author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
お泊り [ 子ども・不登校の1年間 ] (84)
2006-02-04 Sat 16:28
息子が、昨日から、適応教室で知り合った、お友達の所でお泊りしてます。

最初は、家で・・・という話だったようですが、

一応、受験生がいるので、春休みになったらと伝えていたんですが。

むこうの方が、じゃあ、うちに来て!ということになって、お泊り。

ゲームやら、遊びものは、しっかり、自分でリュックにつめていましたが・・

靴下・薬・その他生活用品諸々・・・忘れそうになって。

おいおい;

思えば、昔は、カイの友達を呼んで、お泊りする事も多かったな~と。

カイの友達関係の助けになればと思い、多分、よその家庭よりも多かったと思う。

子どもたち引き連れて、映画、遊びに連れて行ったこともある。


が・・・私の中で、いくらそんな事をしても、子どもにとっては

ただの利用価値がある、ラッキーにしか過ぎなかったのではないかと

密やかに、怒りをためている私がいる。

カイが不登校になって、連絡をしてくる子なんて、皆無だった。

誰も、彼の支えにならなかったじゃないか・・・

そんな風に、見返りを求めて、周りに腹を立てている私自身にも嫌気がさす。

だから、お泊りというと、つい、構えてしまう。

カイが楽しければ、いいじゃないかと割り切れてない自分が嫌です。

しかし・・・今まで、うちでお泊りすることはあったけれど、

うちに泊まって!と言ってくれる友達は、居なかった。

他所の家庭を見る、いい機会ですよね。

相手の子は、ひとつ年下ですが、とても甘えんぼで、かわいいとカイは言っていた。

相手の子も、カイの後ろをいつも付いてまわるほど、頼りにしてくれている。

頼られることが心地よく、カイには思えているようです。

ずっと、友達で居られたらいいな。とも思う。

関連記事
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
<<同じ立場で [ 子ども・不登校の1年間 ] (85) | 歩いていこう | 節分。お母さんが変わったから [ 子ども・不登校の1年間 ](84) >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。