author : rinrin
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
NPOいじめから子供を守ろう~シンポジウムのお知らせ~と、いじめ考
2009-08-01 Sat 23:12
☆福岡で初のシンポジウムが開催されます。

■□「いじまも」シンポジウム九州上陸! 福岡でシンポ開催□■

来たる8月22日(土曜日)、福岡市の都久志会館にて、
義家弘介先生(元教育再生会議担当室室長・参議院議員)に基調講演をいただき

「いじめから子供を守ろう! ネットワーク シンポジウム in 福岡
~いじめ撲滅が未来をひらく!~」が開催されます。

日 時 : 2009年8月22日(土) 13時~16時 (開場:12時)
会 場 : 都久志会館 (住所:福岡市中央区天神4-8-10)
アクセス: 地下鉄「天神」駅から徒歩8分
基調講演 : 義家弘介氏 (元教育再生会議担当室室長・参議院議員)
パネルトーク: 義家弘介氏(元教育再生会議担当室室長・参議院議員)、
        伊藤文一氏(福岡女学院大学教授、福岡市教育委員会委託員)、
        井澤一明(いじめから子供を守ろう! ネットワーク代表)
        現職教員の方、保護者代表、ほか
入場料 : 1000円(学生・子供 無料)
後 援 : 福岡県教育委員会、福岡市教育委員会、北九州市教育委員会、古賀市
教育委員会

どなたでも参加できます!
参加希望の方は、お名前、参加人数、連絡先を明記の上、下記まで、
FAX または E-mail で、お申し込みください。

《お申し込み送信先》
FAX : 093-671-3008
E-mail: kodomo.mamoro.fukuoka@gmail.com

皆様のご来場をお待ちしております!!


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・゚+。.:*・゚

当日は、私も、スタッフとして、会場で、お手伝いしております。

特に、いじめ問題をサポートされる方々に、是非、お越し頂きたいですね。


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・゚+。.:*・゚


しかしながら、いじめ問題は、このような講演会ひとつで、消えるような、
生易しい問題では決してありません。

かつての、当事者と、その親としての立場で、言わせてもらえば、
当人が、「いじめられている」という自覚さえ、持とうとしないのが、現状です。

また、ただ、「逃げなさい」と、言って、解決する問題でもありません。
逃げられないから、困っているのです。
反対に、「立ち向かいなさい」と、言ったところで、
それも、また、出来ないところに、問題点があります。

クラスで、話し合いを持つということも、昨今されるようになりましたが、
力のない担任だと、逆効果ということも、大いにあります。

いじめのトラウマで、歩けなくなり、
ハイハイして、移動する子・・・
そんな子たちが、今も、苦しんでいます。
いじめる方、いじめられる方、双方の
いじめの輪は、共依存の輪でもあると、私は思います。
そして、また、
機能不全家庭の連鎖でも、あると思います。

そこまで気づいている方は今は、まだ、少数ではありますが、
このような草の根運動が、広がることにより、

世の中の、大人の意識が、少しでも、変わっていくことを、切望します。

(注;子どもの意識ではありません。
子どもの意識に、一番影響を与えているのは、
大人の側の潜在意識です。
よって、子どもを変えようとしても、大人の意識が
変わっていなければ、元の黙阿弥になります。
この原理は不登校の原理と同じです。)
 

特に、サポートする側の知識の必要性を、痛感します。

なぜなら、当事者は、心にダメージを受けすぎているため、
まわりの、暖かい心が、必要になってくるからです。
その暖かい心と支援が、多ければ、多いほど、
当事者も、救われていく可能性が高いのです。

私も、微力ながら、お手伝いできることを、
ありがたく、思っております。

福岡方面の方、どうぞ、お気軽に、足をお運び、くださいませ。

関連記事
別窓 | 不登校を考える | コメント:0 | トラックバック:0
<<I believe | 歩いていこう | 何かが満ちてくる>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 歩いていこう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。