author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
試験外泊終わり [ 子ども・不登校の1年間 ] (23)
2005-09-14 Wed 11:12

昨日、お昼過ぎに、病院へ送っていきました。
4日なんてあっという間。

カイの寝顔を久しぶりに見れたことが嬉しかったわ。

しかし、あの寝る前に飲むデパスという薬・・・
ほろ酔い気分の酔っ払いみたいになります。
本人は、すごく気分がよくなるみたい。
いいのか?あれで。

さて、これからどうしよう。
カイはどう考えるのだろう。

カイの様子を観察しながら、ふと思う。
学校へ行けなくても、きつそうにしている。
カイは「元気だ」と言うが
落ち込んでいるように見える。

放っておけば、一日、ゲームとパソコンをしている。
気持ちを紛らわせているように見える。
自分の不安を一生懸命、かき消すようにしているように感じる。

学校の話をしてたら
「自分が行きたいし、学校は楽しいところだと思う」
しかし、同時に
「あれ??俺、もしかしたら行きたくないのかなぁ?」と
考え込んでていた。

まだまだ、気持ちの整理が必要みたいです。

○昼間は外へ出たくない
○体力をつけたい
○理想の自分と現実の自分にギャップがある

これは、カイが、自分で言った言葉です。
昼間外へ出たくない・・・つまり世間体ってやつ。
本人は、世間体というと怒りモードになりますが。

学校も午前だけとか昼からとかも嫌だという。
行くなら一日。
理想の自分は一日学校へ行ける自分を設定。
現実は、家から一歩も出られない自分。
適応教室は、どうかと聞くと
「絶対嫌」と拒否。

どうやって、現実的に体力をつけるのかと聞いたら
夜、ランニングと言う。
う~ん、そりは、今の状態ではとても
現実的じゃないかもなあと思いながら聞いていたが。
これも理想の自分だろうか。

人との関わりは、どのように持つのかという事も含めて
人と少しでも関わっていくことも
考えてもらいたいなあ。
まだ無理なのかしら。

きっと、14年間、親が刷り込んだ、理想の子供が
彼を苦しめているんじゃないかと思う。

自分が、なりたい自分が出てくるまで
根気よく対話が必要だと感じる。
そう言う意味で、失敗から学ぶという経験はいいのかもしれない。
失敗から、意味を引き出し、言葉にし、親子共に学ぶ姿勢がいいのかもしれない。

彼にはすぐに結論を出さなくていいからと伝えているので
一人になって、どのような答えを出すでしょう。

パートナーも子供達二人に話をしてました。
「お父さんのどこが嫌なんだ?」
「威圧的」
「偉そう」
「人を馬鹿にした態度」
「暗い」・・・いや~、これは、ちょっときついわ。。。
「意味の無い、独り言が嫌」などなど。

パートナー、ちょっとむっとしながら
「じゃあ、なんでもっと前に言ってくれなかったんだ」

「言っても無駄だと感じてた」

「お父さんは、おまえ達ともっと話をしたいと思っていた」

「話しにくい」
こちらもまだまだ、前途多難なようで。。。
でも、これだけ子供達から直接聞けたということは
大変な進歩だと思います。

めげずにいきまっしょい!

  *****************

  カイと話している最中、感情が混乱して、
  自分を叩いたりする行為がみられました。
  入院以前にもよく見られた行為です。
  今回、手をしっかり握り
  身体を抱っこするようにしっかり抱きかかえ
  落ち着くのを待ってから
  静かに話してみました。
  自然に出た行為でしたが、
  がちがちになった、彼の体の力が抜けていくのが
  手にとるように分かりました。
  自傷行為の前段階と受け止めていますが、
  自傷行為自体は、主治医も言っていましたが、
  「分かってよ!!」という幼児的な欲求が含まれているような
  気がします。
  どこかで誰かに、気付いて欲しいという気持ちと
  止めて欲しいという気持ちも混在しているのにも気が付きました。

  入院している間に、りんりんの身長を越えてしまった
  大きな子供ですが、
  小さな頃、この子をこうやって、心から抱きしめてあげたことが
  あっただろうかと、思うと、反省します。
  子供は飛び越した階段に、必ず戻ってくると
  よく言われます。
  
試行錯誤が続きます。

関連記事
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
<<約束は守る [ 子ども・不登校の1年間 ] (24) | 歩いていこう | カイが語ったこと [ 子ども・不登校の1年間 ](22)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。