author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
いじめと取るか、遊びの内ととるか。。。
2007-01-04 Thu 12:35
息子が小学時代の修学旅行の時の話を、ぽろっと漏らした。

宿屋に宿泊したときの、エピソード。


息子のプライバシーに関わる事なので、

やはり、ここには、書いちゃいけないと思うので、書かない。


けれど、その話を聞いて。。。

中学2年の修学旅行に、行こうとしなかった彼の

気持ちがよく分かった。

ちゃんと、行けない理由があったんだなあと思う。


悪ふざけだったのか、いじめだったか、

当事者たちは、忘れているだろう。

けれど、その痛みは、深く、彼を傷つけている。

理由も無しに、学校へ行けなくなることは、

無いんだなあと思う。


心が弱いから、不登校になる?


それは、強者の論理。


友達と遊べないから、不登校になる?

彼は、誰よりも友達を求めていた。

そして、友達が好きだったよ。


修学旅行・・・ほんとは、あの子は、みんなと楽しく、行きたかっただろうになあ。


せめて、高校ではと・・・。

そう、思ったりする。


blue01.jpg


『自分の弱さを知って、真に強くなる』

『闇に、光満ちよと、願いつつ』


関連記事
別窓 | 息子 | コメント:5
<<イオンへ | 歩いていこう | 誰も起きないの(T_T)>>
この記事のコメント
うんうん
ずっとそうされてきたから。夫にも子どもにも友達にもそれが親切だと本気で思ってたんだもの。仕方ないw
自責を断ち切るには、自分を幸せにすることをいっぱいすることだったなあ、私。
上の日記の本、私も読んでみたーい。探そうっと。

ホントに、螺旋階段ね~。一歩ずつ大切に上がっていけばいいんだよね。駆け上らなくても。
気がついたら、ちゃんと景色が変わってるさ。
2007-01-05 Fri 19:52 | URL | ever0123 #-[ 内容変更]
信じて待つという行為が、ともすれば、
冷たい行為なんじゃないかと感じられ、
また、それが、自責になる。
自責を埋めるために、さらに、
手出し、口出しをする
という連鎖反応を
ずっと、繰り返してきた。

ほんとは、手を出さず、待つという事が、
正しいと、分かっている。
けど、自分を満足させるために、
いい親、やってるつもりになりたいために、
つい、いらない口を出す。

連鎖は、どこで切ればいいのかと
ながめてみると、
必要の無い自責だよねえ。

そうして、ながめてみたら、
いかに、親切そうに振る舞い、
子供の人生に干渉してきたか。。。

相手を信じて待つ...

今少し、その真実の意味が
やっと、わかりかけてきた、昨今だなあ。

2007-01-05 Fri 18:49 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
無力だね
自分のことを振り返ってみても、親って人間ってそもそも自分以外の人生に無力なんだと最近思う。子どもの人生を代わりに生きることは出来ないものね。
それでも手放す(話す)気持ちになって、手放したら、ジャッチせずに聞いてくれる人がいたら、自力で幸せになろうとする生き物だと信じてる。信じてれば大丈夫だと思う。今のところの結論(狼少女だからw)
2007-01-05 Fri 09:59 | URL | ever0123 #-[ 内容変更]
everさんへ
息子は、何気に言ったけど、
ほんとは、言うのも、きつかったんじゃないかと思ったりして、私も、ただ、「そうだったのか~」と聞くだけ。
後で思い返すと、「辛かったんだなあ」と泣けてきた。

もう、3年以上も前のことなのにね、親は、無力だなあと
つくづく思ったものさ~。
ほんと。
癒されて欲しいなあと願うばかりだよ。



2007-01-04 Thu 21:45 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
うん
色々な理由があって、みんな傷ついてるんだ。
どうして傷つけあう場になっちゃうんだろうね。
大人になったら、こうやって支えあいたい関係もつくれるのにね。
信じられるお母さんにちゃんと言えたら、傷は癒えていくよね。
2007-01-04 Thu 15:45 | URL | ever0123 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。