author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
心入れ替えて
2007-03-11 Sun 12:13
ブログめぐりしていて、気持ちに、すっと入り込んできた文章があった。

入ったということは、たぶん、ここが問題だよという、導き。


自分と他人がいて、

その関係性の中で、自分を失っていないか、

そこで、空虚な自分を埋めようとしては、いないか。

何もかも、取っ払ってみて、自分そのものになったとき、

何が、そこに、見えるだろうか。


もう一度、洗いなおした方がいい。


これは、借り物?仮物?本物?実物?真実?虚像?

虚なるもので、自分を埋めようとしていないか?


これは、癖。



真実、何が大切か。

私が、今、やろうとしている事、あるいは、やりたい事、

それは、私のものか?

なにか、握りしめたものが、ないか?

握りしめているものの、正体は、悪魔の尻尾ではないか?


もう一度、並べて、見つめて直してみれば、

何も、真実に行き着かないことが、わかっているから、

手放せずに、いるんだよね。


真実と虚像。


真実と見えて、どこまでも、幻。

虚像は、どこまでいっても、まぼろし。



この世のことも、まぼろし。

地上に下ろされ、幻を生きるのか?

後ろを振り返り、ついてきた、足跡も、幻だろうか。

こうやって、傷つかないように、乖離しはじめる。

これも、癖。




現実は、リアル。現実は、経験。

痛みを感じることのみが、現実。


あ・・・・分かった。

カイが、リストカットするのは、そういうことか・・・

現実を生きたいと、逃げずに生きる、唯一の方法が、

体の痛みだ。


と、すれば、この思考回路、私から、派生しているもの。

かれは、私から、受け継いだ、乖離、それを、具現化したのだ。

やっぱ、親子って、すっげ~。



不登校は、考えれば考えるほど、ひとりひとり、違う。

だから、Aの経験が、Bには、役に立たない。

やはり、子供というより、親・・・の回復が先だ。

結局、そういう結論しか、私は、行き着かない。

TVや本の識者は、子供を問題にするが、違う、違う。

親の問題を、子供は、具現化しただけだ。


彼らは、こともなげに、それらをやってのける。

全人格をかけて、叫びとする。

「愛のみ、真実」と。

彼らは、わかるまで、叫び続けるだろう。


思いつくまま、言葉にしたら、こんなところに、行き着いた。

人生の偉大な教師は、身近に潜んでいる。

そんな、魂の教師に、親は、必然的に、導かれる。

分析、方法、理論、経験、アドバイス、そういうものは、付随物。

全く、役にたたないとは、言わないが、

(初期の頃は、役にたつだろう)

こういう理由で、不登校には、あまり、触れなくなった。

ただ、事実のみの記録。


そこを、突き抜けたら、やがて、感謝のみ。

偉大な魂の教師を、「学校へ行ってくれたら、安心」

と、追い立てられようか・・・



どこまで、ひっぱるかね、今日は ∑( ゜∇ ゜|||)

思うままに、書いてしまった、メモ書きみたいだよ。

失礼しました。m(_ _)m
別窓 | 息子 | コメント:0
調子悪いので、デパスで。追加あり
2007-03-10 Sat 17:41
2度目の受験票がやってきた。



カイくん、今日は、調子悪かった。

気分が、落ち込むらしく、急いで、おちる前のデパス。

それで、少しは、楽になったらしい。

ふう~。


前回の1期試験の時より、緊張すると、言っていた。

危うい感じをすれすれに、受験日まで、持っていくことが、

果たして、できるだろうかなあ~。

勉強より、そっちが気になる。


ここに来て、二期試験、受けてよかったんだろうか、

ただ、彼が、消耗して、自信をなくすだけなのではなかろうか・・・と。

そんな事を、思ってしまっている、母でした。

早く、ゆっくり、させてあげたいです。。。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*


と思いつつ、ここまで、よく来れたなあとも、思うのですよ。

子供を信じないで、どうするって・・・。

こんなとこで、へたれる親子じゃないしな。笑

って、まだ、先は、長いのだ。




どうぞ、私を通して、彼に、恵みがありますように。(-人-)




別窓 | 日々徒然 | コメント:3
寝た・・・(゚_゚i)タラー・・・
2007-03-09 Fri 23:10






春の陽気に誘われて、昨日から、気になる場所へと。

ここは、県下でも、割りに有名な神社です。

今日は、カイも、買い物に行くかもしれないと言っていたので、

私ひとり。

すぐ、近くなのに、もう、何年も、来ていませんでした。

なんで、こんなとこなのかな~と、いぶかしく思いつつ。


しめ縄の鳥居をくぐると、境内は、数人の観光客だけで、

閑散としていましたが、あれっ、境内と、境内の外の空気が、

明らかに、違う。

境内の方が、清浄。

クリアー。

へえ~と感心しながら、御挨拶。

お正月の混雑した雰囲気の時とは、えらい違いだ。


丁度、車のお払いを受けている方々がいて、

詔や、太鼓や鈴の音が、境内に響いていた。

心地いい感じ。

ふいに、妙なものが、見えた。

見えたというか・・・なんというか。。。

笑々。

なんじゃこりゃ~?

まさか、これを見せたかった?


まあ、それは、それで、面白かったけど。


それから、車に戻り、

池のほとりに、車を止めなおし、(他に、数台止まっていたかな)

窓を開けると、鳥のさえずり、羽音。

呼吸が深く、戻ってきた。

気が付くと、一時間過ぎていた・・・(汗;

いつの間にか、ぐっすり、寝てしまっていました。

笑。

車の中で、爆睡していた怪しい主婦は、私です。(爆)



疲れていたのかもしれない。

連日、カイとみっちり、一緒にいて、

ひとりの時間を無くしていたのかもしれない。

お陰で、すっかり、リフレッシュできた。

今週は、個人的に、あれこれ、あったから、

それも、重荷だった。

あれこれ、考えているうちに、

今考える必要のないものまで、引き寄せ、手繰り寄せてしまった。

しまいにゃ、カイの試験が終わったら、

私、何していいんだろうなあ~なんて、アホな事まで

心配してしまっていました。

私には、まだまだ、自分のために、やることが、たくさんある。


で、なんで、神社だったんだろなあ???

う~ん、謎です。汗;

別窓 | 日々徒然 | コメント:3
気が重い・・・
2007-03-08 Thu 21:52
何だか、気が重いのだ。

受験もあるのだけれど、それよりも、
冥伏していた、マイナス思考が、
ここぞとばかりに、頭をもたげてくる。
無力感が、溢れてくる。

前向きになるのが、おっくう。
こんな時、感情にふたをしないで、味わいつくす方がいいのか、
それとも、流れるままに、ながめて、やり過ごす方がいいのか、
未だに、わからない。

明日、気分転換に、出かけようかなあ。
夕方ごろから、しきりに、そこのイメージが浮かぶ。

カイとソラに影響があったら、困る。。。
これが、一番、困る。
幸いに、カイは、元気なので、助かる。

*頂いたメールも、放置状態で、申し訳ないです。
 浮上したら、お返事します~。

今日は、早めに寝て、明日は、PCから、ちょいと、離れます。
別窓 | 日々徒然 | コメント:4
昔の記事より~お小遣い~
2007-03-07 Wed 13:24
http://plaza.rakuten.co.jp/soratokai2005/diary/200605050001/

↑昨年、不登校は、お金がかかるなんて、記事を書いていましたが、
これも、ほぼ、今も変わっていません。


私の生育歴の中で、「親に対して要求したらいけない」という
刷り込みがありました。
要求すれば、それが、即、家庭争議のもとになるという経験が、
そのような、信条を作ったのだと思います。
これは、何も、お金だけではなく、生活全般含めてですが。

それから、子供が不登校になって、いろいろ試行錯誤した結果、
上の記事になったのですが、その後・・・どうなったかの事後報告です。
お金を子供に与える時、気持ちよく渡す。
与えたら、何に、使うかは、子供に任せる。
親が必要な時ではなく、子供がお金が必要だと要求があれば、
話し合いをして(愚痴の言い合いではないです)折り合いが付いた
ところで、渡す。

経験上、子供は、お金を要求する時、同時に、別のものも要求している気がします。
果たして、親が、何も、自分を否定せず、受け入れてくれるか?という
そういう、お試しも、含まれている気がします。
甘やかし・・・かもしれませんが、それが、子供が、欲しいと望んだものを、はじめて、無条件に受け入れられたと感じる、きっかけになるかもしれません。
受け入れられたと子供が感じだしたら、やがて、自立へと向かうような気がします。
うちの場合、決して、エスカレートは、しませんでした。
中学生ということで、それほど、高額なものには、ならなかったのかもしれません。これが、バイク、車となると、ちょっと、困ったかもしれません。。。

さて、その後、我が家は、どうなったか・・・。
カイは、いつしか、自分で貯めたり、あるいは我慢して、
知恵を使って(主にゲームや本を売ったり)使うようになりました。
でも、友達と、遊びに行くときは、食事代、交通費は、愚痴ナシに
こちらから、さっぱりと手渡します。
それで、食事代をけちって、雑誌を買ってくることも、多いですが、
それも、楽しみの一つだと、思っています。
携帯代金も、我が家では、彼が一番の、節約家です。

先回りして、甘やかしをする必要は、無いけれど、
親が思う、「必要なもの」の範囲を、広げてみてあげるって、大事かもしれません。
カイも、かつて、家から出られなかった時期、見境なしに、ゲームを買いまくっていた時期がありました。
私も好きだったこともあって、かな~り、出費しました。(;´Д`) 
でも、あの時の、カイには、ゲームが必要だったのだと、今でも思います。

現在では、暇なときに、ゲームするに、変わってきてます。

車のハンドルも、遊びが少なかったら、運転しにくいです。
それと、同じことではないかと、思っています。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ところで、後、一週間で、一般試験です。
果たして、5教科、1日がかりのテストを、最後まで、
受けられるのか、それが、気がかりです。
さらに、翌日には、面接があります。
このときだけは、オロナミンCのお世話になるかな~(笑)

相変わらず、過去問を、少しずつやってます。
夜は、夫に、数学と理科。
昼間に、英語・リスニング、国語、社会を、私が見てやってます。

本人は、いたって、マイペースです。

試験が終わったら、すぐ、卒業式です。
そして、すぐに、通信制の願書配布。
面接、作文と、3月いっぱいは、受験が続きます~。
通信制の合否発表は、4月にずれ込みます・・・。
ながい・・・長すぎる・・・
母、胃の調子が悪くなりそう~。
ダイエットにいいかもしれません。(いや、そういう問題じゃないか・・・)
果たして、無事、高校生になれるのは、いつなのでしょうか。
そうですね、一度は、進学あきらめていた時期からすれば、かなりの、進歩です。
定時制といえども、倍率高い・・・
通信といえども、約100名近くは、落とされる。

また、来年も、受験生の母でしたら、よろしく。。。
はははっ。。(;-_-) =3 ふぅ・・笑えないよ>私。

いや、そうなったら、そうなったで、いいと思ってまふ。はい。

今日は、先週の暖かさとは、うって変わって、
雪がチラついていました。寒い~(><)
なごり雪でしょうかね。

ソラの高校は、公立なのですが、試験日が一週間早いので、
昨日、今日と連日、試験休みでした。



別窓 | 不登校を考える | コメント:6
日々徒然~ミクシー徒然
2007-03-06 Tue 20:47
平安の祈り

神さま、私にお与えください

自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを

変えられるものを変えていく勇気を

そして二つのものを見分ける賢さを



19s.jpg



ミクシーには、ウェイン・ダイアー博士の本を翻訳した方がいらっしゃる。
しかも、少しも驕ぶるところなく、一般の方?と、おしゃべりを楽しんでいらっしゃるのが、私には、すごく、面白く見えた。

そして、他にも、アート作家として、活躍中の方が、スピリチュアルな事を、なにげに、素晴らしい文章で、誰でも読めるようにやさしく書かれている方がいる。これまた、訪問者と対話することで、話が発展していったり、その縦横無尽の語りの自由さに、すばらしく、感心した。
もし、好評なら、日記をまとめて、本にしたいと、おっしゃっている。

厚かましいかなと思いつつ、あまりの、素晴らしさに、早速、お2人に、マイミク申請をお願いしてみた(#^-^#)
すると、了承のメールを頂いた。キタ―(゜∀゜)―!!

最近気づいたのだけれど、ミクシーには、そういった、隠れた、ちょっと不思議な方たちが(失礼;;)何の、違和感もなく、いらっしゃるようだ。他にも、そういう、何気に、作家の方が、一般の方に、混ざっていらっしゃったので、びっくり。

他のブログや、HP、コミュでは、ちょっと、考えられない。
読者と作者の距離の近さは、一体なんだろう。
不思議な異次元空間だと思う。

別窓 | 日々徒然 | コメント:2
あなたの事を、もっと知りたいのです
2007-03-03 Sat 12:31
しまった~、

ぼけぼけしてる間に、●●さんとこの記事でアップされてた~。><;

ずっと、前に、見つけて、いつか、アップしようと思っていた詩篇。

いい機会なので、私もアップしとこ~。笑

シンクロを感じてしまいました。ありがとう。



あなたが生活のために何をしているかは、どうでもいいことです。
私はあなたが何に憧れ、どんな夢に挑戦するのかを知りたいと思います。
あなたが何歳かということも関係のないことです。
あなたが愛や夢や冒険のためにどれだけ自分を賭けることができるか知りたいのです。

あなたがどの星座の生まれかということもどうでもいいことです。
あなたが本当に深い悲しみを知っているか、人生の裏切りにさらされたことがあるか、それによって傷つくのが怖いばかりに心を閉ざしてしまっていないかを知りたいのです。

あなたが、自分のものであれ人のものであれ、痛みを無視したり、簡単に片づけたりせずに、それを自分のものとして受け止めているかどうかを知りたいのです。

また、喜びの時は、それが私のものであれ、あなたのものであれ、心から喜び、夢中になって踊り、恍惚感に全身をゆだねることができるかどうかを知りたいのです。
気をつけろとか、現実的になれとか、たいしたことはないさなどと言わずに。

私はあなたの話すことが本当かどうかには関心はありません。
私はあなたが自分自身に正直であるためには、他人を失望させることでさえあえてすることができるかどうかを知りたいのです。

たとえ裏切りだと責められても、自分自身の魂を裏切るよりはその非難に耐える方を選ぶことができるかどうかを。
たとえ不実だと言われても、そんな時にあなたがどうするかによって、あなたと言う人が信頼に値するかどうかを知りたいのです。

私はあなたが本当の美がわかるかを知りたいのです。
それが見た目に美しく見えない時でも、毎日そこから本当に美しいものを人生に汲み上げることができるかどうかを。

私は、あなたがたとえ失敗しても、それを受け止めてともに生きることができるかどうか、それでも湖の縁に立ち、銀色に輝く満月に向かってイエスと叫ぶことができるかどうかを知りたいのです。

あなたがどこに住んでいるか、どれだけお金があるかはどうでもいいことです。
それよりも、あなたが悲しみと絶望に打ちひしがれ、どんなに疲れ果てていても、また朝が来れば起き上がり、子どもたちを食べさせるためにしなければならないことをするかどうかを知りたいのです。

あなたが誰を知っているか、あなたがどうしてここに来たかは関係ありません。
私とともに決してひるまずに炎の只中に立つことができるかどうかが知りたいのです。

あなたがどこで、何を、誰と勉強したかはどうでもいいことです。
私が知りたいのは、皆が見捨ててたった一人になった時、あなたの内側からあなたを支えるものは何かということです。

私はあなたが自分自身としっかり向き合い、その何もない時間の中にいる自分を心から愛しているのかどうかを知りたいと思っているのです。

オライア・マウンテン・ドリーマー



人と関係性を結ぶとき、この詩篇の中にあるように、
相手の魂に、触れる瞬間がある。

そして、それを、もっと知りたいと思うのです。
見たい、触れたいと。

そして、それが、自分自身への、魂の発見に、つながるのだと思います。

あなたを発見することは、私を発見することになるのです。

だから、私は、あなたのことを、もっと、知りたいと願うのです。

別窓 | スピリチュアル | コメント:4
卒業文集&ひな祭り
2007-03-03 Sat 11:17
そういえば、そういうものが、あった!

2月のはじめごろ、担任さんが、用紙を持ってこられたのだけど、

「たぶん、書きませんよ」と、母は、言ったのさ。

ところが、予想に反して、カイは、紙いっぱい、ネコの絵を描いた。

それをそのまま、ガッコに、渡したんだった。

はははっ・・・。


卒業式も、やってくる~。

カイは、出たいと言う。

当日は、親も出席するので、子供たちも、猫をかぶるだろうし、

それほど、酷いことには、ならないかもしれないと、

反対する、理由も無かったので、OKを出した。

私は、かなり反対したのだが・・・。

出席することに、なりそうだ・・・とほほ。



顔文字登録に、入れた覚えのないものを発見。

これ!

北―(゜∀゜)―!!

あいつだ・・・いつの間に。

最近、2チャンネルかぶれしてて、

キターって、意味不明だろう。。。


母、花粉症のため、全然、頭が働きません~。
鼻炎薬のため、頭もゆるんで、ダメダメです。
雨が降らないかなあ・・・。


と、とにかく、今日は、ひな祭りです。

ちらし寿司作ろうと、思ってます。

そういえば、雛人形、もう、何年も出してないなあ。

娘が「出さないと、お嫁に行けないって、友達が言うんだよ」

母「そうか~、じゃあ、お婿さんを、もらったらいいんだよ。」

娘「え・・ええっ?」

どこまでも、お雛様を、出す気のない、やる気ゼロの母でした。


別窓 | 息子 | コメント:0
お受験記録になりつつ・・・
2007-03-01 Thu 23:49
カイが、本気で、受験勉強を始めたので、それに付き合う日々です。

彼が、自分から、やらなかったら、私も、付き合わないだろう。

そのスタンスは、今も、全く変わってない。


彼は、今、120%で、頑張ってるよ・・・。

見守るって、何も手を出さないことじゃない。

適切な援助は、やはり、必要なんだと思う。



ちょっと、前だったら、私、放っておいたかもしれない。。。

依存のことを考えたとき、同時に自分の境界も考えた。

ああ・・・そうだ、自分も相手も、否定しないってことだ。

だから、求められたら、手を差し伸べられる。

そして、助けが必要だったら、援助を求める。

それって、自然な、人間関係。

最初は、恐る恐る・・・

そして、分かったよ。

人と人を結び、まっすぐな気持ちで、つながる方法、相互依存。


差し伸べられる手を、私、今まで、振り払っていたんだ。

怖くて、手を伸ばせなかった。

ありのままでいいんだね。

素直に、自分を表現することの気持ちよさ。

なんか、さっぱり、吹っ切れた気分がする。

解き放たれた自由な気持ちだよ。



ブログ友達に、感謝!!

意味不明?笑
 

で、師匠・・・元気っすか?(笑)

別窓 | 息子 | コメント:6
BACK | 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。