author : rinrin
話がどんどん、進んでます
2007-03-20 Tue 22:22
夜は、残念会で、久々に、出張から帰ってきた夫を交えて、
焼肉食べに行きました。

それで、いろいろカイと夫と私で、話したのですが、
9月の後期試験、狭き門に、もう一度挑戦したいような事を
カイが言った。

でも、その試験を受けるには願書提出直前に、通信を一旦、止めなきゃいけないのです。
これは、来年2月に受けるにしても、同じ事なのですが。

「でも、もし、9月に落ちたら、俺、ニートになっちゃうよ」
と不安そうでもあった。

「まだ、若いんだから、どんどん、挑戦したらいいと思うよ。
ニートだって、いいじゃん。用心しすぎて、後悔するより、ずっといいよ。やりたいこと、やったらいいよ」

「ほんとに、ニートでも、いいの?」

「通信だって、無理して、行かなくてもいいんだよ。浪人もありでいいよ」

夫もそう言った。

浪人や、失敗を怖がって、自分の将来を狭めることの方が、問題だ。
通信に籍を置いて、ちんまりと、安心する必要なんかない。
今更、世間体も、考える必要はない。

それで、決心がついたみたいです。
とりあえず、8月までは、通信へ行ってみる。
そして、9月、後期で、もう一回。
それが、ダメなら、2月に、そして、3月に。。。
気がすむまでやってみたら、いいと思う。

でも、通信に行ってみて、意外と通信の方が、面白いと思えば、
通信で、頑張るっていうのも、ありだ。
けれど、致命的な問題があった。
時間割表を作るために、通信の授業教科の説明を読むと、
情報の科目は、あるには、あるけれど、基礎的なものすぎて、
彼の勉強には、役に立ちそうも無かったのだ。
しかも、ほんの2単位しか無い。

しかし、悪いことばかりでもなくて、中学の勉強の復習が、出来そうなのだ。
基礎数学、基礎英語、基礎理科とあって、
中学の勉強が、よく分からない子用に、そういう、科目があるのだ。

これらを選択していたら、単位を取得できるできないとかは、別にして、
試験の勉強に、役に立ちそうなのだ。

利用できるものは、利用して、いけばいいと思う。

彼が、何度も落ちて、へこたれてしまうことも、考えた。
でも、身の回りに、5回も6回も挑戦して、そこに入った人の
体験を聞けば、諦めないことが、そこに入るたった1つの秘訣
なのかもしれないと思える。

これは、人生にも通じる。
成功を手にするには、かなうまで、挑戦し続けることしか無い。

失敗しても、いいからさ~。
失敗するから、成長するんだ。

また、新たな、ステージになりそうです。

カイは、不登校の中で、自分を支えてくれる人に、出会った。
適応教室でも、心が暖かい先生たちに、触れることができて、
親も子も、本当に、有難かった。

ブログで知り合った方々も、リアルのお友達も、
この未熟者の親子に応援を送ってくださっている。

そして、今も、静かに、我が家の行方を、はらはらと見守ってくれているのが、わかる。

大丈夫、大丈夫。
この子は、きっと、自分の居場所を見つけるだろう。
この一年で、そういう力をつけつつあるのだから、
親の私も、まだ、今は、泣けないのだ。
いや、泣いちゃいないけどさ・・・
子供が、必死で自分を立て直そうとしている時に、
親が、しっかり、中心に立ってなきゃ、子供が、ゆらぐ。
それは、不登校を通じて、親も学んだことでした。

そういうわけで、まだまだ終わらない、受験生の母でした。
まあ、それも、いいか~。

で、ちょっと、不思議に思うのだけど、
不登校の子が進路選択するとき、専門家は、
通信は、引きこもりになりやすいから、全日制へ、行った方がいい、
な~んて、言うんだろうなあ。
どちらでも、いいじゃんと思うけど。
引きこもりたいから、引きこもるのではないのだろうか?
引きこもることも、悪いことじゃないと思うけど。
その子に今、必要な事だから、そうなるのだから。
気がすむまで、引きこもっていいんじゃないかなあ。
気がすんだら、自分から、出てくるんじゃないかな?
中途半端に、引き出そうとするから、余計長くなるんじゃないかと
思ったり・・・しなかったり・・・。

あ、でも、でてきた時、受け皿が無いのだよね、日本は。
だから、困るのか・・・。
 
国!受け皿つくろうよ。
無駄な税金、よこしたまえ!笑

 
関連記事
別窓 | 息子 | コメント:6
<<ハイテンションで、落ちた | 歩いていこう | 落ちた者同士で(笑)>>
この記事のコメント
まるしあんさん←りんりん
>なんども挑戦してる人のひとりでーす。

笑!そ、そうでした。。。失礼しました!(汗;

>はあ・・・疲れましたけど
>人生と同じですよね

疲れますよね、本音としては。
でも、先を見ていくしかないものねえ。
レールに乗ってくれたら、こんな楽なことはないですもの~。

>別に 期限があるんじゃないんで・・・
>やれるように やれるだけ やってもらいます。

んだなあ。期限もあって無いようなものだし。


>その間 親である私達も ハラハラするばかりじゃなく 自分の人生もやっていきますぜ

それそれ、親の人生もちゃんと、生きなきゃと思います。

そうそう、まる母さんの、ブログ読んでて、夫も、今の会社、やめんことには、変わりようがないんだろうなと思いましたよ。
会社に、食い尽くされているので、余裕が無いのだと思うわ。

で、あのぶち壊したお話、私のお友達も、テニスして、帰ってきた御主人のラケットを、ずたずたに引き裂いたという、お方がいらっしゃいました~。
そんなことを、ふと思い出しました。笑
私も、夫の酒ビン、投げて割ったくちです。
数日は、効果あったけどね、今や、諦めてます。。。
退職するまで、無理なんやなあと思いました。
2007-03-21 Wed 10:16 | URL | りんりん #SAu5W79E[ 内容変更]
ののさん←りんりん
あ~、それ、とっても、わかる!
もう少し、融通がきいたらなあと思います。
やりたい教科を、全日で学べたり、気軽に、専門学校の授業、大学の授業を聴講できたりね。
そして、仲間と集まる場所。

私立のサポート校では、やっているところも多いのだけど、一年間に、100万近くっていうのが多くて・・・その後の進学を考えたら、現実問題、うちは、経済的に続きません・・・。

ニート対策って、若者が就業を目的とした、ハローワークも、だいぶ国が力を入れているようだけどさ、そこに至る以前の受け皿が、まるでなくて、いきなり、働きなさい~と、ささやきかけるのも、どうかと思うのよね。
続かないよ・・

ワンクッションが、欲しいよね。
そんな、庶民感覚の政治家、いなのけ~(??)
2007-03-21 Wed 10:06 | URL | りんりん #SAu5W79E[ 内容変更]
everさん←りんりん
>でも、苦労した子は、そういうことも自分の問題として学べるから、優しい社会をつくる担い手になれると信じてるよ


そうだよね。
今までの、経済至上主義の反動が、出てきているんじゃないかと思えるわ。
もっと、深い精神性に目覚める時代が、来る気がします。
2007-03-21 Wed 09:58 | URL | りんりん #SAu5W79E[ 内容変更]
>彼が、何度も落ちて、へこたれてしまうことも、考えた。
でも、身の回りに、5回も6回も挑戦して、そこに入った人の
体験を聞けば、諦めないことが、そこに入るたった1つの秘訣
なのかもしれないと思える。


その
なんども挑戦してる人のひとりでーす。
はあ・・・疲れましたけど
人生と同じですよね
別に 期限があるんじゃないんで・・・
やれるように やれるだけ やってもらいます。
その間 親である私達も ハラハラするばかりじゃなく 自分の人生もやっていきますぜ
2007-03-21 Wed 07:01 | URL | まるしあん #-[ 内容変更]
受け皿
確かに受け皿はほとんど無いと言ってもいいですよね。
教育システムをもう一度見直して行かなくては・・・と思います。
それから、うちの子は、中学卒業するとき全日制(学科試験はなかったです(^^ゞ)の高校に入りました。(当人が全日制を希望すると言ったから)
けれど、ウチの場合は続かなかった。まだそこまで回復していなかったからね。
で、通信制に入り直して今日に至るのですが、そこで、思ったこと。それは、通信制高校のシステムをもっと広く活かせないだろうか、ということ。
全日制と通信制の最も大きな違いは、単位を取得するのに必要な出席日数。
通信制であっても、別に家にいて通信で勉強していなければならない、というのじゃなくて、
出席日数を気にしないで、行きたいときは行って、単位に関係あってもなくても、出たい授業に出て、学校外教科外の体験もして・・・・。
なんていう学びの場があればいいなあと思うわけです。そういう学校が生活の場、憩いの場、交流の場、居場所・・・・とまで言えば欲ばりすぎですが・・もっと幅広く若者を受け入れてくれたら出ていきやすいかなぁ~?
(自重していたのに、また長々と書いてしまった。笑。ごめんしてね。)

何が言いたいのかというと、もっと選択肢が広がればいいなぁ~ということでした。
2007-03-21 Wed 00:11 | URL | のの #VGqTgCv2[ 内容変更]
税金を軍○費に使うなら、福祉や教育に使ってくれと思うよね。
でも、苦労した子は、そういうことも自分の問題として学べるから、優しい社会をつくる担い手になれると信じてるよ。
2007-03-21 Wed 00:04 | URL | ever0123 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |