author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
自分を愛していますか?
2009-02-27 Fri 00:27
子どもが不登校になると、
定番では、子供をカウンセリングということに
なるのかもしれません。

けど・・・大抵の子どもは、行きたがらないんですね。
人間不信や、新しい場所には、不安を抱くので、
当たり前かもしれません。
中には、親に説得されてしぶしぶ、という場合もあるかもしれません。


うちの場合は、どうだったかなあと。。。
思いだしてみるんですが、
「今の苦しさを、どうにかしたい。生きているのが苦しい」
と、胸をかきむしるような衝動が、苦しくて、
眠れない、死にたい衝動、壊したい、人が怖い、
かといって、一人でいるのは、なお辛い、

当時、中学2年の息子は、そう、泣きながら、
切々と訴えていました。

そういうわけで、現在は肥前精神センターの先生に
巡り合い、現在も、月一回の受診、カウンセリングと、
薬をもらっているわけです。

カウンセリングと言っても、
彼が好きなことをしゃべって、
先生が、にこにこと、相槌をうって、ころころと
笑っているんですね。
指示がなく、ただ、一緒に笑いながら、
「こうしてみたら?」と、やさしくおっしゃいます。
なごやかな、カウンセリングです。

カウンセリングで難しいのは、合う先生に
出会えるかどうか、なんだろうと思います。

息子が、病院通いを始めたころ、
私自身も、インナーチャイルドエクササイズをはじめました。

それによって、私もまた、私自身をカウンセリングしてもらいました。

息子が、現在言うには、
自分の場合、精神的に立ち直れたのは、
親の変化50%
子どもの力50%じゃないかと
言います。

親が変化することによって、子どもの成長する力を
引き出し、手助けしていく相乗効果があるのではないかと
思われる節があります。

子ども自身が、自分の力で、少し成長することで、
「うちの親、しょうがないなあ」と、
あきらめてくれる部分が、出てきます。
親を許してくれるんですね。

徐々に、ですが。。。たぶん、2年~3年くらいかかってます。


かつて、彼が、暴れだしたとき・・・
私は、彼を抱きしめることしか出来ませんでした。
彼を腕に抱いて、一緒に泣くことしかできませんでした。
そのことを、彼は、もう、覚えていないと言います。

彼と言い争いをした後、彼はきまって、リストカットしました。
私は、怒り狂いたい気持ちを抑えて、
彼の腕に、消毒液を塗り、包帯を巻きました。

今思えば、当時、私も、彼と同じく病んでいました。

不思議と、夫がいるときは、しないんですね。
私が、一人でいるときだけでした。
甘えたかったのでしょう。。。
私に、一番に、気持ちをわかって欲しかったのでしょう。


当時は、私も、私自身のインナーチャイルドが、
「私を愛してよ!ちゃんと、私を認めてよ」と、
泣き叫んでいたころでした。

半年間の私の、エクササイズのグリーフ・ワークが、
ほぼ終わったころから、不思議と
彼は、落ち着いてきました。

気がついたら、私は、彼に、もう、怒る必要はなくなっていました。

「お母さんの顔が、おだやかになった」

ある日、そう、彼は、私に言いました。
昔は、いつも怒っているように、見えたそうです。
今は、楽しそうなんだそうです。

もし、子どもが、カウンセリングを受けたがらなかったら、
どうぞ、お母さんが、代わりに、カウンセリングを受けて
見られることを、おすすめします。

自分を受け入れて、はじめて、子どもたちのことを
受け入れることができた、という、私の、ただの、経験でした。

親が、こどもから逃げた分だけ、
子どもは、見捨てられたと思うしかないのです。
私も、かつて、そんな、子供でしたので、
そんな、さびしい気持は、わかるはずでした。

でも、大人になって、親になって、
そんな気持ちは、すっかり、忘れてしまっていたんですね。



おかあさん、あなたは、自分を、愛していますか?
関連記事
別窓 | 不登校を考える | コメント:2 | トラックバック:0
<<それぞれに(近況報告) | 歩いていこう | 心と体の関係>>
この記事のコメント
u-たんさんへ
>元々垣根が低くて苦しかったんだと思うけど


いろいろな
受け方、感じ方があるんですね~。
なるほど・・・。


2009-03-10 Tue 12:46 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
親の変化50% 子どもの力50%
ふふふ
何だか安心しちゃいました。それでいいのですよね。
こどもの力 ですよね。

私、気がついたら、自分がだーいすき 。
それから他人も。

元々垣根が低くて苦しかったんだと思うけど
低い垣根はそのまま、土足で踏み込まれた!
って感じないのですよ。

ああ~幸せですだ~
2009-03-09 Mon 12:42 | URL | u-たん #8mQnrvzk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。