author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
一旦、終わります
2007-05-26 Sat 10:40
新しく始めた、仕事のせいも、あるのですが、

今、観念の世界よりも、現実で、親子、生きて行ってる

時間が多くなりました。



一旦、このブログ、休止にしたいと思います。

今度、書くときは、

また、バージョンアップして

お目にかかりたいと思います。


今まで、ありがとうございました。

また、いつか、お会いしましょう。

再見!



スポンサーサイト
別窓 | 日々徒然
子供が犯す事件に寄せて
2007-05-16 Wed 23:04
親子の殺人事件があったようで・・・

ニュースを詳しく見ていないので、なんとも

コメントしようがないけれど、

世の中の流れが、絶望的観測に、流れるほど、

世の中の闇が、深ければ深いほど、

コメンティーターが、ヒステリックに

報道すればするほど、

その感情に、負けてはいけない気がする。

同じことを、繰り返さないために、

光を、広げて行かなければならないと思う。


たくさんの人が悲観的傾向に走ると、

思考が、闇を引き寄せる気がする。

その集積された闇が、連鎖を起こさせる。

多くの人が、感情的に、闇に巻き込まれると

それはそれで、大きな負のエネルギーになる。


希望を忘れては、いけない。

それが、真の宗教教育では、ないかと思うのだ。


その子の本当の心は、彼にしかわからない。

彼が、自分の犯した事を、受け止められる時期がきたら、

誰か、そばに、寄り添ってあげて欲しいと願う。。。


別窓 | 日々徒然
通信制のこと
2007-05-15 Tue 09:59
元気にやっております。

ただ、忙しくて、なかなか、書く時間が取れません。

今は、流れのままに、なぜか、mixiに、記事が移行してまして(汗;

こちらが、ほぼ、放置状態になってますが・・・

通信生の様子を書いてみようと、思います。


先日の土曜日、息子くん、初めてのスクーリングを体験しました。

一応、受ける時間割を決めて行ったようですが、

8時50分のHRから、7時間授業を受けて、掃除まで参加したようです。

通信制の場合、授業は、全部出る必要は、ありません。

例えば、年間20時間の授業が行われるとすれば、

そのうちの、3分の一くらい出たら、OKなのです。

でも、提出すべきレポート内容は、自宅で、自学していても、教科書を読んでも、

分からないときも多いようです。

それで、授業に出たり、休み時間に先生を捕まえて、

聞くことが、とても、大切になります。

提出するレポートは、期限がきっちり決められています。

この期限が遅れると、一ランク落とされるという、

減点の対象になります。

また、空欄があるまま、提出すると、

再提出ということに、なりますので、

とにかく、答えを埋めなければなりません。

提出すると、一ヶ月後に、A~Fの評価がついて、返ってきます。

確か、Dくらいまでが、合格だったような。

E、Fは、再提出です。

送るときは、15円分の切手を貼り付け、返却用の切手も

同時に貼り付けて、送付します。


この、レポート提出の日は、5日、10日、15日、20日、25日30日と、なっているようですので、5の倍数の日は、要チェック。

サポート高校に通っているとしたら、

こういう、面倒なことを、サポート校が、

手取り足取りやってくれるので、

「忘れた!」ということは、避けられるのでしょう。

が、息子は、通信のみなので、

そこは、自己管理が、大変重要になってくるようです。


今のところは、ちゃんと、やっているのかな・・・

たぶん。(よく、知らないと言ってもいいかも)


また、授業に出るには、

教科書を忘れたら、授業に出ることは、できません。

私語をやっていたら、教室から追い出されます。

また、バーコードのついた、自分のシールが

「授業を受けました証明」として、必要らしく、

これを、忘れても、授業を受けられません。


HRや、特別活動も、単位習得の科目になります。

入学式に出たら2時間、遠足に出たら2時間、

体育祭に参加したら・・・

というように、学校行事への参加も、すべて

単位習得の時間数に数えられます。

それらに、すべて出る必要は、ないのですが。

可笑しかったのが、体育の授業で、

その日は、先生の話と、説明だけで終わったそうです。

それでも、授業参加になります。



また、青松通信部では、生徒の自主的な運営による、

学校外で開かれる、地区学習会というものがあります。

通信は、基本的に自学自習という、孤独な生活です。

そこで、生徒同士が、月に2回くらい集まって、

勉強会を開いています。

今度の水曜日・・・明日ですが、

その地区の歓迎会が開かれるそうです。

働く人のために、夕方18時半からになってます。


息子は、行く気満々でいます。


部活に関して言えば、数が少ないです。

息子は、ちょっと、体を動かしたいなあと思って、

部活動紹介の後、運動部見学に行ったようです。


そして、なぜか、今まで、縁もゆかりも無かった、バスケット部で

体験入部してみたようです。


部員の方や、顧問の先生が、部活動紹介で、とても、いい感じを受けたのと、

部員獲得のために、褒めちぎられたというのが、

嬉しかったようで・・・入部を決意したら、

早速、来週日曜、練習試合に、連れて行かれそうです。


入るのか、入らないのか、私には、どうするのか、よく分かりませんが。。。

これは、任せようと思います。

結局、初のスクーリングの日は、朝、8時に家を出て、

帰ってきたのが、夜の8時でした。

足腰が痛いと、ぼやいていましたが、

とても、楽しかった様子が、

ありありと思い浮かばれるくらいに、話しを聞かせてくれました。


また、通信の先生の授業・・・

特に、現代社会の先生でしたが、

「霊魂はあるか」という質問をされたようです。

ある、と思う人は、手を上げなさいといわれ、

あげたのは、息子を含めて、2~3人だったそうです。

息子が選択した「現代社会」は、今、世界の宗教の話や、

哲学の流れを学ぶ箇所のようで、面白いよと言ってます。

彼にとっては、非常に、ナイスな選択だったのではないかと

思います。


そんな、感じで、初スクーリング、土曜日が終わりました。

日曜日は、家族旅行へ出かけたので、

受講していませんが、

土日の二日間にわけて、同じ授業が、繰り返されるため、

自分の都合にあわせて、

1日で終わらせることも、出きれば、

二日に分けて受講もできます。


教科書がいっぱい詰まった、重いリュックを抱えて

「学校へ行ってくるよ」

と、満面の笑みで、元気良く、朝出かけて行きました。

自分でも、その言葉を、言いたかったと、

そう、後で言っていました。


別窓 | 日々徒然
友達とジョイ○ル デビュー
2007-05-05 Sat 17:56
息子さん、今日は、Kくんと、うちで遊んでます。

K君の友達、Z高校の友達も2名プラスです。

先ほど、2階から、ばたばた降りて、聞いてきました。

「夜は、ジョイフルで、みんなで食べていい?」

んで、4人で、食べて、遊んで帰るので、遅くなるとか。


いいも、何も、いいよ、いいよ、行っておいで~。

嬉しそうに、2階に戻って行きました。


Z高校の子たちとは、縁もゆかりも無かったんですが、

以前行っていた塾で、仲良くなった同じ中学のK君のお陰で、

ヲタク仲間が、広がっているようです。笑

塾・・・途中で辞めちゃったけど、

勉強では、役に立たなかったけど、

なんだか、役に立ってるんじゃ、ないかぁ~ヾ(*^▽^*)ノ 。


最近では、自分で、いろいろ、IT関係の専門学校を
ネットで探しているようです。

自分の道を、自分で、見つけられたらいいね。


ひとつ、自立。
自分の世界を作ることの大切さ。
好きなことを、する。
詐取しないで、親は、どこまで、見ていられるか。

よきサポート。
否定されないこと。
ここんとこ、息子、落ち着いてます。

親に、縛られることなく、
好きなことを、やっていって欲しい。

ひとつ、親も、自立。
別窓 | 息子 | コメント:2
好きなことを見つける
2007-05-03 Thu 22:47
好きなことを見つける、ということは、

常に、他人の感情に沿って、生きてきたACにとっては、

至難の業。


自分の存在を削り取って、

親や、周りの人に、自分を詐取され続けるということは、

ユニークさ、自身の個性を失いつつあるということ。


ついには、


『私は、誰?ここは、どこ?』

で、破綻する。



まず、詐取された分を取り戻そうよ。

したいと思うことを、どんな小さなことでも、

少しずつ、地道に、楽しいことを、やっていこう。

その積み重ねが、自身を取り戻す鍵となる。


不登校にも、ACにしても、同じ事かもしれない。



親が、詐取された心で、子供を見ると、

「私が、許されなかったことを、
どうして、この子は、平気でやれるのだ?」

となる。

嫉妬。。。

怒り。

時に、恐れを抱く。


子供が自由に生きようと、もがけばもがくほど、

親の方には、恐怖がわきあがり、

自由に生きる様を想像すれば、するほど、恐れる。

恐れが、怒りを生む。

恐怖の束縛から、一歩踏み出す勇気。

まず、親から。

子供と同じに。


本当は、子供のように、生きたかった、生きてみたいと

そう、心の深いところでの、願望がうずく。



ねぇ・・・わたし。

好きなこと、やりたかったこと、

今からでも、やれるよね。

別窓 | AC関連 | コメント:4
光のように
2007-05-02 Wed 08:31
小春日和のような光をなげかけてほしい。
あちこちで乱舞する光のようであってほしい。
温かいまなざしでもって、人々に接するような人であってほしい。
人の悲しみを悲しみとし、人の喜びを喜びとし共に分かち合いながら共に幸福を広げていけるように。

とある、本の一節より~

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

う~ん、感動・・・。
心に染み入る。

嫉妬という感情。
深い怒りの感情。
現実生活での、自分にとっての不都合な感情。

それぞれが、学びへのステップ。

でも、そうだね・・・短期間で、思いつめる必要は無い。
暗き方向にだけ、気持ちを置く必要も無い。
結果は、長丁場で・・・。

本来、人は、光そのものなのだから。
そう信じることが、かすかな、信仰心のはじまりだね。

思考に終わりはない。
死んですべて、終わりではない。

だからね、この人生、歩いていくのさ^^

なんてね。
別窓 | スピリチュアル | コメント:0
| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。