author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
こんな母親になりたい (デトロイト・メタル・シティ)
2009-02-23 Mon 23:23
最近では、珍しく、レンタルビデオを借りてきました。

娘が、なぜか、電王にはまっているので、
レンタル屋さんに、連れていけと、頼まれたついでに、
借りてきたのが、「デトロイト・メタル・シティ」実写版。

ほんとは、ほんわか、甘いポップスのシンガーソングライターになりたかったはずの主人公。
なぜか、とんでもないことから、とんでもない、地獄の使者ならぬ、
地獄のヘビメタボーカルをやってて、人気が、どんどん上がってくる。
しかし、人気と共に、子どもに聞かせたくない、バンド、ナンバーワンになり、
普通のレールを歩いている世間からは、嫌われる。

そして、好きな彼女には、嫌われ、
自分の夢とは、かけはなれた生活に嫌気がさし・・・

傷心して、田舎の自宅へ逃げ帰る。

そのときの、彼のお母さんが、いいんだなあ。
余計なことは喋らず、
息子の帰ってきた事情も聞かず、
でも、息子の様子で、なんとなく、わかってる。

そして、息子の背中を、何気に押すのだった。

どんな、あなたでもいいんだよって、

お母さんは、普通の姿で、普通の会話で、
そんなメッセージを送っていた。

それは、息子を、まっとうにしようとか、
励まそうとか、元気にしようとか、ましてや、自分の思い通りにしようとか、
方法や、形や、そんなものでもなく、
そういう思枠をはるかに越えていて、
人工的な、蛍光灯や、石油ファンヒーターではなく、
ただ、ただ、自然にできた暖かい日だまりのようでした。

こんな、母に、なりたいと、思った映画でした。
宮崎美子 演ずるおかあさん、
なかなか、良かったです^^


関連記事
別窓 | 日々徒然 | コメント:2 | トラックバック:0
<<心と体の関係 | 歩いていこう | ロールプレイング>>
この記事のコメント
お久しぶりです。
uーたんさんも、観られましたか^^
もうね、私、息子が、たとえば、ゲイになったって、
それでも、受け入れちゃうよ~って、
妄想しちゃいました(笑)

2009-03-01 Sun 00:35 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
私も!
映画館で観たのですが
あのお母さん良かったですね~
ただ息子の夢をにこにこして
無理だとかこうしろとか言わずに

私もこうなりたいって思いました。
2009-02-27 Fri 06:30 | URL | u-たん #8mQnrvzk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。