author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
世代間連鎖を考える [ 子ども ]
2006-07-29 Sat 15:14

昨日、実家の母と甥のことを話した。

「子供が悪いんじゃない。子供だけ治そうと思っても
 それは、大きな勘違いだから」

そのことに付随して、世代間の連鎖のことをゆっくり説明した。
70過ぎた老いた我が親に、こんな事を話す日が来るとは、思いもしなかった。
しかも、それを、必死で理解しようとしているのが、電話の息遣いから感じられる。

そして、親の養育歴のなかで、
「オマエは何をやってもダメなやつだ」という言葉で、妹が人格的に傷つけられ、
被害者意識の増大で人とのコミュニケーションがうまく行かないこと、
上手に、自立させられなかったこと等・・・
噛み砕いた言葉で、ゆっくりと説明する。

実は、私の父の姉妹の子供には、うつの人が多発して、長年入退院を
繰り返している方が多い。
そのことにも触れ、それは、持ってるものもあるかもしれないけれど、
親からの正当で、無条件の愛情をもらえなかった結果だと。

まだ、コントロールだの、依存だのという言葉は、きっとちんぷんかんぷんだろう。
だから、分かりやすい表現を選び、説明する。

甥が不登校や家庭内暴力を振るうようになったのは、妹の子育てにも
問題はあったと思うが、その妹や甥に対しての、父母の養育態度にも
精神的な虐待に値することをやってきた結果なので、甥は、悪くないし、
語弊があるかもしれないが、当然の結果だと。
自分たちの理想の子供でなかったら、施設や病院へ入れるという発想自体が
間違いであって、どのような子供でも、自分たちの子供や孫であることを
放棄したらいけないこと。
病院は、症状に合わせて、薬はくれるけれど、
それで、甥の不登校が治るわけではないということ。
あくまで、治すのは、家族しかいないということ。

そして、妹の母親としての、父母に対する、怒りと悲しみが、
甥が敏感に反応していること。
「くそばばあ」「死にたい!」と叫ばれて、ショックだと思うが、
あれは、「愛して欲しい」「生きたい」という心の叫びだと。

だから、家族が一丸となって、妹と甥を守り、暖かく穏やかな家庭を作るよう、
努力すること。特に、祖母の「過干渉」と「皮肉」祖父の酒乱と怒鳴り声に気をつけること。
そして、今、ぎりぎりのところで、甥のそばに居ようとしている妹を
バックアップすること。
妹を孤立させないように、保健の先生、信頼できる相談者を身近に数人作ること。
家族だけで、閉鎖的にならないこと。

甥は今、コップの水があふれているのだから、ゆっくり好きな事をさせて、
休ませてあげること。見守ること・・・・等々

そうしたら、時間はかかるけど、きっと、落ち着いてくるということを
話すと、「○○が、そういうなら、それしか方法がないのなら、やってみる」と
祖母が電話口で泣いた。



もう・・・私、あなた方には、怒りはないよ。
ほんとは、妹だけじゃない。私自身も、ずっと苦しんできたんだ。。。
でも、あなた方は、子供の育て方を知らなかっただけ。
私が長年ACで苦しんできたこと、あなた方は、分からないだろうけれど、
私は、もう、一人ででも歩いて行けそうな気がしてる。
自分のことは、自分でやれそうな気がしてる。
私には、私の愛しい家族がいる。私の居場所もある。
それ以上、望むこともない。


さて、それから、私は、甥のメルトモになることにしました~。
昨夜、早速、「眠れないよ~」と来ました^^

大丈夫、寝たいときに、寝ていいんだよ。それまで、好きな事をしてねと、
お返事を返す。
かわいい、メルトモができました^^

これから、山アリ、谷アリだと思うけど、何年もかかると思うけれど、
甥は、きっと元気になっていくだろうし、
妹も、少し大人になるだろう。
苦労が人を育てるのかも知れない。何もない人生よりも
いろんな感情を経験することは、ほんとは素晴らしいことかもしれない。
それが、神様からのプレゼントなのかもしれないね。
その恩恵の意味は、深く、大きく、時に、意図が分からない時も多いけど、
乗り越えられないものは、決して無い。
それが与えられた、ものならば。自分で選んだ人生ならば・・・


それを、陰ながら応援していこうと思っています。
私は、このようなチャンスを作ってくれた、甥に感謝してます。

そして、いろいろ、ご心配下さった皆様、本当にありがとう。
感謝いたします。
関連記事
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
<<インナーチャイルドの癒し4 | 歩いていこう | そっくり模試>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。