author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
適応へ
2006-10-03 Tue 17:02
昨日の疲れで、今日一日、寝てると思いきや、昼ごろ起きてきて、自分でさっさと適応教室へ行ったよ。。。

へえ。

昨夜の塾も、90分があっと言う間だというくらい、負担に感じなかったらしく、
息子の変化に少し、驚いている。
個別に変って、良かったねえ、と言うと、集団授業についていけなかった彼は、どこか自責の念があったんだろうね。「そう?」とまんざらでもない顔をして笑った。
適切な場所があれば、ちゃんと、やっていけるんだなあと、今更ながら、痛感する。

来週、日曜は、また、そっくり模試だそうだ。うちから、かなり遠い、私立高校貸切になるのだそうで、さて、どうすんだろな。。。


で、最近痛感するのが、学校のほとんどの今の先生たちには、共感する力も無いし、人を支えるという力なんて、無いなあって、感じる。
だから、学校はだめだとそういう事を言いたいのではなく、人間力の低下なのだと思う。
適応指導教室の、Y先生も、来年、いなくなるそうだ。Y先生の生徒の心を掴む力は、付けようと思って付けられるもんじゃない。
以前から、Y先生を知っているが、彼女は、職員室でも、煙たがられる存在でした。でも、生徒には、絶大な人気がある先生でした。
生徒のためを思う先生が、職員室で浮くという実体、分かりますか?
先生も右へならえ、上のいう事聞いとく、事なかれ主義じゃ、これからは、日本の教育は、どんどん低下していくだろうと思う。
いい先生は、塾にも、たくさん、いるぞ。
やっぱり、苦労しないと、だめなんだなあ。。。

大学卒業して、「教えてやる」という態度じゃ、だめなんだよね。

で、来年は、息子は卒業してしまうけど、Y先生に出会えて、ほんとに
ラッキーだったと思います。
でも、Y先生がいない、来年の教室運営は、めちゃ厳しそうだなあ。

適応指導教室に、常駐のベテラン、カウンセラーを置いて欲しいなあ。
そう、願うのは、贅沢かな。
関連記事
別窓 | 息子 | コメント:0 | トラックバック:0
<<依存・共依存のこと [ AC ] (149) | 歩いていこう | 学校実力テスト>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。