author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
言葉の使い方 [ 子ども・不登校の1年間 ] (26)
2005-09-20 Tue 11:17

昨夜、ソラは、塾の補習でした。
帰りは、夫(”パートナー”は、面倒くさくなったので、これからこれで(笑))
に迎えに行ってもらった。
途中、セブンに寄って、ソラは、ネコのキャラクターのお菓子を
買ってもらった。

その後、帰り着いた夫は、しきりに
「ああ、またタカラレタよ」
と言う。
その後ソラは、りんりんにこっそり
「カイには、たくさん買ってやってんのに私には、たったこれだけで
 タカラレタって言うんだ」とおかんむりでした。

そりゃ、夫が悪いなあ。
買ってやった後に、そのような言葉を言うと
言われた方は罪悪感を持つよな・・・。
最近のカイには、とても甘い夫。

今朝も、出かける間際に
「こどもたちにタカラレタから、自分の小遣いが無い」と言う。
「あんまり、そんな事を子供の前で口にしないように」とりんりん。

出す時は、気前よく!
出さない時は、潔く「今、お金が無い」「それは買ってやれん」と言う。

これでいいんじゃないか??

それと、「タカラレタ」という言葉の裏に
奥さんにお小遣いの継ぎ足しを求めてる意味もある。
証拠に、私も罪悪感にかられて
一枚渡したもの・・・。

これって言葉の暴力だよね。

互いに気をつけたい。
言葉はストレートに、発すべき相手に向かって言う。
これかな?

関連記事
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
<<不思議な話 [ 子ども・不登校の1年間 ] (27) | 歩いていこう | 親として [ 子ども・不登校の1年間 ] (25)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。