author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
共依存 [ 子ども・不登校の1年 ] (50)
2005-11-16 Wed 13:21
先日ACの話でしたが、tatsuさんとこで、共依存の話見て、

タイムリーだなあって、感じてます。

相手に求めている限り、何も変わらないって事を

今更ながら確認してます。

親が敷いたレールの上を歩く事を強いられて

相手に合わせ、自分が相手に気に入られる事が最大の関心事で

いつの間にか、自分という存在がなくなってしまう、

相手に依存することでしか、存在価値を見出せない。

ある時は、よき相談役に、ある時は、面倒見の良い友人役。

ある時は、悲劇の妻を演じ、相手にとって必要な自分であろうとする。

それがかなわなかったら、

「どうして、あなたは、変わってくれないの」と

「ほら、私の言うとおりしないから!」と責める。

それは、傲慢であり、思い上がりであり、相手ありきの自分。



それが依存の正体。


関連記事
別窓 | 日々徒然 | コメント:0
<<今はどんな時期だろう [ 子ども・不登校の1年間 ] (51) | 歩いていこう | ACのこと [子ども・不登校の1年間 ](49) >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。