author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
依存と共感 [ AC ](138)
2006-06-01 Thu 14:50

また、小難しい題名付けてしまったけど、思い浮かばなくてですね(汗;


私は、自分が非常に依存的な人間だと、自認してます。

それゆえ、過去、たくさんの失敗もしてきたのですが、

依存、共依存、人間生きていれば、多少なりとも

あるものではないかと思います。

ただ、その使い方が問題でしてね。


依存を簡単に言えば、私なりの表現で「人の不幸に乗っかる」って事です。

人の相談を受けながら、

まるで、自分が、すごく偉くなったように勘違いしてしまうことです。

これが、自分の中に見え隠れしだすと、

それは、ほんとに「偽善」になります。

うそ臭~~い、自分の一丁あがり~です。(笑)

うそ臭さを隠すために、今度は、自分を犠牲にして、

相手に尽くそうなんて、やっちゃいます。

そして、へとへとになって、つぶれてしまう。

ああ、なんと、そういうことが、多かったことか。



そしてね、この依存とまるっきり、反対側にあるのが、

「共感」では、ないかと思うのです。

相手の気持ちに沿う。

共に泣く、共に喜ぶ、ことです。



たとえね、自分が、自分の問題で、どん底にいるときでも、

せめて、身の回りにいる、友の苦しさや、子供の苦しさくらいは、

キャッチできる人に、なりたいです。

これは、果たして、依存なのかどうか、

私には、わかりませんが、

少なくとも、そういう人間になりたいなあと願うわけです。


そしてね、思うの。

友の問題、自分の問題と分ける必要は無いんじゃないかと。

一緒に考えて、一緒に悩む、その姿勢が、

いつの間にか、自分の問題も、消えていたという事も

あったりします。(これ、ほんとです)

あくまで、二次的効果ですが。



そうそう、忘れちゃいけないことがある。

感謝を忘れないって、ことです。

してもらったことには、「感謝」。

これに尽きます。

してあげたことにも、「感謝」。

う~ん、してあげたとかいうのも、変な表現だなあ。

あ、関わらせてもらったことに、「感謝」だ。^^


私も、ほんとに大した人間じゃないけど、

おせっかいな人でもいいか~って、

何もできないけど、

せめて、苦しんでいる人のそばに

いるだけでも、できたらいいなって、

そう、思うのです。


だから、懲りない奴って、言われれば、それまでなんですが。


個人的には、そういふひとが、好きだし、そういふひとに なりたい。

おおっ、目標ができた。

自画自賛してしまおう。

そのためには、もっと、力がほしい~(妖怪人間べム風に。。。知ってますぅ?;;;;)

(正しくは、「早く人間になりたい~」です)

すみません、今日は、ちょっと、ほんと、

本能だけで書いてしまいました。

開き直りしたのか、どうなのか(笑)



で、この記事、題名負けしてるんだよね。。。。(ぽそっ)
関連記事
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
<<インナーチャイルドの癒し3 | 歩いていこう | 依存と共感 [ AC ](138)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。