author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
虚無
2006-12-21 Thu 09:36

声を上げて、小さな子供のように泣く彼を

じっと抱きしめる。

ここに、至るまでの道、



ワタシハ、オヤニ、アヤマッテモラッテイナイ。

ソレナノニ、ドウシテ、カレニ、アヤマラナケレバ

ナラナイノ ダロウ。

ドウシテ、ソンナコトガ デキルダロウ


嫉妬

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

ドウシテ!?
  ・
  ・
  ・

怒り



ツヅイテ キタ ミチハ 

イマダケノ モノデハナク カコカラノインガ


(そんなこと、わかってる・・・)



ソコカラ ジユウニ ナルタメニ ワタシタチハ ウマレテキタ

イマアル カダイヲ ノリコエル タメニ

アタエラレタ シュクフク  


赦し?





イッサイノモノト ワカイ セヨ



受諾 




    ************


カイは、心の中に、ぽっかりと寂しさという穴があるという。


同じ穴を、見たことあるよ。


それは、「虚無」。


深い深い、絶望の穴。


どんな金貨でも、どんな高価なものでも、埋められない穴。


その穴の中で、苦しんでいる人は、たくさんいる。


ワタシも、確かに、そこにいた。


でもね、闇がぱっくりと口を開けているのと同じように、


光も、また燦然と輝きを放ち、君とともにある。


君を助けるために。


そう、ずっと、昔から。


君が、自分の光を見つけられるよう、


一緒に、歩いていこう。


関連記事
別窓 | 息子 | コメント:0
<<ちょっと、感動 | 歩いていこう | ボヘミアン・ラプソディ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。