author : rinrin
明けましておめでとうございます
2009-01-04 Sun 22:56
遅ればせながら、


明けましておめでとうございます。

旧年中は、大変お世話になりました。

また、今年も、よろしくお願いいたします。


まずは、近況報告から。

バイト中の息子、明日が、最終日となりました。

同じバイトのおばちゃんに、とても、可愛がってもらっていたようです。

数年前まで、引きこもりの息子とは、思えない。

重ねて思うこと。

自分の中の心のゴミを捨て、整理すれば、自己肯定感が、

ちゃんと、育ってくるのだね。

生きていけるんだねえ。(しみじみ)

わかっちゃいるけど、実物をリアルに見ると、確信が深まります。

引きこもり、不登校は、

「こんな自分は、ほんとの自分じゃない」って、そういう、心のサインですね。


息子のお陰で、家族が楽になりました。

約一名、なんだか、出遅れて、何がどうなっているのか分からずにいる、

夫がいますけど(笑)

でも、妻が、そうしろというから、それに気圧されて、

従ってみたら、いつのまにか、家族が、ゆるやかになっている。

でも、自分の中にある、依存したい、ほめられたい、認められたい、

「おれを、見ろ!」は、どこへ持っていけばいいんだろう。

妻は、もう、持ってくれそうもないし(持たそうとしても、蹴落されるし)

しょうがないから、家族の周辺を、うろうろしているしかない。

オレの存在価値って、なんだろう、と、夫は、考えるのだろう。

いや、会社がある。

仕事が、オレを支えてくれる。


家族の周辺をうろつきながら、

きっと、仕事が、彼を支えるアイデンティティになっているのだろう。

だから、今、仕事がある以上、それ以上には、思考が深まらない。

忙しい。

仕事は、思考を停止させてくれる。
(今、私自身が、仕事をしているので、この感じは、よく、わかる)

自分の中の自尊心は、仕事で埋めていく。

仕事で埋められた、偽物の自尊心は、家族をさらに、遠く感じさせる。


たぶん、私には、よくわからない感覚だ。

危機感が、夫と、私では、かなり、違うようなのだから、しょうがない。


   *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○


子どもたちは、最近は、うるさく言わなくなった夫にさえ、

一緒にいると、息が詰まると言う。

わかる気がする。

彼は、まとわりつくような、真綿のようだ。


単身赴任して、たまに、帰宅したら、前より、明瞭に分かるようになった。

彼は、共依存者で、ゲームをしたがっている。

もちろん、夫に自覚はない。

それが、やっかいだ。

彼が、ゲームをしかけてくる限り、私は、彼に、不必要に近づかない。

共依存者には、興味がない。


長い、長い時間をかけて、「家族」と格闘してきて、、

やっと、やっと、自分を取り戻したのだ。

大切な自分を他人に、ディスカウントされるつもりもない。


彼にそれが、わかる日がくるだろうかなあ。

彼に、仕事がある限り、無理だろうなあ。

きっと、仕事がなくても、仕事を作るだろう。

別に、それが、悲しいわけではないのね。

あまり、感慨が無いのでした。なんでだろう??

夫に対して、こうして欲しいというのも、無いのね。

あなたは、あなたの道を。私は、私の道を。

今は、それでいい。淡々としてますな~(笑)


   .。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・゚+。.:*・゚


さて。。。今月、職場のお店が、棚卸しです。

それで、スタッフ、てんてこまいしてます。

1月は、いつもより、休みも、少なく、残業も多い。

不本意だけど、訳あって、今月は、仕事に、気力を集中させたいと思います。

しばらく、コメント閉じます。

追伸:大事なこと、忘れちゃた~。
   初詣で、宮地嶽神社で、おみくじ引いたら
   だ・い・き・ち!!でした。

昨年、どんなに、何回、引いても、小さい吉(笑)しか当たんなかったのよね。

今年は、いけいけ!で、行きまっす(^^)


関連記事
別窓 | 日々徒然
| 歩いていこう |