author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
始まりは、わんこ
2007-07-02 Mon 12:11
今日は、犬のHPについて、書いてみたいと思います。


うちの、犬が、糖尿病になったのは、2003年の2月でした。

9歳の頃でした。

それから、1年、情報が少ない中、情報をかき集めるために、

私のネット生活が、はじまりました。


そして、2004年3月、犬の糖尿病のHPを作りました。

最初は、掲示板と、少々の闘病記録という、

実にシンプルなものからのスタートでした。

とにかく、情報がほしいというのが、目的でした。

次第に、検索で、HPを訪問して下さる方が、増え、

仲間と、情報を交換できるように、なってきました。

そして、犬を通じて、助け合い、

病気について、正しい知識を学びあえるように、なりました。

今まで、1人で、愛犬の病気と格闘していた方々の、

嬉しい報告を頂くと、こちらも嬉しくなる。

闘病むなしく、亡くなると、みんなが、悼みの気持ちで、

言葉と暖かい気持ちを寄せあい、

おそらく、管理人として、当初の目的以上に、

私自身も、そこで、学び、生かされ、救われました。

なにせ、その頃は、「犬の糖尿病」といえば、

それって、贅沢させすぎ~って、

世間では、そういう観念が横行していて、

病気の辛さイコール、飼い主の傷ついた気持ちも

どうにかしなければと、思うようになってきました。

同時に、息子の不登校が、2005年にはじまり、

「心」と「体」のつながりを、深く考えるようになりました。

世間の常識で、しばられた固定観念に、

苦しんでるのは、みんなそうなんだって・・・。


おそらく、犬が糖尿病にならなければ、

私、こうして、ブログを書いたり、

ネットを駆使して、仲間を作ったりなんか、していないと思います。

もちろん、出会うべきして出会った人たちにも、

知り合えていなかったと思います。



そう思うと、始まりは、犬でしたが、

次第に、人の心へと、ベクトルが、変わってきたように思えます。

そうして、さらに、自分のアダルトチルドレンの部分を見つめ、

子育てを通じて、発信するようになりました。

お陰で、犬のHPの方は、お留守な管理人になってしまいましたが。

ほんと、申し訳ありませんm(_ _"m)ペコリ


でも、その間、犬のHPでは、

悩んでいる飼い主さんからのSOSがあると、

いつの間にやら、気持ちのある方たちが、連絡をとってくださったり、

支えてくださったり、

HPで知り合えた方、同士で、しっかりサポートして下さったりと、

すばらしい善意の輪が、広がっていっているんですね。


すごく、嬉しかったよ。


こう考えると、管理人は、ダメなくらいが、丁度いいかも・・・とか

(あ~、ごめんなさい~、これからも、ぼちぼち頑張ります)


私、自分のこと、時々、思うのですが、

決して、先頭に立って、指揮するタイプじゃないんですよ。

人と人とをつないだり、

こっそり、バックアップするのが、

大好きなんです。

きっと、そういう性分なんだろうと思います。


でも、それで、誰かの笑顔が見られたら、

幸せな気持ちになるんです。

そんな事を思う、今日でした。







関連記事
別窓 | 日々徒然 | コメント:2
<<へこんでたけど | 歩いていこう | 恐怖について>>
この記事のコメント
エッギーさんへ
コメントありがとう^^

以前から読まれている方々は、
別サイトで、お話をしてますので
気を使われなくてもいいですよ~。

ほんと、こちらは、以前の流れとしては、
一旦終わっているので、
ただの、気楽なおしゃべり場として、気楽にどうぞ^^

私も、気の向くまま、書いていきますね~。


2007-07-02 Mon 16:13 | URL | 管理人 #SAu5W79E[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-07-02 Mon 13:40 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。