author : rinrin
怒りの解放(2)~実践方法~
2009-07-07 Tue 21:04
■怒りのエクササイズ


「私はものすごく怒っている」を手紙に書く。

 はじめにはっきりさせておきたいことは、

この「私はものすごく怒っている」の手紙はほんとうに出すためのものではありません。
この手紙を書くことはあなた自身の癒しのためです。

誰かに伝えるためのものではありません。


自分の頭のなかで誰かがしたことを何度も繰り返し考えてしまって、

何度も繰り返し怒ったり、動揺しているとき、

この怒りの対象が、このエクササイズで焦点をあてるのに適切な人物になります。


その人は今、あなたをさえぎったり、脅したりできません。

「私はものすごく怒っている」を手紙に書く作業は、

もしかしたら1日以上かかってしまうかもしれません。

経験したことをじっくり考えてみたり、

ありったけの考えや気持ちを書き出すにはたくさんの時間が必要です。

このエクササイズは20分のエクササイズですが、

自分で満足のいく手紙を書き上げるまでに、

このエクササイズを3~5回ほど繰り返すことになるかもしれません。


鉛筆かペン、そして自分にとって書きやすい紙をたくさん用意してください。

机の上で取り組むのがいい人もいますし、

寝転がって枕を抱きしめながら書く人もいます。

とにかく、自分にとって書きやすい姿勢で座ってください。

姿勢はいつでも自分が心地よいように変えてかまいません。


●ステップ1:

 エクササイズの始まりです。

 まず、心を落ち着けて、

 あなたのためだけにとっておいた時間と空間に入っていくのに、

 はじめの3分間を使ってください。

 自分の呼吸に意識を向けてください。特に息を吸うことに。

 そして2分間、とても力強いエネルギーを恵と共に取り入れているような、

 そしてそのエネルギーを自分の書くほうの手に送っていくような、

 そんなイメージを思い浮かべてみてください。

 だんだん手が温かくなった感じがしたり、

 まるで手が大きくなっていくような不思議な感覚を持つかもしれません。


●ステップ2:

 あなたがこのエクササイズで対象にしている相手に関して、

 とても怒っていること、その出来事を思い浮かべてみてください。

 怒リが沸々とわき上がって、

 自分のなかで膨らんでいくにまかせてください。

 強い怒りが溢れんばかりになったら、書きはじめてください。

 エクササイズの残り時間を念頭において、

 最後の3分間もエクササイズを終わらせるための儀式に残すのを忘れないように、

 書いてください。
 

 「(怒りの対象の名前)」から書きはじめてください。
 
 そして、

 「私は・・・・のことにものすごく怒っている」という形で書きつづけてください。

 すべての文をこの形で書いてみてください。

 「・・・・」の部分は、具体的にあなたの思いを書き綴ってください。
 
 ただ、書きつづけてください。

 意味が通じるかどうかなんて、気にしなくっていいんです。

 そして、書いたことに対して、自分にとって励ましの言葉をかけてあげてください。

 例えば、「これはほんとうだね」とか、

 「少なくとも私は自分のなかからこの怒りを出しているんだ」などです。


●ステップ3

 元の世界へ戻ります。

 最後の数分を使って、息を静かに吸って、今度は吐き出す急に注意を向けます。

 息を吐き出すたびに、

 今まであなたが怒りのために抱えていた、

 張り詰めた感覚もー緒に吐き出してしまうような、

 そんなイメージを思い浮かべてみてください。

 もうすべて書き出してしまったのです。

 もう頭のなかで繰り返し考えたり思い起こしたりする必要はありません。


怒りの感情がわき起こる出来事を思い出すたびに、

この手順を必要なだけ繰り返してください。

そして、いずれすべての傷ついた体験を書き出せるでしょう。


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・゚+。.:*・゚


以上が、おおまかな方法論です。

>この「私はものすごく怒っている」の手紙はほんとうに出すためのものではありません。
この手紙を書くことはあなた自身の癒しのためです。
誰かに伝えるためのものではありません。

とありますね。

これは、手紙を出したところで、相手が変わることは、
経験上・・・ありません。
残念ながら・・・。

自分のために、自分の怒りを吐き出すことが、
このエクササイズの目的ですね。

それだけでも、かなり・・・生きやすくなります。

これは、経験した者として、断言できます。

次回から、私のエクササイズの内容を、
UPしていきます。


関連記事
別窓 | インナーチャイルド・エクササイズストーリー | コメント:0 | トラックバック:0
<<怒りの解放(3)~実践編~ | 歩いていこう | 怒りの解放 (1) 概論>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |