author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
反省的瞑想・・・かな?
2007-01-06 Sat 23:21
昨日の、まるしあんさんの、お父さんのコメント読んで、

心がざわざわして、落ち着かなかったの。。。


フラッシュバックのように、自分と父親との、ある光景が

繰り返し出てくる。


これは、どうも、お空から、「思い出しなさい」指令電波が、

飛んできた気がして、(笑)

そのまま、反省的瞑想へ導かれる。

これは、偶然であったけど、必然だったらしい。



まるしあんさん、感謝!!!




実家は、自営業だったので、

幼い頃、父の運転する、トラックに乗せられて、

仕事先に、時々、連れられて行った。

もちろん、手伝いもしたのだけれど、

父は、小学生の私を隣にのせて、上機嫌だった。


そして、大きなトラックを運転する父を、少し誇らしく思っている私。

でも、同時に、居心地がなんとなく、悪い感じもしている。

実家のあるところは、ド田舎でしたが、

仕事先では、少しだけ、都会?に出るので、

私には日常では珍しい、ドライブインのカレーライス、

喫茶店のコーヒーとか飲ませてくれた。


そんな光景が目に浮かぶ。


そして、

父にとって・・・結婚生活上、

母と心が上手く、通い合わない父にとって、

私は、父の期待の星で、自慢の娘。

私を仕事先に連れて行くのが、とても、嬉しい気持ちが、

伝わってくる。

(ほんとは、男の子が欲しかったのだろうなあ)

父にとっては、私を仕事先に連れていくのは、

楽しいイベントだった。


でも、私は、あまり、おしゃべりでもなく、

誰かを楽しませようなんて気持ちは、微塵も無い。

そして、父が私を、こうやって、連れていくときは、

前日の夜、大概、母と大喧嘩をした後が多かったので、

なおさら、複雑な気持ちの私。

母を味方する気持ちの強い私は、父を受け入れる気持ちには、

なかなか、ならない。

(子供だから、しょうがない・・・)


ああ、でも、今ならわかるよ。

私は、ちゃんと、愛されていたんだと。

大人になった今なら・・・

母も父も、ふたりが、うまく愛を表現できなくて、

ふたりとも、誰かに愛されたくて、

どうしようも、なかったんだって。


おとうさん、私、あなたのこと、死んでしまった方が

いいなんて、ずっと、憎んできたけれど・・・

私、間違っていたよ。


あなたは、今でも、わからずやで、頑固で、

と~っても、わがままだけど、

でも、私を愛してくれていたんだって、ちゃんと分かったから。


私も、かたくなな態度ばかり取って、ごめんなさい。

ほんとは、結婚しても、そばにいて欲しかったんだよね。。。

それでも、最後は、折れてくれたんだ。


なんだか、今夜は、涙が止まらない。


ごめんね、そして、今まで、ありがとう。


あなたの娘で、良かったよ。



神様も、おつなことなさるわね(笑)

ふう~。つ、疲れた。。。脱力~。


d04.jpg


『偶然は、必然』


『親子の絆・・・それも、必然であり、学び』

関連記事
別窓 | スピリチュアル | コメント:6
<<今から学校 | 歩いていこう | イオンへ>>
この記事のコメント
everさんへ
一緒に泣いて下さってありがとう^^

焦点が合っているときが少ない私。(笑)
数少ない、瞬間でした~。
仲間がいるから、触発チャンスも多く巡ってくるってもんです。

いつも、everさんの、視点には、感服させられてますだ。

私も、これから、良い言葉、つむいでいきたいなあと
そう思ってます。
2007-01-09 Tue 17:47 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
泣いたわょ。
色々なことを手放して、自分のど真ん中に焦点が合って来ると、本当に楽になります。
偶然を見逃さず、向き合えば、ちゃんと「必然」なんですね。
2007-01-09 Tue 09:53 | URL | ever0123 #-[ 内容変更]
コメント返し
【道子mamaさんへ】

道子mamaさんが、御自分の事を、深く語ってくださったのは、初めてではないかなあと思いながら・・・読ませてもらいました。
辛かった時期を、支えて下さったのは、お父さんの言葉、家族だったのですね。
うちは、そんな、優しい言葉が出るような、出来た父じゃあないけど、(笑)きっと、気持ちは
一緒だったんだと思います。
今回、親との和解の一部できたような気がしました。
そして、道子mamaさんの、コメントが、
それを、応援して下さっている気がして、嬉しかったです。
ありがとう。


【まるしあんさんへ】

>しかしへただよ とうちゃん!てね

うん、ほんと、ほんと。
どうしてあんなに、へたっぴなんだろうって、思うよ。

アルバム焼き事件の後、お父さん、何か考えるとこあったんでしょうね。。。

愛に迷う事から、愛を伝えたいと、
吹っ切れる心の転換があったのでしょうか。。。

私、息子が、不登校になってね、
少なくとも、親世代より、早く、「愛」について、
考えることが、できて、良かったなあと思ったりします。

あのまま、「親なんて」と突っ走っていたら、
この課題のクリアが、時期的に、もっと、遅れていただろうと思います。

それでも、遅すぎることも無いのですが、
より、クリアに、早めになることが、楽に生きることになるんだなあと、思ったりしました。

契機を与えてくださって、まるしあんさんには、感謝よ。^^
ありがとう。

【keikoさんへ】

はじめまして^^
FC2ブログを、放浪していて、ブログ、読ませて頂いてました。

>おばちゃんは涙が出ました。

いえいえ、私もおばちゃんですので^^;
記事も、自分で書いていながら、
再度、読み返すと、また、自然とうるうるします。
さらに、コメントを読み返していると、
また、うるうる。
お陰で、なかなか、コメント返しが、出来ませんでした。

想いは、直接言葉に出せれば一番いいのですが、
なかなか、そうも行きません。。。
でも、今度帰ったら、優しい言葉や、笑顔を
プレゼントしたいと、思ってます。

優しい気持ち、相手に感謝する気持ちは、
きっと、伝わると、思って。

読んでくださって、ありがとうございました。
2007-01-08 Mon 11:31 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
ご訪問ありがとうございました。
良い文章ですね
おばちゃんは涙が出ました。

私の父も絶縁状態でしたが
今は電話でのやり取りがあります。

その気になれば親子の距離はすぐに縮まるものですね。

いい話を読ませていただきました。

ありがとうございました
りんりんさんそして道子さんまるしあんさん
2007-01-07 Sun 11:20 | URL | keiko #-[ 内容変更]
そうですか・・
うん やっぱり愛してくれてはいるんだなあ・・と思いました。
しかしへただよ とうちゃん!てね
長男は ほかの孫達が茶の間で笑っている間 父に祖先事 父の本棚にあるいろんな本のことなんか聞いていました。父はうれしそうに講釈していました。
父と息子 よく似てるんです。かっとしやすくて 純粋で 愛に飢えていて 母が充分それを満足させてくれないと 強烈になじる。母にすれば 普通のことなのに 父にしたら自分が満足できなかったことに通じるから もっと もっとって貪欲で・・
だけど 愛については ほんとうはとても繊細な人じゃないかと思います。
親だから 正しく愛して欲しかったけど 本人は満たされなくてずっと苦しかったんだろうと思います。
アルバム焼いてみて はっと自分が親としてどうなんだと気づいたのかもしれません。
愛されたいだけじゃなくて 愛したい気持ちに・・・
2007-01-07 Sun 02:27 | URL | まるしあん #-[ 内容変更]
私も思い出しました・・父も頑固でわがままな人で、若い頃の私は嫌いだった!でも私のわがままも聞いてくれて優しい父でもあったけど・・父も自営だったのだけど(今も現役ですが)朝起きると経営の事で(お金のこと)母に文句言っていて・・それがイヤで堪らなかった。。
私が結婚しドメスティックバイオレンスで普通の生活が出来ず何度も別居繰り返して子供の為に戻ってを繰り返している時・・また戻っていく私に「すぐには助けに行けないからな」と優しく言ってくれた父。
そして・・もう駄目だと思った時も「帰って来ていいぞ」と
言ってくれた事思い出しました!
あんなに嫌いだった父が今は小さく見える。。
私も今まで色々守ってくれていた事に感謝します!
やはり・・父も母も偉大です!
2007-01-07 Sun 00:13 | URL | 道子mama #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。