author : rinrin
不通高校から通信へ
2006-08-09 Wed 16:49
ずっと前に読んだ本ですが、
著者自身、高校2年のときに不登校となり、3年次に通信高校へ。
そして、医学部へ・・・と。
不登校中の子供の気持ちが痛いほど分かる本です。
「不通」高校から「通信」へ

この本を読んで、通信も悪くないじゃないかと、認識を
改めたものです。
どうしても通信は、低く見られがちですが、そんなことは無い。

ここで、学べるものはたくさんアル気がします。
我が家も、目標の定時制に落ちたら、通信制を考えています。
浪人でもいいかなと思わなくも無かったのですが、
息子の何かに所属したい意識は、本人は無自覚ですが、
結構強いものがあるようです。

様子を見ながら、再度の定時制再受験となるかもしれないし、
そのまま、通信に在籍ということもあり得ると思います。
今は、本人も含めて、それ以外は、考えていないのが現状です。

とにかく、親としては、何かに追われるのではなく、じっくり自分と
向き合う時間として、使って欲しいと願っています。
だから、高校4年生、5年生も、あると思ってます。
今は、向き合うには、少々、幼すぎて、世間知らず過ぎて、
自分を見つめるというより、きっと、世間が悪いになってしまうでしょうね。
母としても、そこに落ちを作って欲しくないと思ってます。
そう考えると、先が楽しみになってきます。
どうなるのかな?って。


*考え方一つで、よくもなり、悪くもなり。
そして、良く考えるも、悪く考えるも、自分次第。
関連記事
別窓 | 息子 | コメント:0 | トラックバック:0
<<自己肯定感 | 歩いていこう | うちの息子の邪魔するな>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |