FC2ブログ

歩いていこう

author : rinrin

中国産

うちの職場でも、中国産加工食品の撤去の指示がありました。

我が家でも、冷凍食品を確認してみましたら、JT、ありました~。
あわわ。

しばらく、中国産、控えようかとか、思ってみたり。
体調、悪いのは、もしや、このせい?とか思ったり(笑)
いや、それは、ちょっと、極端ですね。

中国は、今、土台がなくて、経済至上主義になっている気がします。
ひところ前の日本みたいだなあと感じます。

うちの職場も、ほとんどが、中国とか、タイとか、東南アジアの商品なんですが、
便利なものを作るということと、原産国が真に豊かになるということと、
矛盾のハザマが、見え隠れします。

ひとつの商品を作るために、二酸化炭素を多量に排出し、
公害が起こるだろう。
ひとつの商品を作るために、環境を破壊して作っているだろう。

そして、法律がゆるいところにつけこんで、現地の人々の労働力を、
ベルトコンベアのように、使い捨て、経済だけが、豊かになる方法だと、
かつての日本式を、持ち込んでいるのかな。

毎日、搬入される多量の商品を陳列しながら、そんなことを思うのだ。

経済で、豊かになることも、大切だ。
今日、食べるものが無い地域には、それは生きていく、必須だ。
しかし、現地の自然や人力を詐取して、私たち日本人は、
安い価格で、それらの品物をたやすく手に入れることができ、
満足することもせずに、貪欲に、食い荒らす。

アンバランス。

現地は、食品を、大量生産し、収入を増やすためには、効率と収入をあげるために、
多量の農薬を使わざるを得ない。

人が、大切にされ、大地が尊厳を取り戻すときは、来るのだろうかと、
危惧する。

そんな、たくさんの犠牲の上に、100円ショップは、成り立っていて、
たまたま、そういう商品を売る立場にいる自分に、以前から違和感も感じている。
100円に群がる消費者にも、違和感を感じる。
うちの職場の消費者層をみると、年金暮らしの高齢者も、多い店ではある。
少ない年金の中から、少しでも、安い買い物をという、そんな気持ちも
十分、わかる。
企業も、薄利多売。
また、赤字を出しては、私たちは、労働の場所を失うはめになりかねない。

でも、少しだけ高くてもいい。
正当に品物を得たいと思うのは、豊かな国に住む私の、
ただの理想論だろうかなあ。。。

とあるブログで

ACのブログで、最近、ずっと、見守っているサイトがある。

親や、世間の呪縛から、からまった呪縛を解こうと、

ひとつひとつの事実を、解きほぐしていく過程が、とても、

好感を覚えていた。

ほほえましい・・・という感じ。


でも、どうしてか、横槍が入るのは、なぜでしょうね。

たぶん、彼女の書く記事の内容が、

的を得すぎているため、いらだちを覚えたのか・・・

一見、理論的に、いらだちを、説明してあるが、

見ず知らずの人のブログに、その人の感情や、生きる過程、育つ過程に、

わざわざ、否定的なコメントをつける過干渉さ。

相手をコントロールしたがっているのは、コメント主の方かなあ。

自由な感情を発露している、Mさんに、嫉妬を覚えたのか?

Mさんの感じたことは、Mさんのもので、

コメント主のものではないね。

境界線、いきなり乗り越えたら、いけません。


と・・・そんなことを、思ったのでした。

がんばれ、Mさん^^



不登校の心の痛みを超えて

息子にとって、中学時代の2年にわたる、不登校という経験は、家族にとって、やり直しの期間でした。
中学になって、たまたま、不登校に、ぶち当たったのではなく、その根っこは、小学時代、幼稚園時代、または、幼児期の中にあったと、考えています。

よく、子育ての集大成が、思春期だと一般的には、言われますが、うちは、その集大成が、不登校だったわけです。

子育ての集大成ですから、子の性格も、かなりあると思いますけれどね。
多くの不登校を支援する方々は、親を責めたりしません。
それは、親を責めても、いい結果には結びつかないことを、経験として、知っているからでしょう。だからと言って、無責任に、親の育て方が悪かったと、言っていいわけではありません。
このへんは、誤解を生みやすいので、微妙なんです。

しかし、親自身が、自分の子育てを振り返り、反省し、「自分達も、至らない親だったなあ」と思い、自らの行動を改め、改善していこうとすることは、大切な姿勢だと、思います。
私も、そういう方向で、ここまで、きたと思います。
けれど、ほんとのところは、まだまだ、だなと思っています。

昨年の4月より、通信高校へ通いながら、レポートに四苦八苦しながら、調子が悪くなったり、気分的にすぐれなかったり、考え込んだり、不安定になったりする息子をそばで見続けながら、何気に、サポートしてきましたが、まだ、回復の延長線上に、いるのだと、考えています。
決して、これで、もう、大丈夫なんて、思ってはいません。

時間は、かかると思っています。
失われた息子の時間を取り戻すには、時間がたっぷり必要だと、思うのです。
2年や、そこらで、回復できるのなら、うつや、不登校には、なっていません。
不登校になるまでの、時間をさかのぼるほどの、時間が必要だと思っています。

そう思うのは、私自身が、機能不全の家庭で育った、刷り込みパターンから、いまだ、抜け出せていない、たくさんの課題と直面する経験があるからです。
特に、働き出して、実社会での再出発を始めてから、たくさんの感情・・・、納得できない理不尽な感情、考え方の癖に愕然とすることも多いのです。

息子の心の傷も、時間をかけて、納得へ向かってくれたらいいと思います。
それには、彼を、私が、向かわせたい方向に、仕向けたり、元気になるように、方向性を示したり、一時しのぎのやり方は、彼には、通用しない。
彼自身が、自分の本当の心の声を、自分の心で、聞くことができるように、なるためには、
私の操作は、邪魔でしかないことだと思います。
これも・・・私自身のAC体験の回復の経験から得た、教訓です。

が、それも、わがままだ、甘やかしだ、放任だと、人の目には、映るかもしれません。

でもね、自分の人生を生きるには、自分の魂が、心底納得したことしか、人は、受け入れられないのだということを、私は、知っています。
人生の中では、人を裏切ることだってあります。嘘を言うこともあります。あきらかに、反社会的な行為をすることだってあります。
そういう、負の経験も、全部含めて、受け入れてしまうことが、コントロールしない、愛だと思うのですよ。

コントロール無しの、愛なんて、想像できます?
大体において、世間で、「愛」というと、見返りを求める愛だったりします。

そして、どんなに、醜悪だと思っている自分を、心から信じて、共感し、寄り添ってくれる人の存在が、どれほど、生きる希望につながる行為かということを私は、知っています。

だからね、私も、彼を自分の持ち物、従属物ではなく、自分の子どもではなく、一人の人間として、どんな時でも、彼を肯定していきたいと思うのです。
子供にはね、心の傷を越えて、自分の人生を愛して欲しいと思うのです。
それが、私が子供に残せる、唯一の財産だろうなあ。

そのためには、私自身が、ひとつひとつ、自分の感情にけりをつけて、とげとげを、丸く削っていかなくちゃねえと・・・
私が、そこまで、行き着かなくちゃなあと、漠然と、思っています。

きっかけは、不登校。
でも、その後は、私の問題。


不登校の子のその後の経過を、聞いたりしますが・・・
学校へ行き始めることを、不登校は終わったと、するのは、とんでもなく、間違いだと、思っています。
学校を卒業して、実社会に出て、再び、引きこもりになってしまった子、たくさんいます。
子供達は、生きる意味、存在の意味を捜し求めているのではないかと、思います。

私、息子に、よく言うのですが、「10年たって、自分の方向性が見えてくればいいね」と。
10年たって、見えてこなかったら、10年後、また、同じことを、きっと言うでしょうね。


自分のことだけに集中しようと

そう、思って、職場のことでも、ブログでも、
のらりくらりと、わがままなことを書き連ねていたけれど、
どうも、同じところで、同じ課題に突き当たってる気がする。
かわして、逃げるのも、私らしくて、いいけれど、
直球しか投げられないの。

やるしかないかぁ。

寝すぎたの・・・

お昼から、買い物に出かけようと思っていたものの・・・
朝、娘と夫を送り出して・・・寝てしまい・・・
気がついたら、夕方4時・・・あわてて、洗濯だけは、した。


どんだけ寝てるんやろ・・・私。
それでも、まだ、眠たい。
疲れが溜まっているんだろうなあ。
ほんとに、仕事も、ほどほどにしなきゃ、体、壊しちゃねえ。
ちゅうか、ほんと、残業ないように、します。

息子、明日で、試験は終わりみたいです。
最後のレポートの、美術も明日、提出できそうです。
が、こちらも、テンション、上がらないようでして、二人きりになると、
そばに寄ってきては、ため息ついてます。
さえない親子です。ほんとに。

去年の今頃、高校入試で、大変だったなあと、思い出されます。
でも、それなりに、楽しかったかな。

寒かったねえ

今日は、寒かった~~~。

仕事から帰宅して、ニュースを見ると、北国は、吹雪!!(ひょ~!)
娘のスキー修学旅行が、先週で良かったよと、思いました。

仕事の方は、なんとなく、落ち着いているような、いないような。
気持ち的に、距離を取ってます。
割り切りも、大事です。

そもそも、今、不平不満を、まわりにぶちまけて、まわりをへこましている約2名さん。
人や環境のせいにする前に、ちゃんと、仕事しろよ!と、毒吐き、毒吐き(笑)

今、学生バイトさんたちが、多くなってきたので、あまり時間的には、当てにはできないのですが、彼らも、育ってきていますので、少しずつ、仕事の難易度を上げてます。

そして、若い子たちと、話す機会があるのは、おばさんとしては、ちょっと、嬉しいです。
似た年齢同士というのも、いいんですが、彼らと話すのは、自分の子供たちと話すことと、さほど違いはないんで、それはそれで、楽しいです。
女の子たちは、かわいいし、男の子たちも、からかいがいがあって、また、かわいい♪

最近、マイブームで、缶チューハイに、はまっています。
もともと、酒は、全く飲めなくて、ダメなんですが、
家族で分け合って・・・(いいんか?そんなこと、書いて)
風呂上りにチビチビ飲んでます。
でも、調子にのって、飲みすぎたら、心臓バクバクしてきますけど。

ピーチ味が一番飲みやすいかも。
まずかったのは、フィズ系。。。苦い。


ここ最近、ほぼ、日記化しているブログです。
難しいことを、書きたくなくなってしまってる時期みたいです。

でも、ほそぼそと、本は読んでます。
「チームバチスタの栄光」、読んでみたくなった。

明日は、仕事が、お休みってことで、本屋でも、行ってこうかな。


眠い~


昨夜は、職場の歓送迎会&新年会でした。

ほんとは、一番来て欲しかった、今、不協和音の最中にいる方々は、欠席でした。


帰宅したのは・・・午前3時近くでした。

自業自得とは言え、ねむい・・・

朝から、コーヒー数杯、栄養ドリンク飲んで、

気合を入れなおしています。

今日も、一日、頑張ってきます^^


明日、映画を

見にいこうかと思っています。

娘、5泊4日のスキー修学旅行も終わり、週末と明日まで、

ゆっくりした時間が取れます。

ちょうど、私も仕事がお休みなので、

息子と娘とで、久々に映画を見ようということになりました。


ほんとは、ジョニーデップのスゥイニー・ドットを見ようかと、

評価をネットで探索していたら、

どうも、苦手なスプラッタもので、ミュージカルとな。

アースか、銀色のシーズンか??

どちらにしようか、迷ってます?


子供と私の休みが、合うことなんて、めったに無いので、

帰りは、食事して、温泉でも入って、帰ろうかと思ってます。

(ご主人は、出張でございます)


また、来月から、仕事が、大忙しになりそうです。

当分、ゆっくりできないみたいなので、今のうちに、充電^^


**********

そうでした!

息子さん、後期試験中です。

来週で終わります。

レポートも、美術を除いて、全部合格したようですが。

その美術の課題が、「自画像を描く」ってな課題で、

今の彼には、とても、厳しい課題のように思えます。

どうするのかなあ~。

どうも、書く気にならないようです。

美術を選択したのは、どうも、失敗だった気がします。

それなら、それで、来年度は、習字選択かな?


地区の役員会で、ひと悶着あったようで、

突然、地区長が、辞任すると、メールで連絡が来たらしい。

おお~、D地区の地区長、不在になるか??


どうも、地区長のやり方に、みんなが、反乱を起こしたらしく、

全員で、役員、降りるとか、降りないとか、そんな話があったようだ。

その話の延長で、地区長、自ら、退任を表明したらしい。

で・・・


残る役員は、4人しかいないのですが・・・

ど、どうする、D地区!?


夜に、残った役員の一人と、息子が、携帯で、長いお話をしておりました。

なんだか、不安がる役員さんを、息子が慰めているような・・・(笑)

その息子の姿に、ああ、どこまでも、親子だ・・・

おまいさんだって、不安だろうにさ・・・


いい経験してるよなあ~。

と、遠くで見ている母でした。

アドバイスも、意見もしません。

息子は、ただ、聞いて欲しいだけなんですよね。


試験勉強・・・?

してませんよ。

面白いのは、今日の体育の筆記試験での話し。

数日前、何勉強したらいいのか、わからんと言った息子に、

「ラジオ体操の、順番をつける問題が出るかもね」と、冗談で言った私。

ほんとに、冗談。

でも、今日のテストに、出たそうです。

信じられん@@;

嘘みたいな話。

わははっ。

怒りが行動の源になる

最近、会社の人間関係が、おかしい。

仕事が忙しすぎ、みんな、無理に無理を重ねて、精神的に、

ぎりぎり状態です。(私を含めて)

加えて、体調を崩している人も多い。


そこへ、いろいろ、相手に対しての不満が噴出しています。

でも、私、こんな性格なので(どんな~??)

みんな好きです。

欠点も、いいところも、全部合わせて、人間だもの。

完璧な人なんていない。


気になるのは、私より、年上の方約2名の人が、、最近、かなり変なんです。

昨日まで、機嫌よく話していたかと思うと、

次の日は、誰彼、問わず、攻撃的な言葉を投げかけてくる。

今日も、風邪で、体調崩していたKさんに、「無理しないでね」と

声をかけたら、

「無理しなきゃ、やっていけないでしょ!」と

語気強く、はね返された。

そ、そうですね・・・

そ、そんなに、怒んなくても・・・

と、言葉を飲み込んで、それから、頭痛を、もろに、もらってしまった。


ああ~~~。撃沈↓↓↓

熱があるなら、休めばいいのにと、みんなが言うのも、聞かず、

意地だけで、出勤している彼女でした。


何か、おかしい。

今の会社。


意地というより、「怒り」が、彼女を動かしているんだなあ。

でもね、怒りは、しょせん、マイナスのエネルギーなんだよ。

誰に対する怒りなのか、何に対する、怒りなのか、考え込む。

きっと、彼女にも、分かっていない気がする。

会社の直営の無理ばかり言う、社員たちに対する気持ちなのか・・・

たぶん、仲間には、「ノー」と言えても、

社員には、言えない自分に腹が立っているんだと思う。

社員さんたちは、ほんとに、上から怒鳴りつけることしかしないから、

パートさんたちは、それを恐れている。

言い訳をすればするほど、人格を否定するような言葉を口にする。

先日、新人の一人が、レジで、大ミスしたことがあって、

それで、関係のない、全員が、始末書を書かなければならなくなった。

そのときも、一人一人、事務所に呼ばれて、

こんこんと、批難された。

説教されても、どうしようも無いミスだった。

あえていえば、そういう、レジ研修が満足にやれていない人材を、

無理して、レジに入れざるを得ない、雇用者側の問題ではないかと思う。



そのKさんは、来月から、勤務時間の短縮を申し込んだらしい。

そして、もう一人、Aさんも、そうするようだ。

そして、そして、Mさんは、責任ばかり重くなっていく仕事に

今後に、自信が持てないと、辞めることを、思案している。


実は、正直言うと、私自身も、時々、それを考えることもあるのだけれど、

今、この状態で・・・逃げるようにやめていいものかどうか・・・

自分を大切にするということと、

逃げないということのハザマで、ゆれている。

ただ、無理はしない、と思っているので、

その辺の、かねあいが、また、難しい。

ただ、できれば、燃え尽きる前に、逃げ出そうという気持ちの準備は

大いにあります。

自分を守るためです。

自分あっての、まわりです。

これ以上、無理を言ったら、辞めるぞというのを、チラつかせて

おこうと思います。


また、頼りにしていた、学生バイトが一人、今月、卒業のために、辞める。

どうなるのかなと、先行きを思案しつつ、

怒りを原動力にすると、ろくな結果には、ならない事だけは、

長年の経験でわかるのである。

難しいです。

修羅を心に宿したら、他人よりも、自分を一番傷つけてしまうのです。

どうか、みんなの気持ちが、穏やかになりますように・・・




納得したい

私は、どこから、生まれてきたのか、

なぜ、私は、この両親のもとに生まれたのか、

なぜ、私は、今、ここにいるのか、

そして、どこへ行こうとしているのか、


ずっと、ずっと、自分というものを、納得したかったのです。


ただ、食べて、飲んで、息をするだけの私ではなく、

今、ここに、いる、私という人間の意味を知りたかったのです。


人が生きるということは、それに、どういう価値があるのか、

生きて、苦悩するということに、何の意味があるのか、

楽しい、悲しい、嫉妬、憎悪・・・それらの感情に何の意味があるのか、

そして、それらの感情を携えて、生きるという意味を、

ずっと、ずっと、納得したかったのです。


それだけのことだったのです。



賀状ありがと♪

年賀状が、届きました。

Thank you♪^^

家族、みんなで、読みました。

桜島の初雪、きれいでしたでしょうねえ。

ありがとうね。

お体、大切にしてください。

筆不精の、管理人より(^^;

人に聞けない理由

今日は、仕事しながら、例の彼女としっかり、くっついて、話をしていきました。

その中で、彼女は、小さな頃から、家庭に問題がいろいろあって、人に質問したり、頼ったりすることが、苦手で、自分で処理してきたことが多いのだと、言っていました。

そして、対人関係では、緊張が高く、人が説明している言葉の意味が、飲み込めないのだということが、わかってきた。

表面の無駄で、どうでもいい会話は、一見、スムーズにできるのですが、それも、自分が話すことが、一生懸命で、人の話していることを、聞けない、あるいは、理解できない状態なのだということも、理解できた。

だから、人との関係性の中で、互いに学び会ってきた経験が、無いのだろうと、思い当たった。

小さな頃に、家庭的に問題のある子は、結構、そういう人が多い。
実は、私もそうでした。

人と情緒的にふれあう機会も、これまで、少なかったのだろうと、感じます。

この問題点・・・

しばらく、親代わりが、必要か・・・と。


質問をすることが出来なかった、家庭環境というのは、詳しくは、聞いていませんが、大体において、親が、自分のことに必死で、子供の気持ちまで、心が届いていない場合が多いのではないかと、思った。
親が、子供にとって、頼れない存在・・・反対に、親の面倒を、精神的に、見てきた子たちの特徴に、似ている。

親というものは、子供にとって、信頼関係を作る、一番最初の経験になるはずだけれど、ここが、抜け落ちた子供というのは、どこか、対人関係が、怖いものに、なることが、多い。

そんな彼女の話の断片をつなぎ合わせて、言葉にして、繰り返して言ってみると、「そうなんです。人が怖いです」と、言ったところをみると、あながち外れてはいないと思う。

でも、彼女の偉いところは、それを、自分の環境のせいにしていないことだ。
19歳で、自分で、お金をためて、看護学校へ行きたいという夢。
「お金もだけど、今、たくさん、経験をつんで、おきなさいよ」というと、
笑って、「はい」と答える素直さ。

彼女のドジには、いろいろ言う人もいるけれど、彼女が、失敗をしてくれるおかげで、
まわりの他の新人さんは、それを見て聞いて、学んでいるところも、多いんじゃないかとも思う。

毎日、怒られてばかりいても、めげない強さを持っている。

ただね、言われて、理解できなかったことを、わかったふりして、「はい」と返事するのは、よした方がいいよと、言うと、苦笑いしていた。
それよりも、「言ってる意味がわかりません」と、言っていいんだよ、と。

私なんか、「言ってる日本語の意味がわかりません」って、言ったことがあったよ~、と言うと、笑っていました。

わからないことは、悪いことじゃないし、
何回も同じことをきくことも、迷惑でも、悪いことでもない。
反対に聞かれたら、嬉しいもんなんだよ。
わかってるふりして、自己流で、やってしまうことが、後々、一番迷惑をかけることなんだよ、と・・・念押ししました。

いつか、人の気持ちのわかる、いい看護士さんに、なって欲しいと思うのです。
って言っても、朝から、彼女を叱っていたのは、私です(汗;
でも、ヒステリックには、怒んないですよ、私(念のため^^;)

結局、今日も、自分の仕事は、ちっとも、出来なかった・・・・

その後、違う新人さんが持たされた、担当箇所のチェックと、発注を一緒にやって、
自分のところは、細切れで・・・

明日、がんばろう~~。

な~に、やってんだかなあ・・・


のだめを見ながら

今日は、のだめ、TV版の後編を見ました。
千秋と、すれ違いになって、ひどい言葉を投げつけられたとき、
のだめ、落ち込んで、すごすご帰るか?!!と、思いきや、
足蹴りと、福岡弁で、たんか切って、食い下がるシーン。

(原作の漫画では、彼女の出身は、熊本だったような気がするけど。。。)


私は、感情に素直なのだめの行動が、好感を持てた。
「本当の感情を出すということは、いけないことだ」と、いう刷り込みがある私には、
ほんとの気持ちを出さないことで、自分を守り、自分を傷つけないように、行動することが、多い。
いまだ、その呪縛、健在か~。としみじみ思いました。
でも、日ごろから、少しずつ・・・押し殺すことなく、気持ちを伝える訓練も、頑張っています。
面白いことに、自分に篭りだすと、言えなくなってくるし、
だんだん、自分の本心が、わからなくなってきます。
そして、自分の心も人の気持ちも、疑心暗鬼な心で、視てしまう傾向になってしまします。
これは、一種の「癖」なので、こういう感覚になったら、危険信号だと、最近は、自分でも多少はコントロールできるようになりました。

のだめの、そのシーンを見ながら、「いいなあ」と思いました。


++++++++++

TV見ながら、ふと、テーブルの上にあった、「今月の予定表」
S会の予定表でした。
先日は、会合のお誘いの手紙がポストに入っていました(見たくないけど・・・)
今は、婦人部総会と言って、s会に、協力的になってもらおうという、
お誘い月間なんです。
だから、みんな、友達をお茶会に誘ったり、会合に連れ出してみたりと
結構、大変なんです。

まだ、完全脱会まで行き着いていない私なんで、
何人の人をお誘いして、勧誘できたか、報告をしろということなんですね。


し・ま・せ・ん

こんなこと、ここに、書いていいのやら、と思いながら、
どこかに、吐き出したいのでした。笑


メールを送ってみた

携帯から、必死こいて、職場の彼女にメールを送ってみた(汗;

かなり時間が過ぎた夕方、明日から、頑張りますと返事がきていた。

良い方にむかいますように!

がんばれよ~!

++++++++++++

エッギーさん、コメントありがとう。
そして、ディクシーちゃんの12才のお誕生日、おめでとうです^^
闘病しながらの、12歳、普通に生きるより、大変なことも多いけれど、
ほんとに、ほんとに、良かったなあって、嬉しいです^^
おめでと~!!!

++++++++++++

今日は、犬の掲示板に、新年のコメントしようと思っていたのだけれど、
どうも、午前中の彼女へのメールに力を入れたので、気力が、残ってません(悲)
体力が、ほんとに、落ちてます。
仕事が、もう少し落ち着けば・・・と、願いながら...

ルビーさん、モモママさん、エッギーさん、ごめんなさい~。


でも、おかげさまで、夫と息子とで、温泉行ってきましたよ。
娘は、学校と部活なので、お預けです。
昼間だったので、空いていて、助かりました。
天然温泉のお湯って、やわらかくて、いいですねえ。
ついでに、体重を計って参りました(笑)
また、減ってました。いいのか、悪いのか。
結構、しっかり、食べているんですけどね。

最近、万歩計を着けて、仕事に出てみたら、なんと、一万歩以上ありました。
健康的では、あるんでしょう。
ただ、基礎体力が無いので、疲れが持ち越しになってます。
それと、ストレス100%も、ねえ。。。

早めに、寝ま~す。

今日から学校

娘は、今日から、課外が始まりました。
日ごろは、部活に学校にと、目一杯頑張っている娘なので、少ない休みが、
なんだか、気の毒に思えます。
部活も、今年は、最後のコンクール出場。
そして・・・受験~。
高校の3年間は、早いものだなあと、感慨深く思います。
今朝は、あわただしく、出かけていきました。
お弁当には、松竹梅のカマボコ、いれちゃいました(ぷぷっ^^)


昨日、「のだめカンタービレ」の、Wii版を、子どもたちが、やっていました。
一緒にやりすぎて、肩が・・・痛いです。
年末から、家族で、大富豪が、白熱したり、寝不足もたたり、昨日の朝は、寝坊してしまって、ぎりぎりすべりこみセーフの出勤でした。

仕事といえば、とうとう、彼女・・・リーダーにも、私が苦言したことと同じことを、こんこんとおしかりを受けたようです。
気になるのは、リーダーが「いろいろな人から、言われたと思うけど」と前置きしたとき、「いいえ、言われてません」と、答えたそうな。
????お~い、理解できていないのか・・・

そのお叱りの後、たまたま、売り場で、大あくびをリーダーに見られて、「今日は、帰っていいよ」と、リーダーの怒りゲージが、高まった。
彼女、どうして、帰っていいよと言われたのか、さっぱりわからない風で、帰っていったそうです。
けど・・・ここは、言わなければわからないだろうな。
ただ、自分が、いじめを受けていると、勘違いするんじゃないだろうかとか・・・思いながら・・・

そして、彼女は、聞くべきだったろうと思う。
「どうして、帰っていいんですか?何か、まずいことしましたか?」と。


微妙に思うんだなあ・・・

個人的であれば、こんな嫌なことを言わなくて、いいところだけで、付き合っていけるだろうし、愚痴も聞いてあげられるだろうし、悩みも聞けるだろう。でも、「仕事」となると、そうはいかないところが・・・。

私が、学校を卒業して、働き始めたころ、一年くらいは、電話取るのが、怖かったり、敬語がうまく使えなかったり、人間関係で、めんくらったり、仕事覚えられなくて、落ち込んだり、ミスが多かったり、そりゃあ、あったものです。
そう思えばね、理解もできるんだけどね。
難しいねえ、職場のモチベーションアップってさ。
こっそり、メール打ってみようか・・・う~ん。

今日は、仕事はお休みなので、さっさと掃除をすませて、温泉いきま~す!

りらっくす、リセットっおおぉぉ!。

こういうとこ、息子の書く文章に似てるんだろうなあと、思ったりする(笑)


仕事にて

今日から、仕事でした。

仕事の最後に、新人一ヶ月になる、バイトさんを、怒ってしまいました。
あまりに、他のバイトさんたちからの、彼女に対する苦情が多すぎること、
ミスが多すぎること。。。仕事が遅いことが気になって、二人きりになったところを見計らって、苦言を申しました。
ミスが多いのは、個人差もあり、しょうがないこと。
それは、いい。
私だって、たくさん勘違いもするし、ミスもする。
仕事が遅いことも、慣れの問題だから、これも、いい。

でも、先輩に聞けばいいことを、自己判断が多すぎて、かえって、大変にしてしまうこと。
仕事も、まわりに、教えてもらって、習えば、これから、もっと、早くなるだろうと思うけれど、自分流でやってしまって、習おうとしない。。。

気になりつつ、出来るだけ、目の端にいれて、フォローをしてきたのですが、私にも私の仕事があるので、限界がある。
こちらの言っていることを、理解しているのか、していないのか、よくわからない。。。
今日の仕事のことについても、チームワークのことでの、苦言でした。

今、自分が、どう動けばいいか、わからないなら、聞いて欲しい。
わからないのは、当たり前なのだから・・・

次第に、学生バイトさんたちにも、あきれた顔をされるように、なってきたのも気になっていた。

まずいな・・・。

このままじゃ、見捨てられるなあと・・・
わかっていないのは、本人だけのようだ。


もし、我が家の子どもたちが、バイトをするようになったり、就職したら、こうやって、誰かのお世話になったり、社会人として、育ててもらうだろう。

そう思うと、彼女を、育てていきたいし、育って欲しいと思うのだ。

お金をもらう、ということは、働きに対しての、対価。
「働き」というのは、会社が求めている、働き。
自分のきままな、働きではない、ってことだ。
そして、自社の製品を媒介にして、ひとりひとりが、お客へ、売り込む。

そのためには、ひとり、はずれた動きをしては、チームワークと仕事の流れが、乱れる。
ある程度、「場を読む」という力が、必要かもしれないなあ。
私もそうだったけど、対人関係の経験値の低さがあるのなら、経験を積むしかない。
一生懸命な人を、見捨てる人は、いないもの。

売り場においては、スタッフ同士の言葉にならない、仲間意識のつながりがあります。
それが、うまくいっている時は、店の雰囲気が、格段に、いいものになります。
バックヤードにおいては、コミュニケーション、大事ですねえ。

そうそう、5日から、新しいパートさんが、一人、入ってきます。
もっと、欲しいよ~。あと、5人くらい!(笑)

あけまして、おめでとう!!

あけ、おめ!

寒いお正月になりましたね~。


朝起きると、うっすらと、雪が積もっていました。


息子は、正月早々、友達の家へ、遊びに行ってしまいました。

店も今日は、休みで、ゆっくりしようと・・・

でも、隣で、娘が、「買い物連れて行って~」と、ビームを出しています。


ううっ。。。



今年は、どんな年になるのだろう。

朝来た、年賀状をながめながら、

いろんな思いが、かけめぐっています。


今年は、年賀状は、書きませんでした。

いや、書く時間が無かったというのが、ほんとのところです。

義理ではなく、本当に書きたいと思ったところにだけ、数枚、

先ほど、お返事、書きました。


10年間、義理だけで、つながっていた、しがらみを、

一度、クリアにしたいという気持ちもありました。

今年の方向性を、確認しながらのお正月でした。



 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

BGM


BGMを停止したい方は、左上部ブルーの○ボタンを押してね

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

04  01  12  11  03  11  05  07  04  11  09  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん