author : rinrin
遊ぶ
2009-06-25 Thu 22:30
もう、あと2カ月ほどで、息子さんは、18歳になります。

今年度が、卒業年度で、受験でもありますけれど、

遊びも、それ以上に、とっても、熱心です。

最近、お泊りで、友達のうちで、夜を明かしたり、

平日も、お呼びがかかったり、とても、楽しそうにしています。

昨夜も、

夜の8時に、携帯から、電話してきて、

「今、箱崎の公園~」と、はしゃいだ声。
(↑D地区のたまり場と化している)

「遅くなるよ」と。

「いいよ~」

誰と、どこで、何をしてるのか、こちらから、聞きもしないけれど、

息子は、ひとしきり、楽しそうな声で、しゃべる。

「うんうん」

「あ、そうなの~」と、聞いていると、

なんだか、こっちまで、嬉しくなる。

そして、結局、今朝になっても帰宅しなかったようで、

一応、仕事に行く前に、

「生きてる~?」と、メールを入れると

「ばりばり、生きてる~」だって。

私は、にやりと、笑って、仕事に出かけた。

仕事が終わって、家に帰ると、

昨夜から、今朝にかけての様子を、

待ってましたとばかりに、キッチンに立つ私の横で、

楽しそうに、話してくれる。

ひとしきり、話し終わると、満足げに、ゲームをやってる。

そういうところは、まるで、小学生?(笑)


う~んと、バカやって、う~んと、遊んで

はめはずして、そんな遊び方は、今しかできない。

また、明日は、役員フルメンバーで、香椎浜で、

花火をする予定になっているそうだ。

たぶん、明日も、帰ってこないとみた(笑)


関連記事
別窓 | 息子 | コメント:6 | トラックバック:0
<<かわゆい(*≧∀≦) | 歩いていこう | 自分をディスカウントしない>>
この記事のコメント
まるこさんへ
近況報告を下さり、大変、ありがとうございました。
こちらは、やっと最近になって、単発的に雨がふりますが、
やはり、いつもの年に比べたら、空梅雨なのでしょうね。

>自分の気持ち、出してもいいんですよね

出すべきものを出さなきゃ、
新しいものが、入りませんものね。
大切な自分さえも、はいらなくって、
今まで、まるこさん、よく、頑張ってこられましたよね。

変化の時には、内なる親が、後ろ髪を引っ張るんですよね。
その心の戦いに、中尾さんに背中を押され、
歩みだされて・・・

やはり、失うものや、不安や、寂しさもあることだと、
思います。
それは、私などには、想像もつかない、
そんな気がします。。。

誰も、味方になってくれないのなら、
自分が、自分の味方になるしかありません。

でも、苦しい中、一歩を踏み出され、
歩みだされた、まるこさんには、
きっと、心から応援してくださる方、
いらっしゃると思います。
そして、そういう方が、身近に現れると、
そう思います。

心の方向性を自分が変えると、
自然に、理解者や、共に歩む方たちが、
増えてくるんですよね。
まわりが、変わってきます。

もう、分かっていらっしゃると思いますが、
私からも・・・
ご自分を、十分に、大切に、されてくださいね。
と、お伝えします。
おそらく、子どもさんも、
落ち着いた環境で、もっと、もっと、自分を
発揮されていくことだろうと、想像します。

それにしても、子どもって、一体、どんな力を持っているのでしょうねえ。お子様の姿を思い浮かべながら、ほんとに・・・感動しています。

いつでも、何度でも、やり直せるのよね。
いくつになっても・・・と、
まるこさんの姿を見させていただきながら、
私自身も、行く末を、襟を正して・・・、また、考えさせてもらいました。

ほんとに、ありがとう。

いい方向に行かれるよう、心から、祈っています。

2009-06-28 Sun 22:47 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
いつの日か…
 りんりんさん、こんにちは。
 そちらのお天気はどうですか?
 滋賀県は雨の予報が出つつ、なぜかしら今日も朝からお天気。
 今年は、空梅雨なのかなぁと思える毎日です。

 息子さん、とても楽しそうですね。
 読ませていただき、こちらまでうれしくなりました。
 私自身、それなりに楽しい日々ではありましたが、はめをはずせない学生時代を送ってきたので、なんだかうらやましく思っています。
 うちの息子もいつの日か、りんりんさんの息子さんのように“等身大の自分”でいきいきと毎日を過ごせる日がくることを願ってやみません。

 息子と家を出ることは、4月にコメントさせていただいたとおりなんですが、3週間前に本当に家を出てきました。
 家からは車で2分程の距離なのですが、集落からは離れており、冠婚葬祭などのつきあい(代々続く田舎の長男の家に嫁いで、姑さんが病気されてからは私の仕事になってたもので…)も一切しないと宣言して出てきたので、先のことはまだわかりませんが、とりあえず“家のしがらみ”から解放されて穏やかな日々を送っています。
 家にいるときは、常に同居している義母の顔色を伺っていたので、正直、こんな生活があったんだ~と、ある意味カルチャーショックです。
 でも、結婚して20年近く、ずっと我慢してきたけれど、本当に家を出るなんてことができるとは考えられませんでした。
 “ことなかれ主義”の私のどこにこんな勇気があったんでしょう…。
 我ながらびっくり!!です。
 でも、自分の気持ちに素直になって、勇気を出したから、今の生活があるんだなと…。
 出てくる前は、住むところを探し、主人と義母に話し、役をしていた地域の団体にも事情を話して辞退させてもらい…と、たくさんのエネルギーを使ってきたので、くたくたでした。
 でも、今まで人のことばかり考えて自分の気持ちは後回しにしてきて…“断ること”もできなかった自分にもできるんだ!と、ひとつの自信になりました。
 自分の気持ち、出してもいいんですよね。

 滋賀県では5月下旬に1週間、豚インフルエンザの臨時休校がありました。(その分、夏休みが短くなったんですが…)
 担任の先生(子供の気持ちをくみ取って下さる先生です。先生らしくない先生だな~といつも思います)とは、5月の連休あたりから家に来て下さると会えるようにはなっていましたが、学校に行く気配は全くなし。
 私もようやく“ゆっくり休めば”と思えるようになっていたところに臨時休校があり、その間の家庭訪問(教委から指導があったようですね。おとなしく家にいるよう全生徒に抜き打ちで2回、家庭訪問されてたようです)で、いきなり先生に「休み明けからオアシス(校内になる別室です。1年生の後半は通っていましたが、2年生は全く行っていませんでした。)行く」と、言ったようで、先生もびっくり。
 先生から聞いた私もまたびっくりで、その後、別室登校をしています。
 別室には、息子も含め同学年の男子3人が通っているようですが、オアシスの先生がまた素敵な先生(30代前半の女の先生で、担任の先生はいつも大絶賛されてます)らしく、楽しそうです。
 将棋したり、卓球したり、好きなことをさせてもらっていて、学習は一切していなさそうですが、まぁいいじゃないかと…。
 心配されているお母さんもおられますが、うちなんかは教科書は全て、家に置いたままで、こちらには持ってきてません…。(引っ越しの段ボールの中身は、全て“大事な大事な”漫画とゲームでした…。お見事です!)
 水曜日は“定休日”で(真ん中で休むと、お得感があるらしいです。他の子にも自分で決めた定休日があるらしいです)帰ってくると、ゲームかパソコン三昧ですが、まぁいいんじゃないのと…。
 りんりんさんのブログに出会い、中尾さんにカウンセリングしてもらい、ようやく自分と切り離し“息子をひとりの人”として考えられるようになりました。
 今まで、監守(私)に厳しく監視され、息子にとっては家も監獄だったんだと思います…。
 私に持たされていたバケツは、本当に重たかったと思います…。

 主人は、義母と家にいます。
 二人とも“家”のために生きている人なんだと、離れてみて少し見えてきたような気がしています。
 息子は、今、主人には会いたがりません。
 私も…かなぁ。
 以前、りんりんさんが「主人と子供たちの間には、ナイル川程の距離がある」と書かれていましたが、まさにうちもそんな感じです。
 周りの方からは「中2は難しいお年頃。反抗期やし、そんなもんじゃない」と言われたりもしますが、私から見るともっともっと根深いもののように思えます。
 スクールカウンセラーさんからも「家を出るなんて、なかなかできないですよ。理解あるご主人でよかったですね。」と言われましたが、なんか違うよなぁと。
 実家の母からも最後まで「全てあんたが悪い。」と言われたし、確かに私が悪いんだけど、でもなぁと…。
 いろいろと考える日々です。
 りんりんさんがコメント下さったように「自分のインナーチャイルドを救い出すところまでは、まだまだ時間がかかる」ように思います。
 でも「闇夜に光る別の扉」が必ずあるんですよね。
 りんりんさんのコメントにどれだけ勇気をいただいたかわかりません。
 本当にありがとうございます。
 今は、ゆったりできる空間に移り、ようやく自分を見つめ直すスタート地点にたどり着いたような感じです。
 先は長いですね。
 ずっと長い間、身にしみてきた価値観でふと自分を縛ってしまいそうになりますが、「それは違うよ」と自分に言い聞かせています。
 自分の気持ちにふたをしてしまうことや、無理することや、頑張ることはもうやめ…。
 自分の気持ちを大事にしていきたいと思います。


何だかまたまた長々とごめんなさい…。
 いつも元気を本当にありがとうございます。
 これから暑さに向かいます。
 お体どうぞご自愛下さいね。



2009-06-28 Sun 12:41 | URL | まるこ #aN9AbwgY[ 内容変更]
じゅんこさんへ
仲間うちで、恋の話なんかもあるようで(笑)、
でも、自分は、恋には、全然縁がない気がするって、
先輩たちの、下ネタに、付き合わされているそうです。

息子いわく、自分の足元を固めないと、恋をしてもねえと。
意外と硬派。(←これは、昔から)

今は、そんなこと、言ってても、
恋愛って、交通事故みたいなもんで、
どこで、どうなるかわかんないし、
母は、そうなることも、また、
密かに楽しみにしてんですけど。。。

まだかなあ~。

娘も、まだかなあ~。


2009-06-27 Sat 09:55 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
ののさんへ
彼が楽しそうにしていると、
ほんとに、こちらまで、楽しくなります。
う~んと、遊んで欲しいもんです。
2009-06-27 Sat 09:45 | URL | りんりん #-[ 内容変更]
こっちまで楽しくなってくる^^
楽しそうな空気が伝わってきました。
こっちまで楽しくなってくるよ^^
楽しいことはいいことだ!・・笑・・・!?!
どんどん遊ぼー♪
2009-06-26 Fri 00:27 | URL | のの #VGqTgCv2[ 内容変更]
お久~
最近頭使うコメント、なかなかできないけど、これならできる(笑)

うちの息子は来週19歳だけど、一緒だよ~
今も帰ってきてないし、まあよく遊ぶこと。
ちょっと自主休校が続きすぎて、部活停止と言われ、慌てて学校にも行きだして、(なんか、去年も同じことしてた。アホ)しんどい~、と言いながら遊びは断らない。
朝起きたら、玄関に靴がいっぱいの時もあるし。
(きちゃない部屋で雑魚寝)

青春だよね~♪
2009-06-26 Fri 00:04 | URL | じゅんこ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |