author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
思春期 [ 子ども ](146)
2006-09-12 Tue 15:23

高校生の娘が、ここ1ヶ月様子がおかしい。

「学校、行きたくないな」とつぶやく。その度にドキッとする。

そういう時は、実際、休ませて、

二人で、買い物したり、ぷらぷら遊んだんだけどね。

しかし、一時のごまかしは、できても、根本解決には、なってない事も

娘の様子を見ていたら、わかっている。

息子が不登校で適応教室通っているので、娘が「学校を辞めたい」

とか言ったら、それはそれで受け入れなければ、おかしいよね、とか、

心密かに思って、覚悟を決めながら、しばらく様子を見ていた。


昨夜、やっと、私自身も腹を決めて、ゆっくりと時間を取って、話してみた。

どうやら、友達関係・・・中学と違って、高校は、何も考えずに、

無邪気に付き合うという事が、できないと言う。

(ふ~ん)

自分の何気ない言葉で、相手を傷つけたのではないかとか、

相手の顔色を気にしたり、それで、悩むのだと。

「中学時代は、悩まなかったの?」と聞くと、

瞬間的には、悪かったかなと思う程度で、悩むという事自体が、なかった、と言う。

えっ!?←ちょっと、驚いた。

それって、遅くないか???


ほかにも、人が自分の事をどう思っているかとか、

ここに、居ていいんだろうかとか、色々、考えるらしい。


それで、きつかったんだなあ。


100人いて、100人全部に好かれなくていいしさ、

一人でも、自分を理解してくれる人がいたら、ラッキーさ。

そんなような、話をして、

母の思春期時代、考えていた事など、笑い話で、話してみた。



学校が、嫌というわけでもないらしい。

なんとなく、自分の存在が、ゆらいで、不安定なんだなあ。。。

たくさん、悩んで、その悩みが、ソラを成長させてくれるんだよ。

だから、今、悩む力が、ついてきたから、悩めるのさと、

悩む力が出てきた事実を、めでたい事として、受け入れた。

娘、遅めの、悩み多き思春期でございます。

たくさん、悩んで、いろんな答えをつかんで欲しいな。

その答えを、母は、受け入れよう。

見守る方も、結構、つらいけど、それも、親の仕事だねえ。


ほかにも、伝えたい事は、たくさんあるけど、ぼちぼちね。

でも、これだけは、伝えたいな。


自分を中心におくんだよ。

自分が変われば、きっと、世界は変わるから。

自分の他に、中心を置いても、何も変わらないって事。

自分の責任は、自分で引き受ける。

人生は、シンプルで、たった、それだけの事。

誰が、理解してくれなくても、親は、強力な応援団だって事

忘れないで欲しい。

関連記事
別窓 | 楽天(不登校) | コメント:0
<<学校 | 歩いていこう | 止めて欲しい [ 子ども ](147)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。