author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
記憶
2007-02-10 Sat 01:36
娘のソラは、詩を書く。

かわいい詩だったり、応援の詩だったり、様々ですが、(恋の詩は、ほとんど無いのが、寂しい・・・笑)今日、見せてくれた詩が、妙に印象深かったので、許可をもらって、アップしました。出来の良い、悪いは別の事。


    *・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ぼくらは、あの日 この人生を生きるって決めたんだ。

精いっぱい生きる努力をしようって生まれたんだ。

そして、みんなと約束したんだ。

自分らしく生きたなら、きっと、またどこかで会えるだろうって。

だから、ぼくらは、自分らしく生きることをみんなと約束したんだ。

人と比べないで、自分らしく生きる事を決めた、この日のとき。

そして、ぼくらは、旅に出た。


     *・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

なんてことない、そんな詩ですが。。。
ソラに聞いてみたら、特に考えて書いたものではないらしい。
思いつく言葉を、書いたという、それだけのもの。
彼女は、いつも、そうやって、詩を書く。
今回も、書き終わって、自分で読み返してみたら、
これは、生まれる前のことだと、自分でも、感じたようだ。

スピリチュアルな話は、うちでは、当たり前に、子供たちと話す。自然と言えば自然なことかもしれない。
面白いのは、「ぼくら」と、複数形である事だ。「ぼく」でも、良かったはず。「ぼくら」は、一体何を意味しているのかなあと、頭で思ったけれど、口にはしなかった。
私の頭の中では、娘の詩を通して、旅に出発した、きらきらした魂が猛スピードで、地上に落ちていく映像が浮かぶ。美しい。。。

物質の世界で、見えない世界を語るには、勇気がいる事です。
しかし、詩ならば、心に入るものですね。
子供にまつわる、不思議ワールド、結構多いのではないでしょうか。
彼女にも、小さい頃から、つい最近まで、目に見えていた「人」?がいたのですが、今は、見えないそうです。

見えない世界は、物質世界と隣り合わせに、あるかのようです。
そして、私たちが、気づかぬ間に、良くも悪くも、影響を与えたりするものなのですね。

そして、この記事を書いている瞬間、私は、こうして、この記事を書くことを、どこかで知っていたらしい事を理解する。

降りてくる言葉は、大切にしたい。
それが、鍵となる。
   cascata3fi.gif


関連記事
別窓 | スピリチュアル | コメント:4
<<欲張りな気持ち | 歩いていこう | 犬のHPでの出来事>>
この記事のコメント
虹オーロラさんへ←りんりん
ありがとうございます。

きっと、みんな、どこかに、そんな記憶があるのかもしれませんね。

娘にも、伝えておきます。

きっと、励みになるでしょう。^^
2007-02-10 Sat 15:05 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
ソラちゃんの詩、素敵ですね。

私も考えさせられました。

きっと私たちもそうやって生まれてきたのね。

そう思います。

ソラちゃん、ありがとう!

2007-02-10 Sat 12:10 | URL | 虹オーロラ #-[ 内容変更]
おはよ~!(#^-^#)

こうして、私たちは、ひとりひとり、旅に出たんだよ。
旅の途中で味わう、怒り、悲しみ、絶望はね、
愛と勇気と豊かさにたどりつくように、できている。
今までの愚かさも、愛しい。
それが、本来の自分を発見していく過程。
それが、自分を肯定していく作業。

まだまだ、私たちは、これからです^^
泣かないで。

でも、ソラには、伝えておきます^^
ありがとう。

2007-02-10 Sat 09:33 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
おはようございます。昨日はレスありがとうです。
朝から涙が出で優しい気持ちになりました。
ソラちゃんありがとう。

2007-02-10 Sat 08:29 | URL | ever0123 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。