author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
主治医との面談(2回目) [ 子ども・不登校の1年間 ] (18)
2005-09-03 Sat 11:00

やっとこさ、予約が取れ、面談できました。
先生が一人しかいないので
学会とか何とかで忙しく伸び伸びになっていました。

土曜日だったので、夫も同席。

☆まずは、先日の「病院から学校」の件を。
主治医は、今は受容の時期だから
本人がやってみたいと思ったことは
やらせてみた方がいいと言う。
失敗しても、失敗から学ぶことも多い。
今の彼は、失うものは何もないのだから。

う~ん、そうか・・・。
でも、家庭は社会の縮図。
家庭で上手く生活できないのに
果たして社会に適応できるようになるという事が
ありえるのでしょうか?

☆このまま病院での生活をダラダラと続けるより
何か刺激があった方がいいし、
同年代の仲間と居るということが
彼にとっては良い事。
仲間の中で、他所の家庭のことを話したり
親の話に触れる事により
苦しいのは自分だけじゃないかもしれないと
思ってくるところもある。

先日の幻聴の件は?

本人が聞こえたと言うのだったら
聞こえたのだと思います。
ただ、その前のカウンセリングの時
「お母さんは、うるさい、しつこい」という主旨の
言葉を盛んに言っていたので
それにとらわれている延長だとも考えられる。
統合失調症には、今のところ見えないが
今後の様子を見なければ不明。

家まで一人で歩いて帰ってきたのですが
親としては、途中倒れたり、
体のことが心配です。

何が心配でしょうか?
本人がそうしたいと思うのなら
大丈夫です。
私も大丈夫だと思ったから
外出許可を出してます。

自由すぎる気がします。

自由ではありません。
必ず、許可を取らなければならないし
必要でなければ、出しません。

先日の自傷行為は、どのように捉えたらいいのでしょう。
学校の話を始めたら、あのような行為をしましたが
なんだか、意図的な感じがしました。

それはあるでしょうね。
まだ本人の中に学校というものが無い時だったので
分かってほしいという気持ちがあったと思います。

どのように対処したらいいのでしょう?

本人の中から出てこない時期に
周りが物事を推し進めるとダメですね。
強制するより、受け入れてあげてください。

父親が病院へ毎日顔を出していますが
嫌そうな顔しますが。

そうでしょうね、今までの親子関係を考えたら、そういう態度は当然でしょうね。 

   ***************
      ~面談を受けて~

どこまで受容したらいいのだろう。
どこまでわがまま?とどこまで受容。
これは、親が考えなければいけない
宿題かな。
関連記事
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
<<誕生日会にて [ 子ども・不登校の1年間 ](19) | 歩いていこう | アダチル的試行錯誤  息子・不登校の一年(17) >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。