author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
新しい病院 [ 子ども・不登校の1年間 ](46)
2005-11-05 Sat 13:13


水曜日から薬が少し変わった。病院も変わった。

主治医の先生も変わった。

周辺に変化があったので、カイは薬のせいもあるのか、次の日からひたすら

眠っていた。そして次の日も・・・ひたすらに寝ていた。

そして昨日あたりから、何か身体を動かしたい気持ちになってきたみたいで

スポーツジムに行きたい~と。

しかし、ジムは、高校生からじゃないとダメなんだって。

それで、プールにでも行ったら?と言うと行く気持ち満々になったようで、

早速、今朝、水着持って、金持って、チャリンコで行った。

近くに厚生年金施設があるんで、とっても助かる。

お昼過ぎに、気持ち良かったと言って帰ってきました。

一時間くらいプールに入っていたようです。

行けて、よかったね、と一つできたことが増えたことを互いに喜んだ。

明日も行くつもりらしいですが、

明日は、明日の風が吹くってなこって。笑


              ☆☆

病院を変えました。今度の先生は女医さん。

薬のこと、症状のこと、今後の治療方針をはっきり明確に示して下さいました。


方針としては

 ◎当面の目標は、家庭で本人が気持ちよく、安定して暮らせるように。
 
 ◎小児うつは難しいので、こちらは病気の面からサポートします。
  心理的な面は、心理の先生と連携して本人を支えていきます。
 
 ◎期間は中学一杯、高校にかかるかもしれませんが、
  気長に、適応教室やフリースクールを使ってやっていきましょう。
 
 ◎質問やわからないことがあったら、平日昼間は居るので
  いつでも電話で聞いてください。

 
また、休むことは、必要があって休んでいるんですから、無理に学校にこだわる必要はないというのが、先生のスタンスのようです。
そして、治療しながら、本人と信頼関係をゆっくり作っていきましょうという事みたいです。

  時間かかるのね。


治療に対する基本姿勢が初回ではっきり聞けたし、症状から見られる

今後の治療方針も聞けた。薬の説明もしっかり、本人にしてくれた。

もう、それだけで、かなり、前の先生と違うなあと感じました。

一時間半の初回診察でした。

次回からは、診察30分、心理30分くらいの診察になるそうです。

子どもも、「なんか、前の先生と違って、ちゃんと質問に答えてくれる」

と、感触がよかったみたいです。
関連記事
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
<<適応教室 という所 [ 子ども・不登校の1年間 ](47) | 歩いていこう | 見守るって何さ? [ 子ども・不登校の1年間 ] (45)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。