author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
不登校経験者のアドバイス
2008-05-27 Tue 19:19
ひょんなことから、息子さんの不登校を経験された方とお話できた。

とっても、参考になって、感動してしまいました。


息子より、5歳年上の息子さんの話を・・・かいつまんで聞きました。


ポイントとして、(単純なわかりやすい例えを使います)


人は、生まれるときに、課題を持って生まれてくること。

家族関係、特に、夫婦のことで、解決できない問題があるとき、

夫との問題は、子供に出たりすることが多い。

たとえば、責める傾向の強い奥さんなら、夫を変えようととして、

うるさく言ったり、愚痴を言ったりする。


この傾向性を修正しようと、課題を持って、生まれてきた場合、

その課題を修正するに、一番いい相手・・・縁ある人と結婚するわけです。

そこで、夫に対して、自分自身が、その責める傾向性が強いと自覚し

自分を反省し、相手を受け入れる練習をできれば

問題は、小さいのでしょうが、それが出来なくて、問題から、目をそらし、

相手のせいに、し続けた場合・・・・

問題は、より大きく、逃げられない問題として、子供に出る場合があるということ。

極端な話、夫は、他人なので、代替えがききますが、

子供は、そういうわけにもいかないのですね。

課題を突きつけられるんでしょうね。



この辺までは、私も、一通り、経験したので、

とっても、よくわかります。


その後、言葉とイメージの力のことを言っておられました。

たとえば・・・人に自分の子供のことを話すとき、

言葉というものには、力が宿っているので、

辛かった頃の話とか・・・要するに、子供の負のイメージを

連想させるような話は、しないということ。

もちろん、子供がそばにいる場合もそうですが、

その場に、いなくても、イメージとして、思い起こせば

すぐさま、それは、重圧となって、子供に、入り込むのだそうです。

そして、離れていても、子供の体調が、悪くなっちゃったりするんだそうです。

人に話すときは、知り合いのお子さんが~、という程度で、

さらりと、とどめておいた方がいいんですよと。

これって、なんだか、子どもだけでは、なく色々な場面にも、使えそうな気がしました。



なんだか、すご~~~く、理解できたんで、納得~でした。


うちの息子もそうですが、

一番、辛かったころのことは、もう、半分以上、忘れているようです。

そして、それは、それで、いいんだそうです。

無理に、思い出させたりすることは、

そのときと、同じような気持ちを呼び起こし、

過去に、つながってしまうので、

まだ、回復の過程にある子には、きついだろうと・・・。

きっと、これをやるには、かなり強い、バックアップが必要だろうと、私自身も、思いました。

それよりも、今、過去の悪いイメージを、断ち切ってやるということが大事なんだそうです。



それにしても・・・・分かっちゃいたけど、

言葉・・・イメージ、思いの力って、すごいなあ。。。

心配は、無用ってことですね。

良かった。。。

私、あまりに、能天気なのかしらと・・・、

ちょっと、先行きを、心配したほうがいいんだろうかと

すこ~し、不安になっていました。




過去のことは、いい。

今からで、いい。

今、この瞬間を明るく、生きることなんだなあと、思いました。



霊的に、敏感な子は、悪い波動に影響されやすいけれど、

反対に見れば、よい波動も受けやすい。

それが、その方の子供さんの様子が、うちの息子と、そっくり状態で

「同じでした~」と。

私的には、ずっと前から、密かに、インディゴチルドレン、あるいは、クリスタルチルドレン、あるいは、ライトワーカーだと思っている。

(どこまで、親ばかなんだか^^;


そうなると、困る方たちが、いらっしゃるようです。

だからね、小さいうちに、つぶそうとする勢力があるんだよね。

そのインディゴチルドレンたちを、産み、育てている、お母さんたちもまた

とても、尊い役目を頂いているんですね。

そんな子どもたちをお預りし、育てさせてもらっているのですから、

守っていきましょうねと、言われ・・・

あ~、その通りです、先輩!ってな感じで、かな~り、嬉しかった私でした。


アセンション・・・2012年に何かが起きるとスピリチュアル界では言われていますけど、

特別な何かが起こるわけではなく、

人の心が、シフトしていくということで、

それは、超自然的に誰かが、何かをしてくれるわけでもなく、

やはり、私たちひとりひとりの

意識の変革が求められているんでしょうね。

時代は、変わりつつあり、流れが速くなっているのは、

敏感な方なら、わかるかな。

参考までに「あやん」さんの日記、貼り付けておきます。mixiですので、
会員じゃなきゃ、読めないですけど・・・


興味があられましたら、どうぞ~。


ということで、その方の子供さんは、

現在、東京で、アニメーターの修行をされているそうです。


最後に、言われましたね、時間がかかりますよと。

少なくとも、うちは、5年くらいは、かかってますよと、言われていました。

それには、深く同意です。

焦らず、心配せず、淡々と、私は、自分の課題に取り組むことでしょうね。

また、あしたから、頑張れます~^^



そうそう、うちの、息子さん、本日、病院でしたが、

来月あたりから、抗うつ剤をやめてみようということになりました。

ほんとは、今回からでも、良かったのですが、

月末に、学校の遠足があるので、

役員さんは、事前準備があるらしい。

とりあえず、この大きな行事が終わるまでは、

飲むということになりました。


元気が何よりです^^

関連記事
別窓 | 不登校を考える | コメント:2
<<言い換えの妙 | 歩いていこう | 選択権>>
この記事のコメント
焦らないでゆっくりと、ですね。

もしかしたら、参考になるブログかもと思い、
リンク、追加しましたので、
訪問されてみてください。
2008-05-30 Fri 16:13 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
意識の変革
辛かった頃の話とか・・・要するに、子供の負のイメージを
連想させるような話は、しないということ。

そっか~
気をつけよう。母も忘れちゃった方がいいし。

焦らず、心配せず、淡々と、私は、自分の課題に取り組む

はい!!
2008-05-29 Thu 06:42 | URL | uーたん #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。