author : rinrin
何かが動きだす
2008-12-16 Tue 21:19
ずっと、ミクシーでも、
もしや・・・と思って、
探し続けていたFCブログで出会った中尾英司さんのサイト、
見つけました!

うれしくて、嬉しくて、即、マイミク申請。

と、思っていたら、夕方、知り合いからのメールで、
19日、NPO法人「いじめネットワーク」の、
学習会へのお誘いがあり、これまた、嬉しい~><

でも、その日、カウンセリング学校の、
セミナー第一日目と重なっており、
時間をずらすか・・・と、
ただ今、調整中。

どっちも、外せない。
どっちも、行きたい。


親しい人には、口に出して、
「私、カウンセリングの勉強する」って、公言。
言って、後には、引けない私を作った。

体力や金銭面の不安もある。
仕事との兼ね合いもある。
今だって、へろへろだ。

不安は、数えきれない。

でも、今、やりたい。
今、動かなくて、どうする。

いつか
いつか・・・

そう思うだけで、終わりたくない。

切り開くのは、自分。
どこまで、やれるか、
40代の最後の挑戦です(笑)

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・゚+。.:*・゚


アクセルとブレーキの話

カウンセラーの中尾さんは、
アクセルとブレーキのことを、

アクセルのことを、「インナーチャイルド」
ブレーキを、「インナーペアレンツ」と、表現されている。

的確な表現だなあと、感じるのです。

生きづらい人の中に、巣くう、「親」の意識。
親の意識は、私たちを、
「これやっちゃだめ」
「あれ、だめ」
「こうなきゃいけない」
「ほら、やっぱり、失敗したでしょ」

と、とにかく、心の自由を規制しようとする。

「親」から、解き放たれたとき、
お茶目で、自由な、ワンダーチャイルドが、はじめて
顔を出す。

この瞬間を感じることは、最大の喜びです。

今回、カウンセリングに興味を持ち、
無謀にも、その足がかりをつかもうと
したとき、
私の中にも、かなりの葛藤がありました。

「やって、どうなるの?」
「普通に、自分のことだけを考えて、
楽に、暮らしていたらいいのに」

正直に言うと、それも、また、とても、魅力的でした。
インナーペアレンツの気持ちでもありました。

しかし、この、「親」を突き抜けた瞬間というものは、
人生のすべてをささげて良いくらい、
すごい瞬間であり、生まれ直すというくらいの、喜びなんですよね。

一度、突き抜けた経験は、次に突き抜ける時の
力になっているんですね。


また、気がつけば、私の実家の妹の子供が、不登校ということで、
今や、祖父母になった親たちの援助をしているという、
いつの間にやら、妙な状態になってしまっていました。

あれほど、関わりたくない親たちでしたが、
彼らもまた、孫の不登校で、いろいろ学ぶべきことが、
あるのでしょう。

そして、かつては、無理だと、思っていた両親との和解は、
それらの出来事を通して、私は、自分の両親と、
今、密につながっています。

不思議な、巡り合わせに、これが、「縁」なんだなあと、
思わずには、いられません。

動くとき、
動こうと思ったとき、
全体が、シフトしているような、
そして、別のドアが開くような、
変な錯覚を、覚えます。

私が、出口なんか無いと思いこんでいたとき、
座り込んでいたとき、
道は、自然に、良い方に、開けますよと、
言ってくれたTatsuさん。
そうですね。
あなたの言うとおりでした。


人生は、いつでも、始まりです。

私の分岐点には、いつも、素敵な出会いと、
キラ星のごとく、魅力的な人が、いました。
きっと、これからも、そうでしょう。

心から、感謝してます。
私は、幸せ者です^^

関連記事
別窓 | 日々徒然 | コメント:2 | トラックバック:0
<<明けましておめでとうございます | 歩いていこう | >>
この記事のコメント
ありがとうございます
楽しくのんびり、やろうと思います。
学んだこと、必ずこちらで、シェアしますね
2008-12-25 Thu 01:32 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
おひさしぶりです。
なんだか楽しそうですね。
ワクワクが伝わってきます。
とても,意味のあることを始められたみたいで,こちらも嬉しくなりました。
これからの報告を楽しみにしています。
2008-12-22 Mon 21:28 | URL | 虹色スミレ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |