author : rinrin
卒業式と通信説明会
2007-03-16 Fri 23:14
今日は、朝、9時に間に合うように、夫(役員なので)と息子を送り出し、大急ぎで、私も支度し、10時前に、学校到着~。(はぁ、はぁ)

式は、校長、来賓と、なが~いお話しが、滞りなく終わり・・・そうだった。
最後に、父兄挨拶で、見知らぬお母さんが、マイクの前に立った。
「このよき日を~
 子供たちの成長を~
 先生たちには、お世話に~」

(ふむふむ、順当なお話しだ)

「実は、私は、このようなところに、立ってお話しできる者ではありあません。」

(?)

「私は、○○の母です。」

(あ、カイの天敵中のボスだ・・・ふ~ん)

「うちの○○は、最後まで、皆様に、御迷惑をおかけして、本当に申し訳ありませんでした。先生たちにも、3年間、何度も相談させて頂き、家でも、○○の行動を何度も、いさめ、叱ってきましたが、一向によくなりませんでした。素行も、服装も、最後まで、きちんと出来ませんでした。
このままでは、この子は、ろくな子にならないと、親としても、必死で、更正させようと、情けない思いをしながら、泣きながらやってきましたが、力が足りずに、できませんでした。先生たちにも、たくさんの暖かいお力を頂き、また、皆様にも、大変御迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ない思いでいっぱいです。
○○は、今も、更正する気には、なってないようですが、これからも、あきらめずに、親としての責任を果たしていこうと思っています。」

という趣旨のことを、泣きながら話された。

この○○くん、カイに会うたびに、「おい、うつ病!」と何度も大声で言いふらし、叫ぶ子だった。
そのたびに、カイは、打ちのめされていた。
その子たちの子分たちから、実際に暴力を振るわれた事もある。
それは、カイだけではないのだけど。。。

このお話しをされた時、まわりのお母さん方の数人は、涙をこぼされていた。

私は、複雑な思いで、その話を聞いていた。
○○くんの、噂は、よく耳にしていた。煙草、アルコール、家出、暴力、さぼり。。。学校の暴力団のボス的存在で、制服を着るかわりに、背中に金の刺繍が入っている上着をいつも、学校へ着て来ていた。

同じ親として、子供の事で、必死になっていることには、変わりはなく、このお母さんの苦悩も、痛いように、よく分かった。

しかし・・・辛い思いをしたのは、あなただけでは無い!。だから、まだ、泣くところじゃない!そういう腹ただしい思いが溢れた。

でも、私は、不覚にも、そのお母さんの話を聞いて、泣いてしまった。
もちろん、許したからでは無い。
悔しかった・・・な。
「こういうのって、ずるいよなあ・・・」そう、思った。

同じ親の部分で、辛さが、伝わってきたからだ。
いつか、あなたの想いが、子供に伝わるといいね。そう思った。
そういうわけで、結構、感動的な式だった。

カイも、出て良かったと、にこにこしていた。

お昼は、外食して、それから、カイが、時間があるうちにと、
昼から、続けて、通信の説明会に2人で行ってきました。

ビデオで、学校説明があって、通信制のメリット、デメリットが
よく分かった。
そして、その後、パンフレットに添っての説明があり、1時間ほどで、終了~。。
何組かの親子が、いましたね。。。

帰りに、歩きながら、感想を聞いてみると、
「悪くないと思うよ。やっていけそうな気がする」とカイが言った。
「そうだなあ、まあ、その時は、その時で、やっていけるかもね」
そう答えた。

そういう結論となりました。(笑)

帰って、ゆっくり、学校からの通知表を見ていて、笑ったのが、
音楽が「2」って・・・。
これは、おそらく、みなみちゃんが、おまけしてくれたんだと思う。
みなみちゃんは、娘の吹奏楽の顧問だった先生で、なぜか、カイのことを一年の時から、なにかと「面白い子だ」と可愛がってくれていた先生でした。
そう・・・カイは、なぜか昔から、年上のおばさんに、好かれるのだ。
みなみちゃんは、父兄からは、わけの分からない先生って、嫌われていたけど、私は、あの天然ぶりが、好きでしたよ。

それから、適応教室の先生たちが、3人、来てくださっていて、(涙がでるほど、嬉しかったです)何故か、廊下で、親子写真を撮ってもらいました^^
そして、
「19日は、お豆腐作りをするから、エプロン持って、適応においで」と声をかけて頂きました。
カイは、行く気、満々です。

担任とお別れをするとき、カイは、「ありがとうございました。お世話になりました」と、言っていました。
担任さんも、「力不足ですみません」と言いながら、クラスの中での最後の挨拶では、男泣きに泣かれていました。

こうして、たくさんの方に見守られて、彼は、中学を今日、卒業しました。
本当にありがとうございました。

まだ、彼の行く先は、決まっていませんが、今日は、彼にとっても、幸せな1日だったと思います。

今夜は、ずっと、子供に、PCを奪われて、ブログアップするのも、遅くなりました。今夜は、疲れたので、前の記事へのコメントは、明日させてもらいますね^^

おやすみ^^

関連記事
別窓 | 息子 | コメント:4
<<気まぐれお返事 | 歩いていこう | やさぐれ日記&振り返り日記>>
この記事のコメント
ムスカリさん←りんりん
コメント返しは、ムスカリさんとこで~。
2007-03-17 Sat 11:33 | URL | りんりん #SAu5W79E[ 内容変更]
ののさん←りんりん
>ご卒業おめでとうございます。
>良い卒業式で良かったですね(^-^)

ありがとうございます。
おかげさまで、どうにか、義務養育、卒業しました。

ほっとした反面、不安もいっぱい^^
枠がなくなるって、どういう感じなのか、まだ、ぴんときていません。



2007-03-17 Sat 11:31 | URL | りんりん #SAu5W79E[ 内容変更]
おめでとうございます
息子さん、卒業、おめでとうございます。
私も寒い体育館で、全校の卒業式に出席しました。
どんな形でもいいけど、全校を見れたのも、息子も私もいい経験でした。

私も・・・その父兄挨拶で泣かれたお母さんは・・
泣いちゃいけない気がします・・

一生懸命なのは、素晴らしいし、全校の前でそれを話す勇気もすごい。

ただ、自分の子だけのことでなく他の子のことを思えば、まだ、泣くことを許されない立場なのでは・・
でも、その場の感情もあるから・・・
感動は悪いことじゃないですよね。

誰でも、子供のことは、その親なりに一生懸命考えているのだってことでしょうか・・
2007-03-17 Sat 08:34 | URL | ムスカリ #-[ 内容変更]
ご卒業おめでとうございます。
良い卒業式で良かったですね(^-^)

2007-03-16 Fri 23:34 | URL | のの #VGqTgCv2[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |