して、帰ってもらっては、私が困ります。

本当は、釣れなくても良かったんだ。

大体、釣れるという保障は、私にも、全然無かったし。。。

釣れなかったけど、楽しかった!と、それだけで、良かったんだ。

え、私?

う~~ん、^^;

後ろで、肉まん食べながら、二人をながめ、

時々、突っ込み入れながら、

口だけ動かしてました。笑



魚さんは、ミンチにして、つみれにして、

感謝して、おいしく頂きました。



でも、海の風は、いいもんです。

カモメが、数匹、飛んでいました。

目で、カモメの飛ぶさまを追いかけながら、

何か、また、ぽとりと、心から落ちた気がしました。


また、昨日は、田舎から、紫芋が送ってきました。

ありがたく、頂きます。

今は、元気でいてくれるだけで、親はありがたいなあと

そんな事思います。

電話をすると、不器用な父親の声が、

暖かく、感じました。





ほんで、目下の悩みは、

今週の火曜の

「3者面談」です。(ノ^^)ノ

アレですよ、ほら、

その時、最終進路調査を学校に、出さなきゃいけんのです。

困った・・・

これによって、学校も、願書取り寄せるわけですが、

先週、担任がいう事には、

「○○高校、学力が最低6割は、ないと」と

やけに、しつこい。

その裏には、何がある~~?

落ちる子を、自分のクラスから、出したくない、

なので、止めさせたい。

これは、昨年の娘の経験から、学んだ成果主義の教師のパターンです。


いいじゃ、ない。

落ちても。

受けるのは、誰でも自由なんだから。


いまだに、全寮制の岡山の不登校専門の高校をすすめてくる。

あまりに、しつこいので、

「だから~、病気の子を、1人、遠くにやれませんって!」と、

言うと、

「そうですね」と、やっと、引いてくれた。

それでも、

「▲△学園は、どうですか?」

「朝、普通に起きて、授業を丸1日受けて、

それを、さらに5日連続で、学校へ通うのは、

今の様子で、できるとは、全く思えません」


そんな、受け入れてくれるとこなら、とりあえず、どこでも

入れてしまえなんて、ところてんじゃあないんだから。


こういう高校の選択をするから、

せっかく入学しても、止めちゃうのは、

学校側にも、責任は、大いにあると思うのです。

(実際、ソラのクラスでも、すでに、3人やめている。

さらに、同じ中学だった子も、今、うつ病で、一ヶ月休校している)


まったく、

考えてくれているのか、考えてないのか、

よく、わからない担任だ。

まあ、ひとつの方法として、そういうのもアリだとは、思う。

けれど、現実問題として、無理だよ。

高校へ入ったら、元気に毎日、通えるという幻想は、

もう、とっくに捨てている。



きっと、学年主任あたりから、圧力かかっているんだろうなあ。

そういう、学校システム。

学校は、変わらない。

ほんとに、変わらない。



とにも、かくにも、

今後は、浪人も、視野にいれつつ、

通信制を、選択という事になりそうです。

でも、一応、当初の予定通り、定時制も、受けられるように、

しとくかなあと、カイと話したのですが・・・

なんせ、判断能力が、皆無のカイ。

今は、ただ、学校の圧力なしで、病気回復を目指したいなあと

そう思うわけです。


だから、非常に、めんどくさいです・・・面談。

別窓 | 息子 | コメント:2
富めるものは
2006-11-26 Sun 13:20
マタイ伝より

「富めるものはますます富み、貧しいものはますます貧しくなる」

これは、聖書の言葉です。



現実的なとり方でいけば、

金持ちは、より金持ちに

貧乏人は、さらに貧乏になる、

と、そんな、

絶望?的な、救いのない話になります。


でも、そんな、絶望的な話を、

聖書が、わざわざ、伝えるはず、ないよね。笑


そんな事を、以前から、うっすらと思っていたのですが、

ほんの最近、

これは、内的な信仰のことを言っているのだなあと

納得できる感じがしました。


「信じる」「信仰」の部分は、プラス想念で、

持てば持つほど、心が満たされて、豊かになる。

「不信」「疑い」は、マイナス想念で、

暗く、おどろおどろしいものを引き付け、

人生に対する、不安、恐怖の度合いが増していく。


これは、何も、信仰に限ったことではないのですが・・・


また、人の想念は、その人が考えたように、

現実を形作ると、よく、言われます。

プラスの思いは、

やはり、プラスを引き付け、増やすのが、

当たり前と言えば当たり前か。。。

喜びは、人に与えると、倍増するってことも

きっと、同じでしょう。


だから、益々、心富めるものに、なるのでしょう。


反対に、マイナスは・・・


ということで、

むやみに、行け行け!プラス思考を目指すのも、なんですが、

(非常に疲れるので・・・笑)

穏やかな、中くらいの、富めるものに、なりたいもんです。

別窓 | スピリチュアル | コメント:0
改めて考えてみるAC
2006-11-26 Sun 11:02
どうなんだろうと、自分でも思うことがある。

自分は、ACだなあと感じる事が、段々少なくなってきた最近。

まあ、年齢的なものも、大きくあるとは、思うのだけれど。

そういう傾向性が、あると言う程度だったら、

考えようによっては、個性とも捉えられる。

要は、本人が生き辛いが、そうでないか、

人生は、祝福されたものか、そうでないか、と

そう自分が感じるか、そうでないかで言えば、

100%とは、言わないが、ほぼ、60~70点は、クリア

しているのではないかと思う。


他の方の重度ACブログも、最近、足を運ばなくなった。

見ていると、ちょっと、辛くなるというのもある。

普段、意識に、あまり、上らないというのもある。

何より、それに、同調したくないという気持ち、

(がんばれと、応援もするけど)

同調すると、下がった自分を、

上に引き上げる作業は、結構、重労働。


同じく、不登校も、そうなりつつある。

楽天から、続けてきた、不登校考察。

これも、最近は、不登校・・・ああ、学校ね。。。

と、いう程度で、行く、行かないより、

もっと、深いところで、作業を細々としている。

で、とても、言葉にしにくく、

文章力の無さも加わって、沈黙となってしまう。


ある人の、不登校関係ブログで、

シュタイナー関係から、子供の魂の部分に触れながら、

不登校を解読している方がいる。

それも、ほぼ、10年以上過ぎての、総まとめだった。


今、経験していることを、私が言葉で語るには、かなり、難しい。

どれも、試行錯誤の途中であり、今の私の浅いレベルでしか

見ることができていないという、不全感が、どうしても残る。

きっと、今、書けば、意味不明になる。

だから、書けない。


難しく考えすぎなのかもしれないけれど、

今後、AC,子供を考えていくうちに、私が、到達しそうなところは、

おそらく、霊的なもので、魂の部分に触れるだろうと、

そんな気がしてならない。

また、それを、文章に、できる力は、私には、今のところ無い。



この10年、振り返ってみると、ただの足がかりとしての、

AC、不登校であったと、そう感じられてならないのです。


そして、楽天で知り合った方々にも、時々、同じような、

傾向を感じる事が多くあります。

言葉が、乱暴すぎるかもしれないけれど・・・

方法論としての、不登校、ACは、自分の中では、すでに、終わっている。

今は、深く、自分との対話をされている方々と、

同じ時間を共にすごせることは、

とても、うれしく思います。

深い沈黙の中には、すごい作業がなされていること、

感じる昨今です。


参考までに、上記で紹介したブログです。
ご存知の方も、多いかもしれません。
http://rumico.seesaa.net/



別窓 | AC関連 | コメント:0
メールはね・・・
2006-11-25 Sat 00:16
ちょっと、読んでて笑えたんだけど、
思わず、信じちゃいそうな、文を見つけたので、アップ。


実はね、メールはね、科学の力じゃないよ。
小人さんが運んでるんだ。
送信ボタンを押した瞬間に、小人さんが猛ダッシュ!!!
100メートル9秒で、走るんだ。


好きだな~、こういうの。
想像しただけでも、微笑ましい。

思わず、小人さんに、「よろしくね」と
声をかけそうになる私。

じゃあ、チャットは、小人さん、大忙しだなあ。

100メートル9秒じゃあ、地球の裏側まで、
時間かかりすぎだよね。

え、小人さんが、糸電話して、大急ぎで、書き込んでくれる?

まさかねえ・・・大笑

別窓 | 日々徒然 | コメント:2
ある物語
2006-11-24 Fri 21:23

夜、食後に、カイと二人で犬の散歩をしている時、
彼が、今、好きな本「灼眼のシャナ 」の話をしてくれました。

物語の中の物語です。


昔、ある国に、王様がいました。
王様には、王子がいましたが、
その王子は、王様を憎んでいました。

ある日、王様と王子は、魔物に、出会いました。
魔物は、王子に言いました。
「早く、王様を殺してしまえ。
お前が、王位についたら、繁栄を約束しよう」

しかし、王子が、この申し出を断ると、
魔物は、二人に襲い掛かってきました。

魔物との勝負は、あっけなく、魔物が勝ち、
魔物は、去っていきました。

戦いが終わると、王様は、
自分の家来も、国の事も、すべて記憶がなくなっていました。

その後、王子は、魔物を倒すために、魔物を捜し求めました。
王子は、自分の欲望よりも、
自分が信じる、成すべき事を、選びました。

そして、100年たち、王子は、あの魔物を探し当て、
再度、戦いを挑みました。
そして、王子は、魔物に勝利しました。

国に帰ると、王は亡くなり、城は、荒れ果てていました。
王子は、自分の成すべき事を始めました。

そして、王国を再建し、
繁栄に導きました。


そういうお話です。
正確では、ないかもしれません(汗;

カイが惹かれたのは、
王子が、「自分の信じる道を行く」というところです。
そう生きたいのだという、
彼の願望がかすかに感じられ、心に染み入る話でした。

しかし、悲しいかな、人は、そうそう何百年も生きられませんが。

たとえ、憎しみ、怒りがあっても、
それに、降伏することなく、
自分の信じた道、正しいと思ったことを行う。

それが、「王国への鍵」かもしれません。

別窓 | 日々徒然 | コメント:0
さらさらと・・・
2006-11-23 Thu 14:12

握りしめていた怒りを、無作法にも突き出した。

血のしたたる心の臓をお皿に乗せて、

子鬼の心で、さあ、召し上がれと。


疑心で、捧げたお皿。


しかし、だけれど、

さっくりと、受け取られた。

あっけないほどに・・・そして大切に。


「愛」には叶わない。


試し、怒り、疑惑、すべて、

わかっていながら、慈愛で包む。


やっぱり、かなわない。


ちょっと、かなわない。


手の中に握りしめた固い石ころが、

砂になって、こぼれていく。

細かく、小さな粒となって、手の中から、

滑り落ちていく。

さらさら、さらさらと。

小気味良い音を奏で、消えていく。

瞬間の想い、

心深く、通り抜けていく。



降参です。。。




直接言うのは、恥ずかしくもあり・・・

別窓 | 日々徒然 | コメント:0
カイのこと
2006-11-21 Tue 14:55
・・・と、そろそろ、白状しないと、話が進まなくなってきたので、
ご報告。

でも、あまり、心配されるのも、困るので、
さらっと読んでいただければ助かります。


カイ、10月に入って、ほんとに、調子が悪くて・・・ですね。
私自身も、ある程度は、助けてやれるものの、
これ以上、どうすることもできないなあと限界を感じているわけです。

本人は、苦しいのです。
ほんとに、助けて欲しいのです。

家族で、いろいろ、手を尽くしてもいるわけです。
その中で、娘も、ぎりぎりまで、譲歩し、耐えているのです。

が、カイ自身が、
家にいると、押しつぶされそうになると言って、
辛いと。。。

それで、先週の診察の時、カイ自身が、主治医に、
「家にいるのが、きつい」と相談したんです。
そうなると、主治医としては、薬を出すか、
入院という手を使うかしか、無いのです。

その後、付き添いの私も、診察室に呼ばれ、
主治医から、入院のことを、示唆されたわけです。

その時、カイに対して、情けない気持ちというか、、、
腹が立つというか、そんな気持ちが、あったのですが、
その3者の話の時にも、
「あのとき、お母さんは、こうだった」と
主治医に、オンパレードに、言うわけです。
そこまで、思っているのなら、しょうがない。
修行のために、入院も、いいだろうという事で、
相談の結果、少し、家から離れてみるという方法を選択
したわけです。
まあ、カイとしては、してやったり、という感じだったと
思うわけです。

期間は、2週間。

それなら、それで、いいだろう、
けれど、必要以上の、手出しはしまいと思う母でした。
そして、どこかに、
ここまで、譲ってやっているのに、どうして、家にいるのが
苦しいのだ?
という、素朴な消化できない気持ちもあった。
まあ、感のいい方は、お気づきのように、
「譲ってやってる」という感覚も、おかしいのですが、
多少は、やっぱり、凡夫なので、私にも、あるわけです。

カイは、その夜、どことなく、怒りを抱えている私を気にして
(いや、実際、そうだったのだけど)
「自分は、入院したいと言ってない」と言い訳する。
「ちょっと、待って!」
その言葉をひっつかまえて、

確かに、言っては、いないだろう。
しかし、明らかに、それは、こう言えば、主治医は、こう言ってくれるだろうという、気持ちがなかったか?

そう言うと、押し黙ったところを見ると、
そうだったんだろう。

「それを、コントロールって、言うんだ。
確かに、自分は、言ってないかもしれない。
でも、明らかに、意図があっただろう。そういうのは、
好きじゃない」

言ってはいけない言葉だったかもしれないなあ。
けれど、それは、ここ数年、私自身が、ずっと、
内的に、闘ってきた課題だったこともあって、つい言っちゃう。


まだまだだな。。。と思う。
それが、子供に出るってことは、
まだ、私の操作性・依存性は、解消したとは、言えないな、
そんなことも、同時に裏側で考えながら、失意の気持ちは、
否めなかった。

それなら、せっかくのチャンスと捉えて、距離をとって、
お互いを客観的に見るというのも、悪くない。
そう考えることによって、整理つけた、私でした。

実際、カイが入院すると、
ソラは、とたんに、穏やかになり、時折、ぺったりと、
背中にくっついてきたり、甘えてくる。
こんなこと、カイに遠慮して出来なかったんだろうと思う。

できないイライラが、ソラが、カイに対して、攻撃的になるのは、
なんとなく、分かってはいたものの、残念ながら、私の身は、一つしかない。

カイは、自分のことしか、考えられない状態だったので、
さて、入院してからのカイは、どうなったか?

入院して、3日目の月曜日、主治医から電話があった。
医者「退院したいと言ってます」
私「はあ~??」

カイに電話を変わると、
電話の向こうで泣いている。

さて、私は、動揺したか?
それが、全くだった。
大体、予想してたことだったのと、自分で言い出したことに
自分でけじめをつけるべきだと、すごく、感じた事もある。

自分の思うとおりに、周りが動かないということで、
一時の感情で突っ走った結果、その後を、
自分で責任(?)を、どう取って、いくべきかを
ほんの少しでも、学んで欲しいと思った。

だから、大いに、笑い飛ばした。
「せめて、一週間は、いなさい」
そして、主治医とも話して、
今週の木曜日に一時退院して、週末は、家で過ごすことになった。
そして、来週の月曜日に再度、診察で、入院継続か、そのまま退院か
本人を交えて、相談することとなった。

夫とも、話した事だが、帰宅しても、特別には、扱わないという
そのことを、確認し、
普通に、日常の延長として、過ごさせようと、話した。
まあ、あとは、本人が、入院で、何を感じたか、何を思ったか
帰宅して、何をどう感じるか、そんな事は
今は、分からないけれど、
生活は、いたって、シンプルに、いつもどおりにしようと思ってます。
まあ、予想としては、そのまま退院というのが、濃厚でしょう。


そんな事でした^^

私自身のことで、言えば、やるべき事、やりつくした感があったので、
入院といっても、ほんとに、後悔をしようがないというのが、
現状かもしれません。

あとは、カイの力を信じていくしか、ないわけで。

付け加えるならば、カイ自身、入院というのを、
逃げ場に考えていた気配が大いにある。
その逃げ場をつぶしたということでは、今回の
一時入院というは、良かったかなと思う。

逃げても、現状は、何も、変わらない。
そんな事、思ったことでした。

現状を、よくもするも、悪くするも、自分の気持ち一つ。
ここを、人のせいにするというのは、
それは、私も、大変反省するところでした。
感謝も大事ね。

別窓 | 息子 | コメント:4
平井和正って。。。
2006-11-20 Mon 19:00

昔、この人の本の、犬神シリーズが、大大大!好きで、
そんでまた、「幻魔大戦」に、はまって、
(↑知ってるぅ~?^^;)

「幻魔大戦」は、もともと、救世主ネタ系だったので
しょうがないけど、これも、全巻持ってるというオタク娘。

ところが。。。ウルフの、犬神明さん、神明さんまで、
あちら世界に突き抜けて行ってしまって、
天使に変化してしまって、
帰ってこなくなったという、そんな本がある。。。
最初は、こんな話じゃなかったんだけどな。
幻魔と同じく、異次元ワールドになってしまった。。。

わけ分からない方には、たぶん、全然分からないと思うけど^^;
(ほら、奥さん、マニア向け、オタク系よ^^)

好きだったなあ・・・・
犬神明。ぽっ
狼人間なんだよなあ、この人。
 
で、で、「真・幻魔大戦」の内容、あれに似てると思ったら、
やっぱ、あれに似てる!
G○A!・・・と、はたと思い当たる。

ど、どうして今まで、気づかなかったんだろ。

平井和正さん、って、エイトマンの原作者だよ~ん。
知ってる人、いるかなあ。


その後、彼は、なんとかの少女とかいう、
本をシリーズで書いていたけど、
あれからは、もう、ついていけなかったよ、私。

もしかしたら、この流れをくんでいるのかもしれないのが、
茅田砂胡の、デルフィニア戦記かな。
主人公設定が、とても似てる気がする。
でも、幻魔より、ずっと、抑え気味。
とても、好感が持てます。

と、意味のないことを、発見して、ちょっと、
納得した私でした。

別窓 | 日々徒然 | コメント:0
自殺について思う
2006-11-19 Sun 13:35

一昨日、隣の市の中学2年生の男子が、自殺しました。。。

先生方も、慌てふためいている。

昨日も、担任から、

「カイくんの様子は、どうですか」

と訪問、ありました。

いつもは、来ないから、きっと、教育委員会からのお達しだと思う。

娘が、学校から、文部科学省からの子供への呼びかけと、

親への通達を持ってきた。


今頃、慌てふためいてどうする。。。


でも、言っておきたい大切なことがあります。



自殺しても、決して楽には、ならないのです。

人の魂は、この世だけのものではないのです。

消えてなくなるような、そんな儚い夢のようなものではないのです。

そこには、永遠に続く、道があるのです。

自死しても、決して楽ではないのです。

解消されない苦しみ。。。あるのです。


今、苦しんでる、あなた。

決して、大切な自分を、自分で殺さないでください。

自分は、大切な、大切な、愛に満ちた存在だと

気づいてください。


死んでも、決して、楽にはならないこと

涙とともに、お伝えしたいのです。

別窓 | 日々徒然 | コメント:4
無色透明
2006-11-18 Sat 17:10
無色透明の続きを読む
別窓 | スピリチュアル | コメント:6
2006-11-14 Tue 16:17
そりゃあ、もう、リアルな夢さぁ~。
しかも、カラー。
最近では、珍しいんだけど。


参ったなあ・・・

その上、同じテーマで、1日に、2本とは。
朝方と、先ほどの、うとうと中。
登場人物は、バラバラだけど、
じわじわと、真綿で首を絞められるような感覚。
うう、こ、怖かった。。。

BGMで、ゴジラの音楽が鳴ってても、不思議じゃないぞ。

義母からの電話で、助かった。
おばあちゃん、ありがとう。

やれやれ(汗;
やっぱ、あの「○○入門」の本のせいかな。
しばらく、あの系統、読むのやめとこ。
やば~い、感じがする。


目も覚めたので、今から、獣医さんに行って、
犬の定期検査へ行ってきます。


そうそう、
カイは、今日、病院日でした。
薬が、2種増えちゃった。

色々、書きたい事もあるのですが、
文章にならないわ。
また、後々。

私は、落ち込むとか、テンションが低いとか、
そういうのは全く無くて、なんだろうな。。。

バッテリーの充電をしても、しても、
すぐに、無くなっちゃう、壊れかかった、携帯みたいな
そんな感じ。

ああ、力が欲しいと、
じっと、我が手を、見る。。。

び、ビンボーだ。。。

ち、違った(汗;


アホな事してないで、今度こそほんとに、
獣医さんに、行ってきます。てへっ^^

別窓 | 日々徒然 | コメント:2
後悔
2006-11-13 Mon 11:31

よく行く、ブログで、星のきらめきさんのブログを訪問するのですが、最近、彼女のブログの内容が、一段とアップしてるような気がします。

その記事からの抜粋です。(いいんかな~、盗んでしまって)
皆さんにも読んで欲しいと思いましたので、アップ。
あまり、意味が無いような気がするけど、一応、目隠ししときます。


(以下抜粋)

過去を変えたい人は、自分を許してないことが多いです。

よく、「もっと早く知りあえばよかった」、とか、「もっと若いときに出会いたかった、、、」、という言葉が出てくる人は、

自分を許してない人です。

と言うことは、他人も許してないのですよ。

人生に起こることは、その時が最良のときだから、あなたの身に起こったのです。

それ以前では、あなたは聞く耳を持たなかったかもしれない、、、、。

それ以前では、あなたは気づくことなく、通り過ぎたかも知れない、、、。

遅すぎた、と言うことは、あなたの人生において、ありえません。

早すぎた、ということも存在しません。

すべての出会い、別れ、はベストタイミングで訪れるのだと、言い聞かせてください。

あの時、ああしていれば、、、、、こうしてさえ、いれば、、、、こんなことにならなかったかもしれない、、、、悔やんでも悔やみきれないときって、ありますよね?

そういう反省、後悔モードのときも、思い出してください。

「人生、最良のときにすべては起こる」と。

それは、あなたの頭で、画策して、工作したら、上手くいく、というレベルのものではないのです。

大いなる、魂の歴史、霊性の進化を踏まえたうえでの、ほんの一こまの今生の、出会い、別れですから。

今生の、目先しか見えていないあなたの考えなど、及ばぬ、広大な魂の歴史があるのです。

すべては、ベストタイミングで起こる、、、、これを常に思い出してください。

あなたの頭の中の傲慢さが消えていきます。不必要な後悔、反省モードに苦しまなくなります。

起こる物事をすべて、後悔することなく、意味があると受けとめると、あなたは、思い通りの人生を切り開いていくことになるのです。

起こった事柄を否定したり、傷つくから、見たくない、とか、世間的には許されないだろうからといった理由で受け入れないと、思い通りの人生展開になりません。



あのとき、こうだったら・・・と
考えること、多々ありますが、
それらの経験は、間違いなく
人生に必要な事であったに、違いありません。

また、「あの時、こうしていたら・・・」
一見、非常に後ろ向きな思考でもありますが、
そこには、傲慢さも、見え隠れしているという
きらめきさんの言葉に、
賛同を覚えました。

すべて、自分が望んだことだと、
そう、受け止められるように、なりたいと思います。

今から、やり直せる。
それでも、それは、ほんの、小さな経験でしかない。


また、最近の記事で、

自称イエスマンの方、波風を立てない持って行き方、何でもNOと言わずに引き受けてきた方、実は、苦渋をなめてきましたね。

気がつくと、私って、利用されてただけ?、、、一番、頼みやすかったから?

私って、そんなに軽く、扱われてたの?、、、、

そこにある、マイナス感情に気づいてください。

落胆、憤り(いきどおり)、怒り、やるせなさ、NOと言ったときの恐怖、怒らせるかも、傷つけるかもという恐れ、今、我慢すれば、、、、私さえ、我慢すれば、、、、恨み、不満、あきらめ。

それらを発散してますか?

そういうマイナス感情を受け取ると決めたので、あなたはイエスマンになったのでしょう。

それは、自分が犠牲になることで、丸く収まることを優先する、あなたが選び取った処世術です。

あなたは、苦渋をなめながらも、何か得をしていたはずです。(ベネフィット)

「いい人という評価がもらえる」

「敵を作らないだろう」「何かあっても攻撃されずにすむ」

「いつかは報われるに違いない」

「最後に笑うのは私だ」「徳を積むとはこういうことに違いない」

という、苦渋と引き換えの、夢を描いてひたすら我慢の世渡りでしょう。

それが、私に与えられた人生、と取るよりも、

あなたが選んだ人生なのです。

与えられた、という受身形を使う限り、受け取るベネフィットと同量の苦渋を味わうでしょう。

「これが、私が好んで選択した人生だ」と胸を張っていえるなら、OKです。

もっと、能動的、自発的に言って見てください。

「私が自ら選んだのだ。文句は無い」という処世術なら、問題ないでしょう。あなたは今、この時も幸せでしょうから。

未来、いつか、将来、こうなったら幸せ、という生き方をしていると、今、現在が幸せではないので、いつまでたっても、幸せが手に入らないのです。

今、現在が幸せだと思えること、これが、現状を受け入れる、今を生きることです。

将来、こうなったら幸せだ、、、、は条件付の幸せで、現状に満足できない、振り回される生き方です。

人は、自分をしっかり持っていたら、どんな状況でも幸せを感じられるようにできていると言われています。(無条件の幸せ)

あなたが、利用されやすいイエスマンであっても、あなたが望んだ生き方で、心に幸せを感じられるなら(今、この時)、すべてOKです。

死ぬとき、後悔しないでしょう。



と、私にとっては、非常に、耳の痛い記事を書かれています。

特に

「いい人という評価がもらえる」

「敵を作らないだろう」「何かあっても攻撃されずにすむ」

「いつかは報われるに違いない」

「最後に笑うのは私だ」「徳を積むとはこういうことに違いない」

という、苦渋と引き換えの、夢を描いてひたすら我慢の世渡りでしょう。

それが、私に与えられた人生、と取るよりも、

あなたが選んだ人生なのです。



このあたりは、非常に心当たりがありまして、(汗;
誰のせいでもなく、自分で引き受けていくしかない覚悟
しなければいけないと、
今までも、そうしてきたつもりですが、
さらに、さらに、
選択の岐路にたたずむ私自身の
これからの戒めとしていこうと、そう、感じました。

別窓 | スピリチュアル | コメント:0
ありがとう、マロンちゃん
2006-11-10 Fri 23:37
我が家の犬が、3年半前に「糖尿病」になってから、
あまりの病気の情報の少なさに、自分でわんこの糖尿病のHPを作ったのが、2年半前でした。

それから、掲示板で、たくさんの病気のワンちゃんたちのオーナーさんたちと交流してきましたが。。。
今日、HP開設当初から、たくさん、お世話になっていた、
マロンちゃんが、虹の橋を渡ってしまいました。

15歳でした。

アイリッシュセッターの、茶色い、毛並みの素敵な、
おてんばな、女の子でした。
たくさんの病気を抱えながらでしたが、家族に見守られながら、
安らかに行ってしまいました。

きっと、今頃、病気から、解放されて、
走り回っているんだろうなあ。。。

人と、動物の絆って、すごいなあと、教えられた
オーナーさんと、マロンちゃんでした。
お疲れ様、ありがとう。


ちなみに、やはり、現在、うちのわんこHP常連さんである、
応援団の○○さんのサンタ君の闘病中のお話が、
最近、本になりました。嬉しい事です。
サンタ君の闘病中の様子は、HPを通じて、詳しく知っているのですが、
ほんとに、すごいです。。。

*「応援団」というのは、虹の橋を渡ったメンバーさんの事を
 掲示板上で、自然発生的に、そう呼ぶように、なったんです。^^
 うちのHPは、管理人が、このように、ぼ~っとしてるので、
 ほとんど、助け合いサイトになってるの。笑
 とても、周りから助けられています。
 ひとりじゃ、とても、運営できないわ・・・ 


で、私も、まだ、読んでいないのですが、是非読ませてもらいたいと
思ってます。

タイトル「老犬介護・七つの物語」
著者:佐藤道子
2006.9.30 NHK出版より


最近、犬の糖尿病に関しての問い合わせが多いの。。。
毎年、6月と、9月が増えるのね。。。
なぜでしょう??
みなさんも、多飲多尿が表れたら、即、獣医さんへ、GOよ!
別窓 | 日々徒然 | コメント:0
充電率42%
2006-11-10 Fri 14:32
なんだ、この中途半端な数字・・・(笑)

ただ今、撃沈中ですが、今日は、朝から、
たんまりとアファメーションと
「満月瞑想」をしました。
エネルギー充填して、ちょい、浮上してきました^^
よしっ!と。

カイは、昨夜と、今朝、発作が起こったものの、
早々に、撃退(?)。
段々、要領が分かってきた。
結構、気力吸い取られるものです。

カイは、しばらく休んでいた、適応教室でしたが、
昨日のお昼からと
今日は、朝から、行きました。

ブラボーでした。



ほんの最近ですが、タロットカードやりはじめました。笑
正確には、「大天使オラクルカード」というものです。
ずっと前に、本屋に置いてあったのを見つけて、
今まで、そのまま持っていただけという状態だったんです。
天使の絵がきれいでね。。。

カードを自分の気と、いい波動になじませるってとこまで、
できてるのか、できていないのか、よく分からないんですが。
タロットカードは、そうするものだそうです。
詳しくは、よく知らない。

昨夜のカード。
現在:心を開けば(チャクラを開けば)正しい感覚がよみがえるとな。
現在の課題:耳をすましなさい。何度も聞こえてくる愛の
      メッセージに耳を傾けましょう。
未来:古いものを一掃して、新しいものを受け入れる。
   主に仕事の転機の予感だそうです。
   全て終わりまで、どこへ向かうのか分からないことも
   ありますが、最終目的地まで、一歩一歩照らしてくれます。
      

仕事。。。ですか。。
たぶん、それ、仕事じゃないとは思うけど。

私、どこへ向かっているんだろうな。。。

別窓 | 日々徒然 | コメント:4
ダニエル・コビアルカ
2006-11-07 Tue 16:37
ご無沙汰してます。てへっ。
生きてます。

いろいろ、あって、書くと、地球を7週半するので、
止めときます^^;


今日、1日、BGMにダニエル・コビアルカをエンドレスで、聞いてました。
聞きながら、たらりん、たらりんと、息子と家事にいそしんでました。

いい波動に触れることって、考えたら、
これしか思いつかなくて。。。汗;

TVやラジオの音楽嫌いの息子でも、気にならないと言うので、
いいんでしょうね。
ある方から、教えてもった曲なのですが、
他の方の癒し曲より、すごく透明度・純度が高いです。
何より、場が浄化されるような感じがするのは、
私だけじゃないと思います。
まあ、好き嫌いは、あるんでしょうが。。。


ちなみに、うちの、子供たちは、歌手や、流行の歌を、
ほとんど知らない。
いえ、聞かせてないわけではなくて、興味を持たないのです・・・
だから、カラオケに、家族で行けない。。。友達とも行きたがらない。
行っても、マンガの歌や童謡しか歌えないという、
情けない状況になるので、
行っても、しょうがないのね。
(実は。。。私もそういう子供でした)

さらに言えば、うちでは、TVも、ほとんど日中、見ない。
その割には、息子は、世間の三面記事をよく、知っているのは、
ネットからの情報らしい。
最近、息子にとっては、きつい記事が多いので、
「あんまり、見るんじゃないよ」と釘を刺した。

息子の、主治医からも、子供の自殺のニュースで、
精神的に不安定になった子が、
何人もいたという話を聞いて、なるほどなあと思った。
自分のことのように、感じてしまうんでしょうね。
こういうニュースも、しばらく、避けたいところです。


いい波動のものに、触れるって、ほんとに、大事かもしれません。

別窓 | スピリチュアル | コメント:3
コメント遅れてすんません
2006-11-05 Sun 00:37
今日、1日、体調が
可笑しくて。。。じゃなく、おかしくて、寝てました。
(↑こんなとこで、ボケかまして、どうする)

コメント、ちゃんと、お返ししたいので、
復調するまで、もう少し、待ってて~。(T_T)

遅れてごめんね。
別窓 | 日々徒然 | コメント:0
今朝の様子
2006-11-02 Thu 10:54
昨夜も、助けて光線で、もやもやしていて、夕方、過呼吸になりかけましたが、袋と薬で抑えられました。
ちょっと、幻覚っぽい感じのものを感じるとも、言っていたのですが、「お守り」と言って、水晶のブレスをしてあげたら、それで少し、落ち着いたようです。気分的なもののようです。

昨日は、結局、お昼から、適応教室へ行きました。
教室に居る時は、落ち着いて過ごせているとの事だったので、
誰か、安心できる人がいると、大丈夫のようです。

食欲はあるので、大丈夫。
以前は、ほんとに、食事を流動食以外、何も食べられなかった時期もあったので、それに比べたら、まだましです。

薬を半錠づつ、増やして飲ませ、寝入るまで、一緒に添い寝。
その間中、「怖い、怖い、ごめんさない」とつぶやいていました。
が、5分もしないうちに、寝息をたてて、眠ってしまいました。
寝ている時しか、安らぎが得られないなんて、うつという病気は、本当に、本人もまわりも、辛い。

あ、このカイの「ごめんなさい」は、状態が悪くなって、申し訳ないって事らしい。
「大丈夫、謝らなくていいから、何も悪いことしてないよ。」
何度も、耳元でささやく。


罪悪感。


さて、今朝は・・・実は、今日、学校の実力テストでした。
行けないだろうと、思っていたのですが、意外にも、起こしたら、
すぐに起き出して、ご飯食べて、学校へ行きました。
ということは、昨夜から増やした薬は、効きすぎていないということ。
効きすぎたら、どんなに、起こしても、寝てるもの。


「調子はどう?無理したらだめだよ」
「うん、悪くはない」

悪くはないというのは、調子は万全ではないけど、それほど、悪いという感じでもないって事です。
ちょっと、遅れて、学校まで送って行き、別室登校。

薬・・・だなあ。やっぱり。
まるしあんさんの言うとおり、3週間前、病院へ行って、薬を減らしたので、妙な中途半端なところで、薬の効果が効いてしまったというのが、正解かもしれない。
3週間ほど前から、震え(過呼吸発作の前兆)が出ていたと言っていたから、ぴったり一致する。
来週の月曜日、病院の予定なんで、その事を先生にお伝えしようと思う。
こういう時、ほんと自傷が出るので、昨日は、ほんと、目が離せなかった。よく、カイも持ちこたえたと思う。刃物は、ほんと、うかつに置いておけない。

とまあ、こんな調子でした。
さて、帰ってから、どんなかな~。

それまで、私も充電。

最近、子供たちが、不安定なので、夜は、ほとんどPCできません。
私も疲れているので、早めに寝るようにしてます。

で、そんな頃、「ただいま~」と夫が帰ってきて、夫が、ばたばた部屋を動き回っている音を聞くと、なんだかな~、うざいと感じる。
期待はしてないけど、自分の食べた茶碗くらい洗えよ!と突っ込みいれたい、昨今の私です。

今日は、早めに帰ってくるそうです。
私、きっと、怖かったんでしょうね。今日は、昼から帰ってくるとか言っていたけど、昼から帰って、どうすんじゃ?夫がいると、今度は、私が休めないぞ。。。
「一番、手が必要なのは、子供が二人とも、帰ってくる時間帯だよ」
そう言うと、早めに帰ってくると言ってました。


ああ、そう、これ!
奥さんの機嫌が怖いから、帰るようにするっていうこの感じが、嫌なんだよ。
子供の心配より、「自分が奥さんからどう思われているか」が、彼は優先なんだ。
私の機嫌なんて、どうでもいいんだよ。


昨夜、あまりに能天気な夫だったので、ちょいと脅した。^^;

「あのね、カイがあの調子だったら、私もいつまで持ちこたえられるか分かんないよね。もし、私が、崩れたら、多分、ソラも、だめだろう。
そうしたら、あなた1人で、うつの病人3人を世話しなくちゃ、ならなくなるんだよね~。その辺、判ってる?そしたら、あなた、仕事どころじゃなくなるんだよね。家族の大事な時は、家族優先にした方がいいんじゃない?結局は、自分の為になるんだよ」
これが、効いたらしい。私は、きっと、キャラ的に、白雪姫の魔女ですね。

私?
大丈夫、そんな、やわじゃない。
私ではなく、子供の事、本気になりやがれ!と言いたかった。
私は、自分の面倒くらい、自分で見られるから。
でもね、いいチャンスだわ。
1人だけで関わるより、二人で関わる方が、絶対、いいに決まってる。

この夫、会社の部下の子供(小学一年)が、学校へ行き渋っているという話を聞いた時、
「父親が、もっと家族と関わってやらなきゃ」と
アドバイスしたというツワモノ。
はっ、それは、おまえだろ~が。
そんなことは、相手の人だって、分かってるよ。
それが、出来ないから困っているんだろうし。

もちろん、言葉に出してそう言いましたとも。^^
夫、決まり悪そうに、「いや、、俺も、できないんだけど」ともごもご。
「自分が出来ない事を、人に、偉そうに、言うもんじゃないよ。もしくは、自分も一生懸命努力してるけど、難しいねと、共感しあう方が、よっぽど正直で、誠実だわさ」

気持ちは分かるんだけどさ。
プライドの人だから。
と、愚痴@オンパレードでした。
ほらね~、だから私、夫の事、あまり言いたくないんだよね。(爆笑)

ああ、これは、コントロールかなあ???
でも、まともに言っても、取り合ってくれないので、
昨夜は、魔女になりました。
たまには、いいでしょ。^^

別窓 | 息子 | コメント:9
PTSD・・・あるいは、神経症?
2006-11-01 Wed 08:55
ここんとこ、ずっと、調子悪い、カイです。orz ハァ・・・
昨日は、ほぼ、1日寝てたようです。
夜も、ご飯食べて、早々に寝ました。今朝は、まだ、寝てますが。

過喚起のこと、主治医に電話で聞いてみたら、即効性のある「デパス」で対処するしか、ないようです。
医者は、対処療法しかできないからね~。

適応指導教室に行ってるといっても、週のうち朝から行けるのは、ほんの1日くらいで、あとは、昼から、もそもそと行くのが、ほとんど。
やれやれ。
また、お休みするのも、週1~2は、ある。ま、それも、マイペースでいいんだと思ってるけど。
部屋に暗く引きこもっていた、一年前より、ずっと、元気になってきたのだけど、外へ向けての、壁は厚いなあ。

たとえ、定時制高校に行くにしても、毎日通うというのは、無理っぽい感じがするんだけど。
まあ、3年以上かかって、卒業覚悟なので、それはいいんだけど・・・。

最近、外に出るのが怖い感じがすると、カイが、言い始めた。
怖いというのは、道路を歩いていると、車が自分の方に突っ込んで来そとか、後ろから誰かが着いて来て、何かされそうとか、そんな類なんですけど。
それじゃあ、怖くて、道歩けないよな・・・歩けても、歩くだけで、普通の人の何十倍も疲れ果てるからさ、最近の消耗の仕方を見ると、神経症あるいは、パニック症が、出てきてるとしか思えない。

以前から、そういう事は、言ってはいたけれど、最近の過喚起からして、うつの症状から、派生したものとは言え、少し調子悪くなっているんじゃないかと思う。

(こんな時、夫、出張なんだからな~)ぶつぶつ・・・

知り合いに、通信制に行っている息子さんがいるので、その方の話しを
ちょっと前に聞いたのだけど、なんか、通信制が、カイには、合っているんじゃないかと、思うところもある。
ただ、カイには、部活をしたいという希望があって、残念ながら、通信制には、部活は、ほんの少ししか無く、本人の気に入る部活が無いというのが、ネックになっているようだ。

まあ、たぶん、だめもとで、定時制を受けるとは思うけど、
まだまだ、考える余地がある、進路先のような気がしてます。

どうすっかな・・・・


娘は、どうにか、復活基調のようです。
今週、定期演奏会があるので、それに燃えています。
が、その後、燃え尽きないでおくれと、本人にも、ことある事に言ってます。
これも、また、心配の種。

今日は、朝から、心配性の母になってしまいました。

で、やっぱり、心配できるのは、子供が元気でいてくれるからだね。
ありがとう、心配できるうちが、花なのよ、きっと。

必ずよくなる!乗り越えられる!
そう信じて、今日も、頑張ろう^^
別窓 | 息子 | コメント:12
| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。