author : rinrin
医学的にみたふとうこう
2006-08-11 Fri 16:54
虐待されて育った子供の脳の海馬(主に感情をつかさどる)は、小さいのだそうだ。
よって、情動をコントロールしにくくなるので、周囲から、一層責められ、
二次障害として、自己肯定感の低さ、空っぽの自分・・・となる。

ここで虐待というのは、
単に、暴力ということも含まれるが、親から、周りからの能力以上の期待感とか、
言葉の暴力、精神的放置、暴力の目撃者としての虐待も含まれます。
過干渉、過保護も同じように虐待と、捉えます。

この小さくなっている、海馬は、どうやったら、大きくなるか?
それは、もう、分かっていることです。
無条件に認める、努力を褒める、対価なしの愛情。
勇気付け。。。

「相手が嫌がることはしない」
子供が幼い頃、そう、教えていたでしょう?

だから、親も子も一人の人間として見るならば、
「相手の嫌がることをしない」
実践あるのみ。でしょ?

わがままになるかもしれない?
大丈夫。親が、わがままじゃなかったら、ちゃんと後姿見てます。
もし、子供がわがままだなと感じたら、自分自身の生き方を振り返ってみましょう。

甘やかして、根気のない子に育ったら、社会に通用しないかも。。。
大丈夫、親が、根気のあるところを見せてあげたらいいんです。

子供は親の言葉より、親のやることをちゃんと見ています。
友達を大切にする子になって欲しかったら、親が自分の友達を大事にすればいいんです。
関連記事
別窓 | 息子 | コメント:0 | トラックバック:0
<<笑い飛ばせ、ふとうこう | 歩いていこう | 手放す>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |