author : rinrin
今年最後の御挨拶
2006-12-31 Sun 11:54
2006年が、終わろうとしています。

私にとって、この、2006年という年は、本当に、転機の年でした。


そして、ネットでの、皆様との出会い、触れ合いによって、支えられ、

共に、泣き笑い、そして、一緒に、歩むことができ、

最高に幸せな年だったと思います。


本当に、感謝の思いでいっぱいです。


そして、いつも、駄文にお付き合いくださって、ありがとうございました。


そして、えばーさん、きんたろうさん、甲子園さん、

nakkoさん、ののさん、haruさん、ぴのさん、まるしあんさん、

道子mamaさん、ムスカリさん、らんでるさん、りかさん、

loveさん、(5十音順で失礼します^^;)

いつも、いつも、暖かい応援ありがとうございました。



そして・・・根気強く、御指導下さった、師匠様に、

心から、お礼申し上げます。




そして、私に、関わってくださった、

○おさん、○みさん、○とさん・・・

今は、もう、私の声は届かないだろうけれど・・・

たくさんの、人生の示唆を頂いたこと、

心から、感謝しています。



皆様、どうぞ、よき新年をお迎えください。

心より、お祈りいたしております。


そして、

来年も、よろしくお願いいたします  m(_ _)m






art-wreath01.jpg




別窓 | 日々徒然 | コメント:0
会話をしよう
2006-12-30 Sat 23:55
場面1【台所で】


夫「今日は、1つのテーマに沿って、家族で、話をしよう」

りん「・・・。唐突だなあ・・・」

夫「(むっとして)いつも、そうやって、否定する」

りん「いや、やってみていいんじゃない?・・・・」



場面1【夕食の場で】

夫「元旦は、朝日を見に、どこか行こう」

りん「・・・(夫を立てて、一緒に行った方がいいのかなあ、
   でも、ゆっくりしたいしなあ)」

ソラ「・・・(ゆっくり、のんびりしたいなあ)」

カイ「やめとく。東京なら、行きたいなあ」

注:カイの「東京行きたい」は、東京ゲームショウの
  プレーステーション3のモンスターハンターが目当て。
  いつもの、彼の口癖のひとつ。

夫「どれくらい、本気で東京に行きたいんだ?」
 (ムッとして)←本人は、自覚ない。

カイ「どうして、それをお父さんに言わなきゃ、いけないの?
   お父さんには、関係ない」
  (カイも、その言葉を聞いて、ムッとした) 

夫「本気で、言っているんなら、バイトするとか、
  あるだろう」

ここで、既に、説教モード。

りん「(あちゃ・・・)」

カイの熱いヘルプ視線。

カイ「おとうさん、初日の出見に、誰も乗ってこないからって、
   八つ当たりしないでよ」

夫「本気かどうかを、聞いているんだ」
  (いらついている)

りん「むきになって、いうことじゃあないよ」

夫「いや、むきになってない!」


夫以外、全員「(なってるし・・・)」

カイ「もういいから、こんな話をしたら、みんなが、
   嫌な気分になるだろ」

夫、なおも、同じこと、繰り返すこと、3回。


(やれやれ)


りん「それね、受け取る方は、

  『本気で思っていないことを、口にするな』と言われて

  いるような気がするんだよ」

カイ「そうそう」

夫「そんなこと、言ってない」

りん「言ってないけど、言葉の裏に、感じるけど。」

夫「確かに、カイが、東京行きたいと言ったとき、
  むかついたけど」

りん「どうして、むかついたか、自分の感情を
   先に、考えた方がいいと思うけど」

夫「だから、どうして、行きたいか、聞いたんだ」

りん「そうじゃあなくて、あなたの気持ちの方」

夫「聞いたら、いけないのか?」

りん「声を荒げないで」

夫「いや、荒げてない」

全員・・・(いいかげん、やめたい・・・この会話)


ソラ「いらつくんだけど・・・」


全く、かみ合わない会話。。。だねえ。



場面3 【再び台所で】

りん「あのさ、子供と話をしたいと思ったら、
   最初は、「おうむ返し」の術が、1番の鉄則だよ。
   あんな風に、問い詰めるとさ、責められているように
   感じると思うんだけど」

夫「べつに、責めてない」

りん「うん、だからね、子供たちには、そう聞こえるんだよ」

夫「それは、そう取る方が、間違っている」

(う~ん、そうきたか。。。)

りん「・・・まず、あなたが、カイの言葉を聞いて、
  どうして、いらついたかという事を考えてみたら、どう?」

夫「別にいらついていない」

りん「???さっき、自分で、いらついたと、言ったよね」

ソラ・カイ「言ったよ」


夫「言ってない」


ああ、こりゃ、だめだ。。。

アルコール飲んだ人には、かなわない。。。

母は、ここで、リタイア。



こうして、さらに、夫は孤立する。


こういうパターンが、とても多い、家族の会話。

象徴的な、我が家の1コマでした。

どうにか、ならないかなあ。。。

   

先日の夫の母との、電話での会話を思い出す。

お正月に、来るのかどうか、お尋ねの電話だったのだけど、

「孫たちに会いたいから顔を見せに来てね」と、

ストレートに言えばいいのに、

あーだ、こーだと言って、

「年をとって、いつまで生きていられるか、分からない。

それなのに、孫の顔も、なかなか見ることができない」

(よって、見せてくれない、あなたたち親が悪い)

と、相手に、罪悪感を持たせるような言い方をする。

以前だったら、意味不明で、責められているような気に

なったものだけど、今は、付き合いも、長いし、

性格も、かなり把握しているので、

これは、義母独特の、言い回しであり、

さびしいのだろうなあ、と思える。

義母は、今、老人ホームや、施設で、

ボランティアをやっていて、毎日忙しく、元気にやってます。

しかし、この言い方が、今同居している、弟のお嫁さんと

うまくいかない原因だとは、思いもしてない。

(たまに、お嫁さんから、嫁姑の相談の電話があったりする^^;)


でも、義母には、悪気は無い。全く無自覚。

愛情は、たっぷりある人なのに、言葉で、失敗する。


正しく言葉を駆使する難しさ、

私の先日の失敗も含めて、とても、考えさせられる。

たかが言葉、されど言葉。


言葉には、言霊が宿る。

思いを伝える言葉。

この世界では、意思と気持ちを伝えるには、言葉が必要。

そして、言葉には、力が宿る。

相手を大事に思う気持ちを出発点として、言葉を発すること、

心がけていきたいなあと、思う、昨今でした。



  ・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆

カイくん、今日も、穏やかで、ポケモン対戦した後、

プロアクションリプレイDS版を購入して、

(↑改造用プログラム機器)

ポケモンのとんでもない改造を始めました。笑

いきなり、レベル99なんて、信じられる?

明らかに、それは、邪道です!

彼女に、プレゼントするんだそうです^^

あははっ。



母は、女性特有の周期で、頭、全く働いていません。

この期間は、ほんとに、使い物にならない。

今日だけで、車に乗って、目的地を通り過ぎること3回^^;


なのに、こんな長文。

意味分かるのが、書けているのかしら。

不安。。。

見直す気力なし。。。


   ・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆


昨夜、レイトショーで、

「エラゴン」見に行きました。

思い切り、ファンタジー。

私が、見たかったので、家族に犠牲になってもらいました。^^

3部作のⅠ部になるのだそうで、次回作が楽しみです。

「親愛なるモーツアルト」も見たいし、「ラッシー」も見たい。

「シャーロット~」も見たいなあと、

言っていたら、

ソラが「おい森見てみたいなあ」と。。。

「おい森」ですか?

う~ん、

ちょっと、見てみたい気も、するけど・・・検討中。


別窓 | 日々徒然 | コメント:4
2006-12-29 Fri 16:29
昨日、放浪の旅をしたカイくん。

疲れたようで、

今日は、ごはんを食べる以外、ひたすら寝てます。


ソラは、友達の家に、宿題を一緒にやりに、

先ほど、でかけて行きました。

父は、本屋に行くと言って、出かけていきました。


ひとときの平和・・・



別窓 | 息子 | コメント:1
携帯から
2006-12-28 Thu 20:58
うーん、どうしたものかな。
息子ブログ、否定的に読まないでやって下さいませ。
彼なりの信頼する人へのSOSですから。
問を発して答えを探しているのだと思う。
不器用なのは、やっぱり親子だなあ…

私も、早急過ぎたかなあ。
もう少し客観的に自分をみつめる事、できるかと考えたのですが。
まだ、無理だったみたいです。
反省…ふぅ…
別窓 | 息子 | コメント:0
自分を信頼する
2006-12-27 Wed 20:39
最近、少しずつ、他所のブログにも、お邪魔するように、なれました。
一時期、ほんとに、全く行けなくて、困った(><)
でも、読み逃げ、ほとんど。
ごめんね^^;


ふと、気づくいた事。。。ひとつ。

以前は、自分の感覚が、この世で、一番不安定で、

怪しくて、自分の決断を信じられなくて、

加えて、自分の感情も、

一時間後には、どのように、変化するか、

自分でもよく、分からない状態が多かったのです。


この不安定な気持ちを抱えたまま、

日常を過ごすというのは、

実に、1日、1日が、綱渡りのような感覚です。

例えていえば、ラグビーボールを床に落としたら、

さて、どっちの方向へ行くのだろうと、

いつも、予想がつかない方向違いのボールを、

追い掛け回している状態といえば、いいんだろうか。。。

今、思うと、ぞっとする。

というところを見ると、

だいぶ、今では、自分で、ボールの行き先が、見えるように

なってきたのかなと、思ったりする。

それとも、ボール自体が、変わってきたのだろうかとも思う。

それとも、以前ほど、振幅のある生活をしていないからだろうか。


真偽のほどは、はっきり分からないけれど、

「おかしい」状態が、自覚できるようになれたのは、

多少は、ブレーキも掛けられるという気もする。


垂れ流しより、ずっと、ましな状態だと思う。


アファメーションを約一年続けてきた、その成果だとも、思う。

最初は、アファメーションさえ、入らない状態だったと思う。

でも、信じて、続ける。

「信じる」「続ける」

これが、キーワードかもしれない。

続けるといっても、時には、何日も、何週間も、

体調や精神状態によって、さぼってしまった事も多い。

けれど、はずれたら、また、戻る。

それで、出来なかった事を、責めなかったというのも

大事なポイントだったと思う。

(ここは、割といい加減に考えられたので、良かったかも)

繰り返しの、淡々とした作業が、いつか、実を結ぶって

そういうことかもしれない。


そして、支え。

これが、あったから、続けられたのだと思う。

性格的に、ひとりじゃ、絶対、挫折してたわ。^^;
別窓 | AC関連 | コメント:0
見えないものは、信じられない?
2006-12-27 Wed 16:50
一般的にそんな、風潮が、ありますね。

でも、人って、心のどこかで、見えないものを、信じていること、

あるんじゃないかなあと、思うけどなあ。

「心」や「信頼」「愛情」なんか、出してみなさいとお願いされても、

「はいよ!」と、出して見せられないですからねえ。。。

形が無いからと言って、存在しないということは、ないね。

自分の枠より、偉大な存在を、敬えるというのは、

自然と敵対するよりも、自然に感謝することだったり、

自分が、「どこから来て、どこへ行くのか?」という

究極の疑問、それから、「何のために、生きていくのか?」という

素朴な人間としての疑問を、解いてくれる

ひとつのヒントにも、なるんだろうなと、思ったりもする。

個人的には、ここが、一番、知りたい。

あ、知りたいと願っていたこと、でした。



それは、たぶん、私に一番、似ていた、母方の祖母が、
(幼い頃、私は、ほぼ、この祖母に育ててもらった)

生前に、道の道祖神に手を合わせ、お寺にお参りに行き、
(私も、よく一緒に、連れられて行ったものだ)

時々、スズメと、会話するような人だったので、
    (↑*これ、ほんとよ^^)

その影響も、かなり強いのかもしれない。
 
あ、祖母に、わたしが、似たんだ、逆だわ。^^;

この祖母の家が、一番、好きだったなあ。

だけど、夜中、みんなが寝静まった後、

決まって、誰かが、お風呂に入る音がしていた。。。

この音が、聞こえたのは、私と、叔父の二人だけだったらしい。

それが、分かったのは、祖母の葬式で、

久しぶりに会った叔父が、そんな事を言っていたので、

初めて、わかったことだった。

他の家族は、そんな音、一回も聞いたことが無いと証言していた。



一体だれが、お風呂に、入っていたんでしょうねえ。笑

きっと、祖母は、知っていたんだと思うけど。。。

そんな事を思い出した、今日でした。


*スズメと会話と言っても、ただ、おしゃべりしていたわけではなく、
「あら、○○さん(←既に亡くなった人)が、スズメになって、きゃった(←鹿児島弁:来られた或いは、いらした)」
なんて、平気で言う人でした。

別窓 | 日々徒然 | コメント:0
元気になった・・・かな^^
2006-12-26 Tue 14:36
一日の間に、上がったり下がったり、

大忙しなカイくん。



おお~、今度は、見事、浮上した模様。

すごいなあ。。。魔法のメール。笑

いつも、ありがとうです^^




先ほどから、私の、テイルズのディスティニーを、

PS2で、やり始めました。

もう、大丈夫でしょう。


さて、母は、換気扇のお掃除も、終わったとこなのでした。

せっせと、グランディング中。
別窓 | 息子 | コメント:0
これでいいのかな
2006-12-26 Tue 11:02

「これで、いいのかなあ・・・」

泣きながら、つぶやくカイ。


「いいんだよ」と、何度も繰り返す私。


塾に、足抜けの電話をしました(笑)





すっきりした。


すっきりしないのが、約一名、うだうだ星人。




一点に、こだわるな。囚われるな。

そこだけに、気持ちを置くな。

もう、終わったこと。

肯定、肯定、肯定の繰り返し。

いいんだよ。

ここまで、頑張ったじゃん。

それだけでも、大したものさ。

自分のままで、いたらいい。


朝風呂に入って、すっきりしておいで^^




生きている間に、古い価値観に囚われて、

いつのまにか、自分の心に添わない生き方をしてしまう。

そんな風に、あなたに、なって欲しくありません。

私のように、40数年を、

鍵付きの暗い箱の中で、苦しむ生き方を、

あなたにしてほしくて、あなたと親子になったわけじゃない。


ね、そうでしょ^^




別窓 | 日々徒然 | コメント:2
塾、どうしようかなあ・・・
2006-12-25 Mon 23:45
今日は、冬季講習に行ったカイ。

でも、見るからに気が重そう。

私も、そんな、カイを目にすると、やはり気が重くなる。


いっそ、冬季が、終わったら、すっきり辞めてしまおうかとも、

ちらちらと、考えてもいる。

行けないながらも、やはり、情報が欲しいので、

(昨年の経験で、学校情報より、塾情報が、
役にたつ事が多いという悲しい現実・・・)

高い月謝を払って、プリント学習に、してもらっているけれど、

あまり、意味が無い状態。


家庭教師というのも、考えたけれど、

我が家には、合わない気がする。



この時期に、塾に行き始める子は、いても、

辞める子は、きっと、数少ないだろうなと思う。


でも、どのみち、最初から、数少ない部類に、いるのだから、

気にすることも、ないのだけれど。



カイが、以前、普通にやれていたことが、どんどん出来なくなって、

それが、余計、本人の罪悪感を誘い、

私自身の失望感(←ここ、ポイント)に

つけいる隙を与えてしまう。


できなくて、OKと、9割方思っていても、

ふとした瞬間に、過去やまわりと比べてしまうのは、人間の性。


私のプライドの部分。



塾が、カイの落ち込む要因の一つにも、

なっているのではないかと、思ってはいるものの、

それなのに、思い切って止めてしまえないのは、

世間体やプライド、

それと・・・、受験は、どちらにしても、

やってくる。

それまでの辛抱と思うところもある。

でもさ、でもさ、

何のための辛抱なんだろう。



更に、もう一つ大きく、私の中のシェアを占めているものがある。

あの時の、彼女の、あの言葉。

それに縛られている自分がいることは、

ずっと前から、気づいていたんだけど。。。


言葉に縛られて、

どんどん、小さくなってしまって、身動きが取れなくなって

それが、自分を苦しくさせるというのは、

カイも、私も同じ癖だ。

彼も、自分から塾へ行きたいと言った手前、

なかなか、引けないのだと思う。




ここらで、ぷちっと、切っちゃおうかなあ。

切るべきなんだろうな。


もう、いいかな。


一年半も前の、言葉だもの。


役に立たなかった、言葉だもの。


もう、手放す時期かもしれないね。


苦しいのに、握りしめて離さない、過去からの、呪縛。


自由になるも、ならないも、私の決心だよね。


もう、なっていいよね。






え~い、やめちゃおう~。^^

セーブして、リセットさんだ!

(おい森では、セーブしないで、リセットしたら、

 リセットさんに怒られます^^;)

冬季終わってから。。。(汗;

だって、もう、お金、戻ってこないもん(涙)


明日、もう一度、考えて、それからカイと話してみます。

今日の日記は、ほぼ、1人劇場でした。

あ、いつもですね・・・^^;




@「Wii」買って、ゼルダの伝説やりたいなあ・・・
 いいなあ、wii~~。 うっとり。

 今、PS2のリメーク版、「テイルズ オブ ジ ディスティニー」
 を、母は、ちまちまやっているところですが、
 まだ、面白い!と思う所まで、行き着いていません。
 リメークされるぐらいなんで、
 面白いとは、思うのだけど、どうかなのかなあ、これ。
 FF12は、画像は美しかったけれど、
 ストーリーに、全く入れなくて、結局、リタイアしました。
 好みもあると思う。
 FF10が、あまりに、感動ものだったので、ちょっとがっかりでしたねえ。
 RPGは、やはり、ストーリーと操作性が、大事だと思うゲーマー、りんりんでした^^

 私は、ゲームは、プレステオンリーですねえ。
 DSとか、PSPは、楽しくない。
 だって、みんなで、楽しめないからです。
 本来、孤独なRPGでも、観客が、隣にいると、
 一緒に、話を楽しめるというのが、好きなんだなあ~。

別窓 | 息子 | コメント:0
年賀状
2006-12-25 Mon 12:53
せっせと、年賀状作成に励んでいる、りんりんです。

ほぼ、自分のものは、終了。

昨年末は、精神的にテンぱっていたので、

とても、そんな気分にならなくて、

ほとんど、もらってから出す悲惨な状態でした。

その時は、あまり自覚がありませんでしたが、

そういうものなのでしょう。



あと、娘の分、夫の分と、印刷しとかなきゃです。

この時期、PCフル稼動です。

もう一台、欲しい・・・




今日から、塾の冬季講習が始まります。

行けるときに行くという、そんな感じでしょうか。


さて、換気扇のお掃除も、今日、やろうかな。



話かわるけど、

今時の高校生って、マイメロ、好きなのかしら?

特に、クロミちゃんが、「かわいい~~~♪」と、

お財布や、カバンにさげてます。

こちらでは、日曜の朝9時半からある、アニメです。

それから、プリキュアも。

う~ん、かわいいもの好きなのね。

夫に言ったら、「テクマクマヤコンかね」と。。
娘から冷ややかな目で見られていました。
フォローに困った母でした。

別窓 | 日々徒然 | コメント:0
chie art 2
2006-12-23 Sat 23:54
夕方に、福岡市美術館へ、行ってきました。

「chie art展」

なんと、御本人さまもいらっしゃって、

ポストカードに、サインまでして頂いてきました。

めちゃ、美しい方でした。

「天はニ物を与えず」といいますが、

ちえさんは、与えられた方ですよ。

物腰の柔らかい、でも、それでいて、りんとした雰囲気を

かもし出す、不思議な方でした。



061223_2318~0001.jpg

題「肉体と精神」

ちえさんは、天上の気持ちと、通じていらっしゃる方だなあと

そう、思いました。



帰りに、地下街うろついて、目的地別に

夫と息子は、ソラリアへ。

私と娘は、天神コアへ。

発売日より、1日遅く、望みの本をゲット(^^)v

(相変わらず、迷った・・・・汗;;;)


ソラリア前の警護公園では、

クリスマス前の光のイルミネーション。

この公園は、普段は、アベックが異様に多い公園で有名なのですが、

今夜は、さすがに、家族連れで、混み合っていました。



061223_1912~0002.jpg



明日は、クリスマスイブです。

皆さんのところへ、

サンタさんが、幸せを運んでくれますように (-人-)

 

061223_1910~0001.jpg




よい、クリスマスをお過ごし下さい^^




別窓 | 日々徒然 | コメント:1
置いて行かれた模様(T_T)
2006-12-23 Sat 00:31
な、なんですかね・・・

小さな変化なんですが、

カイ君が、いきなり、メール見せてくれなくなりました。(T_T)

ちょっと、前まで、

「見て、見て」大魔人だったんだけどなあ~。


ふ、ふ~んだ。



と言いながら、急な変化に、驚きつつも、

かな~~り、嬉し~~~いです



しかも、なにやら、「おい森」で、

自宅の埴輪部屋のバージョンアップしてます。

すごい部屋になってます。

他にも、何やら、こそこそやってます^^


母、気になりつつも、目の端で、暖かく、

見守りたいと思います。



今日は、二人とも、終業式でした。

カイは、5、6時間目だけ、学校へ行きました。

母は、用事があったので、迎えに間に合わず、

結局、30分の道のりを、歩いて帰ってきたようです。

(ほほ~う)


夜も元気そうに、ゲームやってます。

穏やかな夜です。


明日から、冬休みです♪

(高校生は、課外がありますが)

不登校でも、そうじゃない子にも、みんな平等に来る、冬休み。

嬉しいことです。


でも、最後の義務教育が、段々、終わりに近づいてきました^^

きっと、3学期は、あっというまです。

2月の自己推薦の願書申請用紙を学校から、もらってきてました。

まあ、やれるだけ、やっていこうと、

親子で、のんびりしてます。


この一年、いろんな事が、あったなあと、

振り返ると、感慨深いです。

節目の年だったと、思います。

そして、たくさんの出会いに、感謝しかありません。

別窓 | 日々徒然 | コメント:1
続・ちょっと感動
2006-12-21 Thu 17:50


それで、先ほどの記事と関連することを、

本題として、考えてみたいのです。(長い)

一回書いたのですが、

見事に、アップされずに、消えてしまいました(泣)

ほぼ、昨日の、問いへの、私信に、なると思います。



世の中には、網で魚を取る人と、

一本のさおで、魚釣る人がいるんだと思います。


網で取る人は、

大きく、場所を広げ、多くの人に、理解を求めることができます。

そして、たくさんの人を、助けてあげられます。

それは、それで、とても、すごい事だと思います。


しかし、そこからこぼれてしまった、

例えば、私のような、はぐれ魚は、

魂の居場所を求めて、さまようのですね。


人には、時期というものがあって、

それを、不登校だから、こうだと、大きな網で、ひとくくりに

されるのは、性に合っていないようです。

大きな網は、確かに、大きな威力を持っては、いるのですが、

心の傷が、深すぎると、

それが、反対に、凶器となってしまうことも多いのです。

個のための会であるはずなのに、

いつの間にか、集団を維持するための会になってしまう事も

よくあることだと思います。

そこは、主催者の力量にかかってくると思うのです。


正しいことだと分かっていても、

それが、できない故に、悩みもまた、深くなると。

正論ほど、きついものは、無いのです。


不登校に限らず、人生での挫折も、

同じ事だと思います。


前述の

個別に、何年もかけて、じっくりと取り組むやり方と、

一気に、短期間で、大勢を救い上げる方法と、

それぞれに、利点をいかし、違いを生かして、

この世の中にあって欲しいなと、そう思うのです。


って、私も、いつか、いつか・・・・

ラグピッカーになれたら、いいなあ。

まずは、自分のこと、やろうね、と

言われそうです。

はい、全くもって、その通りです。^^



別窓 | 日々徒然 | コメント:0
ちょっと、感動
2006-12-21 Thu 13:47
楽天の「怒りの解放」以来、お知り合いになった、

きんたろうさん

記事に、ちょっと、感動したので。


ああ、同じような事を経験した人がいたんだと

とても、心強く思いました。

まず先に、上のサイトを読まれてから、以下続く~。

(読まなくていいんだけど、読んだほうが、より分かりやすいかも)


私も、きんたろうさんと、あいぼんさんと同じように、

師匠との出会いは、ブログが最初でした。

私は、自分の、ACであるが故の、生き辛さを

ずっと抱えていました。

1人で抱えきれないくらいの荷物を持って。


今までの対話は、ゆうに300を越えているんじゃないかと思います。

また、関わってもらった時間も、申し訳ないくらい多大です。。。


それでも、私も、未熟ものですので、

師匠の言葉の意味を理解できず、

時には、怒りや悲しみで、

泣きながらメール、出したことも。。。笑

しかし、いつも、ありがたいことに、

慈愛で受け止めて頂いたと、そう思います。

その過程で、少しずつ、少しずつ、

荷物を下ろしていけたと思います。


きんたろうさんと、あいぼんさんの、

4年にもわたる、長い対話を思うと、

自分にかさねずには、いられません。

長い戦いだったと思います。

お疲れ様でしたと言いたいのですが、

まだまだ、戦いは、続くのだろうと、思います。

でも、とても、頼もしく思えます。

このような先達がいらっしゃるということが、

とても、うれしく思えました。

私、ネット社会に生きていて、よかったなあと、思います。 

きっと、そういう出会いは、

いつも、門を広げて待っているのだと思います。




って、昨日、私、息子と抱き合って、泣いたんだよね。。。

その直前は、心の中、怒りで一杯でした。。。

とっても、忙しい人です。はい。(汗;

師匠の言葉、ほんとは、とても、重たかった。

恨みさえしたくなったほどです。・°°・(;>_<;)・°°・。。

(それくらい、ブレーキが掛かったという事を言いたいだけです)


でも、弟子、とっても、がんばりました!(笑)

ということで、

今日は、今から、行ってきます~。



別窓 | 日々徒然 | コメント:0
虚無
2006-12-21 Thu 09:36

声を上げて、小さな子供のように泣く彼を

じっと抱きしめる。

ここに、至るまでの道、



ワタシハ、オヤニ、アヤマッテモラッテイナイ。

ソレナノニ、ドウシテ、カレニ、アヤマラナケレバ

ナラナイノ ダロウ。

ドウシテ、ソンナコトガ デキルダロウ


嫉妬

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

ドウシテ!?
  ・
  ・
  ・

怒り



ツヅイテ キタ ミチハ 

イマダケノ モノデハナク カコカラノインガ


(そんなこと、わかってる・・・)



ソコカラ ジユウニ ナルタメニ ワタシタチハ ウマレテキタ

イマアル カダイヲ ノリコエル タメニ

アタエラレタ シュクフク  


赦し?





イッサイノモノト ワカイ セヨ



受諾 




    ************


カイは、心の中に、ぽっかりと寂しさという穴があるという。


同じ穴を、見たことあるよ。


それは、「虚無」。


深い深い、絶望の穴。


どんな金貨でも、どんな高価なものでも、埋められない穴。


その穴の中で、苦しんでいる人は、たくさんいる。


ワタシも、確かに、そこにいた。


でもね、闇がぱっくりと口を開けているのと同じように、


光も、また燦然と輝きを放ち、君とともにある。


君を助けるために。


そう、ずっと、昔から。


君が、自分の光を見つけられるよう、


一緒に、歩いていこう。


別窓 | 息子 | コメント:0
ボヘミアン・ラプソディ
2006-12-19 Tue 18:08
おなじみ、クイーンの曲。

「ママ、僕、今、人をころしちゃったよ・・・」

で、始まる、ボヘミアン・ラプソディ。


中学の時、この歌を、ラジオで、はじめて聴いた時、

衝撃が、全身をかけぬけたものでした。

その前のキラークィーンの時からのファンでは、

あったのですが。


やや、悪魔的な歌詞ですが(いや、かなりかも)

前半の、しっとりした、フレディの声に聞きほれたものでした。


自分の意図していない方向に、人生を持っていかれる悲しみと

辛さ、でも、泥の中の、高貴な純粋さ、

当時の私には、一握りの救いに思えました。

(一応、思春期だったものですから^^)

今でも、クイーンというより、フレディは、私にとって、

特別な存在。



そして、最近見た、「チャーリーとチョコレート工場」の

ジョニー・デップを見ながら、

彼もまた、同じように、感じます。

かなり以前見た、「ショコラ」「シザーハンズ」も。

そして、「パイレーツ」もですね。


映画で、作られたイメージとは言え、

どこか、人柄が出るものです。

お茶目だけど、どこか、孤独で、ストウィック。



そして、中島みゆき。

オールナイトニッポンの彼女と、「夜会」の彼女は、

全く違って、めんくらうのだけど。

私に、中島みゆきを教えてくれた人は、

今はもう、この世にいません。

白血病で、21才の夏に、いなくなってしまいました。

一緒にいたら、安らげる、それだけの関係だったけど。

なぜか、すれ違うばかりだったけど・・・

好きだった人でした。

私は、彼のお葬式にも、行けなかったよ。


一度だけ、お見舞いに行ったんだよね。

でも、悪性の貧血だって、あなたは、笑ってたんだ。

そして、ほんとは、好きだったんだよねと、

さらりと言う。

馬鹿だな・・・


知っていたの?自分の病気。


ごめんね。

お別れにいけなくて。

私、勇気がなかったよね。

ずっと、後悔している事でした。



なんだか、しめっぽくなったなあ。

きっと、今頃は、あちらで、元気に、大好きなバイクと、

ギター持って歌ってると思う^^


いつか、吐き出したいと思っていた事だったのだけど、

整理つかなくてね。

なぜか、今日、書いちゃったよ。

ちょっと、すっきり。



別窓 | 日々徒然 | コメント:0
騒がしい夜
2006-12-19 Tue 10:21
夜が、騒がしかった。lll(-_-;)lll

飼い犬が、部屋の中で、落ち着かない様子。

猫が、うろつく。
(壁に消える猫^^;見えちゃったんだからしょうがない。。。とほほ)

カイも、落ち着かないで、不穏。

ソラが、しょぼ~ん。

心を不安定にさせる。

今まで、これが普通状態だったんだろうなと思うと、愕然とする。

ある意味、すごいかもしれないと、妙な事に感心してしまう。

今朝は、だいぶ、ましになったと思うけど。。。


@カイ君、今日は、まだ寝てます。
 お疲れのようで、起きない(--メ)
 お休みかな~。
 それは、それで、いいんですが。


別窓 | スピリチュアル | コメント:0
揺らぎ
2006-12-18 Mon 14:15
揺らいだら、戻す。

ぶれたら、戻す。


ずれそうになったら、方向を修正。

どうにもならなくなったら、SOS。笑



出来ているかな?


小さな、ぶれから、ゆっくりと。

まだまだ、弱い木の枝。

大樹の陰で、練習中。


まだ、ひとりで、外に出るには、危なっかしい。

もう少し、箱入り期間が必要な、魔法使いの弟子。





@今日も、中学校、お昼から行きました。


揺らぎの続きを読む
別窓 | スピリチュアル | コメント:0
至福
2006-12-17 Sun 20:52
ここ数日、至福状態が多い、りんりんです。

喜ばしいことです。^^

それと同時に、気分も、波動も柔らかい。

自分で言うのも、変ですが。

もう少し、堪能したい至福状態です。



息子が言います。

「お母さん、最近、穏やかだよね」

ふふっ。ありがとう。

なぜだか、息子しか、気づいていないらしい。



ああ、そう、恋に近いものです。

というと、ものすご~く、誤解招く上に、

ついに、りんりんさん、血迷って、不倫か~と、

引かれると、大変困りますし、
(そういう系、興味なしの、おばさんです♪)

お鈴ちゃんにも怒られそうなので、

お相手は、人では、ないので、ご心配なく^^

くすっ。



  ********


遅ればせながら、オグ・マンディーノの本、

「この世で一番の贈り物」を手にして

ラグピッカーなるものの、語源を知ったところです。

人生につまずいてしまった人たちを助け出そうとする行為を

ラグピッカーと、この本では、表現されていました。


『誰もが自分の能力への信仰や自信を取り戻せる鍵を与えるということ』



そして、老サイモンの言葉のメッセージの一部。
(これは、自分のために)

『これからの人生、かけがえのない今日というこの日、
私は、神の助けを借りて・・・

感情に振り回されず、言動をつつしみ、

愚かにも、他人の揚げ足をとったり、

他人を侮辱したりすることが無いよう気をつけます。

出会う人すべてにしかめ面ではなく笑顔を持って挨拶し、

やさしい励ましの言葉をかけてやります。

間違っても、見下したり、押し黙ってしまったりしません。

どんな高尚な人生にも、どんなみすぼらしい人生にも、

人にはわからない苦悩があることを理解し、

他人の悲しみや、葛藤に気を配り、痛みをわかちあいます。』



最後に、これが、ラグピッカーの精神なんだなあと

心に、静かに落ちた言葉。。。
 

『天におわします友よ、

これらの目標を達成するのを

どうかお助けください。

私が、人の役にたつラグピッカーになり、

新たな力と知恵をもって、

他人をすくうことに、精がだせますように。

そして、なによりも、どうかずっと、

私のそばにいてくださいますように。』



ある方の戦いを、垣間見た気がしました。

別窓 | 本の紹介 | コメント:0
パソコン検定
2006-12-17 Sun 18:33
カイくん、急に思い立ち、

一昨日に、検定の申し込みをしていました。

パソコン検定4級。


道子ままさんのところで、息子さんが

夏に取得されたと聞いていたので、

「こんな検定あるんだって」と

息子にも、勧めていたものです。


実は、夏休みに一回受けたのですが、^^;

エクセル部門が、数点合格に、及ばず、

惜しくも、落ちてしまっていました。


それから、現在にかけて、体調も精神状態も、どんどん悪くなり

P検の存在自体も、すっかり、忘れていました。


そして、今回、ぎりぎりの再挑戦。

ぎりぎりというのは、

内申に書く事ができる、ほんとに、ぎりぎりの時期です。


「受かったよ!」

と、元気な電話の声で、ほっと安心しました。

ちょっとした、奇跡でした。


体調的にも、昨日の疲れが出始めた頃で、

決して、いいほうでは無かったのですが・・・。

がんばれたと思います。

これからの、何らかの自信になればいいなと願います。


出かける時に、

「これから、毎日あらゆることが、いっそうよくなる、必ずよくなる」

そう、アファメーションを一緒にして、送り出しました。

落ちたら、落ちただけの、理由があろうはず。

受かったら、それは、何かの方向性の1つだろう。

そう思っていました。



カイくん、

あなたを支えてくれている人たちの存在を

忘れないようにして、少しずつ、マイペースで、

過ごして、欲しいなと思います。


まわりの支えがあったからこそ、できたこと。



心から、感謝します。


別窓 | 息子 | コメント:1
2つの人格
2006-12-16 Sat 02:54
私の中に、2つの人格がある。


一人は、対外用。もう一人は、内側用。


ブログでは、交互に出演してもらってます。


自分でも、落差が激しいなあと思う。


対外用は、後天的に作った仮面のようなもの。


時には、対外用に、内面用を、こっそり混ぜ込んでみたりしますが。


統一されない自分に、違和感を感じる。


みんな、そうなのかな・・・?


いや、ちょっと、違う気がする。


師匠や、その周りにいる方々を前にすると、


どこにいても、誰を前にしても、恐れもなく、


そのままでいる事が、美しく統一されている感じを受ける。


たぶん、私が、今まで居た世界では、そういう人たちは、


いなかった気がする。


やはり、統一されなければならないのだろうなあ。


突き崩さなければならない、プライドの壁、高そうです。


そして、恐怖の克服。


先は、長いのだ。。。


ひとつずつ、じっくり、やっていこうと思う。

別窓 | 覚書 | コメント:3
今日は、デート
2006-12-16 Sat 01:50
今日は、カイは、適応教室の女の子に、
天神に誘われて、お昼から、おでかけのようです。

おおっと、生意気に、デート??と思いきや、よく聞くと
どうも、ナビゲーターとして、雇われた気配。

(な~んだ・・・)

まあ、それでも、デートというのでしょうかねえ。
張り切ってます。^^


そして、私は、娘からのリクエストで、
洋服を買いに、つきあわされる予定です。

我が家の御用達、「しま○ら」。
われら、貧乏人の強~い味方です。^^

昔から、そうなのですが、
服のブランドものや、ステータスというものに、興味を持てないです。
そういうものに、意味を見出せないでいます。

どうせ、お金つぎ込むなら、本が欲しいよ。

だから、天神といえば、行くところは、紀伊国屋書店と、相場が決まっている。
が、その紀伊国屋書店天神店が、来年の3月で、撤退するそうです。
はやや~。

最近では、博多駅にも、紀伊国屋ができたので、
そこで、ほとんどの用がたせるので、不便は無いのですが、
ちょっと、さびしいです。
若い頃は、半日でも、そこの本屋にいたものでした。

私は、田舎から出てきた、カントリーガールだったので、
本屋といえば、町の小さなしょぼい本屋しか知らなかった。
はじめて、紀伊国屋に行った時の感激は、忘れません。
本を全部、買いしめたい衝動に、かられたものでした。
(安月給だったので、それは無理でした)


で、洋服のおはなし。
洋服は、その頃、会社の近くの、適当なところで、買っていた。
有名デパートとか、コア、なんとかレディースとか
たくさん、あるのですが、高すぎて、私には、買えませんでしたし、
大体、何を買っていいのやら、田舎出の私には、さっぱりでした。
そして、なによりも、致命的な欠陥が、私には、あります。

強烈な、方向音痴です。

何度、教えてもらっても、道に迷う。
お陰で、人の2~3倍は、疲れてしまう。
しかし、紀伊国屋書店だけは、おぼえている所を見ると、
用するに、これは、興味の問題なんだろうと思う。

さらに、駐車場も、車を置いた場所が、分からなくなるという事態も、
しょっちゅうで、自分の車の場所がわからなくなって、
半泣き状態という、人が聞いたら、信じられないような事も起こります。
きっと、いつの間にか、空間にゆがみができているに違いありません。
それか、誰かが、車を瞬間移動させているんだと思います。
特に天神地下街は、私には鬼門です。
おそろしいところですね。

みなさん、平気で、あのような所で、お買い物されますが、
きっと、何か、特別なセンサーがあるのではないかと思います。
残念ながら、私には、無いようです。

以上の理由によって、近くで買うという構図に収まっています。
「しま○ら」が、1番です。
掘り出し物に出会えたら、余計嬉しいです。
娘も、大好きです。
広告が入ったら、食い入るように、見てます。

いい子だ~。

別窓 | 日々徒然 | コメント:1
戒め
2006-12-15 Fri 16:03
             比較をしない

ありのままを受け入れること。
ありのままに、見ること。

ありのままを、感じていけますように。
別窓 | 覚書 | コメント:2
心静かに
2006-12-15 Fri 14:12
朝のうちに、定例の病院。

お昼から、適応に送って行ったら、ちょっと

お出かけしようかなあという予定にしていたのですが。

(念のために、電話してみましたら、来週に延期って事で、丁度良かったかも)


で、突如、カイの

「学校行くから」

の一言で、自宅待機になってしまいました。(T_T)


大急ぎで、学校へ電話して、時間割聞いて、

ばたばた用意して。。。


はい、行ってらっしゃい。



どうして、また。。。


カイいわく。


「お告げがあったのさ」

と、にんまり。


な、なんのお告げですか~~~~。(@@;


というのは、ウソっぽくて、

なんだか、学校へ行きたい?

行かなきゃ?

いや、行こうかなと、しきりに思うのだそうです。

行けるときに、行っとこうという事らしいです。


ふ~ん。。。。。。

まいぶ~む?

いや、違うよ、気の迷い?

う~ん、操られている?

わわわっ、それは、だめ。




お鈴「りんりん母さん、プレッシャーかけてないでしょうね」


りんりん「いえ、そんな、めっそうもございません
    うちのキャベツの千切りほども、ございません。
    もっと言うと、たまねぎのみじん切りより、小さいですよ。
    (みじんも無いという事を言いたかった、りんりん)     
    こちらが、狐にツママレタようでございますよ(汗;
    お鈴さんこそ、何かしましたか?」


お鈴「そう?なら、流れに任せちゃえばいいのかもねえ。おほほっ」
  (不敵な笑いのお鈴さん・・・)


りんりん「あ、あやしいっすよ、お鈴ちゃん・・・」



ちなみに、謎のお鈴ちゃん、妖術使いの3歳児です。
            (↑うそうそ^^)

という今週でしたが、反対にソラの調子が、どうも、いけません。

昨日の夜は、新聞紙を細かく引きちぎっていました。

これは、彼女の、ストレス危険信号です。

うむむ~、果たして、我が家に穏やかな陽が昇るのは、いつの日か?

早く、冬休みになって欲しいよ~。



         ☆~☆~☆

moon01.jpg


心静かに・・・

流れ込む精霊

流れ出る精霊とともに、

深く、深く、もぐりこむ、

沈み込む。

ゆうるりと、落ちていく、

暖かく透明な光のふところ。

その御手に包まれ、抱かれる。

正も邪もなく、生も死もなく、

ただ歓喜の涙、ひとつ。




別窓 | 息子 | コメント:0
2006-12-14 Thu 19:10


普通の学生か~。

今日は、それをやりたかったんだろ~な~。

帰るなり、

明日も行って、不登校を克服するんだと、

ごちていた、そこのきみ。

明日は、病院だ。。。笑


不登校克服かあ~。なんか、忘れていた言葉。

こだわっているんだろうかなあ。

元気で、あってくれれば、それでいいんですよ、カイくん。




でも・・・




疲れて、寝てしまってる^^


(学校爆破は、やめとくれ、べクさん~~(汗;;;)





帰ってきて、思ったより、落ち着いて、

穏やかな、空気をかもし出している、カイくん。

とても、不思議に感じる、お鈴さん(りんりん:和風名)です。


なぞ。。。

かなり、奇跡的に、感じるよ。

そう言えば、例の発作が、この一週間、ないのです。




りんりん「うっ、・・・かなり、うれしいかも!」(ノ^^)ノ


鈴さん「油断大敵。敵を、あなどることなかれ。」


りんりん「鈴さん、厳しいね~。はいはい、日々、精進しま~す。」

鈴さん「返事は、いっか~~~い!」


りんりん「はい(はい)」


別窓 | 日々徒然 | コメント:0
今日はどんな人?
2006-12-14 Thu 11:16
最近、とんと見なかった「オーラの泉」でしたが、

珍しく、見れたので、ぼ~~っと見てました。

夫も、新聞見ながら、ちらちらと、

「まるで、ワイドショー感覚みたいな番組だよな~」と

のたまっていた。

余計なお世話さ~(--メ)


でもね、ゲストの人が、

「憑依体質」(ほら、よく、くっつけるのよ)

らしく、憑き物によって、その日の気分が

ころころ変わり、言ってること、やってることが、

バラバラで、周りを振り回すって話があって、

奥さんからも

「今日は、どんな人?」と、聞かれるのだそうです。



夫、そこだけに、笑いながら、反応。

「上がり下がりが激しいのは、まるで、あんたみたいだなあ」と。



面目無いっす。。。llll(-_-;)lll


「なるほど~、今日は、どんな人って、聞けばいいのか~」と

妙に、納得してる。


最近は、昔より、かなり、ましになったじゃあないか。。。

それに、それは、ある意味、自分では、どうしようもなくて、

もてあましていたんだと、言い訳たらたら。

まあ、このような、わたしめに、20年以上も

つきあってくれているのだから、辛抱強いのだろうなあ。

感謝しなければならない。



美輪さん、いわく、この世は、霊なんて、うじゃうじゃいるのよねと

怖いことを、あっさりおっしゃる。

憑依体質の人は、すぐ、入れ替わり立ち代り、入っちゃうそうですよ。

予防するには、魂の学び。


まったくもって、同感でございます。



最後の、江原さんのメッセージが、よかったなあ。


家族に、傷つき

家族を、傷つけ

それでも家族の意味を深く考えた人

そんな人は、最高の学びをして

家族からの卒業式を迎えられるのです





最近、よく、夫と、スピ話するのですが、

夫は、目に見えるものしか信じない、唯物主義。

でも、現実生活に強いよね。

私は、スピ系で、現実にもろい。

お互い、足して2で割るために、家族をやっているのだろうと思う。


今まで、スピ系で、いい事があった試しが、無い。。。(T_T)



まあ、それも、コントロール、使いようなんだろうと

思い直す、日々。



あ、そうだ、そうだ、

カイくん、ブログで知り合った、ナックさん(?っだったっけ)から

「学校、行きなよ」と励まされ、今日、3時間だけということで

制服着て、行きました。

特に、私も励ましもせず、淡々としていたんだけど、

行ったことよりも・・・

帰ってからが、大変だなあ・・・と、

(ほんとに、大変なんです^^;)

ただ今、光電池充電中です。



なんとな~く、だけど、

心穏やかな状態と、お客様が、たくさん、いらっしゃる状態の区別が

つくように、なってきた気配がします。

「心穏やか」状態って、今まで、瞬間的にしか

無かった(汗;; のだと気づいたよ。

お客様が、満員で、いらっしゃる状態で、感情に波があるというのが、

普通状態だと、思っていた。

違ったのね。。。

体感せねば、わからないものなんですねえ。



これが、外でも、どこでも通用するように、なればいいんだけどなあ。



別窓 | 日々徒然 | コメント:0
ありがとうな気持ち
2006-12-12 Tue 10:21
061212_1014~0001.jpg



感謝の気持ち。


朝の雨が、上がって

太陽の陽がさし込む。

浄化の光。




難しいことは、わからないけど、
感じるままに、受け入れる。
それだけ。




「ある病者の祈り」

大事をなそうとして
力を与えてほしいと神に求めたのに
慎み深く従順であるようにと
弱さを授かった

より偉大なことができるように
健康を求めたのに
より良きことができるようにと
病弱を与えられた

幸せになろうとして
富を求めたのに
賢明であるようにと
貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして
権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと
弱さを授かった

人生を享楽しようと
あらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにと
生命を授かった

求めたものはひとつとして与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた
神の意にそわぬ者であるにもかかわらず
心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた
私はあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ



(ニューヨークのリハビリテーション病院の壁に書かれた一患者の詩)






まどろみの中、みたもの。


着物姿で、海辺を裸足で歩いている。

砂の感触が、伝わってくる。

胸には、クルス。

左手で、握りしめている。

満たされた気持ち。

幸せな気持ち。

ひとり、どこかを目指して、歩き続ける道。



同じ道を選んだのだなあ。。。


別窓 | スピリチュアル | コメント:0
いいもの^^
2006-12-11 Mon 16:13
sohen[1].jpg


蒼竜;数十年に1回の夜に、湖の底から、空に飛び立ち、
    流れ星を撒き散らしながら、飛ぶという伝説の生き物。





03-tukiyonimau.jpg
 



ブログで遊んでます。。。^^;

オタク系、ファンタジーロード、
まっしぐらのりんりんです。^^

ちなみに、これは、年賀状ではありません。
あけましておめでとうと書いたら、
そのまま、年賀状になりそうな画像だなあ。笑
来年は、いのししですyo~。



どうぞ、ゆうるりと異次元にて、癒されてくださいませ。



(素材屋さん、ありがとうです^^)
別窓 | 日々徒然 | コメント:0
信じる
2006-12-11 Mon 10:57
人は、信じられないものである。

自らを振り返ると、
ウソもつき、
だましもし、
ごまかしもする。

おおむね、人とは、そういうものだ。


しかし、それでも、

「信じたい」

信じられないものを、信じる決心。

そう、思うのは、「こころ」が、熱望するから。


相手のここちよい言葉ではなく、

相手の、やさしい行為ではなく、

姿、形ではなく、

そこに、「在る」魂の本質を、感じ、信じる。

それだけでいい。


見えないものを信じるのには、「覚悟」がいる。


たとえ、裏切られても、信じる。

(ありえないけど・・・)


心で感じるものは、

決して、形に出して見せらるものではないけれど、

そういうものを、信じる人に、なりたい。

信じる自分で、ありたい。

ただ、こちらの想いだけ。

静かに、密やかに、そう思う。


別窓 | スピリチュアル | コメント:0
ごめんねm(_ _)m
2006-12-11 Mon 09:55

自分のブログ更新が、(まあ、記録のようなものですが)

やっとこさというのも、あるのですが、

他の方のブログに、今、どうしても、行けない状態です。

行きたくても、行けないというか。。。

ちょっと、無理っぽい。

精神的に、おこもりしてます。^^;

ごめんなさい。


いえ、元気は、元気なんですが、

数ヶ月したら、大丈夫になる予定。^^;(たぶん・・・)、


個人的にも御心配のメール頂いていたり、(ありがとうございます)

お返事も、できず、申し訳ないです。

本当に、仲間というのは、有難いなあと思います。

お返事、書きたいのですが、

書けないのです。。。(T_T)


わがままで、申し訳ないのですが、数ヶ月、自分を優先していきます。

でも、ここは、ぼちぼちと、そして、細々と、更新してますので、

気が向いたら、いらしてくださいね。

では、では。

別窓 | 日々徒然 | コメント:5
| 歩いていこう | NEXT