author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
もう少し、待ってください。
2009-03-13 Fri 10:32
昨夜、千原ジュニアさんの原作「14歳」のTVドラマがありました。
TVの両親役に向かって、突っ込み入れたくなるのは、私だけ?(笑)
感情移入しすぎっちゅうの(笑)

「14歳」は、本で読んでいたので、
内容は知っていたのですが、映像にすると、より、リアル感が出ますね。


お母さん、もう少し、待ってください


これに、尽きますねえ。

「普通」という道をはずれることに、焦る両親の気持ちはわかるけど、
果ては、お母さんを泣かせるなと、
そんなのって、卑怯だなあ。

りっぱな、脅し。

泣けば、状況を変えられる、息子が、ちゃんと、改心してくれると、
そういう、手法を使う親って、まるで、だだをこねる赤ちゃんのように見えた。
弱いふりした者が、実は一番、強いって、ことでしょう。
無意識であろうと、確信犯であろうと、
これは、すごく、許せない。
というのは、ここは、私のツボだからですね。
私の母は、幼いころから、DVの父に、やられていましたから、
可愛そうで、泣く妻を演じ、私は、その母を支える役割をしていました。
だからね、泣いて、だだをこねるのは、
どうも、怒りがわくのです。
泣く子には、勝てないっていいますね。
ほんとは、泣きたかったのは、子どもの私でした。


子どもが、じっとしている「さなぎ」の時期に、
あれこれ、手を出すのは、
子どもの羽化を余計遅らせます。
長い、短いの差はあるけれど、時期が来たら、
あっと言う間に、自分で飛び立ちます。

さなぎの時期に、いじりすぎて、
無理やり、殻をはいで外に出しても、
一見、普通の蝶にみえるのですが、
それは、まだ透明に近い、うすばかげろうのようなもの。

待ってください。

ですね。

「14歳」見ていても、子供には、なんの問題もないと思うのは、
私だけでしょうか。

問題は、両親。

全寮制のフリースクールに、見学に行くシーンがありましたけど、
実は、私も、そういうフリースクールを、ネットで探してみたことあるのですが、
規則正しい生活をすると、心も正しくなるという、勘違いが多いんだなあと、
思ったことがありました。
空手、座禅なんか、取り入れてある学校、多いですよ。
思想犯矯正所みたいに思えたものでした。

それを、「愛情」と言うのでしょうかねえ。
先生や、親などは、「強制」「矯正」をしたがります。
それが愛情なんでしょうか。
いつでしたか、かつて、あまり、共感性の高くない、中学3年の息子の担任が、
岡山でしたっけ?
そういう、全寮制のフリースクールのパンフを持って、
自宅訪問をしてくれました。
パンフ、見ずに捨てましたけどね。

だけどね、結局、人間って、自分が詐取された分、
他人から、詐取しようとするわけです。
親だって、そうやって、前の世代から、詐取されていたわけです。
これは、無意識の負の連鎖なんですけど、
これって、「愛情」とか、「しつけ」とか、なんだか、かっこいい言葉に
置き換えられて、一見、とても、きれいなものに、見えるんですね。

きれいなもの、スマートなものだけで、済めば、そりゃ一番、いいのですけど、
子どもたちは、そういうものの、欺瞞を、なんとなくわかってる。
そして、ちゃんと、わかりすぎて、「おかしい」と気づいた子は、
大変、生きづらいのですね。


囲われて生きたくないよね。
未熟であっても、失敗しても、

自分で決めて、自分の足で歩みたい、

それは、大人であっても、子供であっても、同じじゃないかと思うのです。




関連記事
別窓 | 不登校を考える | コメント:6 | トラックバック:0
<<傾聴 | 歩いていこう | それぞれに(近況報告)>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-07-06 Mon 10:06 | | #[ 内容変更]
らんでるさんへ
>こういう感覚で見た人って、まだまだ、少ないんだろうなあ。

らんでるさんから、そう言われて、あ~、そっか(汗;
と・・・。
確かに、以前の私なら、どう見るかなあと考えますと、
きっと、親側の立場から、視たでしょうね。

わが子の不登校に関わりながら、いつしか、視点が、変わっちゃったんだなあと、納得してしまいました。

なんだか、つい、この前のことなのにねぇ、
人生って、面白いね(・ω・)b。
そして、捨てたもんじゃないって、ね。


2009-03-14 Sat 22:37 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
同感です。
原作、読みました。
ほんと。搾取なのにね。
こういう感覚で見た人って、まだまだ、少ないんだろうなあ。

親がそのまま変わらなくても、やりとおした彼。
本当に強いなぁ、と、思います。

ドラマ、見ませんでした。
子どもの周りで地団駄踏んでいる親の姿を、わざわざドラマで見たくないな、などと、思っていました。

ああ、それは、以前の私でもあるわけでした。
(汗)

2009-03-14 Sat 12:42 | URL | らんでる #jC3ZQd9k[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-03-14 Sat 08:51 | | #[ 内容変更]
まるこさんへ
あ、別の方でしたか・・・(汗;早とちりしてすみませんでした。

私のブログを通じて、いろいろな方面の方々にアクセスすることで、問題の核心が洗い出されてくること、とても、ありがたく、そして、嬉しく思いました。

こちらこそ、本当に教えられることばかりです。
感謝です。
私も、もっと、もっと、学んでいこうと、改めて思わせていただきました。

ありがとうです(ノ_・。)。。うれし泣き

2009-03-13 Fri 23:07 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-03-13 Fri 22:04 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。