author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
一学期終了式
2006-10-06 Fri 17:05
今日は、終了式でした。適応指導教室ではなくて、学校の方へ、
行く気へなって、3時間目から行きました。
くれぐれも、無理をしないように、と念押しし、送り出したけれど、
今日は、保健室の先生が出張で、保健室に鍵がかかっていて、保健室で
休めなかったらしい。
このへんの学校の対応も、すごく不信がある!
昼食は、一口も食べていませんでした。
食べる気になれなかったとか。
文化祭の準備を手伝って、終了式に出て、疲れ果てて、帰ってきました。
その間、いつも暴力を振るう子に、きいてみたそうです。

「暴力ふるって、楽しい?」

「楽しいよ。特に、相手が弱いほど、怖がるのを見るのが楽しい」

その子は、そう応えたそうです。
信じられます?学校は、こういう、子供を普通の子として、育てているんです。

そして、○○という子が、クラスを超えてやってきて、
「オマエを見てると、むかつく」
そう言って、言い捨てて行ったらしい。

(神様、そういうオマエが、逝け!と心で悪態をつく、母を許して下さい)

そして、ある先生2人に、
「先生は、どうして、先生になろうと思ったの?」
と聞いたそうだ。

一人目
「自分の夢をかなえるため。子供たちの役にたちたいから」とはっきり答えた。

二人目
「そうだな、&%$$’$#で、~~~~で、####で、””’&$%で、
それで、=~&%$$#で・・・・」
なんだかはっきりしない答えだったらしい。
家に帰ってから、彼は、2人目の先生は、先生になるべきではないと言った。
そのご、頭痛、吐き気で、ふらふらだったが、しばらく眠って、塾へ行きました。

学校の毒気に当てられた彼でした。

学校、ほんとに、必要なんですか?
彼には、学校が、安全な場所ではなく、信頼できる人もいない、そんな
魔物の巣窟に思えたに違いないでしょうね。

そして、通知表を見たら、
なぜか、2があった。どう、評価するんだろね。
そして、連絡欄に、「後期から、学校へ来れるように、頑張ってみませんか」とあった。
関連記事
別窓 | 息子 | コメント:0 | トラックバック:0
<<疲れた? | 歩いていこう | 適応で芋ほり>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。