author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
娘が高校拒否???
2006-07-31 Mon 16:43
今日も、夏休みの課外授業の娘。

寝ぼけた頭で、お弁当をつくろうと、卵焼きを焼いていた母。

と、、、突然、背後で、泣き声が~!


一瞬パニックになったよ。

後ろ振り向くと、娘が、突然泣き出していた。

ど、どうしたのだ!!!!!

こんろの火を消して、反射的に抱き寄せ、

抱きしめた。


その腕の中で、子供のように泣きじゃくる娘。

しばらくそのまま。

(あ~、こりゃ、だめだな)

心配そうな父を下に置いてきぼりして、

二階の娘の部屋へ行く。

しばらく、ベッドに座って、泣く、泣く、泣く。

母は、ワケを聞くが、突然悲しくなったという。


学校に行ける状態じゃないと判断し、高校へ電話はして、

「熱がありまして、お休みさせてください」

「何度くらいですか」

(う。。。中途半端な熱じゃ、だめだな~)と思ったので、

「さ、38度あります!」


その後、落ち着いた娘が、

「お母さん、38度って言ったでしょ~」と笑っていた。


「だって、37度とか言っても、後で来てくださいって
言われそうだったんだもん」

実は、娘もそう思うと、後で言っていたところを見ると、

高校とは、そういうところらしい。


その後、落ち着いて、自宅で、勉強をしていた娘だが、

「もう、今日は、勉強したらだめ」と言って、

ゲームに誘った。

それから、お昼は、外食、洋服を見てまわったり、気分転換をさせる。

その後、夕方、息子と娘をつれて、近くの海水浴場のある、

海岸へ連れていった。

3人で穴掘ったり、貝を見つけたり、一時間ほど過ごし、

まっかな夕日を見て帰ってきた。


4月から高校生で、ゆっくり休む暇なんて無かった娘。

疲れ果てていたんだな・・・。

海は、久しぶりだとはしゃいでいた。


しかし・・・驚いたなあ。


今日は、母は、大きくなっても子供は、いつだって、

子供なんだなって、実感した日でした。

関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
<<虐待を考える | 歩いていこう | インナーチャイルドの癒し4>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。