author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
そこから抜け出してみよう
2011-04-26 Tue 14:42
ネット歴、10年あまり。
いろいろなACサイト、コミュニティ、見続けてきました。

私にしてみたら、FC2ブログは、驚異的に最長記録です。
かつて、どこかに所属することが、
とても楽しかった時期がありました。
似たような価値観、似たような思考回路
ツーと言えば、カ― のような 気心しれた仲間。
長く居続けていると、大御所みたいにもなります^^;
もちろん、そういう時間も必要ではあります。

あるとき・・・、私はACブログ、不登校ブログを読みながら
違和感を感じはじめるようになりました。

どうして、普通の感覚の人は、ACブログを読まないか?
これが、めっちゃ気になりはじめました。
普通の人が、ACを理解してくれたら手っ取り早いのに
なぜ、読まないのだろう??

もし、普通の人(とりあえずAC的な要素が無い人のことをそう呼びます)が、
ACブログにコメント書いたら、どうなるか
なんていうのも、考えました。

たぶん、コメントを書いたと想定しても、普通の感覚の人には、
AC的な感覚は、全く理解できないのではないかと思うのです。
そして、もっと言えば、普通の人の感覚を
ACの人は、否定し抵抗するでしょうね。

どうして、ACが生きづらいのか・・・
このことと、繋がっていそうな気がします。


ACの成育歴は、抑圧の人生。
そのために、普通の感覚では生きていけないところが大きく
自分を守るために、特殊な思考をせざるを得ない。

そう実感します。

それによって、
まわりとの協調、意思の疎通、コミュニケーションに
ズレが生じ、誤解が膨らんでいくのでしょう。

そのズレを、修正することでしか
回復は、ないのではないかと思うのですが
残念ながら・・・
この特殊な思考は、自分にぴったり貼りつき
その上、特殊な思考を逆アピールすることで
自分の世界を保ち続けて生きていますので
溝はなかなか、埋まらないという悪循環が生じるのですね。

また、AC同士は、「他者に理解されない」痛みを抱え過ぎて
他者を拒絶していることが多いのですね。
しかし、同じACや不登校のサイトでは
悩みや感覚を共有し、気が合うところで同調することが
気持ちを楽にしてくれます。
それが、高じて、グループ化し、力の誇示(理論武装)を強化していくのだろうと思います。
パワーゲームですね。
これでは、いつまでたっても
同じ価値観の中で、*同調をし続けていくしかない気がします。

*「うんうん、わかるわかる」「学校ってそうだもんね~」
「最近の先生は~」「うちもそうだよ~」などなど。
失いたくない仲間に対して、
ほんとか??って思うくらいの同調の超不可思議さを感じます。
この同調をし続けていくことが、自分の本心(違和感)を打ち消していき
さらには、思考の歪みが複雑化、増大していくことを、
ひしと感じます(経験者なので^^;)



更には、この「他者に理解されない」という感覚は
確実に、子どもたちにも家庭内で伝達されます。

ということは、子ども自身が、母親と同じように
「普通の人」とのズレを学校や社会で感じて生きている
ということになるかと思います。

ズレを感じた疎外感のために、より、一層
自分の世界を特殊化していくことで、
「他者を許せない仕組み」を構築していくのだと感じます。
他者を許せないというのは、
人間関係が柔軟でないということですね。
物事の受け取り方、言葉の受け取り方が
歪んでしまうということでもあります。

例えば、AC公共広告機構のCMではないけれど、
「あほ~」と言われたら「あほ~」と答える
っていうシンプルさの中のコミュニケーションではなく
「あほ~」と言われたら、全自己否定された衝撃を受けてしまう。
「かわいいね」と言われたら、「うれしい」ではなく
「バカにされた」「プレッシャー」「否定」と受け取っちゃう。
これらのズレが、他者を嫌悪の目(恐怖)でみることにつながり
嫌悪が表情や態度、言葉ににじみ出ていきます。

普通の人からは、これは全く理解されないところです。
また、AC同士であっても、傷の深さにより
「ずれ」のツボが、違ったりもします。
ACのコミュニティでネット炎上が起こりやすいのは、
必然だろうと思います。

互いに感覚の「ずれ」を感じるからですね。

子どもたちの生きづらさも、私たち親世代の「ずれ」あるいは
「思考の歪み」だろうと考えます。

このことから、不登校とACが、密接につながっているのではないかと
考えるのです。

しかし、自分のズレを、自分で認識したり
同じ場所で、方向性も分からず
同調しあい続けても、回復はなかなか難しいのではないか・・・と
そう感じます。

新しい価値観を手に入れたいのなら
古い場所を抜け出る勇気も必要ではないかと思うのですよ。

いつまでも、同じ同調の場所に居続けることは
家庭もまた、同じようなパターンを繰り返す
そんな場所になっているのではないでしょうか。


参考記事として、きんたろうさんの
「色々な共依存のかたち」(新興宗教・母親のグループ)
という記事をリンクしておきます。

余談ですが、ちょうど、私が楽天で不登校記事を書いていた頃(2005年)
この記事を読んだんですね。
かな~~り、痛かった記事でした^^;
痛かったけど、「プンプン」って
そんなこと、ないも~~んって、怒った記事でもありました(笑)
まさか、数年過ぎて、この記事が、自分を救ったなどと
思えるなんて、思いもしませんでした。

「信者」「宗教」という言葉をいろいろな場所や人に置き換えて
読まれたらいいかと思いますよ。

スポンサーサイト
別窓 | 回復のやじるし | コメント:2 | トラックバック:0
訴えと同調
2011-04-22 Fri 14:32
「家族分断の仕組み」のおまけ編になります。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
別窓 | 回復のやじるし
子どもの問題・親の問題(初級編)
2011-04-22 Fri 13:40
子どもが学校へ行かなくなった時、
親にとっては、ものすごくショッキングなことです。

「まさか、うちの子が・・・」

この時、子どもが学校へ行かないという、大きな出来ごとだけが
クローズアップされ、親の気持ちは、混沌と溢れかえりパニックになります。

そして、やっきになって、子どもの学校復帰を目的に
あちらこちらの医療機関、相談所、果ては、お祓いなどの
門をたたきます。

①この時の親は
「子どもをどうにかしなくっちゃ」
という気持ちで一杯で、子どもを叱咤激励しながら、
あちらこちらに引っ張りまわします。

②しかし、てこでも、動きそうも無いことを知ると
泣いて訴え、寝込んで訴え、怒りを爆発させる等・・・

③それでも、動かない・・・
今度は、一転して、腫れものにさわるように、
猫なで声で、子どもを操作しようとします。

それでも、だめだとわかると
「私は、これだけ、あなたのことを心配してるの!」と
②~③を繰り返していくうちに、
子どもは、昼夜逆転になっていきます。

また、②~③を長く繰り返すうちに、
親は、次第に社会が悪い、学校の対応が悪い、
あるいは、学校でのいじめがあったから、ご主人が協力的でないから
と他者へと不登校の理由をすり替えていきます。

このように、子どもを動かそうと操作し、
学校・社会への不信感を募らせていくプロセスの中に、
親(主に母親)自身の問題は、どこにも見当たりません。

これは、①~③の行動をすることで、
「私は、こんなにやってるの、頑張ってるの」と
まわりに示しながら
うっすらと思い当たる家庭での、自分の責任をすり替え
罪悪感の帳消しを行っているのではないでしょうか。
このことに、気づいて欲しいと思います。

親自身が自分の心をみつめる準備が出来た時
はじめて、不登校回復へのスタート地点に立ったと
いえるのではないでしょうか。

子どもの不登校問題は、親の問題。

まずは、大人が、変わろうとする勇気を持ちましょう。
これらの方向性をすり替え続けると
子どもの問題は、ますます、こじれ複雑になっていくことだと感じます。

子どもたちは、長い間、あなたが変わってくれる事を、

うつむき、沈黙しながら、

今も待ち続けているのです。
別窓 | 不登校を考える | コメント:6 | トラックバック:0
言葉の方向性
2011-04-20 Wed 16:37
口にした言葉、自分から発された言葉は、

必ず、自分のところへ戻ってきます。

良き言葉は、自分を満たします。
ごまかしの言葉は、自分に不信を抱かせます。
訴えや悪口は、自分を傷つけます。

言葉は、自分から出したとたん、
思いの方向性を定めていきます。
そして、今自分が口にした言葉が、現実を呼び寄せ続けます。

言葉に出すということは、
方向性を定めるということですね。

これらは、あまりに無意識の出来事すぎて
波長同通の法則とか、引き寄せの法則とか
怪しい言葉でよく言われることです。

これは、スピリチュアルか!?
と思われるかもしれませんが
そういうものでは 全く ないのです。

口に出すということは、自分の生き方、思考を強化する方向付けの力になります。

たとえば
「失敗するかもしれない」
そう、口にしたとします。
これは、恐れの言葉ですね。
そして、失敗する自分をイメージし、
自分の脳に、そのイメージを焼き付けることになります。
それは、恐れとともに後ろ向きなイメージ化が強化されていきます。
これが、思考の癖として、
生活全体を 縛っていきます。

反対に
「失敗しても、どうにかなるさ、やってみよう」
これは、失敗しても、やり直せることを強化しています。
そして、挑戦することも、含まれています。
失敗を活かせるという、過去の経験も同時に引き出され
より、前に進もうとする牽引力になっていきます。
使えば使うほど、自分に力が活性化していきます。

このように、なにげに使っている言葉・・・少しの言葉の違いですが、
意識は180度違います。

あるいは、会社や学校PTA会議などで、
「どうして、▲▲なんですか!!??」など
追及型、訴え型が多い言葉も、人の気持ちをなえさせます。
これらは、言葉にしなくても、
表情や態度、目線、言葉に現れます。
舌打ちであったり、目線がきつかったり、
顔が嫌悪の表情を作っていたりということも多いのではないかと感じます。

おそらく、エネルギー的には、
他者のエネルギーを奪う方向に、
エントロピーが向かっているのだろうと感じます。
自分が奪う方向に、言葉(想い)を出せば、
自分も奪われることを、恐れるようになります。

(もちろん無意識の作用ですが)

そして、不思議なことに、
奪われまいとすればするほど
奪おうとする人を、引きつけてしまいます。

これも、別に怪しい法則ではなく
エネルギーの方向性から行くと、
出したトゲは、自分に帰着するということと
全く同じことだと思います。

不登校のお子様が、なぜか、学校でいじめられやすい
というのは、これに当たるのではないかと考えます。


言葉の方向性、自分ではよく、わからないかもしれませんが
少しでも意識していければ、いいかと思います。
自分を大切にする言葉を発すれば、人も自分を大切にしてくれます。


*この場合、自分を大切にするということは、
 甘やかしてほしい・・・欲しい・・・、欲しい
 という 他者依存型の子どもっぽいエゴではありません


もちろん、何事もバランスは必要です。

いずれにしても、自分が軸であるということ。

その方向性を自分でつけていくということ。

自分の心の浮き沈みは、相手次第・状況次第の根なし草ではなく、

自分の心は、自分で収めていくことが大事ではないかと思うのです。

別窓 | 回復のやじるし | コメント:0 | トラックバック:0
生きる
2011-04-18 Mon 15:21
生きるということは、以前の私にとって、恨み返しの生き方だった。

「こうなったのは、あの人のせい」

その思いは、全ての行動の動機になっていた。

数十年、ずっと回復したいと願い続けていたはずなのに

このざまだった。



その後、起こった子どもの問題で、 

「自分を見つめる」ということを知った。


外部から、いろいろと取り込んでしまった
からまった感情を紐といて、
丁寧にほぐしていくことに熱中した。

その過程の中で、
必要でないものが、除々に削られる時
削られた痛みよりも、
削られた奥にある、
自分の本当の真実に行きつく手ごたえの方が
少しだけ、勝っていた。

ほんの少しの、隙間から見える
自分の本当の姿を
取り戻したいと願った。

その願いは、聞き届けられた。
そう、思う。

自分の真実と、つながること。

これは、どれほど、お金を積まれても
それに、替えられるものはない。

今でもそう信じている。

スピリチュアルであろうが、
そうでなかろうが、
それは、どちらでもいい。

確かに自分の真実を取り戻したという感覚を
私は、信じることができた。

この感覚だけが、真実。

自分と出会う・・・

自分を癒した分の力が、人のために使える。

真実の自分を軸にすることの強さ。

優しく、厳しく、そして柔らかく生きることを。


それは、私だけに起こった特別なことでは決してない。
望めば・・・願ったら・・あきらめなければ、
投げ出さなければ、
誰もが、見出す道だと、信じている。

一日を、真実の自分と共に、懸命に生きること
昔のように、恨みでがむしゃらに生きるのではなく
自分の中から聞こえてくる声(真実)に静かに従う


それは、雲の上を歩くように、ふわふわしたものではない。
しあわせ~って、夢見ここちのものではない。
目の前の問題から、すり抜けるものでもない。


現実に生き、悩み苦悩しながら、
それでも軽やかに、そして、豊かに生きつくす

豊かさとは、自分の中の真実に出会うこと

真実とは、理想(自分)を貫く強さ

そう思う。

別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
家族の分断の仕組み
2011-04-17 Sun 16:00
今回は、家族、人間関係を分断する仕組みについて、絵を入れて説明してみました。
不登校の兄弟の仲が悪い、家族間がぎくしゃくするという方には、参考になると思います。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
別窓 | 回復のやじるし
お知らせ
2011-04-07 Thu 10:36
あなここからの連絡です。

現在、クライエント様には、主にPCメールにて業務の連絡を行って
いますが、もし携帯電話の方にもメール送付希望がありましたら、
ご連絡くださいませ。
今後、PC・携帯 両方に送付するように手続きします。

なお、携帯にも連絡を送付希望の方は、
お手数ですが、自分の携帯メールアドレスを書きこんだメールを
ホットメールの方に送ってくださいませ。
送って頂いたメールは、ホットメールに、
こちらがアドレス登録するために
コピペして使用させて頂きますのでよろしくお願いします。

また、次月の予定は必ず月末までに送付致しておりますので
もし届いていない場合はあなここまで早急に連絡くださいね。

また、ミクシーにおいて、つぶやき機能や記事にて
本日の仕事状況などを、個人的なことを含めて
連絡するようにしようと思っています。
もし、よろしかったら、ミクシーへの参加もお願いします。

以上のこと、よろしくお願いします。

りんりん

別窓 | カウンセリングルーム便り | コメント:0 | トラックバック:0
| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。