author : rinrin
なんてこったい・・・
2007-01-25 Thu 13:43
カイと、雑談してて、ひょんな事から、なんてこったい状態の母。


高校に、入ったら、もう、義務教育じゃないから、自分のやりたいようにやってほしいなあと、もらしたついでに、
「親の期待通りにならなくていいから」と付け加えたら、カイくん、落ち込んだ。

うそ・・・

え、ええっ、どうして?


「期待」という重荷が無いってことは、楽なんじゃないの?


カイが重い口を開いて、ぼそっ言った。

「あのさ、自分が、これは本物だと、今の今まで信じていた事が
実は、これは偽者でしたって、言われたら、お母さん、ショックやろ?」
(ほんとは、もっと具体的な例えでしたが)

「そ、そりゃ、めちゃショックだよ」

「それと同じ。期待通りにできない自分、罪悪感をずっと感じていて、
 ある日、突然、その期待は、間違ってましたって、言われてもなあ・・・あんたには、期待してない、と言われるのと同じに聞こえる。それは、それで、かなり、傷つくんだけど」


そうか・・・かつて、日本が戦時中、天皇陛下万歳とか言っていた頃、
実は、天皇陛下は神なんかじゃなく、自分と同じ人間でしたって言われて、ショックで、ボーゼンとした人々がいたっけな・・・

マインドコントロールが、外れたからといって、さあ、明日から、さわやかに生きようと、すぐに、前向きに生きていける人なんか、この世にいないのと同じだわ。


母、想像力、皆無でした。
つい、私、親から、こんなに言われたら楽だろうなとか、安易に考えていたんだけど、違った。

もし、私が、母から同じこと言われたら、同じように、見捨てられたように感じただろう。



どんな風に、伝えたらいいんだろう。

「罪悪感を感じなくていい、あなたは、あなたのままでいい」・・・と。

う~ん。(汗;;;;

ここで、ずっと、彼は止まっているんだよね。

まだまだ、春は遠いようだ。


こんな、会話があっても、言いたいことを、理解してもらえたせいか、彼は、今日は、気分よさそうです。

母は、かな~り焦りました。

正しく物事を捉えるという事の難しさを、つくづく感じました。

関連記事
別窓 | 息子 | コメント:7
<<本三昧 | 歩いていこう | ゴミ拾い>>
この記事のコメント
ぶつかったり、ぶつけられたり
そんな事繰り返しています。

>カイ君から信頼されているんだと思うよ。

そ、そうだといいんだけど・・・かなり、自信がないわ(汗;


>ちょうど自分の番で当たっちゃったのは、誰のせいでもないよ

もともと、くじ運ない上に、自分から火に飛び込んでいってしまうお馬鹿さんの部分もたくさん持ち合わせてしまっているせいも、ある気がします。笑
でも、子供が、楽になるってことは、私たち親も楽になるし、その孫たちも、楽になるってことなんだよね。

いい仕事してるよね^^と、自分で自分をほめてみました。

ぐっじょぶ!
2007-01-26 Fri 18:26 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
カイ君、思ったことを、りんりんさんに、その場でぶつけることができて、素晴らしいと思う。ぶつかっても、この親ならぶっ壊れない、大丈夫だって、カイ君から信頼されているんだと思うよ。

変化には痛みが伴うものですね。ぶつけられる方は、結構こたえるもんですが、ぷしゅ~っと愚痴なり何なり、息抜きして、私達、やっていこうぜ。だって、世代連鎖のどこかでどうしても変えなくっちゃしょうがないものだし、ちょうど自分の番で当たっちゃったのは、誰のせいでもないよ。りんりんさんは、ずぇんずぇん悪くないんだ。そうかといって、子どもには、親を責める権利がある。親を責めながら元気になっていくものだから、責められるのも親のお仕事ってことで。とほほ。
2007-01-26 Fri 16:40 | URL | らんでる #-[ 内容変更]
甲子園さんへ
>それに社会に入って、もっといろんな事を、見たり聞いたりして、知ってもらいたい。

そうなんだけどねえ。
本人にとっては、今の状態や今いる世界が、すべてなんだよねえ。。。
視野を広げたり、先まで見るってことが、なかなか、無理っぽい。

もう少し、年齢重ねたら、そう、思えるようになるのかなあ。
2007-01-25 Thu 23:00 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
心の中の会話
あれ~、消しちゃったんだね、ののさん。
すごくいいなあと、思ってました。惜しいことした。(笑)
逃した魚は、大きい!(なんのこっちゃ^^;)
でも、ののさんのブログに書かれたなら、そちらへ行きま~す^^

>というのは、ウチのM君、気持ちを言葉にするのが・・・なんだなぁ~。。(と母は感じています)


そんな事、ないんだと思うよ。
Mくんは、きっと、自分の心の中で、ちゃんと会話していると思う。うちのカイも、よく、「ひとり劇場」と自分で言って、自分と会話してます。うちの家族では、流行ってます。
他人様がみたら、怪しいかも。
私たちが、ブログに書きながら、
気持ちを整理して、問題の核心に近づいていくのと
同じ効果があるんだろうなと思います。

ただ、それを出すか出さないか・・・。うちも、調子の悪いときは、全然、要領を得ませんし。

2007-01-25 Thu 22:56 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
ごめんなさい。
自分のところに書くべきことだと思いました。
自分のブログにコピーしましたから、お気軽に
ここは削除してくださいね。
2007-01-25 Thu 18:02 | URL | のの #VGqTgCv2[ 内容変更]
カイ君は、素直さが一番!
カイ君には、写真があるじゃないですか?

物凄く、写真にその素直な気持ちが出てますよ!
ちゃんと目線で全体を見ているし、写真の感性をもっと活かせば良いんじゃないですか?

それに社会に入って、もっといろんな事を、見たり聞いたりして、知ってもらいたい。
良い事も悪い事も、いろんな事を吸収して、それを素直な意見として持ってもらいたい。

勉強は勉強にあらず・・・。

知識を得る事も、勉強の一部なり!

そして、僕らの知らない事を、どんどん教えてもらいたい!
2007-01-25 Thu 16:53 | URL | 甲子園OA #-[ 内容変更]
カイ君、考えていることを言葉にする力がすごいな。
って、変なところに深く感じました。
・・・というのは、ウチのM君、気持ちを言葉にするのが・・・なんだなぁ~。。(と母は感じています)
ああ、私が最も持ちたくない気持ちのひとつ、うらやましい、を抱いてしまいました。。けど、ま、カイ君とMとを比較するのは全くの無意味やねぇー。。うん。。
どうどう・・(←自分の胸をおさめています)笑

うちも似たような(?)こと(親子の会話)がありました。
んで、狼狽したわたしは、挙げ句の果てに、「(お母さんは)どうしたらええと思う?」とぽろりっとこぼしてしまいました。当事者のMに向かって。。(^^ゞ
「そんなこと子供にいられても・・・」と、これまた困惑というか呆れるというか、反対にちょっとなだめれたというか・・・(--)・・・そういう言葉が返ってきました。。

理屈は言えるし、人をみてると、こういう場合は、こうするとええんやないんかなぁ~・・・などとよく見える気がするのに、いざ、自分がMを前にすると、もごもごして、すっきりした言葉が出てこない。。肝心なことはくちごもる感じです。
まるで、大好きな思い人の前では、なんだか胸が騒いで、「好きです」と、自分の気持ちをすっきりと言葉にできないようなもどかしさを感じています。。
言葉にして伝えるのは難しい、とつくづく思い知ったののさんでした。。
2007-01-25 Thu 14:13 | URL | のの #VGqTgCv2[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |