author : rinrin
ほんっとに(汗;
2009-04-27 Mon 03:22
まじで、やる気が、無いので、ミクシーもこちらも、放り投げてます。

帰って寝るだけの人になってます。

こんなんで、いいのか?と、自分が心配になるほどです。
(あんまり、心配してないけど、まあ、一応・・・心配をしてみるの図)

ところで、このような状態は、昔から、普通に、あったことだと、思い当る節があります。
そして、このような状態は、自分は割と好きだと、感じています。

昔・・・・このような腑抜け状態は、「だめだ!」と言って、
私を追い立てた人がいました。
私も未熟者で、気が弱かったので、「あ~、私は、だめなんだ」と、思いました。
そして、追い立てる人は、無理やり、あの手、この手で、やる気を出させるという
そんなことも、ありましたっけ。

しかしながら、そのアメとムチの手厚い有難~~い援助があっても、、
一向に私は、自分で自分を立て直すことができなかったのでした。
結局、ほぼ、10年たっても、できなかったんですねえ。。。(遠い目)
罪悪感だけが、募っていきました。

今、思うのですよね。
私は、こういう、まったりと、ぼんやりとした時間が、とても、好きなんだって。

動の時期と、静の時期。

最近、気づいたことだけど、子どもたちって、ちゃんと、自分でそれを分かっているのか、
この二つの時期を、なんとなく、自分のペースで、生きているのが、感じられる。

他人が、いくら動かそうとしても、
自分が自然に、欲していることは、動かしようがないんだなあって思う。
自分の時間は、自分しか生きれないってことかもしれない。

以前は、このような、だらだらな時間は、
親による「ぐーたらするな」という禁止令が、無意識にあって、
罪悪感を持っていたのだろうか。
自分は、グータラしたいけど、でも、罪悪感が~><って、
自分と、私の中の親が、対立してたのだろうか。

それじゃあ、疲れるはずだよねえ。
私を、極限まで、極悪非道に、追い立てた人も、また、
「ねばならない」で、支配されていたのかもしれない。

誰かを変えようとするのは、
そりゃあ・・無理だと・・・最近、とんと、連絡が途絶えた妹のことを、
ぼんやりと、思いながら、
妹が求めもしないときに、出る幕もなく、
かといって、求められても、出来ることは何にもなく。
仮に、求められて、アドバイスじみたことを言うと、
分かり切っていることだけど、きっと、それらは、ことごとく反故にされることだろう。
そして、私は、無力感を深めるに違いない。

それぞれの人生でしかないのだなあと、無常感を
無駄に募らせたりしている。

私は、ここに、ぼんyりと、いるしかないってことだ。
そうやって、私も、妹も、自分の分を自分で学ぶしかないのかもしれない。

と思う反面。。。

なんで、私が、無力感を募らせなければならないんだ?と、
自問自答してしまう。

求められたら答える。
そこで、手渡してしまった物は、本人に任せるってことで、
いいんじゃないかと・・・
他人ならば思えるのだが、
血のつながりは、実に、わずらわしい・・・。

いや、これは、たぶん、長年の姉と妹という、
そんな、立場なんだろうかとか。。。

そんなことを思いながら、朝になっちまった(汗;

関連記事
別窓 | 日々徒然 | コメント:2 | トラックバック:0
<<いつか笑い話になる | 歩いていこう | ストレスの話・・・講座の追加>>
この記事のコメント
>普通のトレーナーの様に、ただ技術だけを伝授するほうが、
楽チンで簡単なんですけれど、

技術って、心も伝えなきゃ、だめなんでしょうね~。
最初は、方法から始まっても、行きつくところは、「心」ってことでしょうね。

>飼い主さんが、自分で気が付いてくれるまで、
辛抱強く見守って、辛抱強く待つ

そうですね、そうやって、私も、子供たちから、待ってもらっていました^^
まだ、待ってもらっている部分も、あるのだろうと思いつつ、
ゆるやかに、おだやかに、時が教えてくれますね。

2009-04-28 Tue 13:05 | URL | ひいらぎ #-[ 内容変更]
ひいらぎさん、今晩はァ~♪

まったりとした時間は、私も大好きです。
人の目には、今でも閉じ篭りと映るようですけれど…
引退したせいで、無理に出掛ける必要がなくなったので、
その分、対人関係による精神的な負担も減っています。

ところでです、ワンコのリハビリのお手伝いって、
>誰かを変えようとするのは…
そのものなんですよね。
その変化が起こらないと、ワンコの悩みが消えないから…
普通のトレーナーの様に、ただ技術だけを伝授するほうが、
楽チンで簡単なんですけれど、
私の性分なんでしょうね、どうもそれが出来ないんです。

私が、私の仕事から習ったのは、
変化が見えるまで、ただ辛抱強く待つ事でした。

飼い主さんが、自分で気が付いてくれるまで、
辛抱強く見守って、辛抱強く待つ(これをワンコは、とっても上手にやりますよ~♪)。

ワンコや子供の方が、自然により近い神経をもっているのでしょう、
彼等から習う事が沢山あります。

辛い人生を歩んで、忘れかけていた、自分の中の宝物まで、
彼等は見せてくれますから。

しがらみは、自分さえ望めば
いつでも解き放てます…
そうやって楽になっても、その後が穏やかなら、
決して罪なる行動では無いと思っています。

何だか、いつも自分に言い聞かせている
言葉の羅列になってしまいましたね。
ゴメンなさい。



2009-04-28 Tue 01:36 | URL | Eggi #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |