author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
大切なことは、行為・・・ではないのだ。
2009-01-20 Tue 21:15
もし、「世界平和」を望みながら、家庭の平安を望みながら、
その言葉を、口にしながら、
自分の中に、争う心が、あっては、その「平和」には、意味がない。

「争う心」・・・

嫉妬・圧力・優越感・劣等感・コントロール・憎悪・恨み・共依存・・・・等々。


良き行為に見えるものの先に、
その根源の「想い」が、何から出ているのか、
よくよく、見つめることが、大切かもしれない。


不登校の親子の対応の仕方に、
子どもより先に口出しをしない
子どもを否定しない、
そのままの子どもを受け入れる、というものがあるけれど、
なかなか、それは、体験的にも、難しい事だと実感する。

しかし、これらは、結局のところ、「行為」にしか、過ぎない。
これで、ある程度のところまで、親子関係は、
良好になるのだけれど。。。

人が行動を起こしたり、口にしたりする言葉には、
必ず、その行動や、言葉に、その人の「思う」背景があり、
その人物を良きにしろ、悪きにしろ、今まで支えてきた
思考が必ずあると、私は思うのだ。

不登校というものは、
バケツリレーのようなもので、
世代間の悪連鎖が、祖母→母→子供と
つながっているにすぎない。
下に行くほど、バケツは、重くなるのだ。

抱えたバケツを、
「もう、持てないよ・・・」と、
床に置いたのが、不登校や、引きこもりという形で、
表現されるのだろうと、感じる。

もちろん、いじめ、学校が合わないという理由も
あるにはあるのだけれど、
不登校を抱える家族は、おおむね、子どもと親の関係が、
すれ違っていることが多く見られるのも事実。
親は、子供のすべてをわかっているつもり。
子どもは、親が自分を理解していないと感じている。
そんな感じ。。。
熟年離婚に似て、突然、三行半を突き付けられた、
夫に、似ている。


話、それたね・・・


親が、つい、言いなれた言葉と行為を、繰り返し、
子供が、それ以上に疲弊することを、応急的に止めることが、
先決になるために、
見ざる、言わざる、を、大抵の専門家はすすめる。
私も、とりあえず、それを、すすめている。

それは、あくまで、とりあえず、なのだ。


最終的には、
「なぜ、わたしは、『学校は?』『明日は?』『将来どうするの?』等の
これらの言葉を、子供に言ってしまうのか?」
と、そこに、行きついて欲しい。

そこからが、バケツリレーの
最終地点への道なのだから。


私の場合、なぜ、言ってしまうのか?

それは、自分が、そのように、育てられてきたからだ。
圧力をかけられ、自立を阻み、将来の結婚相手すら、
親が決めそうで(笑)、
親のために、いい子であった。

その呪縛が、この年齢になっても、なお、解けなくて、
親を恨みながら、そして、愛しながらも、
私自身の子どもの自由に生きる権利を、
奪いたくてしょうがなかった。
子どもの人生に、乗っかったわけだ。
親としての、評価が欲しかった。

子どもが、私より、自由に生きるなんて、許せなかった。

その根源の、とどのつまりは、嫉妬である。
「心配する」という、甘美な言葉で、
子どもを、心配し、支配しようとしていた。

面白いことに、これらは、意識してされていたわけじゃない。

私も最初は、「行為」だった。
言わないようにしようと、「努力」した。

しかし、突き上げるような気持ちが、結局、余計な言葉を言わせるのだ。
これは、もう、どう、止めようもなかった。
だから、「また、言ってしまった」と、落ち込むことも、多かった不登校一年目だった。

なぜ、言うのか?

どんな、良き行為や慈善も、その根源の、「想い」が、何か・・・・
結局は、子どもの問題に、見えて、自分に帰着するのだった。
目に見える、問題に振り回されないよう。
1番の問題は、見えない問題の方が、もっともっと、大きいのだ。


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・゚+。.:*・゚

白隠禅師の話をひとつ。

ある日、老人の禅師のもとに、役人が来て
「この娘の生んだ子はおまえの子だと言っているが、本当か?」
禅師「あ~、そう」

そして、禅師は、その子を一年間、慈愛をこめて、育てた。
1年たって、娘がやってきて、
実は、その子は、自分の好きな人の子で、
好きな人が罪に問われるので、
あなたの子だと、つい、言ってしまった。

でも、私は、その子が、わすれられません。
子どもを返してください。と。

禅師は、「あ~、そう」

そう言って、慈しんで育てた子どもを、あっさり、
娘に渡した。


禅師にも、心の動きがあったろう。
けれど、彼には、罪になろうが、
赤ん坊が、誰の手にわたろうが、
「今」という時を、そのままに、
執着を切り捨てている。

それほどの、悟りは、私には、必要ないけれど、
年をもっと、もっと、とったら、
そうなりたいものだと、密やかに思うのだった。










スポンサーサイト
別窓 | 不登校を考える | コメント:2 | トラックバック:0
期待する
2009-01-15 Thu 19:18
子どもに対して、「こうなって欲しい」と思うこと・・・

元気で、学校へ行く
そして、友達も多く、明るく、リーダー的な存在。
お勉強も、よくできて、先生のお気に入り。
親の私は、「それほどでも~」と、言いながら、
かなり、嬉しい。

親が、忙しそうにしていたら、
さっと、気がついて、手伝ってくれる。
自分からすすんで、宿題もし、
お風呂にも、時間を見計らって、親が言わなくても入る。
登校の準備も、おこたりなく、
ハンカチ、筆箱、教科書の準備を、必ず、確認する。
ゲームや、テレビは、息抜き程度で、それほど、しない。


な~んてさ、う~ん、う~ん、そんな子、いるのか?(笑)


まるで、ロボットじゃん。



でも、子供が小学校のころ、
私、こういう子を、子供に、望んでいたんだよね。


いつから変わったんだろう。

私が、子供だったら、こんな、ロボット子どもは、まっぴらごめんだ。
ごろ寝して、ポテチ食べたいし、
な~にもしなくて、コタツでみかん食べて、ほくほくしていたし、
方づけは、したくないし
親と、にこにこ、冗談言って、笑い合いたいし、
友達と、道草したり、長電話したいし、
宿題も、したくないし(笑)


そう気づかしてくれたのは、
やはり、不登校経験です。

期待は、人にするものではありませぬ。
自分が動くことから、始まるのですよね。
別窓 | 不登校を考える | コメント:5 | トラックバック:0
フレッ○光開通
2009-01-13 Tue 23:29
今日から、ADSLから、光になりました。
プロバイダも、乗り換えになりました。

無線ランの設定が、わけわかめ。
昔は、全部自分でやったものですが、
最近は、すっかり、息子に任せっきりだったので、
もう、頭がついていきません。
パソコン設定は、自分でやったものの、
無線ランの設定は、
結局、息子にやってもらいました(^^;

問題は、プロバイダ乗り換えによる、ジオシティの犬のHP。
とりあえず、月額320円ほどで、メール機能と、HPを残し、
徐々に、HPを無料の場所に、移転するしかないようです。

移転自体は、そう、時間がかかることではないのですが、
リンクの移動がねえ~。

HPを作った当時は、
ブログは、あまり、ポピュラーじゃ無かったものね。
時代は、どんどん、進化してます。

あと、○フーの、フリーメールのブリーフケースや、フォトサービスも、2月で、無くなるとか。

フリーメールのブリーフケースの方は、もう、移転する気力もない。
2月には、自然消滅の道でしょう。


ADSLと、光とを比べると、普通にネットやる分は
大して違いはないのですが、
動画は、早い!
今まで、ロードが追い付かず、途中で止まっていた動画が
さくさく、あっと言う間にロード完了です。

すごいじょ、ひかり!

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・゚+。.:*・゚

今日、仕事は、久々の完全休みでした。
忙しくしている時は、わからないものですが、
休みになると、自分がどんなに疲れていたか、
体感します。

よく、寝ました、はい。
10時間は、寝ましたよ。
その上、昼寝までしちゃいました。

やっぱ、ぼ~っとするのは、いいなあ~。

その上、「メイちゃんの執事」を見て、
原作のイメージとなんか、ちゃうぞ、メイちゃんと
突っ込み話を、娘として、
とろとろとした、とろける時間を過ごしました。

会社の友人の結婚式があった夫は、
週末、帰宅していましたけど、
昨日、広島へ。

いつも、気になるのだけれど、
広島へ行くとき、
「じゃあ、あとは、よろしくね」と、
いつも、言い残していく夫・・・。

私は、はたと引っかかる。
一体、何を、よろしくされたのか??と。

私は、夫から、何かを、お願いされたのだろうか??

家族のことをよろしくという意味だろうと、想像するのだが、
家族って、よろしくされるようなものなのだろうか?

それとも、猫の世話だろうか?

それとも、ちゃんと、家事をしろということだろうか?

それとも、ちゃんと、毎週水曜日と土曜日は、
ゴミを出せってことだろうか?

それとも・・・?????

私の疑問符は、限りなく続くのであった。

子どもたちに聞いたら、

なにも、よろしく頼まれるようなことは無いけどと、
笑っていた。

そんなに、不安ですか?

自分の存在不安を隠すために、人の心配をするふりなんかしなくていい。

不安を私に丸投げしないでほしい。
人を道具のように扱うことも、しないでいい。

効果は、もう、すでにありません。

子供たちでさえ、もう、それがわかっている。

いや、最初に気づいたのは、私よりも、おそらく、息子だろうか。

気づかないでいれば、幸せだっただろうか・・・。

そんなことは、無い。

そして、気づいてしまったら、もう、後には、戻れない。

最近、夫ネタ多いなあ~。

分かりやすいからねえ(笑)

でもね、自分と向き合うのは、ものすごいエネルギーと
覚悟が必要なことも確か。

知らぬも、知るも、その人次第。

でも、決して、知らないから、ダメってわけじゃない。

みんな、それぞれ、自分の人生、一生懸命生きているんだから。

でも、知らないより、知っていた方がいいかもしれないね。

こんな、小さな言葉だけど、言葉のひとつひとつに、

その人の思考と、傾向性が見える。

不登校の子、引きこもりの子たちの、
気持ちがわからないなら、まずは、
自分の言葉の点検から、おすすめします。

これを、このタイミングで自分が言われたら、
どんな気持ちになるだろうか?
と、想像してみるのもいいかもしれません。
普段の言葉の点検は、大事です。

と、口の悪い私が、言うのも、なんですけど(笑)

言葉って、基本、どんな気持ちで言ったかに、
尽きますね。

いらいらしながら、
ささくれながら、
怒りを隠しながら、
期待をこめながら、
「こうだったらいいのに」
そういう気持ちは、
自分が思う以上に、相手に伝わっています。

別窓 | 日々徒然
信頼すること
2009-01-10 Sat 21:37
大好きなコミュの、大好きなお話を、のっけます。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=34940101&comment_count=54&comm_id=753938

上の話のように、すんなりと、進める人は、
現実には、あまり、いないと、思いますけれど、
不登校の場合、このお話に似た道程を、たどられる方も、
多い気がします。


私の仕事は、ただの店員ですが、
チーム力が、かなり、要求される仕事です。

チームが、うまく、運営されれば、
一人ひとりの、仕事へのモチベーションが上がるけれど、
そうでなかったら、
あっちで、不協和音、こっちで、トラブルって(汗;
そんな、悪循環に、陥りがちです。

総勢23名、大学生から、50代まで、
年齢も様々で、いろいろな人がおりますけれど、
自己肯定感と、心の安定を持っている人は、
強いなあと、しみじみ思います。

これは、なんとなく。。。ですが、
親から、抑えつけられて育てられた人は、
いつも、誰かを攻撃したがります。
反対に、放置されて育った感じの人は、
一見独立心がありそうで、
強そうなのですが、
人を基本的に信頼していないので、
ひとりで抱え込んで、崩れてしまい
助けようとしても、なかなか、内側に入り込めません。

親の顔色をうかがって育った感じの人は、
人の意見に、カメレオンのように、
流され、言葉に一貫性がありません。

そんな感じを受けます。

また、ちなみに、長女は、甘え下手で、自分の感情を、
素直に、出せないのは、定番ですね。私もその類でしたけど^^;


そして、どちらにしても、
自己肯定感が、低いというところに、行きつきます。

人は攻撃したいけど、
自分は、嫌われたくない。

矛盾した、この内的葛藤・・・


私が、20代のころ、社会に出て、何が辛かったかというと、
仕事は、もちろん大変でしたが、
それ以上に、人を信頼できない、
そして、自分が嫌いという
嫌いづくしの、自分が、あぶりだされるのが、
きつくて、辛かったものです。

自己肯定が出来ないから、
人を攻撃したり、
自分を攻撃したり、しちゃうんですね。
自分を守るために。
鉄壁を作っちゃうのよね。

そういう事を考えたらねえ・・・、
我が家の、娘や息子、
自己肯定感を、う~んと、う~んと、
育てていって欲しいと願うばかりです。

自己肯定感さえあれば、
どんな時でも、どんな場所でも、どんな辛いことでも、
親がいなくても、生きていく間に起こる問題を、
乗り越える支えに、なると、
ほんとに、実感する昨今。

そして、自分を信頼できるという人は、
人も、信頼できるんですね。

相手が、いい人とか、悪い人とか、
そういう区別なく、
人として、無条件に、信頼できるんですね。

もちろん、知恵も必要ですよ。

誰でも彼でも、信頼して、詐欺にあっちゃね(笑)



「自分を信頼できる」こと。
それには、学歴とか、資格とか、
全く関係ない話ですね。


私、今、仕事で手一杯ですが、
それを、静かに見守るもう一人の私を感じます。

このような仕事の経験を通して、私は、何を学び、
何を得、何を手放すべきか、
人間関係により、よく、見えてきます。

棚卸し、28日まで、あと、18日。
たぶん、がんばりません^^
何もかも、楽しみます。

別窓 | AC関連
新学期
2009-01-08 Thu 01:17
いよいよ、今日から、新学期ですね。

冬休みの間、学校へ行けない子たちは、

きっと、安心して、休めたことでしょう。

でも、いよいよ・・・

そう思うと、一気に気持は、奈落へ向うでしょうね・・・。


新学期こそ・・・

親御さんたち、かすかな期待をしちゃうかな。

でもね、心の回復に、期限は、無いのですよ。

その子が、「もう、大丈夫」って、

自分で思わなくちゃ、回復には、ならないんです。


大人は、社会で働いていると、

どうしても、「○○日までに、~しなきゃ」という

感じで、働いていますけれど、

それは、ノルマで、あって、

唯物的思考であって、

人間の気持ちは、このようなロボットみたいには、

なかなか、なりません。

ってか、ならないんです。


その思考で、1才までに、おむつを外しましょう、

3歳で、ひらがな読めるように、

6歳までに、~

という、教育ノルマが、世間には、山ほどはびこっています。

ノルマに毒されないよう、気をつけましょうね~。


子育ては、心を育てているんですから。


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・゚+。.:*・゚

↑大急ぎで書いた記事ですが、

先ほど夜だけ2時間、仕事して、
11時ごろ、帰宅したばかり(汗;
大急ぎでお風呂に入って。。。書いてます。


ねむいです・・・

寝ます。。。


私信)
eggiさん、ブログ、ご紹介、ありがとうございました。
感謝。
いつか、わんことからめて、ちゃんとした記事、書いてみたいと
思いつつ、先延ばししてます。

いつか・・・ね。

別窓 | 不登校を考える
「腹黒い」気持ち
2009-01-05 Mon 22:05
息子が、最近、冗談まじりに、

「最近、性格が悪くなってきた~。自分、腹黒いんねん」と
のたまうのでした。

そりゃ、いいことだなと、思いました。


息子を含め、我が家族は、これまで、
完璧に、良い人を、基準に物事を思考していましたから。

良い人を基準にしたら、悪い感情は、否定しなきゃ
いけないんですね。

そして、負の感情を、持ったらいけない、という
禁止令に、洗脳されていくのです。

いつも、元気で明るく、明朗、さわやか、
清純で、人を助け・・・云々・・・


もちろん、私自身もです。



でも、人間は、いい感情だけでは、できていないのですよね。

過去をベースに生きている限り、

無理。絶対無理。

ここが、生きづらい人たちの、
大きな勘違いの原点では、ないかなあと、
自分を振り返り、思ったりする。

いい感情も、悪いと思われる感情も、
どちらも、自分。
否定することは、無いのですね。

私自身も、昨年は、自分の負の感情を、
まざまざと、見せつけられた年でした。

現実生活に、リアルタイムに、怒りや、悲しみや、
その他、もろもろの一般的に悪い感情と言われるものが、
瞬時にして、出てくるようになりました。

私自身。。。「私って、どんどん性格悪くなってないか~?」と、
時々思ったものでした。

でも、思い返したのです。




これで、いいのだ!


今までの生き方は、負の感情は、押し込めなきゃいけない、
感じちゃいけないと、禁止令を自分に強いていたため、
無意識層に、怒りをため込んでしまって、うん十年・・・。

その挙句、自分でわからないうちに、スイッチが
と~んでもないところで、入り
怒りがむくむくと湧き上がり、、
方向違いに、感情を出すはめになっていた。

そして、そういう、これまでの、感情の処理のメカニズムを、
理解して、感情の吐き出しをやってきた、ここ数年。


それらを踏まえて思うのは、
ダイレクトに、感情が湧くということは、
健全な証拠なんだよねと思う。

そうそう、私、腹黒いのですよ(笑)

そこで、大事にしていることは、
腹黒さに、巻き込まれないってことでしょうね。

感じた感情は、味わい尽くして、
ぽいっと手放す。

執着しない。

いつまでも、感情にしがみついていない。

それだけなんだろうと、思います。


これは、嬉しいことも、同じことです。

どんな感情も、しがみつき、執着したら、
腐ってきますねえ。


感じて、水に流すのがいいね。

がんばって、こんなの感じちゃいけない、
と、打ち消す必要もない。
打ち消すことに、執着して、
出来ない自分を責めることもない。

おまえも、がんばってるな、と、健気な自分をほめてやる。

それで、いいんだと思います。


息子が、今、感じている負の感情は、
感情にフタをせず、そのまま、ストレートに、
感じている証だなあと、思いました。


それで、いいのだ!


君は、完璧だよ、まったく。
いつも、驚かされてばかりだ。

今や、息子は、私の良き、アドバイザーと
なっている気がします。

別窓 | AC関連
明けましておめでとうございます
2009-01-04 Sun 22:56
遅ればせながら、


明けましておめでとうございます。

旧年中は、大変お世話になりました。

また、今年も、よろしくお願いいたします。


まずは、近況報告から。

バイト中の息子、明日が、最終日となりました。

同じバイトのおばちゃんに、とても、可愛がってもらっていたようです。

数年前まで、引きこもりの息子とは、思えない。

重ねて思うこと。

自分の中の心のゴミを捨て、整理すれば、自己肯定感が、

ちゃんと、育ってくるのだね。

生きていけるんだねえ。(しみじみ)

わかっちゃいるけど、実物をリアルに見ると、確信が深まります。

引きこもり、不登校は、

「こんな自分は、ほんとの自分じゃない」って、そういう、心のサインですね。


息子のお陰で、家族が楽になりました。

約一名、なんだか、出遅れて、何がどうなっているのか分からずにいる、

夫がいますけど(笑)

でも、妻が、そうしろというから、それに気圧されて、

従ってみたら、いつのまにか、家族が、ゆるやかになっている。

でも、自分の中にある、依存したい、ほめられたい、認められたい、

「おれを、見ろ!」は、どこへ持っていけばいいんだろう。

妻は、もう、持ってくれそうもないし(持たそうとしても、蹴落されるし)

しょうがないから、家族の周辺を、うろうろしているしかない。

オレの存在価値って、なんだろう、と、夫は、考えるのだろう。

いや、会社がある。

仕事が、オレを支えてくれる。


家族の周辺をうろつきながら、

きっと、仕事が、彼を支えるアイデンティティになっているのだろう。

だから、今、仕事がある以上、それ以上には、思考が深まらない。

忙しい。

仕事は、思考を停止させてくれる。
(今、私自身が、仕事をしているので、この感じは、よく、わかる)

自分の中の自尊心は、仕事で埋めていく。

仕事で埋められた、偽物の自尊心は、家族をさらに、遠く感じさせる。


たぶん、私には、よくわからない感覚だ。

危機感が、夫と、私では、かなり、違うようなのだから、しょうがない。


   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○


子どもたちは、最近は、うるさく言わなくなった夫にさえ、

一緒にいると、息が詰まると言う。

わかる気がする。

彼は、まとわりつくような、真綿のようだ。


単身赴任して、たまに、帰宅したら、前より、明瞭に分かるようになった。

彼は、共依存者で、ゲームをしたがっている。

もちろん、夫に自覚はない。

それが、やっかいだ。

彼が、ゲームをしかけてくる限り、私は、彼に、不必要に近づかない。

共依存者には、興味がない。


長い、長い時間をかけて、「家族」と格闘してきて、、

やっと、やっと、自分を取り戻したのだ。

大切な自分を他人に、ディスカウントされるつもりもない。


彼にそれが、わかる日がくるだろうかなあ。

彼に、仕事がある限り、無理だろうなあ。

きっと、仕事がなくても、仕事を作るだろう。

別に、それが、悲しいわけではないのね。

あまり、感慨が無いのでした。なんでだろう??

夫に対して、こうして欲しいというのも、無いのね。

あなたは、あなたの道を。私は、私の道を。

今は、それでいい。淡々としてますな~(笑)


   .。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・゚+。.:*・゚


さて。。。今月、職場のお店が、棚卸しです。

それで、スタッフ、てんてこまいしてます。

1月は、いつもより、休みも、少なく、残業も多い。

不本意だけど、訳あって、今月は、仕事に、気力を集中させたいと思います。

しばらく、コメント閉じます。

追伸:大事なこと、忘れちゃた~。
   初詣で、宮地嶽神社で、おみくじ引いたら
   だ・い・き・ち!!でした。

昨年、どんなに、何回、引いても、小さい吉(笑)しか当たんなかったのよね。

今年は、いけいけ!で、行きまっす(^^)


別窓 | 日々徒然
| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。