FC2ブログ

歩いていこう

author : rinrin

第2回メルマガ配信しました

          ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡✿ฺ ♡✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡  

        カウンセリングルームからのお知らせです。

          ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡✿ฺ ♡✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡
  

          お待たせ致しました~。
         
          本日、メルマガ2号を、メールで配信いたしました。

          一部の方に、件名なしで、送ってしまったので( ゚ω゚;)
                   (また、やっちまったよ)
                              
          メールフォルダーの中で、迷子にならないよう、どうぞ、お見逃しなく(*^_^*)


          もし、まだ、送られてきていませんよ~って方、申告してくださいね。
 
          

           *:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*                 
          
          
          @ただ今、予約が、いっぱい状態になっています。
           喜ばしいことなのか、そうでないのか、とても複雑でもあります。
           これからも、可能な限り、余裕をもって、おひとり、おひとりに、
           接していきたいと、思っておりますので、
           もうしわけございませんが、本日午後より、新規のお申し込みは、
           しばらく、休止させて頂きます。
           再開のめどが、つき次第、また、告知致します。
                                
                                りんりん
                          
 
            
          
             

カウンセリングルーム ”ana'koko"からのお知らせ

                            u-sizuku.gif
  


b-hato2-c.gif  ホームページ を更新しました。


     hana5-3.gif new!  カウンセリングのカリキュラムと効果の説明
        
        
                   b-sakura2-e.gif  カウンセリングを受けられた皆様へ     
   
                   カウンセリングを受けられた感想を、 ”ana'koko"掲示板 に、
                   書いて下さったら、嬉しいです  
                          

方法論を捨てよう

子どもの不登校・ひきこもりを経験された方は、一度は、
必ず思った方も多いかと思います。
「○○な時に、子どもに、どんな言葉かけをしたらいいのでしょうか?」
「子どもの○○(暴力、暴言、パニック)にどう、対応したらいいのでしょうか?」
かつて、私も一番に知りたいことでした。
そして、今でも、あるなら、教えて欲しいと思っているぐらいです^^;

効果的であるかのような、「方法」として、
「黙る」「うなずく」「オウム返し」「謝る」etc.が、ありますが・・・。
セミナーとしては、親業、アサ―ション、コーチング、カウンセリング講座など、
昔と違って、今は巷にあふれていますね。
しかし、これらは、経験上、一定の効果を表すものの、あるところで、
一進一退の停滞を起こすのではないか・・・そう感じてしょうがありません。


「方法」「知識」としては、わかっているけれども、
養育者側は、「わかっちゃいるけど、止められない」状態で、
心がざわついたり、子どもの言動に翻弄されることも、
また、よくあることではないでしょうか?

そこで、養育的立場の親御さんは、「正しい方法」を求めます。
そして、得た知識を駆使しながら、子どもを動かすために、
「うなずく」「黙る」「言葉を繰り返す」「謝る」、あるいは、
感情が高ぶって「泣く」という行為を、選択し続けていきます。

しかし、ここで、妙な違和感を抱くことになります。
それは、子どもたちからの返答で、養育者側が、困惑させられるからです。

「お母さんには、俺のきもちは、わからない」
「今度は、どんな本(セミナー)を読んだんだ?」
(私が実際言われた言葉です)
という、親の努力を全否定する子ども側からの言葉で、親は打ちのめされます。

さらには、学校信仰を、捨て切れない親自身が
高名な先生のおっしゃるとおりに
「学校は、行かなくていいのよ」
「自由に、おうちでゆっくり過ごしていいのよ」
と、言わざるを得ないながらも、昼夜逆転・ゲーム三昧の子どもの姿に、
親のじりじりとした内面の葛藤が起こります。

あるいは、葛藤(怒り、悲しみ、苦しみ)を心の底に押し込めたふりをして、
「境界線」という名のあいまいな線引きの世界で納得をしたつもりに
なることもあります。

*無意識に押し込められた感情、我慢し続けた気持ちは、
ほんのささいな行動に出現します。(本人は、気づかない)
心を読む天才的な才能を持つ子どもたちは、親の悲しい嘘を知りつつも、
親に合わせてくれることも多々あります。
子どもが親の心を読む天才であることをあなどっては、ならないと思います。

親側は、さらには、押し込めたはずの本当の気持ちが漏れてくるのを
自分が納得したいために、様々な理論を絶え間なく身につけることで、
防御していきます。 それは、宗教的にさえ、感じます。
そのことさえも、自分で気づかない状態でもあります。


これらの繰り返しの時期が、私のブログでいうと、
2005年~2008年まで、続きます。(約3年間)

さて、前述の

◆Q.「どんな言葉かけをしたらいいのでしょうか?」に
あなたなら、なんと答えるでしょうか。
そして、その問いかけの裏にある感情は、何でしょうか
ちょっとご自分を振り返って、考えてみて頂きたいと思うのです。

 

■言葉というものは、業務連絡で無い限り、相手の気持ちをわかってこそ、
 生きてくるものではないかと思うのです。
(決めつけや思いこみではなく)

お母さんたちが、ご主人に「気持ちをわかってほしい」と
望んでいるように、子どもたちも、同じく「気持ちをわかって欲しい」と
思い続けているのではないでしょうか。
不登校の子の気持ち、我が子の気持ち、感じてこその「言葉」。
言葉は、生き物ですから、正しい言葉というものも、ないのではないでしょうか。



     ↓↓これまでの古いパターン↓↓

今まで、自分の気持ちも相手の気持ちも、わからないままに、

相手への言葉を、選択し続けてきたのが、

今という現状(不登校・ひきこもり)につながっているのです


つまり、自分の本当の感情を逃して、相手の気持ちには、

添えないのではないかと、感じます。


         ↓↓新しい感覚↓↓

互いの感情が、共鳴する・・・ 心の体験。

そして、自分の本当の感情を知ることで、子どもの感情も
自分のことのように、感じることができる感情の共有。
(感情の共有は、あわれみとか、嘆きとは違います)

他者に対して、心を開くという感覚・・・

他者の感情が、まるで、自分の感情のように、入り込む感覚。
(その逆もあり)


この体験を、他者(子ども)と共有することで、「信頼」という絆が、
生まれてくるのではないでしょうか。
(シンクロチャット経験者は、ご存じですよね)
         

子どもの気持ちを、心底わかってこその言葉は、

わかっていないで発した表面の言葉と違って、

相手の心に届いていきます。

たとえ、発した言葉が、同じ言葉であってもです。



今まで自分を助けてくれた「方法」を、手放すには、
勇気が必要です。不安にもなりますね。

古きパターンを捨て去り、勇気を出して、新しい自分を手に入れた時に
自分への信頼と、他者への信頼 という二重の宝ものが手に入るのかもしれません。


長文になりました。
読んでくださって、ありがとうございました。

カウンセリング・カリキュラムの説明と明細のメール送信しました

カウンセリングルーム "あなたの心をまもりたい”より
お知らせです。

いつも、”ana' koko”を ご利用下さり、
ありがとうございます。

先日、クライエント様に、カウンセリングカリキュラムと、
5月分明細を一斉にお送りしています。

もし、まだ、お手元に届いていない方がいらっしゃいましたら、

気軽にお問い合わせください。

今回、ルーム専用の新メルアド(ホットメール)より、お届けしておりますので、

迷惑メールに紛れ込む可能性があります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。



*メルマガの第二回発送は、中旬を予定しております。
 もうしばらく、御待ちくださいね。
 

放浪癖・・・

放浪癖、ありますね。。。私。

こらえ性が無いともいいます。


自覚ありますから、いいのです。ヾ(--;)ぉぃぉぃ




アメブロ、復活させますた・・・

http://ameblo.jp/hiiragirinrin/

一体、何個、自分でも、ブログを、持っているのか、
わからなくなってます(汗;

ついでに、IDとパスを覚えているのかも

定かではありません。


一個で十分だろっと、突っ込まないでください。
あたたかく、見守っていてください・・・


覚えているだけでも、 

6個以上は、あるような・・・・・・気がします。


たぶん。



もちろん、放置ばっかりです。


ヾ(・ω・o) ォィォィ


・・・・・・・

・・・・・・・

アメブロ持ってる方、

アメンバーになってやってください。


そして、放置していたら、励ましてやってください。

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

BGM


BGMを停止したい方は、左上部ブルーの○ボタンを押してね

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

04  01  12  11  03  11  05  07  04  11  09  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2Ad

Template by たけやん