author : rinrin
本三昧
2007-01-26 Fri 17:13
『気持ちのレッスン』廣瀬裕子


~期待という重い荷物~

期待に応えると、まわりの大人は
喜んだり、ほめたりしてくれる
それは、こどもにとって、うれしいこと。
だから、ついついムリをして、
がんばってみようかな、と思ってしまう。
だけど、期待が続くと
さすがに「つらいなあ」と思ってしまう。
それは、期待という見えない力に
おしつぶされそうになってくるから。

だけど、期待する方って、
そういう気持ちの変化にあまり気づかない。
そして、いつまでも期待を続けたり
期待のレベルをどんどん上げる。

もし期待に応えることが
「重荷だなあ」と感じたら
結果なんて気にせずに
自分は自分でやっていこう。

人生は、誰かの期待に
応えるためにあるわけじゃない。
ましてや、ほかの人の夢をかなえたり
ほめられたり、自慢されるために
存在しているわけでもない。

期待って、ほとんどが、一方的な思い込み。
だから、かけられて「重いなあ」という期待なら
ムリして応えることは、ないと思うよ。


+*+*+*+*+*+*+*+

たまたま、スーパーで、古本市があって、ぼんやり眺めていて、
何となく手に取った本が、これ。

著者は、摂食障害に悩まされ、現在は、克服されている。
古い本だけど、今現在、渦中にある、子供たちへ
やさしい言葉で、メッセージをまとめた本のようだ。

丁度、昨日のカイとの会話が、頭にあって、
どう、伝えたらいいものかと、考えていたところでしたので、
早速300円で購入。


カイにも、夜に読んでもらった。(無理やり)
感想としては、
よく、自分の気持ちをこのように、言葉にできるなあと、感心していた。
その後、少し、「親の間違った期待に応える必要はない」ということを、話してみた。
私自身も、期待と愛情を履き違えていたこと、正直に、言ってみた。
そして、今後も、期待・・・というか、子供として、
将来が楽しみではあるけれど、「こうなって欲しい」という一方的な思いは、持ってないということも伝えた。
だからと言って、愛情が、なくなったりしないことも。

まあ、少しずつ・・・だね。
何度も積み重ねて、線路は続くよ、どこまでもって感じでした。


もう一つ、並行して読んでいるのが、
『ベスト・パートナーになるために』
『この愛を大切に育てたいから』

2冊とも、ジョン・グレイ氏の本。。

実は、この類の本を読むのは、初めてなんす。。。笑
ようするに、よりよき夫婦になるために、という感じの本で、
私、どこか、自分の女性性が、欠落してるのかどうか分からないけど、
こういうのって、こっぱずかしくて、読んでいて、落ち着かない。
llllll(-_-;)llllll

ど~して、このような気の進まない本を読むはめになったかというと、
知ってる方は、知っている。(爆)

とりあえず、知識としてだけ、読もうと必死に読んでいるんですが、
女性は、悩みを抱えると、しゃべりながら、気持ちを整理していく。
男性は、自分の世界にこもってしまう。
というのが、ワカリマシタ。(おいっ、それだけかい>私)


私、結婚観、かなりゆがんでるかも。。。と、心密かに、
打ちのめされたりしております。(いえ、それほどではありませんが)

方法とか、そういうものではなくて、
私自身、小さい頃、男の子になりたい潜在的願望があったのを
ひょんなことから思い出した。

もしかして、女性性が、欠落してるのくわっ!?
という疑惑を考えつつ、
自分の中で、女性性の部分を軽薄している感情があって、
女性性と、男性性の統合が、うまく行ってないのではないかと
うっすらと、そんな事、感じております。

これは、ちょっと、新たな発見でした。
が、謎は、謎をさらに、深めるばかりです。

そして、子供を産んだ時点で、哺乳類メス科としての
ゆがんだ母性だけが、ひょろひょろと、育ってしまったのか~とか
とんでもない事、考えてます。
というか、本の内容とは、遠~くかけ離れてしまってますが・・・

もっと、ロマンティックな人になりたい。。。笑

どうして、こうも気持ちが、落ち着かないのだろう。
自分が、わからない。
関連記事
別窓 | 日々徒然 | コメント:2
<<推薦入試まで、一月切る | 歩いていこう | なんてこったい・・・>>
この記事のコメント
あさり貝並みな私
>そうそう、そんな絵があったよね。。ビーナス誕生だっけ?・・・笑

妙に、つぼにはまった。笑った。どういう、イメージやねん!
そりゃあ美化しすぎっちゅうもんです。
いえ、私は、ただのあさり貝です(爆)

>「~のできない男と地図の読めない女」

読んだ、読んだ(笑)
たしかに、私、方向音痴ではあるけれど、
地図は、読めるぞとか・・・反抗的に読んだじょ。
この頃から、すでに、反抗期・・・llllll(-_-;)llllll

どうも、根本の問題は、男とか女とか、そういう、小手先ではなく、性を超越してんじゃないかと思われます。
まあ、今の性を楽しむというのも、悪くないかな・・・

ともに、がんばりましょう。
2007-01-27 Sat 12:39 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
再生
>どうして、こうも気持ちが、落ち着かないのだろう。
>自分が、わからない。

新しいりんりんさんが生まれるのじゃない??
あたらしく生まれると言うよりも、
ベールの中からあらわれるというか・・・
そうそう、そんな絵があったよね。。ビーナス誕生だっけ?・・・笑

まあ、ひらめいたままに言った無責任な当てずっぽうかもしれないけど・・・m(__)m

それから、私も、そういう本の題名を聞くと、ちょっと、なんとなく居心地の悪さを感じます。。(^^ゞ
えっと、「~のできない男と地図の読めない女」(なんだっけ?有名な本だったんだけど・・・)がおもしろかったよ。
へーー・・・男の人ってこうなんだ。。ウチの旦那だけの特徴(欠点)じゃなくて、男の人って、そういうふうにできてるんだ。。女の人が当たり前と考えることは違ってるんだ。。って、分かって、なんか、すこうし許せるような気がしたのを思い出しました。。(けど、勿論、そんなことだけでは、問題の全面的&根本的な解決にはならなかったけどね。笑い)
2007-01-26 Fri 22:53 | URL | のの #VGqTgCv2[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |