author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
「気づき」だけでは、進めない
2010-05-27 Thu 08:02
苦しい時、迷っている時・・・、その時間が長ければ長いほど、

「わ~、これだ~!」って思えるような「気づき」を得たその瞬間、

目の前に、明るい未来が、ぱ~って広がっていくように感じますよね~。

しかし、ここに一つの大きな、落とし穴があった気がします。
(過去振り返り中)・・・遠い目○o。(=_=)

かつて、あれだけの本を読み、あれだけのネット情報を集め、
たくさんの講演会を聞いて、気づきが確かに深まったはずなのに、
なぜか、現状は、ちっとも変わらない・・・
なぜだ~??って感じですね。


振り返って思うのです。


あの頃の、私の過去の「気づき」は、知識だったと。

気づくことだけに、満足してしまい、わかったつもりになり

何となく前に進んでいるような錯覚に陥っていた時期が


それはそれは、長~い時間、続いたと思います。錯覚なので、当然、現実に直結はしません。

          そして、次第に行き詰まる。

               ↓

             気づきを探す。

               ↓

              復活する

               ↓

             また行き詰る (一番上に戻る↑)


このぐるぐるは、繰り返すうちに、だんだんと感覚が麻痺してくるのですね。

だって、この「気づき」って、麻薬みたいな快感がするのですよね~。

     いや、麻薬は使ったことないですけど^^;

しかし、知識としての「気づき」、わかったつもりの「気づき」は、

何度繰り返しても、前には、進めません。(←これは、経験上、確かです)

砂浜にはまった、車みたいです。

今、ふり返って思うこと、当時は・・・私、「気づき」に酔っておりました(笑)

          と、ここで偉そうに過去を告白して、終わっちゃ身も蓋もないので(汗;

では、本当の「気づき」って一体どんなものなの?


私は、「気づき」とは、「心の体験」なのではないかと感じています


この「体験」としての「気づき」は、


心を揺さぶられると同時に、ハートにしっかりと刻まれます。

     心の体験なので、本や文章だけでは到底伝えられないものです



それが「個人の体験」として

大切な宝物になっていくのでしょうね

大きな気づき、小さな気づき、

絡み合うように現実を変えていく力になっていくのだろうと感じます



私は、きっと、この本物の気づきの体験を、誰かに伝えたくて、
そして、その瞬間を誰かと共有したくて、
カウンセリングチャットの旅を続けているのでしょうね
そんな気がします
スポンサーサイト
別窓 | 回復のやじるし | コメント:14 | トラックバック:0
苦しみと違和感
2010-05-26 Wed 08:00
苦しみや、違和感っていうのは、

何かが、歪んでいるから感じるんだよね。

結局、困っているのが相手じゃなくって自分であったなら

それは、

「変わったほうが、楽になるよ」っていう、ギフトなのかもしれないね。


ある時は、相手が悪の権化に見える時もあるだろうけれど、

「心の方向が違いますよ」って、自分に教えてくれる方位磁石。

だから、苦しみや違和感って、

そんなに悪いものでもないのかもしれないね。


最近、どこかで聞いたよ。

不登校は、10年積立金って(笑)

いや~、10年ってもんじゃなかったけれどね、うちは。

20年くらい、積立金してきたんじゃないかな(笑)

別窓 | 回復のやじるし | コメント:8 | トラックバック:0
(Ο_◇_)Ο ゴンッ
2010-05-23 Sun 11:19
仕事用ノートPC(XP)が、ご昇天なさいました気配・・・(ノ_・、)シクシク

数日前から、不穏な感じでしたが、

涙、涙。


その後の顛末記

http://emptinessheart.blog29.fc2.com/blog-entry-28.html

しくったね、フンッ!(ノ ̄^ ̄)ノ ┳┳ ┣ ┻┻ ┫ ┳┳


(って、おまえが、一番大受けしてただろ)
別窓 | 日々徒然 | コメント:6 | トラックバック:0
待っててね【子供たちへ】
2010-05-21 Fri 02:29
子どもに、問題を持つ親御さんと関わるようになって、一年あまり過ぎた。

必死の親御さんの後ろには、青ざめた顔をした子どもたちが見える。

親御さんとのカウンセリングは、

一回一回が、戦いの場。

不本意ながら「撃沈」という言葉を使われることもある。

それでも、親御さんの後ろにいる子どもたちに、

「待っててね、少しでも君たちが、楽になるように頑張るからね」

そう心で願いながら、カウンセリングにのぞむ。

渾身の言葉で、

立ちすくんだ君たちに少しでも暖かさが届くように。


小学校であるならば、中学はいけたらいいな。

中学校であるならば、高校にいけたらいいな。

高校であるならば、思いのままに、自分の道を選択できるように。

そう思う。

学校がすべてではないけれど、

「行きたいのに、行けない」

が、いつの間には、あきらめと失望と恐怖で立ちすくみ、

「行きたくない」に変わったこと。


その再生ができるのは、お母さんしかいないのだから。


「待ってて」

一刻も早く・・・。

「待ってて」

その想いが、いつか君に届きますように。

別窓 | カウンセリングルーム便り | コメント:2 | トラックバック:0
うさみみライダー【絵本】
2010-05-19 Wed 13:47

うさみみライダー
 
mikiehon-1.jpg

mikiehon-2.jpg

mikiehon-3.jpg

mikiehon-4.jpg

mikiehon-5.jpg

mikiehon-6.jpg

mikiehon-7.jpg

mikiehon-8.jpg

mikiehon-9.jpg

mikiehon-10.jpg

mikiehon-11.jpg

mikiehon-12.jpg

mikiehon-13.jpg

mikiehon-14ー1


今年20歳になる、子ども発達学科在籍中の娘が授業で作った手作りの絵本です。
記念に載せてみました。

ハンドルネームは

「鈴羽」(すずは)です。(よみがなを付けてとの、たっての希望)

彼女の中のイメージを、引き出し、膨らませて下さった○さん、
ありがとうございました。感謝


人の自立の在り方を、見るような、そんな絵本だと、感じます。
別窓 | 本の紹介 | コメント:6 | トラックバック:0
おすすめ動画
2010-05-17 Mon 18:02






いや~、こんな動画、のせちゃていいんでしょうか~^^;

息子さん、おすすめっす。ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
子どもたちって、こんなの見てるのね。

これで、終わっちゃ、やっぱダメな気がするので、

 最後に「誕生」中島 みゆき です。
 今、頑張ってる方々へ 贈ります。

別窓 | おすすめ動画 | コメント:5 | トラックバック:0
欠陥商品
2010-05-08 Sat 20:23
5年前、私は、自分のことを、ブログでそう書いた。

久々にその感覚を思い出しました。



何かが、自分の中には、欠けている。

人間として、大切な何かが欠落している。


ずっと、そう感じていた。

人の喜びを、自分の喜びとも思えず、

人の悲しみに共感することもできず、

子どもに、愛情を示すこともできず、

友達を友達とも思えず、

親から、冷たい子と言われ、



そんな・・・心の空洞を・・・欠陥商品と自分をあざ笑った。





欠陥商品とブログで自分を表現したとき、

どこの誰ともしれない通りすがりの人に

ひどく怒られた。


あのとき、そのコメントを見て

怒りがこみあげた。


「あんたなんかに、私の気持ちがわかるわけがない!」



それは、私をずっと支えてきた、

人をせせら笑う、ねじれたプライド。






しかし、その言葉は、ずっと、私の中に残っていた。


「あなたは、欠陥商品なんかじゃない!

そんなことを言っては、いけない!」


その通りでしたね(笑)

私は、欠陥商品ではなかったですよ、名無しさん。


心を閉ざしていたのは、私の方でした。


それは、今は、ない。。。

というより、別のもので十分に満たされていると

言ってもいいかもしれない。


皮肉なことに、

欲しい欲しいと思っている間は、

得られることがなかったもの。


掛け値なしに、与えたいと思ったときに、

空洞が埋まっていくのを感じた。



見ず知らずの人の言葉が、

怒りとともに、私の中で昇華されたのは、

それから3年後のことでした。
別窓 | AC関連 | コメント:10 | トラックバック:0
真っすぐに【不登校の君たちへ】
2010-05-05 Wed 11:30
このブログを書き始めた頃は、不登校のことを何も知らない親でした。

子供が不登校になり、必死で自分と向き合ってきた5年。

今、私は、不登校の子供を持つ親御さんとお話をしています。

そして、定期的に、このブログを覗いてくれている

不登校の子供さんたちの気配を感じます。




心が絡まって、動けなくなってしまったあなたの気持ち。

わかるよ、などと言い尽くされた軽い言葉は、使いません。

どうして、「学校へ、行けなくなったのか」と一番に知りたいのは、

あなた自身だものね。



私にわかることは、自分の子供の不登校を経験して、

あなたが、動きたくても動けなくって、

家族にも、本当のことを話せなくて

お母さんや、お父さんの視線や、ため息ひとつで

責められているような気持ちになって

受け止めてもらえない失望を

怒りに代えて、生きていること

それくらいは、わかるよ。



淡い期待を抱いて、

「明日は、きっと、私の気持ちをわかってもらえるかもしれない」

その思いも、お母さんの何気ない、たった一言で

打ち砕かれて粉々に散っていく崩壊を何度も経験したあなた。

そんな絶望を何度も味わってきたこと、知っているよ。


こんな悲しい世界は、消えてしまえ

そう思っていることも・・・


大人たちは、いつも残酷だね。

きれいな言葉で、あなたに足かせを付けていく。

足かせの先は、支配者が鎖を握っている。


そんな世界から、逃げろ、逃げろと、心が言う。

でも、逃げるところは、どこにもありゃしない。

せめて、二次元が安らぎ。

二次元世界は、やさしい。

空っぽの気持ちを必死で、埋めようと、二次元世界の扉を叩く。


二次元世界は、やさしいけれど、本当に欲しいものは、人のぬくもり・・・

人の温かさ、つながり。

そんなことは、知っているけど、

重ねられた裏切りが、心を臆病にする。






それでも・・・私は、いつかの日に「出ておいで」と

あなたに伝えたい。

まだ、学校しか知らないあなたに、わかってもらえるかどうか

わからないけれど、本当は、学校は、小さく狭い世界。


勉強だって、字と数字がわかればいい。

やりたくないのに、「やらなきゃ」と思わなくていい。

「あなたのやりたい気持ち」、を罪悪感なしで、大切に暖めてほしい。

誰が責めても、非難されても、自分の心は、自分で守ってほしい。


本当は、大人たちが、守らなきゃいけないはずの、あなたの心。

今、大人には、そんな力がなくなってしまった。

ごめんねと伝えたい。



なくなってしまったけれど、

心を取り戻すことのできた大人もいることを、

知っていてほしい。

そのことを、一生懸命伝えようとしている大人もいることを

覚えていてほしい。

そして、いつか・・・あなたが、そんな数少ない、大人に出会ってほしい。



それまで・・・


ネットで雑学を覚え、漢字の読み方を知り、

ハルヒで、本を読む楽しさを知り、

ひぐらしで、人の心の闇を知り、

ワンピースで、勇気と人を守ることを知り、

八雲で、人の心を読む楽しさを知る。

学校では得られないもの。

あなたが、1人で生きていけるまで、

うんと、力を付けておいて欲しい。


孤独であるかもしれない。。。

でも、人生は、絶望ばかりでもない。

人は、冷たいばかりでもない。

そのことを、心の片隅に置いておいて欲しいのです。



1人では、何もできないかもしれないけど。

でも、ほんの少しの勇気があれば、同じ想いの仲間を

見つけ出すことができるかもしれない。

願って、願って、願い続けたら、

あきらめなかったら、

きっと、出会える・・・。



そして、いつか、あなたが、そこから一歩を踏み出すときに・・・

もしも、心を取り戻した大人に出会ったなら、

よろしくと伝えてください。



えっ?心を取り戻した大人って、どんな人って?



あなたが、その時に心を開いていれば、すぐわかるよ。

あなたの瞳を、真っすぐに、見てくれる人だから。


別窓 | 不登校を考える | コメント:14 | トラックバック:0
カウンセリングについてのお知らせ
2010-05-04 Tue 17:08
カウンセリングルーム「あなたの心をまもりたい」
を開設して、1ヶ月が過ぎました。
早いですね~全力で、駆け抜けた1ヵ月でした
まだまだ、始まったばかりで、
いろいろ、不備なところも、多く
クライエント様には、ご迷惑もおかけしておりますが、
笑って許して頂けて感謝しております

遅ればせながらではありますが、
新規の方のために、カウンセリングの方法についての
お知らせを記しておきます。



☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡



当カウンセリングルームでは、
ヤフーメッセンジャー
を使用して、
文字チャット、ボイスチャットで
カウンセリングを行っております。

ヤフーメッセンジャーのダウンロードは、
下記より、お願いいたします↓↓↓

http://messenger.yahoo.co.jp/(無料)


ダウンロードが終わりましたら、
メールにて、クライエント様のIDをお知らせください。
こちらで、登録をさせて頂きます。


現在、1回のカウンセリングに、大体、2~3時間かけております。
クライエント様の状態によって、時間数は、多少変動いたします。
基本的には、臨機応変に対応していますので、
ご希望がありましたら、お申し付けつけくださいませ。
クライエント様のご満足を一番に優先していこうと思います。


例:「今日は、2時間でお願いします」
  「今日は、3時間で」と、
   事前にお伝え下さると、助かります。 


なお、初回は、家族構成、成育歴、周辺の調査、
問題の明確化をさせて頂きますので
無料とさせて頂いております。



@料金は、HPの料金支払い法を参考にくださいね。

また、現在は、可能な限り、カウンセリングの補完として、
ご利用月に限定して、メールや、携帯メールによるフォローも
させて頂いております。


現在の料金は、恐らく、どこのカウンセリングルームよりも
低料金設定しております。
安かろう、悪かろう、どこかの100円ショップΣ( ̄ロ ̄)とは、
一味、違うことも、追記させて頂きます。

私たちの行っているカウンセリングは、
よくある付け焼刃の、方法論ではありません。
心理療法的要素が強く、方法(マニュアル)ではないので、
すぐには、実感がわかりにいかもしれません。
また、カウンセリングの効果が、いつ、どこで発動するのかもわかりません。
クライエントが、自発的に変わろうとする意志の力が、
その効果を、より一層、高めていくように感じます。
そのクライエントの「変わりたい」気持ちに、寄り添い、
応援していくことが、カウンセリングの役割であると思っています。


主体は、クライエントです。

私たちカウンセラーは、伴走者であり、水先案内人。


この、両輪がかみあって、はじめて、前に進める力になるのだろうと思いますよ。


カウンセラーのできること。

あなたの、「変わりたい」を応援することです。


変えてくださいは、神様でもないとできません(汗; ごめんなさい

これからも、全力を尽くしていきますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。


りんりん


【追記】

できましたら、カウンセリングをご希望の方は、
これまでの私のブログと
きんたろうさんのブログを
読みこんで頂くことで、カウンセリングの内容が
深みを増すのではないかと思います。

また、ご自身が、ご自分に向かい合う効果的なツールとして、
ブログを書くこともお薦めしております。


別窓 | カウンセリングルーム便り | コメント:2 | トラックバック:0
| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。