author : rinrin
ばれたら、やばい
2006-07-28 Fri 16:38
息子の携帯には、適応教室の先生とのやり取りがある。
母は、何気に、こっそり見る。
ご、ごめんね。
悪いと知りながら、母は、見た。

先生「見学どうだった?」
息子「キタ~~~~!」
・・・意味不明だ。
さらに続く。

先生「それって、良かったってこと?」
息子「おK」

会話になっているんですか?これ。
母は、一体、見た意味があったのか、
無かったのか、さっぱり、わかりません。
もともと、擬態語が、好きな息子なので。

先生も大変だなあ。


息子、今日は、午前中寝てる。お昼から、塾です。たぶん。


******


昨日、塾のテスト会の結果を、勇んで持って帰ってきた息子。

「あのさ、あのさ、国語50点だった」

「よかったね~、すごいじゃん」

「で、さ、数学と英語が11点だった」

「よ・・・か・・(えっ??)・・・がははっ~」

偏差値30。2年時がすっかり抜けているので、

しょうがないんだよ。。。(涙)

今日は、彼は、塾の始まる2時間前に、自主勉強をするのだと

買い弁持って、出かけていきました。

果たして偏差値30の彼の運命はいかに~。

順位も最後尾でした。

だから、後は、上がるしかなね~。

底をついているんだから。

―-- 

それにしても、こうやって、頑張れる日がくるなんて、思いもしなかった。
親はとにかく、子供を受け入れ、口を挟まず、励まし。
これでいいんだろうなあ~。
それに、ほんと言えば、もう、不登校じゃないんだ。
選択的に登校を拒否していることを、本人も充分、自覚しているし、
親も認めてるところです。
不安が無いわけじゃないと思う。
それは、順調に見える人生だって、不安はつきものだもの。
みんな、同じなんだよ。
不安を希望に変えて、大丈夫、大丈夫。


昨日、塾のテスト会の結果を、勇んで持って帰ってきた息子。

「あのさ、あのさ、国語50点だった」

「よかったね~、すごいじゃん」

「で、さ、数学と英語が11点だった」

「よ・・・か・・(えっ??)・・・がははっ~」

偏差値30。2年時がすっかり抜けているので、

しょうがないんだよ。。。(涙)

今日は、彼は、塾の始まる2時間前に、自主勉強をするのだと

買い弁持って、出かけていきました。

果たして偏差値30の彼の運命はいかに~。

順位も最後尾でした。

だから、後は、上がるしかなね~。

底をついているんだからさ。笑



関連記事
別窓 | 息子 | コメント:0 | トラックバック:0
<<そっくり模試 | 歩いていこう | 高校見学・その2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |