author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
あえて働く
2007-04-29 Sun 21:31
現在、パートタイム主婦になりました。

経済的なこと、

自分のこれからのこと

そして、何より、通信制の息子と1日、平日顔を
始終突き合わせているのが、きつい・・・


自分の時間を持ちたい。

理由は、いろいろ。


スポンサーサイト
別窓 | 日々徒然
通信制高校入学式
2007-04-29 Sun 19:29
長すぎる春休みが終わり、今日、通信制の入学式が行われました・

今年の入学生は、628人。

先生たちのお話も

「自己責任、自己管理」

これが、もっとも強調されていました。


昨日は、教科書・レポート類が、一年分

どっさり、ダンボールで送付されてきました。


名前は、、書いておかなくていいの?

無くしたら・・・

そう言っても、動かない息子。

無くすわけがないと思って、自信があるのか、面倒くさいのか。

それ以上、言わない。

しつこく、言うのも、彼自身を傷つけるだろうから。

なくして、はじめて、気づくのか、

それは、もう、まさに、自己責任。

通信制は、教科書が命になる。

これが、レポート作成の基本。


D地区の3組。D地区が7組までと、一番多い。

一応、担任がつくらしい。


私服の子、スーツの人、普段着の人。

いがいに、父兄が多かったのには、びっくりした。

新卒者も多いらしい。

病気と闘っている人、体が不自由な人。

仕事している人。

来月は、地区ごとの学習会で、歓迎会があるらしい。

別窓 | 息子
甘えることを否定され続けたから
2007-04-26 Thu 19:35
幼い頃から、甘えることを否定され続けたから、
幼い頃、そのままの自分を否定されたから、

もっと、もっと、
今の自分じゃだめだと、等身大の自分を受け入れられず、
理想だけが、限りなく増大していったんだろう。

限りなく限界の無い理想の自分と、
現実の自分とのギャップで苦しむのが、
アダルトチルドレン。

それが、病的になると、境界性人格障害。
もしくは、それにより、
まわりとの関係性をぶち壊すゆえに、
うつになる気がする。

では、一番最初の基礎はと、言えば、
やっぱり、充分に甘えるってことだ。

それが、許されて、はじめて、自己を
等身大に見つめられるってことか・・・。

別窓 | AC関連 | コメント:0
お休み中ですが、メモ用に貼り付け
2007-04-13 Fri 15:23
http://jimaku.in/w/WKwVlTFjYXo/OM_mPEsFIcV


http://jimaku.in/w/WKwVlTFjYXo/FXfphNCZxmm

音が、出ます!

夜中、会社では、音消しを、どうぞ。


↓は、20分で、長い。上にあるものの、元祖。


http://jimaku.in/w/_b1GKGWJbE8/ae1POlJjQMK
別窓 | 日々徒然
お休み
2007-04-11 Wed 20:39
自分の中で、ネタ切れしてしまったので、お休みしてみます。

ネタが切れるってどういうこっちゃ~、ですが、

自分の気づきのあった分だけしか、書けないのだ、と

えらそーに言ってみる。はははっ。


もう、過去のことは、散々書きまくってきたので、

自分のことも、息子のことも、ブログでは、とりあえず、

なんだか、う~ん・・・気が済んだ気がしてます。

言い換えれば、停滞中とも、取れる。

また、貯まったら、気まぐれに書きますぜぃ。

別窓 | 日々徒然 | コメント:8
晴天
2007-04-09 Mon 09:33
先日の土曜日は、青松の通信部の、受講申請と身体検査それから、教科書の申し込み&体操服と体育館シューズ購入に行ってきました。

不安やら、緊張で、前日は、カイは、どんより気味でしたが、
無事、手続きも終わり、晴れて、高校生らしい。
体操服の「博多青松」という文字で、何だか実感が湧く。
後は、29日の入学式を待つばかり。

今日は、近辺の高校の入学式。
ソラは、式の吹奏楽の演奏のため、朝早く出かけて行きました。
昨年の今頃は、入学式で、ばたばたしていた事を思い出します。
新一年生、おめでとうですね^^
晴れて良かったですねえ。
辛かった不登校を乗り越えて、たどりついた、新しい出発。
がんばれ~と、小さな声で応援したい。

が、それは、それとして、今日は、午前中はカイの病院デー。
小刻みなアップダウンはあるものの、
PCを持って、自分の部屋、リビングを、行ったりきたりで、
それなりに、落ち着いて過ごせている様子。

お昼には、近くの神社に、ソラとカイとお花見に行ってみようと思います。
お天気もいい^^

それぞれの、門出に、おめでとう。
でも、何だか、複雑な気持ちもしています。
辛い気持ちを抱えて、懸命に頑張っている親子もいらっしゃいます。
それを思うと、なんだか、涙がこぼれてきます。
がんばって・・・。

みんな、一直線に並んで、一緒でなくていい。
いつかたどり着くところが、幸せの場所。
単なる、それぞれのスタート。
そして、それぞれの、ペースで。
人生は、これからの子たちだもの。
遠回りも、宝の経験。

落胆する気持ち、焦る気持ち、全部乗り越えて、
変わっていないようでも、少しずつ変わっているのだから。

そういう気持ち、私も忘れないようにしようと思います。
そして、経験した痛みを忘れないように。

いつも、happyで、いたいね。
空は、こんなに、晴れわたっているのだから。

別窓 | 日々徒然 | コメント:6
平常心で
2007-04-06 Fri 11:20
平常心で、淡々と。
これが出来たら苦労しないのだけどね(笑)
相手の状況によって、または、降りかかった出来事に対して、
上がったり、下がったり、ほんとに、人は難儀な生き物です。

振り回されず、自分を保つことの難しさ。
嬉しかったら、舞い上がり、悲しかったら、あっけなく地の底へ。
上がったり下がったり。

私の場合、人格が、交代するくらい極端でしたねえ。
でした・・・って、完全過去形でも、ないのだけれど、
人格、乗っ取られ状態って、いがいに、自覚したら、興味深い。

もう1人の人格、小さなお鈴ちゃんは、賢いのだけど・・・
やっぱり、子どもで、わがまま~。
放っておいたら、ほんとに、暴走する。
満たされなかった時代のインナーチャイルド。
最近こそ、だいぶ聞き分けが、良くなったものの、
油断すると、怒りを、ぶわ~っと、吐き出したり、
喜びを、ぱあ~っと撒き散らしたり、ぽろぽろ泣いてみたり、
「寂しいよ~」と、どよ~んと暗い隅っこに膝を抱えていたり、やっぱり忙しい。
そんな鈴ちゃんも、かわいいなあと思えるし、
私の方も、だんだん、子守が上手くなってきてはいるけど、
時々、チャイルドと、自分が、ごちゃゴチャになったり、暴走始めたり。
一体、なんの話よ、と思われるかもしれないっすね^^;
お付き合い長い方は、御存知のお鈴ちゃんです。

子どもが小さい頃好きだった絵本に、「レオ・レオーニ」の「あおくんときいろちゃん」って話、知ってる方も多いと思う。
4783400008.09._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg




あおくんときいろちゃんは、仲良しで、一緒に遊びすぎて、
緑色になっちゃたんですね~。
それで、元の自分に戻れなくて、泣くんです。ぽろぽろと。
そうしたら、涙が元の色に 戻ったんだけど、
あおくんときいろちゃんの親たちも、お互い重なってみて、
緑色になって、重なり具合を楽しむように、なったというお話。
人と人の人格の融合を示唆するような絵本です。

子ども心との融合、統合。
人との、相互依存。

で、平常心と、どう繋がるのか?
インナーチャイルド療法って、カウンセリングの手法にあるのですが、
これを昨年、少し、やってみて、人生観、激変した気がする。
波はあるものの、ある程度、お鈴ちゃんを制御できるように、なったからですねえ。
と言いつつも、まだ、世話掛けっぱなしの私が言うのもなんだけど。(笑)

残念に思う気持ち、悔やむ気持ち、恐怖の気持ち、わけもなく悲しい気持ち、落ち込む気持ち、それらは、過去に置きざりにしてしまった、チャイルドかもしれませんよ。

息子や、娘を見ても、思う。
過去の幼い頃の、満たされなかった思いに、感情を振り回されて、
どうしようも、無いんだなあと思うとき。
「怖い」「怒り」という気持ちも、幼い頃、それらの感情を、
否定され続けた結果ではないかなと。

「怖くていいんだよ。大丈夫、ここにいるよ」
「怒ってもいいんだよ」
そう言ってもらいたかった子ども。

息子は、不登校当初、「怒り」をかな~り溜め込んでいて、
それを、自分自身に向けて、攻撃していました。
やがて、それが、親への攻撃に変化してきました。
それを親として受け止められたかどうか、あんまり自覚は、無いのですが、その時、その時、必死で、受けて立ってきたと思います。

出し尽くしたら、不安定ながらも、安定方向へ向き始めたと思います。
今でも、ちょっと、つつくと、学校の事、友達との関係で、
いまだ、思い出したくない「怒り」の片鱗が、見え隠れします。
「出していいんだよ」と促しても、まだ、出せない部分も持っている気がします。
これは、彼のこれからの課題だと思っています。

親も子も、自分作り、まだまだ、これからです。
で、平常心って、何よ・・・。(笑)
これも、ここから、つながってるって事で。

とりあえず、思春期の子ども2人の上がり下がりに、
振り回されないってことですかね。
そりゃ、合格とか、成績アップしたら、一緒に喜ぶけどね。
それで、私が、偉くなるわけじゃなし。
それで、子どもの存在価値が、変わるわけでもなし。

だから、淡々と。。。ね、受け入れて、流す。
人生、訓練っすね。
別窓 | 不登校を考える | コメント:8
言葉は、相手を縛る
2007-04-05 Thu 13:35
娘が、「これ、面白いよ、読んでみて」と言ったマンガ。

CLAMPさんの「ホリック」。

読んでいて、なるほど~という言葉が出てきます。


「言葉は、自分もしばり、相手もしばる」

だから、マイナスの言葉は、

自分を縛って、身動きできないようにしていくって書いてあった。


丁度、夫がとなりで、PCの接続設定をやっていたんだけど、

「うざい・・・」

次第に、聞かされるこちらのストレス値も上がってくる。

どうして、こうも、イラつくのだろうと、

状況を観察していたら、

夫は、「これは、だめだ、あ~、できない。無理だ」の連発で、

その言葉が、自分に向かって乱射されているように感じる。



彼は、ほんの独り言のつもり。

次第に、娘もイライラ上昇なのが分かる・・・。


その上、わけの分からない、歌謡曲をPCで流しだした。

「う・・うざっ!」

と思ったけど、(笑)一呼吸置いて、

「その歌、聴いてて、いい感じする?」

私には、ざわざわな、雑音にしか聞こえない・・・。

ダメなんだ、こういうの、私。。。

「聞いてて、神経逆なでされる感じがするんだけど、
イヤフォン使えん?」


大人しく、イヤフォンを使ってくれた。


ほっ。


で、彼の無意識のマイナス言葉の乱射にも、

「それ、やめてください」

と、言ってみました。

「そうそう、言葉は、相手を縛るんだよ」

と、娘が追い討ちかけた。

打ち合わせたわけではないけど、ふたりで、にやり。


分かったような、分からないような不可思議な顔をして、

夫は、黙ってくれました。

私、怒っちゃいませんので(笑)、はい。


言葉って、怖いですねえ。


受け流すことが、できるくらいに、太っ腹。。。じゃなくて、

肝っ玉母になりたいもんですが、

とりあえず、今は、自分と子どもを守ることで

精いっぱいなもんで。

カイは、黙っていたが、

ふらりと、こちらにやってきて、

「ふう~」とため息ついて、苦笑していた。


家族が知らずに貯めこんだ、マイナスの想念は、

怖いっすよ。

さ、お掃除、お掃除。


"""""""""""""""""""""""""""""""""

そうだ~、やっぱ、これアップね。


029s.jpg

別窓 | 日々徒然 | コメント:7
復学へ向けての、リバウンド+追記
2007-04-04 Wed 21:38
今、一番、心配?じゃないなあ・・・

う~ん、気にかかることは、やはり、復学へ向けてのリバウンドです。

うちは、中学2年の6月からの不登校でした。

そして、中3になって、本人も、学校へ戻ろうと、

一ヶ月頑張りましたが、体力的、精神的に無理がかかって、

果たせませんでした。

その時も、子どもに、特に、学校をこちらからすすめたわけでもなく、

本人の希望でさせたわけですが、

その頃、思えば、本人の中に

「学校には、行かねばならない」という縛りがあったようです。

「学校へ行けない自分は、ダメな自分」という

自己否定も同時にあったようです。


ここを、クリアしていないと、

復学は、難しいなあと思ったものでした。


結局、適応指導教室で、ぼちぼち、過ごした約2年間でしたが、

取り組んだ課題としては、「自己否定」「ねばならない」を

「~したい」という気持ちに変え、

「行けなくても、自分は、ダメではない」という意識の書き換えを

親としては、気をつけてきたような気がします。


「否定をしない」「相手の中に仏の心を見る」

このことは、相手の、表面的なことを見るのではなく、

必ず相手の中に、すばらしい、ダイヤモンドが眠っていると、

信じることですね。


どうして、こういう事を書くかというと、

資料を整理していたら・・・なつかしい・・・

かつて・・・不登校にぶち当たって、途方に暮れていた私に、

一番最初に、そう話してくれた方の記録が、ぽろりと出てきました。

(どんだけ、整理下手なんだ、私)

それは、「自己肯定感」を育てるという事を、はじめて具体的に

示唆された、はじまりの時だったなあと、感慨深く感じました。



まあ、それから、母親として、人間としての、

自分の自己肯定感を育てながら(まだ途上ですが)

子どもを全面的に愛でもって、受け入れるという

そんな、練習を試行錯誤しながら、やってきた、

不登校の二年間だったと思います。


しかし、息子や、自分を通して感じることは、

この「自己肯定感」は、ほいほいと、すぐには、付かない。

ゆっくり、ゆっくりと。。。ですね。

やはり、子どもが外に出て行くと、

壁にぶち当たり、その度に、打ちのめされたり・・・

自信を失ったりの繰り返しをしながら、

少しずつ、少しずつ、ついていくものなんだと思います。


復学で、心配なのは、そこです。

多少は、傷が癒えたとは言え、まだ、ひよこ状態の彼らです。

環境も、がらりと変わります。

やはり、無理は、禁物。

操作も、禁物。

これを、甘やかしとは、思いません。

「自己肯定感」の無いところに、いくら、色々積み上げても、

やがては、砂の城のように、崩れていくことを

何度も、経験してきたし、自分自身でも実感しています。


引き際も、やはり、大事だという事も、

大切だと、私は、思っています。

通信とはいえ、やはり、学校は、学校ではあるし、

人間関係もあるわけです。

これまで、どれほど、息子が、自己肯定感を作れたか。。。

それが、試されると言っても、過言ではないと。。。

親も、これまでの成果の、テストをされるのですねえ。

先を、怖がっているわけでは、無いのですが、

「良かった、良かった」と、手放しでも、いられない。

何度も、復学を試みようとした、親子ですので、

その辺は、もう、身に染みて、感じています。

でも、いつでも、何度でも、やり直せると思ってもいます。

自己肯定感は、「want」になる。

「want」に、親が欲を出して、乗っかったら、

子どもは、また、きつくなります。

せっかくの「want」を、つぶさないよう、

暖かく、見守っていこうと、思っています。

そして、「want」を支えるという作業を、親として

やっていこうと思います。

この、見守るということについては、

色々、異論があると思うのですが、

丁度いいあんばいは、それぞれの、子どもの年齢

子どもの性格、家庭の歴史によって、違うと思っています。

Aの家庭で、成功したことが、

Bでは、通じないということが、

不登校経験者の親には、身に染みてあると思うのね。

もし、不登校に、万能薬があるとすれば・・・

子どもの心の奥深くに、ダイヤモンドがあると、

仏の心が必ず、あると、そう信じ続ける事だと、思っています。

それは、誰の心の中にも・・・必ずあるんですよね。

私は、その言葉で、苦しかった子どもの不登校から

確かに、救われました。


それと、もう一つは、

今まで、何度も、ブログに書いてきましたが、

お母さん自身の中の「自己肯定感」を育てること。

子どもの中の「自己肯定感」は、親の自己肯定感と

連動していると、私、思っています。

私の中では、これって、不変の法則なんですけどね^^


プライドも、かつての栄光(笑)も、全部ぶっ飛んだ不登校でしたが、

子どもが不登校してくれたお陰で、

今までの生き方を、考え直す、いい時間になりました。

また、色々な人に、出会い、助けられ、救われ、

それによって、多少なりとも、私自身が変われた気がします。

振り返ると、本当に、有難いなあと、感謝の気持ちで、

いっぱいになります。


これからも、相変わらず、ゆっくりペースですが、

私らしく、前を向いて、歩いていこうと思います^^

たくさんの出会いに、心からの感謝をこめて。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

あ、カイくん、ついに、自分のパソ買いました。
先日、買おうか、買うまいかと話をしたばかりだったんだけど、
やはり、ここは、合格祝いとかそういう段階ではなく、
家族のデータ(特に私の)を守るために、
急きょ、買うことにしました。

というのは、彼が、家族のパソを使うと・・・
メモリー激減、
動作が重い、
怪しいプログラム入れて、OSが、止まるわ・・・(泣)
(彼によると、必要なプログラムらしい)
スパイウェアは、拾ってくるわで(;-_-) =3 ふぅ
(彼によると、いつの間についてきたらしい。
 でも、100個以上も!?うそ~)
という、何度も、どえらい目にあって(汗;

そして、昨日は、ネットに、繋がらない・・・
また、インストールしたらしいものを、
速攻削除して頂いた。
どうも、ソフトには、相性というものがあるようだ。

PCの被害が、ますます広がる前に、
とにかく、彼専用を、もらったお祝い金で、
今日、夫と買いに行ってもらいました。
思い切り、中古です。
動けばいいんです。(爆)
3年、持つかなあ・・・。
それと、ウィルス○スターも、付けとかなきゃ
危なくて、困る。
とりあえず、早く、データを移して、欲しいのであった。
でも、そんな失敗も、大事なんだと思う。
かといって、それを、家族用で、やられても困る。
そういうことで、買い!でした。


別窓 | 不登校を考える | コメント:4
通信制合格発表
2007-04-04 Wed 09:51
と、とりあえず(汗;、どうにか、通信制に、合格しました。

お陰様です!

これで、一応、高校生になれるようです。

ほっ。

昨夜から、カイくん、へなちょこで、

落ちてたらどうしようと、うだうだと、してましたので、

本人も、ほっとしたと思います。

今日は、仕事が一段落した夫が付き添って、

カイくんと発表を見に行きました。

入学説明会が続けてあって・・・それから、すぐ学力試験があります。

週末に、体操服の採寸とか、単位の申し込みとか

あるらしいです。

入学式は、4月の29日だったような・・・

それまで、何する?(笑)

スクーリングがはじまるのは、5月からです。


いろいろ、考えると、いろいろと気持ちが、引きずられるので、

もう、やること、淡々と、でやっていきます。


夫が電話で、

「いや~、いろんな人がいるねえ」と感嘆。

目が飛び出たらしい。

爆笑~☆

目立つ人もいるけど、それでも、

お勉強したいという気持ちは、一緒だもんねえ^^

偉いよね。

勉強は、勉強できる時に、やってたほうが、いいよと。

本人が必要なら・・出来ることなら・・・と思いますが。

親というスポンサーが付いてるうちが、楽だよ。

ほんと、これ、私の実感。


別窓 | 息子 | コメント:18
統合
2007-04-02 Mon 14:07
良き方向、光ある方向を見なさいと、よく言われること。

しかし、その時、置いてきた、闇は、どうなるのだろう?


素朴な疑問。


きっかけさえあれば、闇は、すぐに増殖を開始する。

そこに、気持ちを置かないと言われるけれど、

いずれ、向かい合わなければ、ならないものなら。

かといって、向かい合う勇気は、無し。


一方、闇にとらわれないで、今できることを地道にこつこつ。

それが、グランディング。

それも、ひとつの方法。


それで、闇と光が統合されるのか?

それとも、闇を押し込めるのか?

光が闇を払拭するのか?


闇が、あるから、光が分かるのだから、

闇にも、意味があるってことだよね?

では、闇は追い払うものでは無いのではないのだろうか?

う~ん。

それとも、闇と思っているものが、実は、闇では無いのか?

意識レベルの、上昇によって、それらが、

消えるのだろうか?

それとも、統合されるのか?


疑問だらけ。

この答えを、知りたい。


机上のたわごとでした。
いつまでも、空論言ってるより、
実戦?やってみたくなったのも、職探しのきっかけ。

さて、一年間引きこもり主婦の(^_^;)行く末は、いかに☆彡




別窓 | AC関連 | コメント:0
楽天削除完了
2007-04-01 Sun 16:49
主な記事をピックアップして、移し終えたので、
本日、楽天ブログ抹消しました。

息切れしてます。
日付を入力するのが、大変だったわ~(汗;


楽天では、皆様には、ほんとに、お世話になりましたねえ。
移しながら、色々な事が思い出され、ちょっと、おセンチになりました。


事後承諾で、すみませんが、数人の方のリンクをこちらで頂きました♪
これからもよろしくお願いします。


気持ち的には、一つの区切りになった気がします。
さて、前へ進んでいきましょう^^
別窓 | 日々徒然 | コメント:2
パート探し^^
2007-04-01 Sun 12:39
魔の3月が終わって、ほっとしてます。

3月は、ほんとに、だめです。

きっと、「別れ」という空気が、だめなんだろうと思う。


4月は、新たなスタートという気分が満ちて、好きです。



で、新スタートじゃないけど、パート、まじで、探してます。

もう、頭使うの嫌ですので、軽作業なんかを。。。と思ってますが。

パソコンは、仕事にしたくない。。。

設計トレースや、入力の仕事を、若い頃、ずっとやってたけど、

納品の時間との戦いと、緻密な作業。

急に、基本設計が変わって、変更なんて、ざら。

残業、残業。

若いからやれたのかもねえ。

もう、頭と気力が追いつきません。

今は、CADもあるので、もう、浦島太郎さんです。

昔は、手書きでしたもの。
(いつの話??)笑

思えば、あの会社の人は、変わった経歴の人&変わった人が多かった。

そして、やたら、BとOが多い会社だった。(笑)

それから、3年くらい前まで、ダ○キ○モップの交換を5年ほど。

お客さんとのお付き合いは、楽しかった~♪

でも、お店の方針で、飛び込み営業の義務強化が嫌でやめちゃった。

飛び込みで、売るのは、苦手。(笑)

それが、なければ、今でもやってる気がするよ。

時間が自由に使えるっていうのが、良かったし。

おばあちゃんなんか、身の上話とか、しちゃって、

お菓子頂いて、帰ることも・・・。



希望は、本屋さん!(笑)

でも、無い・・・なあ。

本屋さんじゃないけど、ひとつ目星☆~

履歴書書くの、何年ぶりでしょ。

子供も、土日休みにこだわる必要の無い年齢だし。

主婦、パート探し、どうなることでしょう~。

って、まず、体力をつけねばです!



【息子との会話】

息子「世の中、お金ってさあ~、お金よりも大事なものあるよね」

母 「まあね・・・でも、お母さんは、お金は、大好きだよ~」

息子「・・・そ、そだね(汗;」


お金が欲しいと思う気持ちに、罪悪感があったりすると、
ほんとに、お金は、入ってこないんだよね。

私の実家は商売やってたのだけど、夫婦喧嘩の元は、大体
その経営のことだったせいか、お金を儲けることに、
私自信が、嫌悪感があった。
でも、最近は、発展的に物事は、考えていいんだと、思うようになった。
実際、お金で、家庭不和というのは、多いのだから。
必要最低限のものは、大事なんだ。
しかし、お金があっても、家庭不和な実家タイプは、
結局、ココロが豊かでなかったのだろうな。

心の豊かさとお金は、比例しないことも多いけど、
比例させてもいいんだという、書き換えは、大事だと思う。

お金は、還元していくもの。

人の愛も、還元していくもの。

ほりえもんは、自分のものという物質の執着から、
離れられなかったんだろうね。

お金は、アイテムの1つだね。
あれば、便利。
なければ、不便。
あった方が、いい。

それだけの事。

別窓 | 日々徒然 | コメント:0
| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。