author : rinrin
お茶会のこと [ 子ども・不登校の1年間 ](77)
2006-01-26 Thu 16:13

結局、4人で集まり、ビーズ作ったりして。。。ケーキ食べたりと。
早めに2人が帰り、一番、仲のよい、20数年来の友人が残り、
4人の時じゃ言えない話を、時にはしんみり、時には、げらげらと笑いながらのひと時は、とても楽しかった。
あなたには、いつも癒されます。ありがとう。
一年に2~3回しか、会わない彼女だけれど、
今は素敵なお母さん。
彼女は、姉御肌なので、人から頼られることが多いのね。
でも、自分の悩みを人に相談するってことが、出来ないのよね~と
ため息ついていた。
「こういうキャラだもんね・・悩みなんか無さそうに見えるんだよ」

そういえば、この悩みは、昔から彼女の悩みだったな~。
そんな、彼女の悩みとは裏腹に、いつも人の中心にいて
華やかに見える彼女を、自分と比較して、羨んだこともあったっけな。
正直に言うと、そばに居るのも、苦痛なときもあったんだ。
華やかに見える彼女も、いろんな辛い体験をしてきたって判った時、
見方が反転した。
自分が表面しか人を見ていなかったことを恥じた。

そばにいて、何もできることは無かったけれど、
彼女とは、ずっと、こうやって付き合っていくんだろうな。

関連記事
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
<<母 [ 子ども・不登校の1年間]( | 歩いていこう | 適応教室での一日 [ 子ども・不登校の1年間 ] (76)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |